これは乃木坂46の本ですか?

書店店頭でこんな本を見かけました。

むらさきのスカートの女』です。

著者の今村夏子さん、残念ながらこれまで読んだことありませんが、どんな内容の作品なのでしょう?

と普通なら思うところですが、このタイトルを見て、あたしは反射的に乃木坂46を思い出してしまいました。だって、タイミングがあまりにもよすぎるんですから。

乃木坂46と言えば、グループのテーマカラーは紫です。さまざまなグッズもカラーは紫色を基調としているものがほとんどです。だからといって、これまでの衣装が紫ばかりだったわけではないのですが、現在発売中の最新シングルの衣装がまさしく紫のスカートなんです。

そのMVが上掲です。どうでしょう。メンバーによって衣装のバリエーションが異なりますが、紫色が基調になっていることは理解いただけると思います。そしてメンバーの半数近くはスカートの色が紫です。

彼女たちを見ているとまさしく書名どおり、「むらさきのスカートの女」です。これは内容がどうのということではなく、乃木坂46のことを書いた本ではないかと思ってしまうのは、乃木坂46ファンにとっては致し方のないことではないでしょうか?

SingOut!

乃木坂46のニューシングル「SingOut!」を入手しました。既に表題曲は歌番組で披露されていますし、MVもYouTubeで公開されていますので何回も耳にしていますので、それ以外の曲が楽しみです。

とはいえ、それ以外の曲も何曲かはMVがやはり公開されていますが……

今回は、Blu-rayが付いているType-AからType-DまでとCDのみの通常盤、全部で5タイプのラインナップです。うーん、こういう商売、そろそろやめた方がよいのではないかなあ、などと思ったりしますが、それでも全タイプ買ってしまっています。

そして、Type-AからType-Dまでに封入されている生写真、今回はこの4名でした。

左から鈴木絢音、渡辺みり愛、伊藤理々杏、北野日奈子です。あたし的には悪くないメンツです。

しかし、ファンの中には、推しメンの写真を手に入れるべく十数枚、否、数十枚とCDを買う強者もいるのですよね。もちろん写真ではなく、握手会目当てなのが主たる理由なのでしょうけど……

あたしはさすがにそこまではしません。各1枚買えば十分です。

なんとか職権濫用は叶わないものでしょうか?

こんなニュースが飛び込んできました!

生田絵梨花が、Bunkamura30周年記念 シアターコクーン・オンレパートリー2019+大人計画『キレイ―神様と待ち合わせした女―』に出演決定いたしました!!

本作は、大人計画主宰である松尾スズキ・初の本格的ミュージカルとして初演。戦争・民族紛争・少女監禁といった、独特な設定やストーリーを松尾ならではの視点で描き、演劇界に大きな衝撃を与えました。その後、2005年に再演、2014年に再再演され、4度目となる今回はキャストを新た豪華出演者が集結!

生田絵梨花は、主人公・ケガレを演じます。

時代を超えて成長し続ける傑作ミュージカルを是非お見逃しなく。

なんと、いくちゃんが「キレイ」を演じるというのです。

そうです、「キレイ」は、あたしの勤務先から刊行されています。上演のたびにと言うと正確ではないかも知れませんが、既に何度か改版となり、現在刊行されているのは2014年に刊行された「完全版」です。

しかし、今回、いくちゃん主演であたらしく上演されるのであれば、内容もリニューアルされるのでしょうか? それともそれほど変わらないのでしょうか?

少なくとも、いくちゃんの写真をあしらった帯を作りたいものですし、なんとか舞台のチケットは手に入らないものでしょうか? いやー、ダメでしょうね。大人計画は人気の劇団ですから。

小さい仕事も疎かにしない?

今朝の朝日新聞です。

乃木坂ちゃんたちがイベントに参加したことを伝える記事が載っていました。

乃木坂46のイベントであれば、わざわざ朝日新聞が取り上げるということはないはずで、警視庁のイベント、つまりは公的な活動であるからこその記事掲載だと思います。

それにしても、人気タレントが一日署長などをやるのは芸能ニュースで時々見かけますが、現在の乃木坂46くらいの人気ですと、こういう公的なイベントに呼ばれるというのは当たり前のことなのでしょうか。tだ、一般の企業のイベントではなく公的なものに呼ばれるというのは、そのグループなりタレントなりのイメージがよくないとダメでしょうから、やはりファンとしては嬉しいことと考えてよいのでしょう。

ところで、あたしが気になるのは参加メンバーです。秋元真夏、桜井玲香、高山一実ときたら、押しも押されぬ中心メンバーでしょう。二期生や三期生、最近は四期生も入りましたから、そういう子たちを使えばよかったのではないかという気もします。少なくとも3人すべてが一期生の主力である必要はなかったのではないかと思うのですが、如何でしょう。

ジコチュープロデュース【後篇】

乃木坂46のニューアルバム「今が思い出になるまで[TYPE-B]」の特典Blu-rayです。

「欲望のリインカーネーション」はまっちゅんとずーが格好よく決めてくれましたが、若干ボーカルの迫力不足が……

「空気感」はオリジナルはお姉さんメンバーの楽曲ですが、それを若手で披露。こういう風に歌い継いでいくというのは、ファンの中には批判もあるでしょうが、よいことだと思います。

「コウモリよ」は、とにかく生ちゃんが歌うとすべてが生ちゃんのオリジナルだったのではないかという錯覚を覚えます。でも先輩が後輩(三期生)を従えて取り組むというのはよいことだと思います。

「醜い私」は梅澤プロデュース。一期生、それも錚々たるメンツを従えてよく披露したなあと思います。その心意気を褒めるべきでしょう。

「低体温のキス」は企画枠でしょうか? 若様の格好良さを存分に活かしたナンバー。三人とも舞台経験の多いメンツなので、舞台上で見せる点でもよく出来た一幕でした。

「あらかじめ語られるロマンス」はセーラームーンチームが披露。カワイイ印象のナンバーでしたが、さゆはピッタリはまっていたと思います。

「女は一人じゃ眠れない」は映画のテーマソングだったはず。飛鳥はオリジナルでも歌唱していたはずですが、今回はドラマーとして参加。乃木團復活(?)と思われましたが
、飛鳥のドラムだけでしたね。そこがちょっと残念。

「流星ディスコティック」はまいやんとまっチュンのナンバー。それをなーちゃんと与田ちゃんで披露。師弟コンビというのでしょうか、とにかく微笑ましい空気が感じられました。

「あなたのために弾きたい」は、今回の白眉かもしれません。乃木坂メンバーは、実はピアノをやっていたという子も多いのですが、生田絵梨花という怪物のためほとんどの子が封印していましたが、今回真夏が蛮勇をふるって挑戦。見守る生ちゃん、飛鳥の眼差しが優しく温かかったですね。

「意外BREAK」はお姉さんメンバーのイメージが強いナンバーですが、みなみが披露。みなみも、ひなちまも、まあやも最年少に近いメンバーでしたが、いまやこれからの乃木坂を背負っていく立場になったんですねえと感慨もひとしおです。

「まあいいか?」はまいやんと真夏のナンバー。それを玲香と若様で披露。やはり息の合ったペアで披露するとはまる曲ですね。この時の玲香と若様はとっても可愛くてきれいでした。

「君に贈る花がない」はサンクエトワールの楽曲。それを絢音ちゃんが三期生を従えて披露。絢音ちゃんももっと選抜の中心に立つべきだと感じた次第です。

「孤独兄弟」は言わずと知れたまいやんとななみんの曲。この曲をよくも披露できたなあと、その勇気を褒めたくなります。たぶん梅澤プロデュースだと批判も多かったのではないでしょうか? 新内プロデュースだからライブの余興として成立したのではないかと思います。、個人的には玲香と若様、あるいはさゆと万理華のペアで見たかった気もしますが、これからの時代なら久保ちゃんと美月のペアでしょうか?

「太陽に口説かれて」は美彩先輩のプロデュースですが、もともとの歌唱メンバーでもあります。どういう意図のあった人選なのでしょうね?

「月の大きさ」はもう一つのセーラームーンチームの披露。なので高山プロデュースではありますが、最後は美月がセンターに立っていました。これは致し方ないところでしょう。

「水玉模様」は生駒ちゃんのソロ曲。それを生ちゃんが歌い継ぐとは粋な演出です。生ちゃんなりの、生駒ちゃんリスペクトでしょうか? しかし、生駒ちゃんより数段巧かったのでは?

「ライブ神」はようやく登場のまいやんがまっちゅんと披露。二期生曲をあえてこの二人で披露するというところがたまりませんね。

というわけで、Blu-ray2枚に収められたジコチュープロデュース。このメンツでこの曲が聴きたかった、という願望はファンならいろいろ思ったことでしょう。それはあたしも同じです。今後のライブでもこういうコーナー、随時企画して欲しいものです。

ジコチュープロデュース【前篇】

ようやくにして乃木坂46のニューアルバム「今が思い出になるまで[TYPE-A]」の特典映像「ジコチュープロデュース」を視聴。

とりあえず[Type-A]を視聴したので、その中から印象に残っているものをいくつか感想を交えつつ……。

「忘却と美学」は、これ口パクではなくて生歌でしたよね? 美彩先輩と生ちゃんというコンビですから、やはり歌を聴かせないと始まりません。出だしこそ、美彩先輩もフラフラしていましたが、後半はさすがの歌唱力だったなあと感じました。

「シークレットグラフィティー」は、オリジナルのひなちまもよかったですが、未央奈もこういう格好がよく似合います。ただ、オリジナルのMVがストーリー仕立てでよく出来ていたぶん、それをステージ上で改めて表現するのは難しかったかなあと感じました。

「ごめんね、スムージー」はオリジナルが温泉トリオの三名ですが、今回はカワイイ格好大好きな三名が挑んだ、という感じでしょうか。だからでしょうか、みなみよりもゆったんとまっちゅんが楽しんでいたのが印象的でした。

「せっかちなかたつむり」はオリジナルではお姉さんメンバーの楽曲。それに与田ちゃんが挑むとは。とにかく与田ちゃんが先輩たちに可愛がられるのを愛でるという構成になっていました。なーちゃん、かなしか、ずーというオリジナル歌唱メンバーがほぼ半分加わっていたのもよかったかなという印象でした。

「行くあてのない僕たち」を美月が披露するのはかなりの冒険だと感じました。なにせオリジナルは万理華とさゆによる、名曲と評価の高いものですから。格好よく歌い上げるという面では美月はハマっていると思いましたが、パートナーが誰になるのかが注目でした。葉月が出て来たときは「人選ミス?」と思わなくもなかったですが、これはよい意味で裏切られました。

なーちゃんのソロ曲「光合成希望」をズーを中心としたチューリップのメンバーで披露。光合成だからチューリップなのはダジャレ?

からあげ姉妹の「無表情」は真夏となーちゃんで。やはりこの二人のペアは乃木坂の歴史を知るファンからすると胸に来るものがありますね。なーちゃんが無表情で真夏のことを邪険に扱うのも定番の流れ。

「僕が行かなきゃ誰が行くんだ?」は飛鳥がなんでこの曲を選んだのかがよくわかりませんが、曲よりもお面をかぶるという演出を楽しんでいたようですね。しかし、飛鳥は本当に顔が小さいです。

「その先の出口」は蓮加が先輩を従えて披露。メンバーを見ただけで緊張感が伝わってきますが、蓮加は思いのほかのびのびと楽しんで歌っていましたね。先輩後輩のよい関係が垣間見られてよかったです。

「白米様」はなーちゃん率いるスイカメンバーによるパロディーになっていましたね。なーちゃんが本当に楽しそうでした。

「2度目のキスから」は真夏さんリスペクト軍団の曲。みなみときいちゃんが可愛く仕上げていました。オリジナルよりもよかったのではないかという気もします。

「Against」は一期生曲であり、生駒ちゃん最後の代表曲。それを絢音ちゃんがパフォーマンスしたというのは同じ秋田出身の生駒に対するリスペクトでしょう。一期生曲を二期生が歌うことに批判の声が上がるのも承知で挑んだ心意気に拍手。ダンスはやはり生駒ちゃんの方がはるかに上ですが、これは練習と経験次第でしょう。今後も絢音ちゃんがパフォーマンスしてくれることを期待します。

ひめたんのソロ曲「自分のこと」をさゆが熱唱。これはもうそれだけで泣きそうになりました。それにさゆが神々しいまでに美しかったです。

「大人への近道」はネタですね。まいちゅんの早変わりを楽しませてもらいました。

「命の真実 ミュージカル「林檎売りとカメムシ」」は、さゆりんご軍団で披露。歌詞も軍団に寄せてちょっと改変していましたね。あたしはやはり蘭世が好きなんだなあと改めて思った次第。

最後に「やさしさとは」を桃子と飛鳥で。この曲はどうしてMVが作られていないんだと言われるほどの名曲。そして、ななみんを思い出す曲です。桃子がこの曲を選んだのはなぜなのでしょう? ただ一緒に歌った飛鳥はきっとななみんを思い出しながら歌っていたことでしょう。

栄光の軌跡

CSの日テレプラスで放送された「乃木坂46“栄光の軌跡” ZIP!春フェス秘蔵映像」を録画しておいたので視聴。乃木坂46が出演したのは2013、2014、2016、2018、そして今年2019年と5回しかないのですね。毎年出ているのかと思いましたが……

2013年、初登場の時の出演メンバーは、

秋元真夏生田絵梨花生駒里奈市來玲奈伊藤寧々井上小百合桜井玲香白石麻衣高山一実中田花奈永島聖羅西野七瀬橋本奈々未深川麻衣松村沙友理若月佑美

という顔ぶれ。曲よるフォーメーションの関係もありますが、センターは生駒ですが、印象としては生駒、市來のダブルセンターのような感じでした。ああ、この頃は市來も乃木坂のメンバーで、それも比較的フロントで活躍していたんだなあと感慨深いものがあります。伊藤寧々、永島聖羅といった最近ファンになった人にはご存じない名前も見えるところが時の流れを感じます。

翌年、2014年になりますと、

秋元真夏生田絵梨花生駒里奈川村真洋北野日奈子桜井玲香白石麻衣高山一実西野七瀬橋本奈々未樋口日奈深川麻衣堀未央奈松村沙友理若月佑美和田まあや

が出演メンバーで、堀、北野という二期生が加わっています。ただ、それよりも全体的なセンターが生駒から西野に変わっているのが印象的でした。この頃は西野センターで白石、橋本が挟むという鉄壁の布陣の時代だったのだなあ、と懐かしさがこみ上げてきました。

そして、どういう理由があったのかは知りませんが、2015年は参加せず、次は2016年に飛び、参加メンバーは

秋元真夏生田絵梨花生駒里奈伊藤万理華井上小百合衛藤美彩齋藤飛鳥桜井玲香白石麻衣高山一実西野七瀬橋本奈々未深川麻衣星野みなみ堀未央奈松村沙友理若月佑美

というメンバー、深川がセンターだった「ハルジオンが咲く頃」の選抜メンバーで構成されていたようです。ああ、もうそんな頃なのかと思いました。そして橋本も翌年2月には卒業・引退しましたからこの年が最後の出演でしたね。

2017年、乃木坂46は出演せず、その代わりなのか、この年は欅坂46が出演しています。そして2018年は

秋元真夏生田絵梨花生駒里奈井上小百合衛藤美彩齋藤飛鳥桜井玲香白石麻衣新内眞衣高山一実寺田蘭世西野七瀬星野みなみ堀未央奈松村沙友理若月佑美

というメンバーで出演。齊藤飛鳥が次世代センターとして台頭してきた時代に当たるのでしょうか。この年について言えば、新内眞衣、寺田蘭世が初出演でしたね。

そして、同じく日テレプラスで放送された今年、2019年の春フェスは2日目に日向坂46がトリを務め、3日目のトリ、つまりフェス全体の大トリで乃木坂46が登場です。今回は

秋元真夏伊藤理々杏梅澤美波大園桃子齋藤飛鳥斉藤優里桜井玲香佐藤楓白石麻衣新内眞衣高山一実星野みなみ堀未央奈松村沙友理与田祐希渡辺みり愛

というメンバーでした。三期生が増えましたね。というよりも、一期生の常連さん、主力メンバーがずいぶんと減ってしまったという一抹の寂しさを覚えます。

ここまで一期生二期生三期生と色分けをしてきましたが、5回の出演皆勤なのは真夏、玲香、まいやん、かずみん、さゆりんごの5名だけなんですね。あとは2回目以降皆勤の堀未央奈が頑張っているかなと感じますし、なーちゃん、若様、生駒も卒業までは皆勤でしたね。

さて、来年も出演するとしたらどんな顔ぶれになっているのでしょうか? いや、一期生が何人残っているのか、と言った方がよいのでしょうか?

乃木坂ちゃんがいっぱい!

まずは、最近落手した雑誌『日経エンタテインメント』の乃木坂46スペシャル号です。

過去にも何回か出ていたと思いますが、その最新版です。下の方に写っているのは、付録のクリアファイルです。

それにしても、卒業から時間の経つ橋本奈々未や生駒里奈がいないのはわかるとして、西野七瀬、若月佑美、衛藤美彩といった主力メンバーも表紙からいなくなっているとは、時の流れを感じると共に寂しさも感じます。

この表紙のメンバーも年末までになんにかは卒業しているのではないでしょうか? 今年も卒業ラッシュになりそうな予感がします。

続きましては、同じく雑誌『BRODY』の6月号。

4期生が本格的に始動しそうなこのタイミングで2期生特集です。このこだわり、熱いですね。嫌いじゃありません。

しかし、2期生も少し前に伊織、そして近いうちにかりんと二名者卒業生が出ます。やはり、寂しさがありますね。

でも、この2期生の奮闘があればこそ一期生も安心できるわけですし、3期生、4期生ものびのびやれているのではないでしょうか? そういった意味で、世間の評価が低めではありますが、乃木坂46の2期生は大事な存在だと思います。

そして最後は、いまキャンペーン中のファンタです。

近所のコンビニで買ってきたものです。左から、飛鳥、美月、だっちょの3名です。あとは桃子、いくちゃん、真夏のボトルがあるんでしたっけ? 探さないと!

なんとなく近しいものを感じてしまうのは、たぶん気のせいなんだろう

先日発売されたばかりの、乃木坂46のニューアルバム「今が思い出になるまで」のジャケットですが、眺めているとどこかで見たような気がするのです。

額に入った絵画・写真のようなイメージですから、どこかの美術館や博物館で展示品を見ているような印象ですが、それよりももっと身近な感じなのです。

で、思い出したのが、わが家です。

先日、このダイアリーで、自宅に文革のポスターを貼ったということを書きましたが、そのわが家の壁とよく似ていると感じるのです。

文革と乃木坂では全く接点がないだろう、という指摘ももっともです。先日のダイアイーでは見事に文革ポスターの部分ばかりをご覧いただきましたので、イメージが湧かないというのも理解できます。

しかしながら、わが家の壁、文革のポスターを避けるように、と言いますか、一緒に並んで乃木坂46の壁掛けカレンダーも貼ってあるのです。乃木坂ちゃんのカレンダーですから、アルバムジャケットのようにメンバーがポーズをとっている写真です。

なので、毎日、この廊下・階段を通るたびに、アルバムのジャケットを思い出してしまうのです。

壁には乃木坂ちゃんのカレンダーだけではなく、浮世絵の一枚ものカレンダーも貼ってありますから、ますますわけのわからない壁になっています(汗)。恐らく赤の他人が見たら、カオスな空間と言えるかもしれません。

大小取り混ぜた貼りもので埋め尽くされているこの壁が、乃木坂46のアルバムを想起させると言ってしまうと、首を縦に振らない方がほとんどでしょう。ですが毎日目にしているあたしにはそう見えてしまうのですから、こればっかりは仕方ありません。

少し文革を減らして、乃木坂ちゃんの割合を増やした方がよいでしょうか?

またしてもちいさな幸運を使ってしまったみたいです

仕事から帰宅すると何やら荷物が届いていました。

薄っぺらい、ボール紙のパッケージ。MUSIC ON! TVと書いてあります。CSの放送局です。あたしはスカパー!光で視聴しています。

局名のとおり、音楽専門のチャンネルで、乃木坂46などのアイドルの番組もしばしばオンエアされますので、視聴する機会の非常に多いチャンネルです。

そこからの荷物とはさてなんでしょう? もしかしてチャンネルがなくなってしまうとか? そんな不安が頭をよぎりました。CSのチャンネルって、しばしばなくなったりすることがこれまでにもありました。やはり、なかなか採算がとれないのでしょうか?

そんな思いを抱きながら開けてみたところ。クリアファイルが一枚。それも乃木坂46の、です。

いつぞや応募していた、乃木坂46の上海ライブを記念したクリアファイルが当たったようです。一枚目の写真が表側です。いまは卒業してしまったなーちゃんがセンターにいます。ちょっと涙が出て来ますね。

二枚目の写真が裏側で、上海でのメンバーのスナップになっています。与田ちゃんと美月ばかりが写っていますが、個人的には推しメンなので嬉しいです。

このクリアファイル、応募者全員プレゼントだったのか抽選だったのか、今となっては思い出せませんが、こういうささやかなことで人生の幸運を使ってしまうのってどうなのでしょうね?