新しいスマホ?

買いました!

スマホです。

機能は、時刻を表示するだけです。あと日付と気温も表示されます。アラーム機能も付いています。

先代のものに比べ、やや厚みが増しましたが、表面積は若干、ほんの僅かに小さくなっているので、ポケットに入れて持ち歩くには邪魔になりません。

裏側へ回してあるスタンド(脚?)がカバーになり、ポケットに入れて持ち歩くときはそうしますが、カバーには窓があるので、蓋を閉めても時刻を確認するのに不便はありません。先々代のものは、カバーを閉めるとすっぽり覆われて、時刻表示画面が見えなくなってしまうので不便でしたから、この使い勝手は、特に持ち歩きを考えると重要です。

もちろん電波時計です。暗いときにはライトもつきます。

スマホじゃないよ

あたしは昔から腕時計が苦手でしていません。高校の時には腕時計を腰のベルトにぶら下げていました。しかし、それだと文字盤が読みにくいので、大学のころからは懐中時計を使うようになりました。

懐中時計って、高いのはものすごく高くておしゃれですが、安いものになると雑貨屋みたいなところで売ってたりしますよね。それも意外とデザインが面白いものが。一時期はそういうのも使ったりしましたが、結局は文字盤の数字が見やすいものに落ち着いて、社会人になった後も、比較的廉価でオーソドックスな懐中時計をずーっと使っていました。

しかし、世は電波時計の時代に突入です。自宅の壁掛け時計や目覚まし時計も次々に電波時計に買い換えていきました。テレビやラジオの時報とピッタリ合っている時計というのは気持ちのよいものです。家中の時計が秒まで一致しているというのも清々しく感じられます。

となると、懐中時計も電波時計に取り替えたくなるのが人情というものです。しかし、懐中時計の電波時計というのはほとんど商品がありません。腕時計や置き時計はあれほど品数豊富だというのに、懐中時計で手が届くような価格帯ではほぼ選択肢がない状況です。

さて、どうしよう。あたしは考えてしまいました。ヨドバシカメラなどの店頭を眺めに行ったこともあります。

そして出した結論が旅行用の携帯時計です。これですと電波時計が出ていますし、値段も手頃です。懐中時計をポケットに入れている身からすれば、この程度の大きさ、厚さのものをポケットに入れて歩くのは邪魔にはなりません。

というわけでここしばらく、たぶん数年になると思いますが、使っているのが上の写真のトラベルクロックです。もちろん電波時計です。トラベルクロックですから目覚まし(アラーム)機能も付いていますが、それを使ったことはありません(汗)。そして画面には日付と気温、湿度が表示されるものです。気温については、ポケットに入れていることが多いので、体温が影響してほとんど意味がありませんが、勤務先では上の写真のようにポケットから出して机の上に置いています。

この時計、営業回りの途次など時間が知りたくてポケットから出すと、ほとんどの場合、怪訝な顔をされます。「えっ、それ、何?」という感じです。一見するとスマホを取り出して時刻を確認しているのかな、という風に見えますが、あたしの勤務先はスマホもケータイも支給してくれないので、そんなものは使いません。そもそもあたしくらいの世代ですと、時刻を確認するのにスマホを見るという習慣がそもそもありませんので……

で、スマホかなと思った人も、「いや、スマホにしてはどうも形がヘン。それにナンシーはスマホを持っていなかったはず」と思い、おもむろに「それ何?」と聞いてくるのです。「時計だよ」と答えると、ほぼ全員驚きます。中には爆笑する人もいますが、たいていの人は苦笑いです。

そんなの持って、邪魔じゃないの、と言われることもありますが、上述のようにもともとポケットに懐中時計を入れていたので、このくらいのサイズならそれほど気になりません。とはいえ、今の時代スマホでしょ、という声も飛んでくるのですが、やはりあたしにはこういう方が便利なのです。

しかし、この時計、数日前に脚が壊れてしまいました。

ご覧のように、気づいたら脚と本体の接続部分が折れていたのです。反対側の接続部分が大丈夫なので辛うじて机に立てることは出来ていますが、なんとなく不安定です。まあ、ふだんはポケットに入れて持ち歩いているので、脚などなくても困らなそうですが、勤務先などでは机の上に置いているので、やはり脚が壊れていて立てられないと不便です。

長いこと使いましたから、そろそろ買い換えの時期なのですかね? いまだ懐中時計タイプの電波時計はほとんどないので、買うとしたら今回もやはりコンパクトなトラベルクロックになると思います。

寿命は一年ないのか?

このひと月くらい、タブレットの調子が悪いです。動きももたつくし、バッテリーの消費が異常に早くなったように感じます。

使っているのはドコモ「F-04H」で、使い始めて11か月ですから、もうじき一年です。いくらなんでも早すぎます。

早いけれど機種交換も考えるか、といきたいところですが、このところのドコモはタブレットには冷淡で、ろくに新製品が出ません。いや、ドコモが冷淡なのではなく、メーカー側が作っていない、ということなのでしょう。なにせ、この市場はほぼiPadが日本では独占しているわけですから、あえてAndroidを使おうなんて、物好きと思われかねません。いや、これほどアップルが人気なのは日本だけが異常なのであって、海外ではまるで逆のようですが……

それはさておきタブレットをどうするか。

SIMフリーのタブレットを購入し、SIMカードを挿し直して使う、という方法があります。ASUSなどタブレットを出しているメーカーはありますから、使いやすそうなものを選べばよいだけです。あるいは、しばらくは騙し騙し使い続け、ドコモが新製品を出すのを待つ、という方法もあります。これが一番お金のかからない方法ですね。

前者の方法を選んだ場合、現在と同じく10インチのモデルにするか、ちょっと小さくして9インチを選ぶか、というのも悩みどころです。カバンに入れて持ち歩くことを考えると小さくて軽い方が好都合ですが、かといって小さすぎると使い勝手が悪くなります。昨今のスマホ世代なら小さい画面も慣れているのでしょうが、こちらはパソコン世代ですので、大きな画面とキーボードがないとダメなタイプです。タブレットも出来れば大きい方が使いやすいと感じます。

とまあ、出費を伴う話ですので、少し慎重に考えないとなりませんね。こう暑いとよい考えも思い浮かばなそうですし。

知らないものは知らない

「……ですが、いつもお世話になっております」

「こちらこそ、お世話になっております」

「某某さん、いらっしゃいますか?」

「もうしわけありません。外出してしまいまして、本日は社に戻らないのですが」

上記のような会話は日常茶飯事です。たいていの場合、先方は「では、明日またかけ直します」と言うか、「ご伝言、お願いできますか?」という具合の流れになります。まあ、書店からの場合、普通に注文のこともあるので、馴染みの担当者が不在でも「じゃあ、注文、お願いします」となることも多いのですが……。ただ、時に

「某某さんになんとか連絡付きませんか?」

と言われることもあります。滅多にないのですが、全く無いとは言い切れません。たぶん、先方は携帯電話を持っているだろうから、連絡くらい付くはずだと考えているのでしょう。

が、あたしの勤務先は会社として社員に携帯電話(スマホやタブレットも含め)を支給していません。デスクには社員それぞれにPCがありますが、あくまでデスクトップでモバイル端末ではありません。ですから、外へ出てしまった社員へは連絡の取りようがありません。

もちろん、社員の中には故人で携帯電話を持っている人も多数いますので、そこへかければ連絡は取れるのかも知れません。しかし、あたしは誰がケータイを持っていて、誰が持っていないのか知りません。特に知りたいとも思いません。ですから、持っている人の電話番号だって知りません。なので、

「某某さん、ケータイ、持ってないんですか?」

と聞かれても、個人として持っているか持っていないか、あたしはほとんど知らないので

「弊社では社員に携帯電話を持たせていないので……」

と答えています。個人で所有している携帯電話を仕事に使うべきか否か。会社によっては、私物のケータイでも仕事で使っていれば、その分の通話料を負担してくれるところもあるようですし、最初から会社として携帯電話を支給しているところもあるようです。

あたし個人としては、私物のケータイを仕事に使うのはイヤだなあ、と思います。しかし、大方の人は「別にいいじゃない」という感覚なのかも知れません。こういったあたりがグレーなのも日本的と言えるのでしょうか?

ちなみに、あたしは外回りの時はタブレットをカバンに入れています。重いです。これでメールチェックはしていますが、タブレットはあくまで私物ですので、外回りに出たら必ずメールチェックをするとは限りません。バタバタして、自宅に帰り着くまでメールチェックを一度もしないこともしばしばです。

青いシールどころの騒ぎではない!

機種交換したタブレットのカメラレンズのところに付いていた青いビニールを剥がし忘れていたことについて昨日書きました。しかし、もっと肝心なことを忘れていました。

これは、多くの方が既にネットで不満を述べているので、あたしだけの話ではありませんが、機種交換にせよ、新規契約にせよ、新しい機種にすると必ず強制的に二週間とか一か月とか不必要なサービスの契約をさせられる点です。

もちろん、これはお試し期間として無料で提供されるのでお金はかかりません。が、そのお試し期間を過ぎてしまうと、本来ならここで自動的に解約されればよいところ、自動的に本契約となって課金されるようになってしまいます。多くの人が文句を言っているのはこの点です。

自分で「お試し」を申し込んだものならいざ知らず、機種交換時に勝手に申し込まれて解約はご自身でやってくださいって、ちょっとひどすぎますよね。いや、この数年、否、十数年来、ネットショッピングではこの手のものが多いですね。最初は無料だからといってお試しを申し込むと、翌月からも自動的に届く、しかもそれは有料なので代金を請求される、というパターン。

こっちは無料だから一回試してみるか、というつもりで申し込んだのに、その結果次第で本契約するか否か決めようと思っていたのに……

まあ、売る側からすれば、小さい字でほとんど気づかれないかもしれませんが、きちんと書いてあったという理屈。うまいこと考えたものだと思います。

で、前置きが長くなりましたが、あたしのタブレットでもそういうのがいくつかあって、あたしは8月いっぱいは解約できないものと思い込んでいました。が、機種交換時に渡された申込書控えを見ると8月の29日まででよかったみたいなのです。つまり、不要だったら30日か31日で解約手続きをしてくださいね、という意味。

なのに、なのに、なのに、うっかり勘違いしていて、あたしはそれを9月1日行なってしまったのです。

えっ、その二、三日の違いが何か?

と思われる方もいるでしょう。いや、これが実に大問題。

9月になったということは、8月いっぱいは無料だったものが、9月からは課金されてしまうのです。1日に解約しようと、既に9月になってしまっているので、9月分の料金は発生します、いや、既に発声しています。ですかあ、次の料金引き落としの時にはこの不要なサービスの9月分料金が請求されてしまうのです。

まあ、一か月数百円のものが三つか四つくらいなので、金額としては目ん玉が飛び出るようなことにはなりませんでしたが、それでもうっかり忘れていた自分が不甲斐ないです。

こういう勝手な契約というか付帯サービス、政府が指導してやめさせることできないものでしょうか?

で、思い出したのが昔のパソコンです。NECとか富士通とか東芝などから出ていた、初心者でもすぐに使えるソフトてんこ盛りのオールインワンPCが思い出されます。

最初はソフトもこれだけ付属していてこの値段は安いし便利だ、と思いましたが、使い続けて数年し、新しいパソコンに買い換えるころになると、こういうソフトが邪魔になります。実は要らないソフトがほとんどだったりするのです。こんなソフトのために値段が高くなるなら、そのぶんPC内部のパーツにお金をかけたくなるものです。

なので、あたしも3台目くらいからは、直販ショップのPCにしました。これだとCPUの種類やメモリ、HDDの容量を自由にカスタマイズできますし、拡張性も高かったからです。なにやら、それと似たような気分を味わいました。

とりあえず、今月はもう仕方ないとして、不必要な契約はすべて解約したはず、です。

青いシールが…………(@_@)

やっちゃいました!

先日、2年以上使っていたタブレットを機種交換して新しくしました。いろいろ設定も済み、このところは以前と変わらず調子よく使っていたのです。書店でも、フェアとか気になる展開の仕方とか、書店員さんに断わって写真を撮らしてもらうのもこれまでどおりです。

が、どういうわけか、機種交換してから写真がぼやけた感じに写り、なおかつ全体的に青みがかって撮れてしまうのです。PCなどの色合いは機種によってかなり異なるし、プリントアウトすればもっと違ってくる、というのはこの世界では常識です。なので、機種による個体差なのかな、と思っていたのですが……

昨日、もしやと思って改めて見直してみましたら、タブレットのカメラレンズのところにキズ防止のビニールが貼ったままではありませんか!

画面は市販の保護シートを貼ったりしますから、買ったときについているビニールを剥がずのを忘れたりしません。が、あたしが買った市販の保護シートはカメラレンズ用の保護シートが付いていないタイプだったので、完全にカメラレンズのところの保護ビニールは忘れていました。

薄い青のビニールがしっかり付いていて、これじゃ何をとっても青っぽくなるし、ぼんやりとした写真になってしまうのも仕方ありませんね。

それにしても、なんという素人的なミス! 自分が情けなくなります。

メールが受信できません!

自宅ではデスクトップPC、勤務先でもデスクトップPCを使っていますが、営業回りなど外出時にはタブレットを使っています。使っているタブレットはドコモの「ARROWS Tab F-02F」という製品で、いわゆるAndroidタブレットです。

タブレットのアプリで一番利用頻度が高いのはメールです。タブレットのよいところはいろいろありますが、会社のアカウントやプライベートのアカウントなどを設定しておけば送受信ができる点ではないでしょうか? 営業回り中ですからそれほど頻繁にメールチェックをするわけではありませんし、ケータイのメールのように勝手に受信されるわけでもありません。あくまで営業回りの途中、電車を待っているときなど、ちょっと時間があるときにメールチェックをしている、といった遣い方になります。

さて、そのメールチェックですが、あたしは「NX!メール」というアプリを使っています。それほどアプリに拘るつもりはありませんが、まあそれなりに使いやすくて重宝しています。が、このところ、たぶんもう一週間近いでしょうか、受信ができません。

NX!メールを起動させると下のような画面です。取り立てて特長があるというわけでもない、この手のアプリに慣れた人であればすぐに使えるインターフェースだと思います。

あたしはこのアプリに、勤務先のアカウントと、プライベートで使っているアカウントを二つ、合計三つのアカウントを設定しています。さて、「更新」をすると、そのアカウントすべてをまとめて更新、つまりメールの受信をしてくれるのですが、このところしばらくすると下のような画面が出て、メールの受信ができません。

勤務先のアカウント以外は、確かLAN環境下では数時間おきに自動的に受信するように設定してあって、時々メールが受信されています。ところが手動で受信をするように設定している勤務先のアカウントは、上述のように「更新」という操作で受信をしているのですが、上のようなメッセージが出て受信ができません。一枚目の画像を見てもわかるように、受信箱(「すべての受信」とあるフォルダ)には1000通近いメールがたまっているので、そのせいかとは思うのですが、だったら他のアカウントはなんで受信できるのでしょうか? このフォルダにはすべてのアカウントがまとめて入っていますので。

それに会社のアカウントのメールは、数日たつとサーバーから削除するようにしていますので、サーバーで削除されたら、このフォルダからも削除されて構わないのですが、そうはなりません。所詮タブレットは出かけているときの予備であり、メールの受信は基本的には勤務先のPCや自宅のPCでやっていますので、こんなにメールを溜めておく必要はないのですが……

どうやったら解決できるのか、それとも別のアプリに乗り換えるべきか、悩みは尽きません。

50%OFfなんて電子書籍ならでは

紀伊國屋書店の電子書籍販売サイト「Kinoppy」で光文社古典新訳文庫が最大50%OFfなんだとか。

いや、紀伊國屋書店だけでなく、「honto」や「amazon」など他の電子書籍販売サイトでも、新書も含め半額セールを年末年始にかけて実施するようです。

古典新訳文庫にしろ、光文社新書にしろ、読みたいものは紙で持っているから、こういう機会に「興味はあったけど、買う踏ん切りがつかなかったもの」を買ってみるのもよいかも。でもアマゾンでは買わないつもり!

シャープとかアイワが作ったら?

テレビで見た目薬のCM。

新サンテドウα」のCMです。図書館で阿川佐和子が本を読むのが苦手な理由として「文字が細かい」と言っています。このセリフを聞いて思いました。

だったら電子書籍にすれば、文字のサイズも変えられるのに。

と。そう、文字の大きさを自由に変えられるのが電子書籍のメリット、小さな文字が読みづらいお年寄りにもうってつけと、電子書籍の出始めのころ盛んに言われていた覚えがあります。

が、それで年配の人に電子書籍が普及したようには見えません。一時期、アマゾンのキンドルのCMが見やすさを盛んにアピールしていましたけど、だからといって一気に普及したようにも感じられません。

なぜでしょう? キンドルにしろ楽天のKoboにしろ、やはり年配の方にはまだまだ使いづらいという印象だからではないでしょうか?

となると、ここはシャープとかアイワとかのメーカーの出番ではないでしょうか? ソニーやパナソニックがスタイリッシュなオーディオを作っていたときも、シャープやアイワはスイッチなどの表示をすべて日本語で、しかも大きな文字にした、完全に日本人仕様の製品を作っていて、やはり当時も年配の方に支持されていたのを覚えています。ですから、電子書籍リーダーもシャープやアイワが日本人による日本人向けの製品を作って欲しいな、と思うのです。

大きさは軽さとの兼ね合いもありますので7インチくらいでしょうか? スマホのらくらくホンのノウハウ(らくらくホンは富士通でしたね)のノウハウを応用し、ボタンなどの大きさも年配の方が使いやすいように配置、デザインすればよいのではないでしょうか?

もちろん、もっとも肝心な新しい本の探し方、購入(ダウンロード)の仕方も直感的でわかりやすく、もちろんすべて日本語表記で作らないとダメでしょう。かつてアップルのパソコン、マッキントッシュが直感的な操作と言われましたが、果たして本当に直感的だったのか、やはりPCに不慣れな人に直感も何も働かなかったと記憶しています。誰に直感的なのかは製品のコンセプトに関わりますが、シャープやアイワは長年のノウハウがあるのではないでしょうか? 昨今は年配の方も電車の中でスマホを操作してメールを見たりLINEをやったりしているようですから、年配者のデジタル製品に対する適応力も格段に上がっているので、開発も簡単ではないでしょうか?

とにかく、大きな文字で読める、本よりも軽い、ということを最大限アピールできれば、そしてもちろん操作性のわかりやすさがあっての話ですが、電子書籍リーダーも普及するのではないでしょうか?

ただし、その端末の価格もかなり肝心。なおかつ出版社がどの程度電子書籍を発売するのか、端末は持っていても、読みたい本が電子書籍になっていなかったら何の意味もありませんから。

そして最後に、電子書籍の購入の手軽さです。上にダウンロードと書いてしまいましたが、たぶん年配の方にはダウンロードは非常に敷居が高いのではないかと思います。やはり本は本屋、電子だろうが紙だろうが、それは関係ありません。本屋に行って気に入った本を見つけたら買う、その時に紙にするか、電子にするかを選択すればよいだけの話。

三省堂書店が店頭でも電子書籍を売ってますよね。あたしも実際に店頭で見たことがありますが、電子版もある本の場合、小さなカードのようなものが置いてあって、それをレジに持って行って支払いを済ませると電子書籍が手に入るということのようです。端末が普及し、お客さんが日常的にそれを持ち歩いているようになれば、その場で(本屋の店頭で)自分の端末に電子書籍を入れてもらえる(コンビニで弁当を温めてもらう感覚?)のが当たり前になるのではないでしょうか? そして、この方法ならばダウンロードとか電子決済に不安を抱える人にもわかりやすく安心してもらえるのではないかと思います。

しかし、そのためにはやはりどの書店でも同一のフォーマットで電子書籍を提供していないとならないでしょうね。

連絡が取れません!

「○○書房の某々ですが、△△さん、いらっしゃいますか?」

しばしば勤務先にかかってくる書店さんからの電話です。

「申し訳ありません、あいにく△△は外出しておりまして、本日は社に戻らないのですが……」

これも、よくある返事のパターンです。こう答えると多くの場合「では、明日またかけます」という方、「伝言をお願いできますか」という方に大別されます。もちろん重要な用件ではなく、ただの注文なのでそのまま電話に出たあたしたちに注文を伝える方も多いです。でも、中にはこういう方もいるのです。

「連絡とれませんか?」

こう言われても、△△がタイミングよく会社に電話でもかけてくることがなければ連絡の取りようがありません。営業に出てしまったら、あのあたりの書店を回っているのかな、という想像を働かすことはできますが、果たして本当にどこの書店を訪れているのかわかりませんし、そもそも何時にその書店を訪問しているのかもわかりません。そんな状態でその日訪問していそうな書店に「うちの△△、お邪魔していないでしょうか」なんて電話をかけられるものではありません。

ただ、上のような言い方をしてくる人の言い分としては

「ケータイ持っているでしょ? どこにいたって連絡くらいつくでしょ?」

というところなのだと思います。

はっきり言いましょう。△△に限らず、あたしの同僚たちはみんなケータイを持っているのかも知れませんが、あたしはその番号を知りません。だってケータイにかける必要を感じませんから。それに、同僚たちが持っているのはあくまで私物としてのケータイです。会社から支給されたものではありません。つまり仕事で使おうが使うまいが、それは個人の勝手。ケータイを持っているからといって、それを仕事にまで使ってよいものでしょうか?

もちろん△△や同僚が、自分と親しい書店員さんや同業者に自分のケータイ番号を教えているのであれば話は別です。まあ、それなら会社にかけては来ないで、直接△△のケータイにかけるでしょう。

だから、それはあくまで個々人の判断であって、あたしとしては個人の持ち物であるケータイであれば、それを強制的に仕事上で使わせたいとは思いません。だから、ケータイ番号もなにか必要があって同僚が教えてこない限りは、こちらからも聞くことはありません。

しかし、あたしの勤務先に限らず、他社の人を見ても、多くの人が自分の私物のケータイを仕事で使っていますね。もちろん通話料も会社に請求することなく、自腹のようです。もちろん会社支給のケータイを持っている人もまれにいますが、それは数えるほどしか逢ったことがありません。

本来、会社が負担すべき費用を、なんかなし崩し的に個人負担させられているような気がして、あたしは密かに非常に不愉快な、由々しき事態だなと思っているのですが、あたしの考え方の方がおかしいのでしょうか?