バベル? バビル?

今朝の朝日新聞です。

バベルの塔の話題です。

「なんでこんな記事が?」と思いきや、まもなく東京都美術館で「バベルの塔」展が始まるわけで、朝日新聞社は主催者なんですね。まあ、どこの新聞社、テレビ局でもありがちなことですが……

ちなみに、この展覧会のチケット、既に入手済みです。前売りを買いました。日取りは未定ですが、見に行くつもりです。楽しみです。バベルの塔のネクタイ、ミュージアムショップで売っていないでしょうか?

ちなみに「誰と見に行くの?」とは聞かないでください。友達のいない、寂しい身の上ですから(爆)。

しかし、今日のこの記事、小さく「バビル二世」が載っているのが微笑ましいというか懐かしいというか。子供のころ見ていましたよ、テレビアニメの「バビル二世」を。

で、タイトルに戻って、「バベル」が正しいのでしょうか? それとも「バビル」が正しいのでしょうか? アニメの刷り込みで「バビル」という言い方に親しみがあるんですよね、あたしくらいの世代だと。

小規模飲食店よりも

このところ時々話題になるニュース。オリンピックを控え、東京の禁煙政策が進んでいないという報道。いわゆる受動喫煙対策というものですが……

ニュース報道を見ていると、小規模飲食店の規模はどのくらいまでか、とか、バーやスナックはタバコを吸うところだ、といった話題が多い気がします。しかし、受動喫煙ということなら、まずは路上に設置されている喫煙スペースの撤去を、まずは進めてほしいものです。

小規模な飲食店、まあ喫茶店は線引きが難しいところですが、いわゆる飲み屋は、タバコ嫌いなあたしだって「タバコを吸うのがデフォルト」という認識を持っています。ですから、タバコが嫌いな人は行かなければいいし、こういう報道がある以上、今後は全面禁煙のバーやスナックも増えてくるのではないかと思いますので、そこへ行けばよいのではないかと思います。

それよりも上に書いたように、街中にランダムに設置されている喫煙スペース、あれの方がはるかに紫煙をまき散らしていて問題ではないかと思います。街中に喫茶スペースを設置する場合は必ず煙が外へ漏れないような囲いも設置する、といったことをしてもらわないと受動喫煙対策にはならないでしょう。コンビニなどの店先も同じですね。

受動喫煙対策は、「喫煙が許可されている場所以外では吸ってはいけない」というの常識になるような取り組みをやって欲しいなあ、というのが希望です。現在の日本は、「喫煙と書いていなければ吸ってよい」というのが常識と言いますか、なんとなくのルールとして定着している気がしますので。まあ、このルール(マナー?)すら守れない、否、意識的に無視している(?)喫煙者が都心部などでは散見されるので困ります。

まだちょっと早い井の頭公園

昨日から、妹が姪っ子と甥っ子を連れて遊びに来ています。

いや、この表現は正しくないです。

正確には、昨日はあたしが代休を取って(←まだ消化していなかった、先日の関西ツアーの休日出勤分が1日残っていたので)、朝からマイカーで妹宅(沼津)まで迎えに行き、昼前にわが家に到着していたのです。

天気もよく、まだ時間もあるということで、昨日の午後は皆でららぽーと立川立飛まで買い物に行って来ました。ちなみに、ここのタワーレコードは欅坂46の志田愛佳推しの店員がいるということで、欅坂オタには聖地の一つと呼ばれている場所でもあります。

甥っ子姪っ子連れでしたのでタワーレコードはこっそり横目でチラッと覗いただけですが、相変わらずの店頭ディスプレイでした。その代わりと言ってはなんですが、久しぶりにオリオン書房を覗いてきました。

さて、閑話休題。

明けて本日。昼前から井の頭公園へ出かけてきました。姪っ子が、井の頭公園の動物園モルモットを抱っこしたいと言ったので、それに行ってみたわけです。

それにしても井の頭公園、何年ぶりでしょうか? 小さいころは家族でよく来ていましたし、何回かに一回は動物園も見学していました。ゾウの花子が死んじゃったんですよね。あたしが小さいときから人気者でした。

で、リス園でリスが動いているところを動画で撮影してみました。予想以上のすばしっこさですね。あんなに走るのが速いとは! そういえば、昔々、ライオスネコーヒーキャンディーのCMでキャンディーを持って逃げるリスをアメフトの選手が追いかけるというのがありましたが、あのCMのリスがそれほどすばしっこい印象はなかったですけどね。

そうそう、井の頭公園の桜はまだちょっと早いですね。一部、咲き始めていましたけど!

桜が咲いたら桜の酒?

わが家の近所の桜、数輪咲きました。5か6か、それ以上なので気象庁的に言えば開花宣言を出せるわけですよね?

というわけだから(?)、昨晩はこんなお酒を飲んでみました。

桜の濁り酒、です。といっても別に桜の花びらが入っているとか、桜のエキスが混ぜ込んである、といったわけではないようです。

注いでみるとこんな感じ。ほんのり桜色? 飲むと、少しだけシュワッとした感じがあります。

で、何気なくラベルの能書きを見てみると、「軽く振って」と書いてありました。ガーン! 振らずに飲んでいました、3分の1くらい。

降ってみたらこんな感じ。少しドロッとした感じのお酒が出て来ました。色も先程よりはもっとピンク色が強くなっていて、飲みあたりもジュースのような味わいになりました。これが本当の味だったのか……

ちなみに、2本の動画、バックに子供の声が入っていますが、昨日から妹が子供たちを連れてわが家に来ているので、そのせいです。昨日からわが家はうるさいくらいに賑やかです。

ラベルの写真をアップしてあるので説明不要かも知れませんが、これは新潟は妙高、鮎正宗酒造のお酒です。普通の鮎正宗はこれまでも飲んだことがありましたが、この「さくらいろ」は初めて飲みました。ジュースみたいなので好き嫌いが分かれるかも知れませんが、飲みやすくて、あたしは好きです。

さよならに強くなれ、てない?

乃木坂46のブログにアップされた写真。

こういう写真を見て「いいなあ」と思いつつ、「あっ、ななみんがいない」と感じてしまう自分がいます。ななみんロス、という自覚はありませんが、こういう写真に一緒に写っていて欲しい、ななみんもいてこその乃木坂、という思いもあります。

そんなことを思っていたら、別のメンバーのブログにアップされた写真。

一瞬、ななみんかと思いましたが、三期生の吉田綾乃クリスティーです。これまで長かった髪をバッサリ切ったという報告ブログでしたが……

ネットでもななみんにどことなく似ているという声が多数。わかります。

何を以て人は人を好きになるのか?

ちくま新書の『LGBTを読みとく』を読み終わって、いろいろ考えてみました。

一応、LGBTの違いについては知っていたつもりでしたが、こういう本を読むとますます複雑なんだなあと考えさせられます。

体は男に生まれてきたけれど自分自身では女だと自認している人、というだけならまだわかるのですが、そういう人で男装している人、女装している人、それぞれがいるわけですよね。もちろん好きでやっている人もいれば、世間の目を避けるためにやっている人もいるわけで一筋縄ではいきません。なおかつ、そこに異性愛の人、同性愛の人もいたりするわけですから、もうほとんどわけがわからなくなってきます。言葉の上では理解できていても、頭の中で整理されていない感じが残ります。

ところで、ごくごく一般的な話として(←たぶん、こういう「一般的」という言い方をマイノリティの人は嫌うのでしょうけど、社会の大多数の人がそうであるようなものを一般と呼ぶのは仕方ないことだと思います)、男性は女性を好きになり、女性は男性を好きになります。その場合、どういう風に好きになるのでしょうか?

こう言ってしまうと身も蓋もありませんが、たいていの人は見た目から入るのではないでしょうか? 学校とか職場とか、ある程度長い時間を一緒に過ごすうちに好意が芽生えるというのも多いでしょうが、とりあえずは見た目で「あの人、好み」「あの人、なんかイヤ」という判断を下しているのではないかと思います。

その時、ほぼ100パーセント、相手の体(裸体)を確認しているわけではありませんから、肉体的に相手が男性なのか女性なのかは、あくまで顔や体つきで判断しているのだと思います。混んだ電車の中で、顔しか見えないような状況で、とってもカワイイ女の子、すごく格好いい男の子を見かけたとして「カワイイなあ」「格好いいなあ」と思ったとします。しかし、車内が空いてきたり、駅の乗り降りの時にその人の装いを見たら実は「男性だった」「女性だった」という経験、誰でも一度くらいあるのではないでしょうか?

相手が同性だとわかった瞬間、異性愛の人は気持ちが萎えるのかも知れませんが、となると、そもそもその人は相手の何に対して好意を抱き、何によってその好意を失ったのか……

タレントのはるな愛が、よく男性にナンパされたという体験を話しているのをテレビで見たことがありますが、相手は完全にはるな愛を女だと思って声をかけてきたわけですよね、恐らくは顔が好みだから(ナンパしやすそうだったから、という理由もあるかも)。顔が好みであるならば、はるな愛が男性だとわかったとしても、顔が好きであることに変わりはないはず、そのあたり、なんとなく葛藤を感じます。

と、いろいろなケースが考えられるなあと思いながらの読後感だったのですが、今朝の朝日新聞に性的少数の子供の記事が載っていました。なんとなく、LGBTって大人の問題だと思い込んでいましたけど、子供でもあるんですよね、当たり前といえば当たり前なのですが。

ますます一筋縄ではいかない問題だと思います。

理解しようとする姿勢が大切?

この記事の閲覧にはパスワードが必要です。閲覧希望の方は「ナンシーへの伝言」からどうぞ。
ただしお会いしたことのない方、存じ上げない方は、お断わりいたしますのでご了承ください。



影響力を与える人

発売日は明日だったと思うのですが、セブンネットで予約していた乃木坂46のニューシングルが届きました。Type-AからType-D、それと通常盤の全部で5種類です。セブンネットだと予約特典の生写真が付くので……(汗)

ジャケ写も既に公開されていますから、別に珍しくも稀少でもありませんが、こんな感じです。

特典の生写真はこんな感じのものでした。意外と紙がペラペラでした。もう少し厚い紙の方がよかったのではないかと思います。

で、この曲、どうでしょう? これまでの乃木坂らしくないと言えばその通りかも知れませんが、こういうのもありかな、とも思います。ただ、やはり全国的なヒットは厳しいだろうなあ、という気はします。このところ、ファンの間でも「誰もが知っている、口ずさめるヒット曲が欲しい」と言われますし、アンチからは「5年たってもヒット曲が一つもない」と揶揄されていますが、ヒット曲だけが大事なのか、という考えもあるでしょう。乃木坂には乃木坂らしさ、乃木坂の世界観を大切にしていってもらいたいと思います。

とりあえずは、今のこのタイミングなら女性限定ライブをやってみるべきではないかと思うのですが……

そういう時代の流れ?

今朝の朝日新聞に、日本女子大学がトランスジェンダーの女性の入学を認めるか否か検討を始めるという記事が載っていました。

いわゆるLGBTの問題ですよね。あたし自身は理解があるわけでもないですし、知識が決定的に不足しているので、たまたま現在『LGBTを読みとく』なんて本を読んでいるところなのですが、日本女子大学の姿勢、これは時代の流れでしょうね。

個人の嗜好としての同性愛、これはまあ理解できるというかわかるのですが、トランスジェンダーって、たとえば体は男なのに心は女性ってことですよね? これ、医学的というか科学的に証明できるのでしょうか? つまり、心は女性って本人だけの思い込みでではなく、しっかり客観的に裏付けられたものなのかどうか、ということです。

いや、いまだにこういう疑義を挟むほど、あたしの知識ってこんなものなのですが、でも世間の人も似たようなものではないでしょうか? なぜにこういう疑問が起きるかと言えば、何かしら客観的な証明がないと、それこそ女好きの変態が自分は心は女性なんだと偽って女子大や女子高に入ってくる可能性が否定できないと思うからです。こういう不心得者を許してはいけませんから、なおのことトランスジェンダーの認定がどうなっているのか知りたいところです。

で、この日本女子大学の取り組み、多くの学校関係者が注視していることでしょうね。御茶の水女子大学とか国公立の学校が後に続くのか、聖心女子大学や白百合のような「お嬢様学校」と呼ばれる学校はどうするのでしょう? もちろん高校だって女子高、男子高がありますから同じような問題に直面する(している)はずです。学校によって判断が分かれるかも知れませんね。

仮に日本女子大学が入学を許可したとして、その許可された女子学生(体は男性のままかしら?)がどういう格好で通学してくるのか……。必ずしも、見た目が女性とは限りませんよね? トランスジェンダーの女性で異性装が趣味の人だったら男性のような格好をすることになりますよね? なおかつ体は男性なのだから放っておいたら髭も生えるだろうし……

単純に制度上許可したとしても、実際にはいろいろな問題が起こりそうです。が、問題を起こしたくないから前へ進まないというのもいけないことだと思いますし、ある意味、世の中にはいろいろな人がいるものだと慣れるしかないのでしょうか?

一気に読むべき?

この記事の閲覧にはパスワードが必要です。閲覧希望の方は「ナンシーへの伝言」からどうぞ。
ただしお会いしたことのない方、存じ上げない方は、お断わりいたしますのでご了承ください。