上のトップ画像は北京五輪2年前ほどの北京・東単交差点だったと思います。バック画像は西安の兵馬俑博物館に展示されていた武俑です。

2005年12月25日

残念(T_T)!

今朝の朝日新聞、年末恒例の書評委員・今年の三冊ですけど、あたしの勤務先の本は一冊も入ってなかったです。

えっ、ってな感じで、目がちょっと点になりました。ショック! ああ、年末の売り上げ増は、望み薄かしら?

つらつら眺めていると、小説が少なくて、ノンフィクションが多いような気がしましたけど、気のせいでしょうか? 挙がっているほとんどの本は読んだことがないので、あくまで漠然とした印象ですが。

2005年12月19日

写真ノ話@BS

年明け最初の「BSブックレビュー」で、荒木経惟さんが登場して、自著『写真ノ話』を紹介してくださいます。既に番組の公式サイトでも情報が載っていますが、同じ日のゲスト出演者に梅図かずお氏が『星の王子様』の書評で出演してますねー。こりゃ、スゴイ!

2005年12月16日

岡田くんも読んでるの?

V6の岡田准一が、雑誌「GINZA」で、お薦めの本を紹介しているのですが、あげている二冊の本が

『アムニジアスコープ』と『グールド魚類画帖』

どっちも、岡田が紹介したからって、若い女の子がパッと手にとって気軽に読めるような代物じゃあないと思うのですけど......(爆)。

2005年12月10日

ほとんど...@TV Bros.

テレビ番組ガイド雑誌「TV Bros.」の12月10日-12月23日号で、豊崎有美さんが『ほとんど記憶のない女』を紹介してくれています。

しかし、この手のテレビ番組ガイドって、何種類もありますが、どれが一番売れているのでしょう? そんでもってどのくらいの(数の)読者がいるのでしょう?

更に気になるのは、<テレビ番組ガイド>の本で、本の紹介をしてどのくらい読者が食いついていくるのでしょうか? ドラマや映画のノベライズとか関連本なら、まだ理解できますが......。

それでも、やはり売り上げに結びつくことを願う、愛社精神に溢れるあたしでした(笑)。
先頭頁前頁頁/8頁 |次頁最終頁