どこかで聞いたことあるようなセリフ

最近『人口減少と鉄道』という本を読みました。

著者は元JR九州の社長。国鉄時代から働き、国鉄の凋落そして改革・民営化を身をもって体験してきた方です。同書にこんな文章がありました。

公共サービスだから組織の経営に失敗しても事業そのものはなくならない。鉄道の経営がおかしくなっても鉄道そのものはなくならない。この意識が危機感を生まない。(P.148)

つまり「人が活動する限り鉄道にならないわけにはいかないんだから鉄道は大丈夫」という意識が国鉄の巨額の赤字を生むことになったのだという指摘です。

この文章を読んで、どこかで聞いたことあるなあと感じました。

そうです。出版界も似たようなことがよく言われます。東日本大震災の時が顕著でしたけど、人は本を読みたくなる生き物だから本屋はないといけないんだ、といった言説です。

鉄道にせよ本にせよ、確かにその通りですけど。それと会社を経営していくということはやはり別なんですよね。本という形にこだわらなければ、スマホやネットなど、たぶんかつての若者よりもいまの若者の方がよほど文字を読んでいると言えるのではないかと思います。もちろんYouTubeやインスタに代表されるような映像も見えていますけど、そこにだって多少の文字は書かれているわけで、とにかく現代を生きる人はひたすら文字を読んでいるし書いている気がします。

それなのに出版社や本屋は本が売れないと嘆いています。たぶん本書の著者に言わせれば、時代に合った戦略が描けていない、ということになるのでしょうか?

他の星から

昨日の午後は神楽坂の出版クラブへ行っていました。その帰路、行こう行こうとずっと思っていたこちらへ寄ってみました。

神楽坂の紀の善です。和菓子屋さんで、喫茶スペースもあります。ここでいただくのは次回にして、おみやげを購入いたしました。

あんみつと抹茶ババロアです。

「紀の善」と聞けば、乃木坂46ヲタにとっては数ある聖地の一つです。わざわざ地方から上京してここであんみつを食べたヲタが何人いたことでしょう?

って、ヲタ以外の方には話が見えませんよね?

答えはこの曲です。乃木坂46の「他の星から」です。シングルカットされた表題曲ではありませんが、ファンの間ではとても人気の高い一曲です。

このShort Ver.のMVでは出て来ませんが、歌詞の中に「紀の善であんみつ食べられれば……」というのがあるのです。だからでしょう、メンバーも紀の善にあんみつを食べに来たとブログに書いていたりします。

そんな紀の善のあんみつ、ようやくゲットです!

最新鋭、AI搭載のパソコン?

あたしが勤務先で使っているデスクトップPCのお話。

もちろんリースです。夏前にちょうど5年となり、リースの契約更新を迎えます。

先日、総務部から、このままリースを継続するか、それとも新しいPCに取り替えるかの問い合わせがありました。

さすがに5年も使っていると動きがモサモサして、週明けの朝などは起動してから30分はまともに使えない状態です。昼間でもしばしば動きがおかしくなることがあります。これでは仕事になりません。

そろそろ寿命だと判断し、総務には新しい機種に変えたい旨を伝えました。機種は、バカ高いモノでなければ自分で選べるので、なんだか自分のPCを買うようなワクワク感があります。

が、このところPCの動きが以前にも増しておかしくなりました。おかしくなった時期を考えてみますと、総務とPC変更のやりとりをした頃からにあたります。

PCを変えよう、動きの遅い古いPCとはおさらばだ、というあたしの気持ちを鋭敏にも察知したのか、あるいは総務とのやりとりのメールを自分なりに解析したからなのか、これはたぶんPCのボイコット、サボタージュなのではないかと思われます。

なんというPCでしょう? まるで生きているようです。いま流行りのAIが搭載されていたのでしょうか? こうなったら、「PCは買い換えないよ。まだまだお前と一緒に仕事をするよ」と囁いて起源を取り結ぶしかないようです。

最後は枯らしてしまう?

わが家の玄関先です。

きれいに咲いていますが、モッコウバラという種類だそうです。

こんな風にわが家の庭先は、母が咲かせたり枯らしたり、買ってきたりもらったりした草花がいろいろあります。それほど造園に技量があるわけではなく、しょっちゅう枯らしてしまっているような母ですが、それでも懲りずに土いじりをしています。

はい、いま「土いじり」と書いたように、母は自分でも「ガーデニング」などという言葉は使いません。せいぜいのところ「庭いじり」で、もっぱら「土いじり」と言うことが多いです。もともとの百姓なので、そういう表現の方が性に合っているのでしょう。

で、昨日が母の誕生日だったと書きましたが、その母もあと何年元気でいられるのか? 寝込むようになったら、土いじりどころではないですね。当然、あたしがその母を介護しないとならないので、もちろん今だってやっていない土いじりを、あたしがやるとは思えません。そうなると、庭の草花は自然と枯れていくのでしょうか?

ふと、そんなことを考えてしまいました。

和スイーツ

今日は母の誕生日です。75回目だそうです。

 

で、書店営業のサイトは成城学園にいたので、成城なら美味しいわが家さんがあるだろうと駅のそばを歩いていて見かけたのが「あんや」というお店。なかなか雰囲気がよさそうだったので入ってみて、美味しそうな和菓子をチョイスしました。

手前が「かのこ餅」で、奥が「こめ粉サンド」です。お上品な味でした。

今朝の星占い、母の牡羊座のご託宣でラッキーアイテムが「和スイーツ」だったので、和菓子をおみやげに買って帰った次第。

もう少し見たいくらいがちょうどよいのかしら?

休日に少しずつ見ていた「5th YEAR BIRTHDAY LIVE」ですが、ようやく見終わりました。

初日はななみんの卒業コンサートで涙、涙……。二日目、三日目は三期生が加わっての新生・乃木坂のスタートで、こちらは弾ける笑顔が印象的でした。

  

やはり「DAY1」は一種、異様な雰囲気がありましたね。もちろん笑顔で歌って踊るメンバーが躍動していましたけれど、要所要所で堪えきれずに泣いてしまうメンバーが……。特にまいやんの涙にはグッとくるものがありました。誰がセンターに立っても、その両隣にまいやんとななみんがいれば、安心の乃木坂ブランドが確立します。そんな乃木坂46、真のツートップの見納めでした。

DAY2」はアンダー楽曲からスタートするという初めてのライブ、それも「あの日 僕は咄嗟に嘘をついた」という人気の高い佳曲で始まったわけです。嫌が応にもボルテージは上がります。乃木坂に詳しくない人が聞けば、「えっ、これってシングルじゃないの?」と思えるほど佳い曲だと思いますし、この作品はMVも秀逸です。

そして三期生の登場。これまでは同じ乃木坂といっても独立した別働隊のような活動ばかりでしたので、今回初めて先輩と一緒の舞台に立つということでかなり緊張していたのが画面からも見て取れました。が、三期生は三期生だけで数曲を歌っただけで、一期生や二期生と一緒になって歌うことがなかったのが残念です。まあ、どの局のどのポジションにどの一期生を入れるかというのを考えだすと、今回のバースデーライブで混ぜてしまうのは時間的に難しかったのでしょう。

そして「DAY3」はダブルアンコールもあった最終日。ダブルアンコールで初めて一期生から三期生までが本当に同じステージでパフォーマンスしていました。この場面の白眉は泣きじゃくってどうしたらよいかわからなくなってしまった桃子をまいやんがやさしく抱いているシーンです。盟友ななみんが去った後、三期生に愛おしく接するまいやんは母親のように見えました。

が、三日目で一番見逃してはいけないのは、やはり蘭世が掌に書いたひめたんへのメッセージでしょう。歌い終わりに掌をカメラに向けた蘭世、カメラもズームして蘭世の掌に書いてある文字を捉えます。それが会場のモニターに大写しになった瞬間のどよめき、そして感動。ちょっと涙ものです。そう言えば、ひめたんは二日目にVTRで登場していましたね。ひめたん自身もななみんの卒業コンサートに参加できなかったことは悔しかったことでしょう。

さてライブ本編は以上で、ブルーレイやDVDは日別で単体売りもしています。しかし、多くの人は三日間揃いの4枚組を買っていることと思います。4枚組というのは、一日目から三日目まで各一枚とステージ裏を収めた特典ディスクから構成されています。

その特典。収録時間は50分ほどです。各日3時間近いライブのステージ裏としてはもうちょっとあってもよさそうなものですが、ほとんどは着替えてスタンバイして、走り回っているシーンばかりでしょうから、特典とするには難しいものだったのでしょう。

そんな中、初日の92年組の影ナレが収録されていたのは嬉しかったです。最初から特別感萬歳のライブだったわけです。そしてコンサートの最後の最後、ななみんとまいやんが最後にステージ上で交わしていた会話、本編では会場の喚声もあり何も聞こえないのですが、この特典ディスクではそこも音声が拾っていて、二人が何を語っていたのかが聞けます。これがやはりファンには涙腺崩壊のシーンですね。その前の飛鳥、生ちゃんとの抱擁も感動的でしたが。

特典ディスクのメインはそこにありかと思いきや、実は後半では三期生にスポットが当たっています。極度の緊張に震え、泣いている三期生に対し、。先輩たちはどれだけやさしいのだろう、とこういうところが乃木坂のよいところと、ファンがほっこりするシーンが萬歳です。しかし、その三期生もあれから一年以上が経ち、ずいぶん堂々としてきましたね。

で、見終わって思うことは、ななみんの卒業ライブが見られるという感動もあったのですが、これが発売になる前に、ひめたんと万理華が昨年いっぱいで卒業してしまいましたし、先日はろってぃが、そして近々生駒ちゃんが卒業という「その後」を知っているために複雑な気分です。

6周年のバースデーライブは、今年も2月には行なえず7月に神宮球場でと発表されています。そしてそのライブは乃木坂のセンター、生駒里奈の卒業後になるため彼女が参加しないこともはっきりしています。実際には1年半後ですが、バースデーライブとしては一年の間に景色がこうも変わってしまうとは。ここをうまく乗り切れれば、乃木坂46は失速せずにまだまだ坂道を上っていける気がします。

一極集中の縮図か?

昨日の土曜日、昼過ぎにちょっと武蔵小金井と国分寺まで出かけてきました。

あたしの自宅からですとバスに乗って行くわけですが、まあいつもながらの土曜の午後というわが家の周囲に比べ、武蔵小金井はどこから人が集まってきたのだろうというくらいの賑わいでした。それもそのはず、武蔵小金井の駅ビル、というほどのビルではありませんが、駅の商業施設nonowaの新館がオープンしたのでした。

あたし自身はnonowaに用事があったのではなく、その向かいのドンキホーテの中にある百均へ行ったのです。テレビなどのリモコンカバーが破れてしまい、新しいのを買いに行ったのですが、あいにくとSサイズとMサイズしかなく、Lサイズがなかったので空振りでした。その後、こんどは駅の南側にあるイトーヨーカドーへ向かいました。

その中のおもちゃ屋でシルバニアファミリーのヘアピンを買いに行ったのです。もちろん、自分用ではなく姪っ子へ買ってあげるつもりでした。一応、武蔵小金井のイトーヨーカドーにはシルバニア商品が置いてあると事前に調べておいたのですが、扱っているのは本当にシルバニアの人形やハウスなどで、あたしが探しているヘアピンなどのアクセサリーは一切売っていませんでした。こちらも空振りでした。

さて、シルバニアはまた都心の方のデパートで見ることにして、定期券があるのでJR中央線に乗って一駅、お隣の国分寺に向かいました。国分寺も長年の懸案、駅北口の再開発が一段落し、ミーツという商業施設が先週オープンしました。その影響もあって、国分寺もかなりの人でした。

で、国分寺にもある百均へ行ったところ、こんどはリモコンカバーのLサイズがありましたので購入。その次に駅南側の商業施設丸井へ向かいました。その地下食品売り場で鰻を購入です。

どうして鰻? と思われるかも知れませんが、月曜16日が母の誕生日なので、数日早いですが、ちょっとしたお祝いです。「鰻が食べたい」という母のリクエストです。

どこかへ食べに行ってもよいのでしょうし、その方がアツアツで美味しい鰻が食べられるのでしょうが、近所にはこれといったうなぎ屋がなく、バスや電車に乗ってまで食べに行くのは面倒ですから、鰻を食べようとなると買ってきたものを自宅で温め直して食べることになります。丸井の地下にはての字というお店が出店していて、専門店ですのでそれなりの鰻が買えます。ただ、日曜や月曜だと市場からの入荷がないかも知れないと思い、土曜日である昨日買いに行ったというわけです。

と、武蔵小金井と国分寺を巡るちょっとしたお買い物でした。それにしても家の近所のやや閑散とした様子と武蔵小金井や国分寺の賑わい、地方は過疎が進み東京だけに人口が集中する日本の縮図を見ている気分でした。

そして主人公は救われたのか?

この記事の閲覧にはパスワードが必要です。閲覧希望の方は「ナンシーへの伝言」からどうぞ。
ただしお会いしたことのない方、存じ上げない方は、お断わりいたしますのでご了承ください。



『独り舞』の「ジーホイ」について

独り舞』の主人公の名は「趙紀恵」です。小説の中で本人は「ちょう・のりえ」と名乗っています。台湾で暮らしていた頃は「趙迎梅」という名だったのですが、すべてを捨てて日本へやって来て、人生をやり直そうとしたときに、自分で日本風の名前を付けたということになっています。

「紀恵」は中国で読むと「ジーホイ」、ピンインで書くと「jihui」です。台湾の人だから注音字母で表記したいところですが、あいにくあたしはピンインしか知らないので申し訳ない。

さて、本文中で主人公が改名をするシーンにも、そして本文中のどこにも書いてはいないのですが、あたしにはこの名前にいろいろな意味がこめられているのではないかと思えます。

「jihui」で中国語辞典を検索すればいくつか見つかりますが、「擊毀」は「破壊する」という意味ですから、「これまでの自分を破壊する」のか、「旧態依然とした社会を破壊する」のか、いずれかなのはわかりませんが、そんな意味がこめられているのではないかと思います。

主人公自身は、たぶんこんな意識を持って名前を変え、文字を選んだのではないかと思います。

しかし、その他にも「jihui」にはいくつかの漢字を当てることができます。

「機會」は「機会、チャンス」という意味。主人公の来日が「これまでの自分を変える機会」であるという含意だと思います。

「集會」ならば、そのまま「集会」です。ゲイやレズビアンなどのパーティーが作品中にはしばしば描かれています。そんなシーンが思い出されます。

「忌諱」だと「忌み憚る」となり、同性愛者である自分の存在に対する周囲の人間や社会からの視線、偏見が主人公にはこのように感じられたのではないでしょうか?

そして「際會」は「巡り会う」です。主人公は台湾で日本で、そして旅した土地でさまざまな出会いをします。その時には気づいていないようですが、主人公にとってその一つ一つが大切なものになっていたはずです。

中途半端に中国語を囓っただけですが、主人公の改名には上掲のような意味が託されていたのではないかと感じました。

友達って必要なのでしょうか?

今日の朝日新聞夕刊に、「共通点は彼女いない、東北出身…大学が友達づくり手助け」という記事がありました。

大学生にもなって、大学に指導してもらわないと友達も作れないの? というのが多くの人の感想ではないでしょうか? 小学一年生ならこの手の話はしばしば聞きますが、まさか大学でもあるとは? これって数年前に話題になった「便所飯」に通じる話なのでしょうね。

記事を読むと、大学側としては中退防止が主目的のようなですが、このままいくと就職活動も大学が企業を選んであげたりエントリシートを書いてあげたりしないとダメな学生が増えていくのではないか、という気もします。

しかし、振り返って考えてみるに、大学って友達が必要なのでしょうか? そりゃ、いないよりはいた方がよいと思いますが、大学は学問をするところですから、友達なんて二の次だと、あたしは思います。現にあたしの場合、先輩後輩や同級生、クラスメートはいましたけど、取り立てて友達と呼べるような存在はいなかったし作らなかったわけで、なので社会人になっても学生時代の友人と、というような話を聞くと、「面倒臭い関係だなあ」と思ってしまいます。

そもそもあたしの場合、人生を通じて友達というものを作ってこなかったので、友達がいないからどうなる、という思考回路が初めからありません。友達がいないから大学を辞めるとか、そんな感覚はまるっきり持ち合わせていないのです。

友達っていなくても、知り合いがそこそこいれば、それなりに生きていけるものです。友達の有無をそんなに気にすることはないと思うのですが……