似てる?

これは近刊『コンドルセと〈光〉の世紀』のカバーにも使っている、コンドルセの肖像です。フランスのウィキペディアに載っています。

で、この出来上がってきた本を見た同僚が一言、「ムロツヨシに似てない?」と。

確かに、似ていると言えば似ている、似ていないと言えば似ていない。でも見ているとだんだんとモロツヨシさんに見えてきます。

ちなみに、上の写真が、モロツヨシさんの公式サイトに載っているモロさんの写真。この写真ですとそれほど似ているように感じないかも知れませんが、モロさんの画像をググってみれば、かなり似ている写真も見つかるのではないでしょうか? くりっとしたつぶらな眼、それにちょっとぽっちゃり気味の輪郭、そんなところが共通点でしょうか?

今月いっぱい?

昨年末で乃木坂46を卒業した伊藤万理華と中元日芽香の二人ですが、公式サイトのメンバー欄にはまだ二人とも載っています。

上の画像が、今日の夕刻に確認した公式サイトです。しっかりと写真も名前もあります。公式サイトからは二人のブログが今月末、31日で閉鎖になるとアナウンスがありましたから、それまではメンバー欄にも載せているということなのでしょう。

それはファンとしては嬉しいことなのですが、一つ気になったのが下の画像です。

その伊藤万理華の紹介ページです。まりっかに関する情報が載っているわけですが、そのスケジュールのところに「2月20日 Happy Birthday」とあります。まりっかの誕生日は2月20日ですから正しい情報ではありますが、この時点ではもう卒業してしまっていますし、このサイトから削除されていますよね。

たぶん、個人データベースの情報が自動的に載ってしまうのでしょう。熱狂的なファンだったりすると「もしかして、まりっかの卒業がなしになったのかも?」なんて思いかねないのではないかと、ちょっと思った次第です。

セクハラ? 胸キュン?

ちょっと前に「壁ドンはセクハラ」というニュースが流れましたね。そのニュースの正確な内容とか、結局どうなったのか詳しい状況など、ほとんど知らないのですが、見出しだけは、ある意味、衝撃でした。だって、少し前までは壁ドンは女子がキュンキュンするシチュエーションとして挙がっていたからです。

そんな折も折、欅坂46メンバーのブログにメンバー同士でやった壁ドンの写真がアップされました。それが下の写真です。

ドンしているのが、けやき坂46の齊藤京子、ドンされているのが欅坂46の志田愛佳です。

「ところで欅坂とけやき坂って何が違うの?」という基本的な質問は真面目に答え始めると長くなりますが、公式には欅坂46のアンダー組織がけやき坂46ということになっているようですが、入れ替えもなければCDなどで歌唱している楽曲の傾向もかなり異なるので、選抜・アンダーという上下関係と言うよりは姉妹グループと言う方が近いと個人的には思っています。

ただ、そうなると、そもそも欅坂46は乃木坂46の姉妹グループではなかったのか、という疑問が湧いてきますが、現在では「坂道グループ」とは括られているものの、姉妹というよりは従姉妹というくらいの距離感を感じます。

そんな考察は置くとして、上の写真がアップされたのを見たとき、多くのヲタは下の写真を思い出したのではないでしょうか?

この写真は、もう何年も前にアップされた、乃木坂46の橋本奈々未と白石麻衣による壁ドン写真です。ドンしているのがななみんドンされているのがまいやんですが、この美しさ、完成度、さすが乃木坂が誇る風神雷神、双璧と呼ばれる二人だけのことはあります。二人の役割逆バージョン写真もあります。

ちなみに、このななみん・まいやんの壁ドン写真とほぼ時を同じくして、同じく乃木坂46のメンバー・星野みなみも壁ドン写真をアップしたのが下の写真です。

みなみ自身がななみん・まいやん二人の写真との落差に恥ずかしがっていたというエピソードもファンの間では有名な話でしたね。知らない方のために補足しますと、上の写真はドンしているのが星野みなみ、ドンされているのが若月佑美、壁役は確か高山一実だったはずです。

この頃の乃木坂46にはまだまだAKB48の差が大きく、現在のような人気まで行くとは予想もできなかった空気がありましたね。

こんなところに出版不況の現実を感じる?

前のダイアリーに書きましたが、昨夕は梓会の出版文化賞授賞式でした。時季的に新年会を兼ねた懇親会も行なわれますが、大勢の関係者が参加していました。

で、そんな会場を見ていると、失礼ながら、頭髪の薄い方がかなり多いのに驚きました。「こんなに多かったのか!」とちょっと驚きです。

前から見るとそうでもないのに、椅子に座っている状態を見ると、頭頂部が薄い方、ほとんどの髪のない方、かなり大勢いました。大勢どころか過半と言っても差し支えないほどでした。

出版不況で神経をすり減らし、そんな気苦労が髪の状態に表われているのでしょうか?

ちなみにあたしはふさふさです。多くて太くて硬い、極めて厄介な頭髪です。行きつけの美容院の方曰く、いまから薄くなり始めても、死ぬころにようやく人並みの髪の量になるかどうか、なんだそうです。

昨日の体調

昨夕は、出版梓会の恒例行事、出版文化賞授賞式でした。

が、あたしは今週初めから喉が痛くて、かなりつらい状況です。寝込むほどではないものの、本調子にはほど遠い状況が続いていました。

そんな体調ですが、昨日も喉が痛いのは相変わらずですが、体がだるくて、なおかつ痛みもあり、若干の寒気も感じていました。「まさか、インフル?」という考えが頭をよぎりましたので、授賞式も少し飲み食いと歓談をして、早々に引き上げました。

自宅へ戻って体温を測ると37.9度。やや高い体温ではありますが、いわゆるインフルエンザと言うほどの高熱ではありません。しかし、とにかく静養が一番だと考え、床に就きました。

夜中、布団の中はかなり暑くなりました。熱が上がったのでしょうか? しかし、明け方目を覚ますと、体調はだいぶすっきりしていました。熱は下がったみたいです。

というわけで、本日もいつもどおり出社していますが、喉の痛みは相変わらずです。体のところどころが痛いのも変わりません。痛みは特に腰がひどいです。風邪と言うよりは内臓から来ているものなのでしょうか?

なにはともあれ、今日を乗り切れば週末ですので、あと一踏ん張りです。

日本史の教科書に載っていないところを!

この記事の閲覧にはパスワードが必要です。閲覧希望の方は「ナンシーへの伝言」からどうぞ。
ただしお会いしたことのない方、存じ上げない方は、お断わりいたしますのでご了承ください。



富士の裾野で

朝日新聞の静岡版。

盲導犬トレーニングの記事です。

この記事に、あたしの姪っ子が出ています! そう、妹の家、昨年から、将来、盲導犬になる(予定の)子犬を飼っているんです。秋口くらいまで飼うらしいです。一年にも満たない縁ですが、可愛がっているようです。

あっ、この写真に写ってはいません。いや、遠くの方に写っている小さな人影が姪っ子たちかも知れませんが、この写真では全く判別できません(汗)。

はこそば、しぶそば

朝日新聞の一面に駅にある立ち食いそば屋さんの記事が……

駅そば進化 内装スマート、女性客続々 売り上げ増、外国人にも評判

日本って平和だなあと感じます(汗)。

あたしが営業を担当している小田急線には、各駅にではありませんが、ほとんどの駅に「箱根そば」、通称「はこそば」があります。時にはあたしも食しますが、思いのほか女性のお客さんが多いのに驚きます。

そしてもう一つの担当エリア、田園都市線には、こちらも全駅にではありませんが、「しぶそば」がありまして、やはり女性客がそれなりに多いです。かつての立ち食いそばと比べて、味などの違いまではわかりませんが、店内はテーブル席もあり、立ち食いではなくなっているところが多いです。テーブル席があるからでしょうか、全体的に少しゆったりとした店内であるような気もします。

これだけで女性客がなぜ増えるのか、よくわかりませんが、実際のところ、テレビや雑誌で取り上げられるようなお店ばかりに行っていたのでは、上がらない給料ではすぐに破産してしまいます。そういうお店にも行くけれど、ふだんはこういった安いお店を使うのも、背に腹はかえられないと言うことではないかと思います。もちろん、ヘルシーなメニューといった女性向けの努力もお店側にあるのでしょうけどね。

今回の朝日の記事はそば屋でしたが、個人的に気づいていたのは、おにぎり屋です。「権米衛」というおにぎり屋が、やはり駅構内にありまして、基本は持ち帰りなのですが、店舗によってはイートイン・スペースがあり、そこで食べている女性客が多いなあと感じていたのです。逆に、権米衛では男性客が食べているのを見ることは少ないです。立ち食いそばだと男性が7割から8割くらいに比率ですが、おにぎり屋だと逆転どころか女性が圧倒的な気がします。

個人的には、晩にイベントなどがあって夕食をその前に取れないようなとき、立ち食いやおにぎりは小腹を満たすのにちょうどよく、主な利用の仕方としてはそんなところです。

ところで、この記事、関東以外ではどんな記事になっていたのでしょうか? やはり東京の立ち食い事情が大阪や名古屋でも一面を飾っていたのでしょうか?

わが家のシャンシャン、再び!

勤務先のTwitterでも告知しているように上野の松坂屋で開催中のパンダ展。

読むパンダ』をどうしても早く読みたい、手に入れたいという方は、先行販売中の上野松坂屋へ! 書店店頭には来週末には並ぶと思いますので、松坂屋へ行けない方、しばしお待ちを。

あと、缶バッヂのプレゼントもやっています!

と、宣伝はそれくらいにして、前回に引き続きわが家のパンダちゃん。こんなのがありました。

点心熊猫のらくらく中国語手帳 上海旅行に連れていって!』という中国語の学参です。もう品切れ、古本屋をあたっていただくしかないのですが、この学参の宣伝をしたいというわけではありません(爆)。注目して欲しいのは、この学参のキャラクターです。

このキャラクター、バンダイが売っていたのですが、日本ではほとんど見かけませんでした。覚えている方いらっしゃいますか? 点心熊猫と言うそうです。実は、あたしは過去のブログでこの点心熊猫を取り上げているのです。2006年のことです。そこで書いているぬいぐるみがこちらです。上海で買ってきたもので、いまも、自宅のわが部屋に大事に持っています(汗)。そして上掲の学参が刊行されていたのも2006年のことでした。

いま考えてみても、バンダイが中国限定で発売していた商品なのかも知れません。限定とは言わずとも、日本で力を入れて売っていたということはないでしょう。今となっては残念至極です。

知られていないと言えば、否、こちらはもう少し知られているのでしょうか、ダンパって知っていますか? こちらは公式サイトがあります。

見ていただければわかりますが、パンダの黒と白の部分が逆のキャラクターです。だからパンダではなくダンパ、なんだそうです。このぬいぐるみも持っていたはずなんですが、どっかへ行ってしまったようで、見当たりません。

為朝は南へ

この記事の閲覧にはパスワードが必要です。閲覧希望の方は「ナンシーへの伝言」からどうぞ。
ただしお会いしたことのない方、存じ上げない方は、お断わりいたしますのでご了承ください。