慌てて注文しなくてよかった? いやもう一冊買ってもいいんだよ!

2017年2月20日に行なわれた、乃木坂46の5th Birthday Liveの初日、そして自身の誕生日にグループからの卒業と芸能界からの引退をした橋本奈々未が復活するとこの数日ネットで話題になっていました。

乃木坂46のファンであれば、ななみん推しではなくとも「これはビッグニュース」とざわつくのは致し方ないところです。あれから二年経ってやはりすっぽとライトが恋しいのか、それとも運営側が乃木坂46のテコ入れに切り札を切ったのか、ヲタやアンチ入り乱れて五月蠅くなっていたわけですが……

蓋を開けてみましたら、何のことはないです。セブンネットで同サイト限定カバーの橋本奈々未写真集を再版するというだけのことでした。ここ最近はあまり見かけなくなりましたが、乃木坂46メンバーの写真集は通常版、楽天ブックス限定カバー版、セブンネット限定カバー版、アマゾン限定カバー版など、中味は全く同じなのにカバーだけが異なる数パターンが発売されることがありました。ファンであればコンプリートしたいと思うもの。人によっては観賞用、保存用と複数買う強者もいますから、中味としては同じものがいつもより数倍多く売れるというわけです。

で、あたしもご多分に漏れず、「限定再販」と聞いて「これは買っておくべきかしら?」と思って同サイトでクリック寸前、ところであたしが持っている、つまり2017年2月の発売当時に買ったのはどのカバーだったっけ、と思って書架を漁ってみたところ、なんと上の写真のように3種類持っていました。

一番左が通常版、一番右が楽天ブックス限定カバー版、そして真ん中が今回再版される予定のセブンネット限定カバー版です。はい、なんとあたし、3種類ちゃんと買っていたのですね、当時既に(汗)。

あたしはたぶん日向坂46を見かけたのだと思います

坂道シリーズの最新グループにして、いま一番勢いのあるのが日向坂46だと思います。

そんな日向坂46に加藤史帆というメンバーがいます。その加藤史帆のある日のブログが以下の通りです。

そしてそして、新宿のHMVさんとタワーレコードさんに行ってまいりました

ブログはもう少し長いのですが、必要なところだけ抜粋しました。

はい、新宿のHMVに行ったと書いてあります。

新宿のHMVは、JRの新宿駅東口を出て地下道を紀伊國屋書店に向かって歩いて行くとき、いくつかルートはありますが、ルミネエストを抜けていくルートを選ぶとあります。最近出来たお店です。

HMVとは言うものの書籍も扱っているので、あたしも先日ちょっと立ち寄ってみました。

で、その店内で若い女性が商品を見ていて、店内に入ってきたあたしとふいに目があったのです。

あたしは「あれ、どっかで見覚えのある顔だなあ」と思いつつ、率直な感想としては「あら、可愛らしい女の子」というものでした。

その子はあたしと目が合うと焦ったように商品を棚に戻してお店を出て行ってしまいました。取り残されたあたしは「もしかして不審者と間違えられたのかしら?」とちょっと自己嫌悪に陥りました。

しかし、そんなことよりも「どこで逢ったことがある人なんだろう?」とその女性が誰だったのかを考える方に神経が集中していました。その女の子本人と言うよりも、知っている誰かに似ていると思い込んでいたので、「いったい誰だったっけ?」と必死で考えていました。

でも、結局思い出せないの諦めて仕事に戻り、数日後に加藤史帆の上掲ブログを読んで、ハタと思い至ったのです。

「あの子、たぶん加藤史帆だ、いや、たぶんじゃない、間違いなく本人だ」と確信しました。加藤史帆のブログは4月11日に更新されたもので、「行ってまいりました」という書き方から見て数日内の出来事でしょう。あたしがHMVを覗いたのもそれくらいです。

となると、あたしが不審者と思われたと言うよりも、加藤史帆が「やばい、バレる!」と焦ってその場を立ち去ったと考えた方が合理的ですし、あたしも救われます。

しかし、そうであるなら、もっとしげしげと眺めておくべきだったし、声でもかければよかったと後悔する日々です。

ちなみに、あたしの日向坂46の推しメンは佐々木美玲です。

山Pに読んでもらいたいと思ったけど……

新年度でテレビ番組も改編時期です。続々と新番組が始まるわけですが、どの局もあれだけ宣伝しているのに、実際にそのドラマの放送が始まるのは4月の後半からだったりします。

前クールも、最終回が3月上旬に放送されていたりする番組も多々ありますから、実のところ連ドラの放送は一か月くらいインターバルが空いてしまいますよね。

なんででしょう? それだけ力を入れているのなら、4月の第2週くらいから放送を始めてもよさそうなものですが……

で、今のところ見ようと思っているわけではありませんが、気になる新ドラマが一つ、TBS系の「インハンド」です。山Pが右手に義手をはめた寄生虫学者を演じるそうです。

義手と聞くと思い出すのが『鉄腕ゲッツ行状記 ある盗賊騎士の回想録』です。16世紀のヨーロッパに実在した騎士の物語です。このゲッツも義手をはめていたのです。

折角なので、山Pに読んでもらいたいなあと思ったのですが、品切れなんです。残念です。

結局は助からない?

乃木坂46のドラマ「ザンビ」が終わりました。

タイトルからもわかるとおり、アイドルホラーです。そして、アイドルホラーということからもわかるとおり、ホラー好きからしたら全く怖いところないホラーでした。

乃木坂46のメンバーの演技がどうのと言う前に、脚本が全然練られていないなあと感じました。まあ、アイドルホラーの中にはそれなりによく出来ているものもありますが、トータルで言えば、そのアイドルのファンが見て楽しむだけの作品ですから、それはそれでよかったのかもしれません。

そんなことよりも、「着信アリ」以来、秋元康はホラーが好きなのかどうかわかりませんが、少なくとも彼にはホラーの原作、原案を作るセンスがないと感じていましたが、そのことを改めて認識した作品でもありました。作詞だけやってればよいのではないでしょうか?

上述の「着信アリ」も最初の作品はまずまずだったのですが、パート2以降は駄作もいいところだったと思います。

AKB48がまだ駆け出しのころ、やはり総出演したホラー映画「伝染歌」というのがあるのですが、これもメンバーのセリフが聞き取りづらくて、「うーん、ちょっとなあ」と思った記憶があります。

それはそうと「ザンビ」です。

主人公の齊藤飛鳥は、ザンビ(=ゾンビ)に変わってしまったクラスメートたちを元に戻そうと奮闘していたはずだったのに、結局最終回では、みんなを燃やしてすべてを終わりにしようとします。「ちょっと待って、助けないの? もう諦めたの?」という思いを強く感じました。というより、助けないのだとしたら、何を悩む必要があったのだろうと思います。

で、飛鳥以外は全員ザンビなり燃やされてしまいましたが、そもそもリビングデッドですから、燃やされたくらいで終わるのでしょうか? エンディングは学園内だけでなく、街中もザンビだらけになっているという感じでしたね。ゲームに続くのでしょうか?

坂道好き?

明日が発売日ではありますが、事前に予約しておくと前日に届くものですね。

何がって? 日向坂46のデビューシングルです。いや、日向坂に限らず、他のアーチストのCDも基本的には前日に届くことが多いです。

今回は、写真のように特典Blu-rayが付属するType-Aからtype-Cと通常盤という4種類が発売になっています。あたしは、セブンネットと楽天ブックス、ヨドバシカメラで購入しました。

なんで購入サイトを複数にしたかと言いますと、サイトによって予約特典が異なるからです。CDの中にはランダムでメンバーの写真が封入されていますが、それとは別にサイトごとに特典がありまして、全4種類を同じサイトで購入してしまうと、同じ特典が4つも手に入ってしまうということになるので、やはり異なる特典が欲しいと考えるのがファン心理です。

それにしても、乃木坂、欅坂、日向坂と、どうしてあたしが坂道シリーズのファンになったかと考えますと、中学生時代にはまった沢田聖子に行き着くような気がします。沢田聖子のデビューアルバムのタイトルが「坂道の少女」なのです。かれこれ40年近く昔のことです。

それ以来の沢田聖子好き、そして坂道好きになってしまったのではないかと思う今日この頃です。

同じものと思うのか、別ものと思うのか?

乃木坂46の井上小百合ファースト写真集『存在』の楽天ブックス限定カバー版が再発売されたので買ってしまいました。

右の写真の左側がそれです。ちなみに右側はセブンネット限定カバーです。つまり、あたしは通常盤カバーは持っていないのです(汗)。

全4種類がランダムで封入されるポスターも、うまいことダブらずに異なる絵柄のものをゲットできました。幸運です。

それにしても、くどいようですが、乃木坂の写真集に水着やランジェリー姿は不要だと思います。

どの猫がお好き?

この記事の閲覧にはパスワードが必要です。閲覧希望の方は「ナンシーへの伝言」からどうぞ。
ただしお会いしたことのない方、存じ上げない方は、お断わりいたしますのでご了承ください。



ひな祭り

本日は雛祭りです。

女の子の場合、名前に「ひな」が含まれる子も少なからずいるようで、坂道グループにも数名在籍しております。

まずは、乃木坂46の一期生、樋口日奈です。1998年生まれですので、今年21歳ですね。

乃木坂46にはもう一人いまして、それが二期生の北野日奈子です。こちらは1996年生まれなので、今年23歳です。

一期生が年下で、二期生が年上というのも、こういったグループではよくありがちなことです。年上の後輩、年下の先輩、高校まではなかなか巡り会えないものですが、大学生になるとたまにいますよね。

乃木坂46は、現役メンバーではこの二人になります。

欅坂46は、先日二期生が加入したばかりですが、一期生、二期生を見回しても、名前に「ひな」が含まれているメンバーはいません。

最後に、先日改名したばかりの日向坂46からは、二期生の河田陽菜。2001年生まれ、今年、18歳。

そしてつい先日加入したばかりの三期生、上村ひなの、2004年生まれ、今年15歳になるという、なんと中学生です。

乃木坂と日向坂に仲良く二人ずつなので、欅坂にも二人いればちょうどよかったのにと思いますが残念です。

せっかくだから、この四名で何かやればよかったのにと思ったのはあたしだけでしょうか?

二人目とは考え深い!

本日のテレビ欄です。

TBS系の人気番組「世界ふしぎ発見!」に乃木坂46の秋元真夏の名前が載っています。

少し前から予告はされていましたが、今回、ミステリーハンターとしてタイの魅力を伝えるそうです。タイと言えば、乃木坂46がタイ観光大使をやっていますので、以前から縁のある国です。そういったことを勘案しますと、極めて順当な流れです。

ただ、ここで他のメンバーではなく真夏が使われたというのは、もちろんスケジュール的なこともあるでしょうが(舞台などをやっているメンバーも多数)、真夏の有能さ、つか勝手のよさが買われたのではないかと思います。

それにしても、乃木坂46としては、数年前に斎藤ちはるが、やはり念願のミステリーハンターを担当したことがありますので、これで二人目ですね。斎藤ちはるはこの縁でTBSに入社するのかと思われていましたが、なんとテレビ朝日に入社が決まったそうで、いきなり4月からレギュラー抜擢ですね。これもスゴいことです。日本テレビの市來玲奈に続いて、乃木坂46出身の女子アナ2人目です。

なんだかんだ言っても、やはり7年続けてきて、こういった活躍を見ていると考え深いものがありますね。ちなみに、「考え深い」は間違いなく「感慨深い」の誤りだと思いますが、乃木坂46の我らがキャプテン桜井玲香が「考え深い」と発言して以降、ヲタの間では「考え深い」がデフォルトとなっているようです。

「黒い羊」って「腹黒い未年生まれの人」ってこと、つまりあたしのことでしょうか?

帰宅したら届いておりました。

欅坂46のニューシングル、「黒い羊」です。Type-AからType-Dと通常盤の全部で5種類。

人には好みがありますから押しつけるつもりはありませんが、個人的には佳い曲だなあと思いました。平手友梨奈中心のパフォーマンスをいつまで続けるのか、けやき坂46がいよいよ独立で欅坂46はどうなってしまうのか、ヲタの間ではそういった話題で喧しいですが、この曲は好きです。

あで、Type-AからType-Dに封入される生写真は右の4名でした。左から河田陽菜、土生瑞穂、濱岸ひより、上村莉菜です。最初に河田陽菜が出て来た時は「あれ、日向坂?」と驚いてしまいましたが、このシングルまでは日向坂46ではなく、けやき坂46名義で参加しているから、ランダムに封入される写真にけやき坂のメンバーが混じっていてもおかしくはないわけです。

しかし、世間と言いますか、ファンの間では既に日向坂46がテイクオフしているので、なんとなく不思議な感じがしました。

そして自宅に届いていたのはもう一つ。

けやき坂46が出演した舞台「マギア・レコード」のブルーレイです。乃木坂、欅坂、けやき坂の合同舞台「ザンビ」があったわけですが、それまで乃木坂とけやき坂はそれなりにグループとして舞台の経験を積んできていますが、欅坂に圧倒的に足りないのは演技の仕事ですね。

まあ、せっかくの坂道グループですから、三つが三つとも同じようなことをやっていても面白くないですので、それぞれのグループが個性を発揮していけばよいのだとは思いますが……。

しかし、この舞台、既にスカパー!でオンエアされていますよね。千秋楽の舞台から生中継というのでもない限り、せめてブルーレイやDVDの発売はテレビでのオンエア前にしてほしいものです。