親孝行、したいときに親はなく?

昨日は、母の誕生日でした。

母は「鰻が食べたい」と言っていまして、ここ数年は国分寺マルイの中にあるうなぎ屋で蒲焼きを買ってきてレンジでチンして食べていました。

しかし、それではどうも味気ない、やはりお店に食べに行きたいと思うものです。しかし、近所にうなぎ屋がないので、食べに行くことも出前を取ることもできません。ここはひとつ、今週末にどこぞへ出かけて行くしかないと思っています。

で、誕生日当日に何もなしでは申し訳ないので、ちょうどその国分寺マルイで、信玄餅で有名な桔梗屋が期間限定で出店していて、そこに「信玄生プリン」などという聞き慣れないスイーツが並んでいたので、誕生日のケーキ代わりに買って帰りました。

それがこちらの写真です。

上の写真のように、プラスチックのケースに四つ入っています。信玄餅の容れ物と同じくらいの大きさのプリンです。

一つ一つは二枚目の写真のような感じで、きな粉味のプリンに黒蜜をかけていただきます。これが洋と和の見事な折衷で、予想以上の美味しさでありました。

なお、写真はご覧いただけませんが(撮り忘れ?)、もう一つ、「信玄生ロール」というロールケーキも買ってみましたが、こちらもきな粉、黒蜜の味がほどよく、美味しい和スイーツでした。

慌てて注文しなくてよかった? いやもう一冊買ってもいいんだよ!

2017年2月20日に行なわれた、乃木坂46の5th Birthday Liveの初日、そして自身の誕生日にグループからの卒業と芸能界からの引退をした橋本奈々未が復活するとこの数日ネットで話題になっていました。

乃木坂46のファンであれば、ななみん推しではなくとも「これはビッグニュース」とざわつくのは致し方ないところです。あれから二年経ってやはりすっぽとライトが恋しいのか、それとも運営側が乃木坂46のテコ入れに切り札を切ったのか、ヲタやアンチ入り乱れて五月蠅くなっていたわけですが……

蓋を開けてみましたら、何のことはないです。セブンネットで同サイト限定カバーの橋本奈々未写真集を再版するというだけのことでした。ここ最近はあまり見かけなくなりましたが、乃木坂46メンバーの写真集は通常版、楽天ブックス限定カバー版、セブンネット限定カバー版、アマゾン限定カバー版など、中味は全く同じなのにカバーだけが異なる数パターンが発売されることがありました。ファンであればコンプリートしたいと思うもの。人によっては観賞用、保存用と複数買う強者もいますから、中味としては同じものがいつもより数倍多く売れるというわけです。

で、あたしもご多分に漏れず、「限定再販」と聞いて「これは買っておくべきかしら?」と思って同サイトでクリック寸前、ところであたしが持っている、つまり2017年2月の発売当時に買ったのはどのカバーだったっけ、と思って書架を漁ってみたところ、なんと上の写真のように3種類持っていました。

一番左が通常版、一番右が楽天ブックス限定カバー版、そして真ん中が今回再版される予定のセブンネット限定カバー版です。はい、なんとあたし、3種類ちゃんと買っていたのですね、当時既に(汗)。

次は万葉集?

昨日のダイアリーで、中西進さんと小島毅さんの新元号「令和」に関する朝日新聞の記事を紹介しましたが、昨日の朝日新聞を読んでいたら、こんなちいさなコラムを見つけました。

万葉集だ、文選だと本家争いをしている暇があるなら、日中お互いに相手国が誇る古典に親しんでみるのがよいと思います。もちろん万葉集にしろ文選にしろ、現代語訳ですら宋易々と読み通せるものではありません。翻訳が無理なら抄訳とか、ちょっとした入門書のようなものでもよいでしょう。それが真の交流に繋がるのだと思います。

それにしても中国や韓国からは、しばしば日本の本がブームになっているというニュースが漏れ伝わってきますが、日本で中国や韓国の本がブームになっているというニュースがあちらで報道されることはあるのでしょうか? いまなら『82年生まれ、キム・ジヨン』がベストセラーになっていると韓国で報じられているのでしょうか?

録画用NASの行く末

毎週のテレビドラマや時々の映画、バラエティー、ドキュメンタリーなど、世間の人はどの程度HDDに録画しておくのでしょうか?

見たら消してしまうのでしょうか? それともとりあえずは半永久的にHDDの中に取っておくのでしょうか? あるいはDVDやBlu-rayにダビングして保存しておくのでしょうか?

たぶん、この三つの中のどれかを選択しているのでしょうし、適宜組み合わせ、使い分けしているのでしょう。

Blu-rayやDVDに焼いて(ダビングして)保存しておく方は、レコーダーとディスクとの相性を考えればよいのでしょうが、どのくらいの頻度でダビンをしているのでしょう。高速ダビングという機能もありますが、録画の仕方や放送の種類(地デジか、BSか、CSか)で高速ダビングができない組み合わせもあるので、そうなると等速ダビングですから、2時間半の映画をダビングするのに2時間半かかる計算になり、土日を使ってもダビングがいくつかあったら一日がかりの仕事になってしまいますよね。

毎週マメにダビング作業をしていればよいですが、ちょっと溜まってしまうと面倒臭いったらありゃしません。何事もこまめにやるのが肝心なようです。

それはさておき、HDDに残しておくという場合、大手メーカーのレコーダーですと、内蔵HDDは4TBくらいが最大でしょうか? 2TBクラスが主流という印象があります。実はこれではあっという間にいっぱいになってしまいます。なので、外付けのHDDを増設して対処している人がほとんどだと思います。

しかし、USB接続の外付けHDDですと、レコーダーの機能にもよるのですが、他の部屋でタブレットやスマホを使っての視聴ができなかったりします。なので、便利なのはNASと呼ばれる機器です。

素人にも使いやすいのはバッファローの「LS411」というモデルか、アイオーデータのHVL-Sというモデルになると思います。あたしも使っています。それぞれ2TB、3TB、4TBの3モデルが販売されています。

ところがこの両製品、最近どうも販売終了になっているようなのです。多くの人が、リアル店舗を除くとヨドバシカメラビックカメラの通販を利用しているのではないかと思いますが、ご覧のように、どちらのサイトも両製品の販売が終了になっているのです。

両メーカーのウェブサイトを見ても生産終了ということは書いていませんし、まだまだ現役で売っている感があります。もちろん、そんな状態ですからこの商品に変わる後継モデルなどのアナウンスもされていません。いったいどういうことでしょう?

それとも、レコーダーのHDD容量がアップして、外付けHDDを増設できるのが当たり前になってきているので、NASの需要が著しく減っているだけなのでしょうか?

そういった業界の動向とかトレンドなど、あたしにはまるでわかりませんが、夏前には新モデルなどの発表・発売があるのでしょうか? 気になるところです。そして、あたしの場合、そろそろもう一台買い増ししておきたいタイミングなのですが、売り切れのため買いたくても買えない現状をどうしたらよいのでしょう?

慶祝ムードなわけだから……

今朝の朝日新聞に中西進さんが「令和」について語ったという記事が載っていました。

中西さんは「令和」の生みの親ではないかと噂される万葉集の大家、その方が新元号発表後初めて公の場で万葉集や「令和」について語ったわけですから、誰もが注文したところでしょう。

記事を読む限りポイントは二つ。「令和」の「令」については「辞書には『令は善なり』と書いてある。令と言えば善いことだ。こんなにすばらしい字はない」と語り、「命令」の「令」という解釈を退けています。

もう一点は、中国古典『文選』の影響について、両書に出てくる「令和」について「同じものだと考えるのは理解できない」と語ったそうです。

まあ、『万葉集』専門家のおっしゃることですから、あたしごときがとやかく言う筋合いではありません。しかし、この記事を読んで思い出されるのは数日前の、やはり朝日新聞に掲載された中国思想専門家の意見です。

なんとなく、朝日新聞的には《中国専門家が異を唱えている》といった流れにしたかったのかもしれませんが、小島さんの意見も中国古典を素直に解釈すればというだけのことで、別段、新元号に文句を付けているわけではありませんし……

折角、世の中がなんとなくめでたいムードに包まれているときに、国文学者と中国文学者が本家争い的なことをするのはみっともないですし、そもそも専門家はそんなことしてはいないのに、世間は日中の争いのように見たがるのでしょうか? これも昨今の日中関係が冷めていることの影響なのでしょうか?

あたしはたぶん日向坂46を見かけたのだと思います

坂道シリーズの最新グループにして、いま一番勢いのあるのが日向坂46だと思います。

そんな日向坂46に加藤史帆というメンバーがいます。その加藤史帆のある日のブログが以下の通りです。

そしてそして、新宿のHMVさんとタワーレコードさんに行ってまいりました

ブログはもう少し長いのですが、必要なところだけ抜粋しました。

はい、新宿のHMVに行ったと書いてあります。

新宿のHMVは、JRの新宿駅東口を出て地下道を紀伊國屋書店に向かって歩いて行くとき、いくつかルートはありますが、ルミネエストを抜けていくルートを選ぶとあります。最近出来たお店です。

HMVとは言うものの書籍も扱っているので、あたしも先日ちょっと立ち寄ってみました。

で、その店内で若い女性が商品を見ていて、店内に入ってきたあたしとふいに目があったのです。

あたしは「あれ、どっかで見覚えのある顔だなあ」と思いつつ、率直な感想としては「あら、可愛らしい女の子」というものでした。

その子はあたしと目が合うと焦ったように商品を棚に戻してお店を出て行ってしまいました。取り残されたあたしは「もしかして不審者と間違えられたのかしら?」とちょっと自己嫌悪に陥りました。

しかし、そんなことよりも「どこで逢ったことがある人なんだろう?」とその女性が誰だったのかを考える方に神経が集中していました。その女の子本人と言うよりも、知っている誰かに似ていると思い込んでいたので、「いったい誰だったっけ?」と必死で考えていました。

でも、結局思い出せないの諦めて仕事に戻り、数日後に加藤史帆の上掲ブログを読んで、ハタと思い至ったのです。

「あの子、たぶん加藤史帆だ、いや、たぶんじゃない、間違いなく本人だ」と確信しました。加藤史帆のブログは4月11日に更新されたもので、「行ってまいりました」という書き方から見て数日内の出来事でしょう。あたしがHMVを覗いたのもそれくらいです。

となると、あたしが不審者と思われたと言うよりも、加藤史帆が「やばい、バレる!」と焦ってその場を立ち去ったと考えた方が合理的ですし、あたしも救われます。

しかし、そうであるなら、もっとしげしげと眺めておくべきだったし、声でもかければよかったと後悔する日々です。

ちなみに、あたしの日向坂46の推しメンは佐々木美玲です。

山Pに読んでもらいたいと思ったけど……

新年度でテレビ番組も改編時期です。続々と新番組が始まるわけですが、どの局もあれだけ宣伝しているのに、実際にそのドラマの放送が始まるのは4月の後半からだったりします。

前クールも、最終回が3月上旬に放送されていたりする番組も多々ありますから、実のところ連ドラの放送は一か月くらいインターバルが空いてしまいますよね。

なんででしょう? それだけ力を入れているのなら、4月の第2週くらいから放送を始めてもよさそうなものですが……

で、今のところ見ようと思っているわけではありませんが、気になる新ドラマが一つ、TBS系の「インハンド」です。山Pが右手に義手をはめた寄生虫学者を演じるそうです。

義手と聞くと思い出すのが『鉄腕ゲッツ行状記 ある盗賊騎士の回想録』です。16世紀のヨーロッパに実在した騎士の物語です。このゲッツも義手をはめていたのです。

折角なので、山Pに読んでもらいたいなあと思ったのですが、品切れなんです。残念です。

最後の一本?

わが家の近所の桜です。

ご覧のように、比較的堂々としたたたずまい。小平市の保存樹木だそうです。

この桜の隣には、数年前まで同じように桜が数本植わっていて、この季節はとてもきれいなものでした。しかし、現在はこの一本だけが残るのみです。いや、あと一、二本はあったかしら?

とにかく、何本かは切り倒されました。その理由は、数年前、トラックが事故でも起こしたのではないかという大きな音と共に、突然それらの桜の木が倒壊したからです。

寿命なのか、虫が喰っていたのか、理由は定かではありませんが、倒れてしまってからしばらくして周囲の桜も状態も確認して、倒壊の危険ありと判断されたものがすべて切り倒されてしまったというわけです。

その後、桜の苗木が植えられましたが、まだまだ子供です。細い枝に花を咲かせてはいますが、まだまだ愛でるような状態にはほど遠いです。あたしの命があるうちには大きくて立派な桜に育つでしょうか?

名言集はよく売れる!

名言集はいつの時代も発売されています。手を変え品を替え発売されていますし、中には爆発的なヒットになる商品もあります。一時流行った「声に出して読む」シリーズも、ある意味、名言集の亜流ですよね?

といったわけで、文庫クセジュの新刊『思想家たちの100の名言』も名言集です。どんな思想家が載っているのか、そしてどんな言葉が取り上げられているのか、気になる方も多いと思います。

まもなく配本になりますので、いましばらくお待ちください。いつもの黄色いカバーではなく、今回はマリンブルーと言うのでしょうか、一見するとクセジュだとわからないようなデザインです。

名言集と言えば、先日リリースされたAKB48の新曲に収録された坂道AKBの楽曲「初恋ドア」のMVはご覧になりましたでしょうか?

いやMVを見てもわからないのですが、彼女たちが着ている衣装に付いているリボンには、それぞれメンバーごとに異なる名言が書かれているのだそうです。先日、テレビで紹介していました。

 

 

チェックしてみましたが、彼女たちが身につけている名言は、文庫クセジュの新刊には一つも掲載されていませんでした(涙)。

文庫クセジュですから、やはりフランスを中心とした西洋の人物ばかりです。多くは日本の名言集でも馴染みのある人物、そして言葉が選ばれていますが、いくつかはフランスならでは、さすが文庫クセジュといったセレクトも散見されます。

読み終わってしまっても大丈夫!

営業回りの供は文庫本や新書です。

ところが、このところ営業回りの途中で読み終わってしまい、その後の移動の車内でたいへんな苦痛に襲われることがしばしばでした。

だったら、営業先の本屋で何か買えばよいじゃないか、と言われそうです。もちろん購入することもありますが、自宅には読まなければならない、あるいは読みたくて買った本が山積みです。それらを先に読まなければと思うと、出先で買う気がなかなか起きないのです。

というわけで、今日は、岩波新書『イタリア史10講』が読み終わりそうなのがわかっていたので、カバンにはもう一冊、平凡社新書『ガンディー 秘教思想が生んだ聖人』を入れておきました。岩波新書の『ガンディー 平和を紡ぐ人』でもよかったのですが、岩波が続くのも芸がないと思い、平凡社を選びました。

さて、本と言えば、文庫や新書は営業回りの供ですが、自宅では単行本を読みます。

本日手に入れたのは、元乃木坂46、いや元SKE48と言うべきでしょうか、とにかく両グループの卒業生、松井玲奈の『カモフラージュ』です。

最初のころは否定的な意見が多かったですし、ファンもかなりバッシングしていましたが、結果的に松井玲奈の乃木坂加入(交換留学生)は成功でしたね。あたしはそう思います。