Nancy Sensual World

「染井吉野ナンシーの官能世界」は中国関係のつれづれと、出版関係のあれこれを無責任に綴っているウェブサイトです。現実に存在する出版社の情報も時々登場しますが、あくまで網主個人の見解であり、該当企業の公式なものではございません。

新着ニュース

近刊情報(18/09/19)

この記事の閲覧にはパスワードが必要です。閲覧希望の方は「ナンシーへの伝言」からどうぞ。
ただしお会いしたことのない方、存じ上げない方は、お断わりいたしますのでご了承ください。



› 続きを読む

最近のRockfield's Diary

こんな感じで並べてもらえると、あたし的には幸甚!

本日は『新訳ベケット戯曲全集2』の見本出しでした。店頭に並ぶのは来週半ば以降になると思います。

全4巻予定なので、ちょうど半分です。

左の写真のように、既刊の『新訳ベケット戯曲全集1』と一緒に並べていただけると、非常に嬉しいです。

今回は「実験演劇集」として、この暑さとしてはずいぶんたくさんの戯曲が収録されています。「実験」というくらいですから、どこまでベケット自身がそれぞれを完成形と考えていたのでしょう?

そんなことを思いながら読んでみるのも面白いのではないでしょうか?

著者サイン、ゲット!

新刊『台湾生まれ 日本語育ち』にサインをいただきました。

本書は単行本が爆発的な人気を博し、ここしばらくは在庫僅少、そしてほぼ品切れ状態になっていたのですが、書店や読者からのリクエストの多い本の一つでした。

このたび、晴れてUブックス化!

ただし、単行本をそのままUブックスにしたのでは芸がありません。単行本刊行後に執筆された三篇を加えた増補版として再登場というわけです。

装丁も、著者お気に入りの単行本の装丁を限りなく踏襲しています。

今後は、『来福の家』ともども、新書版の『台湾生まれ 日本語育ち』をよろしくお願いします。

あさひなぐ

舞台版「あさひなぐ」のBlu-rayをゲットしました!

映画版はずいぶん前に出ていたので、舞台版はかなり遅れた印象を受けます。そもそもは舞台の公演が先で、映画はその数ヶ月後に公開だったはずですから、円盤は順番が逆になってしまいましたね。

そして、映画版に比べるとパッケージがずいぶんと薄いです。BOXは半分か3分の1くらいの厚みしかありません。写真集的なものがないからでしょうか? ちょっと残念です。

そして特典付録はポストカードが4枚。左から未央奈、若、飛鳥、みさ先輩の4名でした。これはパッケージによってメンバーが異なるのでしょうか? 他にも出演者はいたわけですからね。

さゆ、生駒、きいちゃん、新内のポストカードをゲットした人もいるのでしょうか? まあ、このあたりはネットを見ればすぐにわかることですね。

そして、付録はもう一つ、チケットホルダーというのでしょうか? クリアファイルが付いていました。左の写真の一番下です。

それともう一つの付録は、最初の写真に写っているお守り、必勝御守です。映画版は赤、舞台版は紫のお守りでした。果たして、どの程度のご利益があるのでしょう?

そうそう、数日前にWOWOWで映画版の「あさひなぐ」が放送されていましたけど、Blu-rayも発売されたので、舞台版もCSで放送されるのではないでしょうか? そんな気がします。