Nancy Sensual World

「染井吉野ナンシーの官能世界」は中国関係のつれづれと、出版関係のあれこれを無責任に綴っているウェブサイトです。現実に存在する出版社の情報も時々登場しますが、あくまで網主個人の見解であり、該当企業の公式なものではございません。

新着ニュース

近刊情報(19/07/17)

この記事の閲覧にはパスワードが必要です。閲覧希望の方は「ナンシーへの伝言」からどうぞ。
ただしお会いしたことのない方、存じ上げない方は、お断わりいたしますのでご了承ください。



› 続きを読む

最近のRockfield's Diary

リサなの? ガスパールなの?

新宿の丸井で、リサとガスパールのフェアが開催中です。

今年と来年は、リサとガスパールのアニバーサリーイヤーでして、各地でこのようなイベント、フェアが開催されます。その会場では少し前に刊行した『「リサとガスパール」と一緒にひとことフランス語』も売っています。

書店回りの途次、どんな感じなのか覗いてきました。

そして、その会場ではリサガスのグッズがいろいろと売っていたのですが、なんとネクタイがありました。

こういうキャラクターグッズでネクタイって滅多にないんですよね。たいていはタオルとかTシャツとかが多くて、今回ももちろん売られていましたが、ネクタイが売っているなんて嬉しいじゃありませんか!

図柄としては地味でしたが、青と赤、2種類が売られていまして、ついつい両方とも買ってしまったので、ひとまず青い方を締めてみました。

1枚目は、ついつい本がメインになってしまい、どんなネクタイかまるでわからないので、もう一枚撮ったのが2枚目です。如何でしょう?

図柄については、2枚目と3枚目の写真をご覧ください。リバーシブルネクタイで、片一方が太くもう一方が細いのではありません。どちらをメインにしても締めることができるのですが、もう一端は紺のストライプでまるでリサガス感がありません。あえてリサガスを正面から見せず、ちょっとずらすとチラチラ見えるというのがおしゃれなのでしょうか?

それはともかく、この図柄、リサなのでしょうか? それともガスパールなのでしょうか?

夏はキンキンに冷やした日本酒を!

週末などの自宅での晩酌には、このところ「ほろよい」を飲むことが多いです。いろいろな味があり、季節によって限定のものもあったり、お酒好きの人に言わせれば「あれはジュースだ」と言われそうな味ですが、ちょこっとだけ飲むにはちょうどよいと思っています。

が、個人的に好きなのは日本酒です。なので、この夏用の日本酒を6種類ほど仕入れました。すべて冷酒用です。

ちなみにあたしは、冬でもお燗より冷酒の方が好きです。お燗した日本酒は実はあまり好きではなかったりします(汗)。

閑話休題。

今回の6本は、左から「鶴齢 純米超辛口」「鶴齢 純米吟醸 無濾過生原酒」「鮎正宗 発泡性SweetFish」「久比岐 和希水 雪室熟成 純米生酒」「鶴齢 特別純米 爽醇」「雪中熟成 純米吟醸 深雪の里」です。

まず最初に賞味したのは、発泡酒である「鮎正宗 発泡性SweetFish」です。

いやー、これは日本酒と言うよりもシャンパンですね。シュワシュワが美味しく、フルーティーでした。ただし、コルクの栓を開けたときに少しこぼしてしまったのが、返す返すもったいなかったと後悔しています。

ちょっとしたお遊び、あなたならどれを選びますか?

昨日の続きのようなダイアリーです。

昨日から公開された映画「天気の子」のワンシーン。『キャッチャー・イン・ザ・ライ』がカップうどんの蓋の重しとして使われているということを既に書きました。

最初の画像は、そのワンシーンですが、それを真似してみたのが2枚目の画像です。

ここで気づいたのですが、どん兵衛の蓋と器の模様というのは決められているものではないようで、映画のワンシーンのような向きで置いたときに、器側面の模様が同じようになっているどん兵衛はなかなか無いのです。

蓋の図柄と器の図柄の位置関係や向きが、映画のシーンと同じものを捜し出すのはなかなか至難の業かもしれません。

3枚目の写真は、おや、本がずいぶんと大きいですね。これではどん兵衛がまるっきり隠れてしまいます。映画のワンシーンのようにはいきません。

って、これは「単行本」でした(笑)。しかし、どん兵衛の蓋をしっかり閉める重しとしては新書判よりも単行本の方が優れているとわかりました。

そして4枚目。

こちらは長年親しまれてきた『ライ麦畑でつかまえて』です。「ライ麦」といったらこちら、という方も多いと思いますが、映画の中で使われたのはこれではなかったですね。新海誠監督的には村上春樹訳なのでしょうか。

最後に、おまけで『小説 天気の子』を載せてみました。

やはりどん兵衛の蓋の重しには、少なくとも新書サイズは必要だと改めて実感しました。

さあ、あなたならどれを選びますか?