Nancy Sensual World

「染井吉野ナンシーの官能世界」は中国関係のつれづれと、出版関係のあれこれを無責任に綴っているウェブサイトです。現実に存在する出版社の情報も時々登場しますが、あくまで網主個人の見解であり、該当企業の公式なものではございません。

新着ニュース

近刊情報(18/11/16)

この記事の閲覧にはパスワードが必要です。閲覧希望の方は「ナンシーへの伝言」からどうぞ。
ただしお会いしたことのない方、存じ上げない方は、お断わりいたしますのでご了承ください。



› 続きを読む

最近のRockfield's Diary

目的はほうとう!

昨日山梨へ行ったのは、十年越しの母との約束、ほうとうを食べに行くためでした。

が、昨日のダイアリーには肝心のほうとうのことが出て来ませんでした。申し訳ありません。

ほうとう屋さんは、それこそ山梨県には数え切れないくらいあると思います。どこへ行ったらよいのかわからず、ネットでいろいろ検索してみましたが、却って混乱するばかり。

そこで、確かTBS系「バナナマンのせっかくグルメ!!」で紹介されていたお店があったなあ、なかなか雰囲気のよさそうなところだったという記憶があったので、そこへ向かいました。

それがこちら、「皆吉」です。

テレビで見た印象、ウェブサイトの写真などを見ると、火なり広い敷地を予想していたのですが、確かに素敵な庭はありましたが、予想とは異なり、ローカルな街道沿いの一軒でした。

箸袋にルビが振ってあるのでおわかりと思いますが、「皆吉」は「みなきち」ではなく「みなき」と読みます。

建物は、かなり大きな農家というのでしょうか、それなりに古いもののようです。

台ヶ原から到着したのは午後1時のちょっと前。お昼時が終わる頃なのでそれほど混んでいないだろうと予想したのですが、店の前には何人も待っている人がいて、あたしたちは「30分以上、1時間まではかからないと思いますけど……」と言われてしまいました。

あらかじめメニューを選んで注文しておき、縁側でひなたぼっこをしながら順番を待ちました。周囲にはぶどう園がたくさんあり、バスツアーとおぼしき人たちが何人も集団で歩いていました。すぐ近くにはシャトレーゼもありました。

お店に通されるまで、確かに一時間はかからなかったと思いますが、席に座ってからほうとうが出てくるまでに20分ほどかかったと思いますので、お店に到着してからですと、ほうとうにありつくまで一時間以上はかかりました。

そして、あたしが食したのは左の写真、きのこほうとうです。

ほうとうは腰が強く、大きなニンジンとカボチャ、それにジャガイモがゴロゴロとたくさん入っていて、その間に数種のきのこがふんだんに入っている一品でした。

母が注文したのは鳥肉ほうとう。

基本的な具材はあたしと同じ。ただし、きのこはそれほど入ってなく、代わりに名前のとおり、鳥肉がコロコロとたくさん入っていました。

こちらもちょっともらって食べてみましたが、やはり鳥肉の出汁が出ているので、スープの味がきのこほうとうとはちょっと異なりました。

最後にもう一度、皆吉の建物を撮ってみましたが、植木があるのでこんな感じです(汗)。

ここもそうですし、台ヶ原宿もそうですが、紅葉はまだちょっと早いのかな、という感じでした。この季節なので紅葉を愛でることも目的に一つだったのですが……

もちろん昇仙峡とか、そういうところなら違うのでしょうが、車窓から眺めた限り、きれいな紅葉はどこにもありませんでした。紅葉も黄葉もなく、むしろ枯れているだけ、というところが多かったのは気候のせいなのでしょうか?

上の写真は、確かに黄色、緑、赤と揃っているように見えますが、赤が赤と言うよりは茶なのが残念でした。紅葉よりも茶葉という感じのところばかりでしたね。

もう少し丹念に見て回ればよかった?

昨日訪れた山梨県の台ヶ原。

「七賢」の店先にこんなMAPが置いてありました。

こうしてみると台ヶ原地区、観光スポットが点在していたようです。よさそうなところに見えますが、至ってのどかな田舎でした。

国道20号線も新宿や調布あたりの甲州街道と同じ20号線とは思えないほど交通量が少なかったです。

そして地図を見るとわかるとおり、金精軒七賢のある通りが本来の甲州街道だったのですね。確かにそういう雰囲気は残っていました。

そしてもう一枚。

こちらは七賢の構内マップです。

いや、改めてこのマップを見て、七賢ってもっと奥の方まで敷地があったんだなあ、と驚きました。こんな広かったとは。

「洗心の池」とか「東門」くらいは見ておきたかったものです。

そしてやはり日本酒を一本くらいは買って帰るべきでした。

それにしても、このあたりは「白州」と呼ばれているようで、きれいな水の町として知られているそうです。「白」で「水」なんて、あたしの勤務先と縁を感じる町です。

甲斐国に竹林の七賢人あり

母親と「山梨へほうとうを食べに行こう」と約束をして早幾年月。

一年とか二年とか、そんなレベルではなく、もしかすると最初に母と話をしたのは十年以上前のことかも知れません。これはまるで芸能人の「そのうち飯でも…」と同じです(汗)。

しかし、遂に重い腰をあげる時がやって来ました。それが今日でした。来週は三連休なので、高速をはじめどこもかしこも混雑しそうなので、その前の週の今日であれば、それほど混んではいないだろうという予想です。

そこで山梨へと車を走らせました。

まず向かったのは右の写真、信玄餅の「金精軒」です。甲府を通り越して、北杜市にあるお店です。

信玄餅というと桔梗屋が有名ですが、以前テレビで「生信玄餅」というものが紹介されていて、それを売っているのが気胸屋ではなく、ここ金精軒だったというわけです。

ご覧のように歴史を感じさせる建物ですが、その金精軒の斜め向かいにも重々しい建物がありました。

それが左の写真、「七賢」という酒蔵でした。蔵の見学などもやっていて、お酒をはじめとした各種物産を扱っている売店もありました。

ところで、このあたりは台ヶ原と言って、甲州街道の宿場町として栄えたところなんですね。七賢の隣には明治天皇の行在所もありました。

そして、七賢と聞けば、中国史ファンであれば竹林の七賢人を思い出すでしょうが、そのとおり、七賢の名前が付いた日本酒の瓶がディスプレイされていました。ラベルに書かれているのが七賢の名前です。知らない人が観たら、これが人の名前だとわからないのかも知れませんね。

「七賢」という名前の日本酒が売られていましたが、一本くらい買ってくればよかったと、今さらながら公開しております。どうしてもクルマで出かけると「お酒はダメ」という意識が働いてしまいます。買って帰るぶんには全く問題ないのですが……

 

そんな台ヶ原宿、金精軒のお店のそば、路傍に上の写真のような置物がありました。

カエルです。よく見ると、背中には子どもをおんぶしていました。