破天荒つながりで、こんな対談企画は?

今宵は神保町のチェッコリで、明日配本の『ピンポン』の先行販売を兼ねた、訳者・斎藤真理子さんのトークイベントでした。

 

『ピンポン』の感想は別途書くとして、この作品は『カステラ』に通じるような破天荒さと言いますか、荒唐無稽さと言いますか、そんなところが感じられます。もちろんメチャクチャな話というのではなく、しっかりとしたストーリーがあり、社会風刺的なスパイスも効いていて、だから読後にいろいろ考えさせるところもあるのですが、設定の突飛さはやはり際立っています。

で、あたしの数えるほどの読書体験から思い出したのはプラセンシアの『紙の民』やゴンサレスの『ミニチュアの妻』です。どちらも訳者は藤井光さん。というわけで、斎藤真理子さんと藤井光さんのトークイベントなんて企画できないだろうかと思ったりしました。

 

藤井さんには韓国系アメリカ作家ポール・ユーンの『かつては岸』という訳書もありますし、なかなか面白い対談になるのではないかと思うのですが……

それにしても、こういう作品を編み出す作者の頭の中ってどうなっているのでしょうね?

U、読んじゃいなよ!

くまざわ書店相模大野店で、白水Uブックスのフェアが開催中です。

フェアのタイトルは、ズバリ、「U、読んじゃいなよ」です。「U」はそのまま「ユー」と読んでください。

あれ? どこかで聞いたことのあるセリフですって? まあ、堅いことは言わないで……(汗)

面白くないわけがない!

朝日新聞の夕刊に載っていたこんな記事。

ポール・オースターに関するトークイベントの記事ですね。海外文学、特にアメリカ文学についてこのお二人が語ったら面白い話が聞けるに決まっています。あたしの勤務先もオースターの翻訳、いくつか出しているんですよね。

 

品切れになっているのもありますが、現在入手可能なのは『鍵のかかった部屋』と『最後の物たちの国で』の2点です。

ところで、この記事の下に小さくこんな記事も載っていたのにお気づきですか?

先日の日本翻訳大賞のことが載っています。

 

受賞作は、上掲の藤井光さん訳『すべての見えない光』と、あたしの勤務先の『ポーランドのボクサー』の2点でした。

リチャード三世

今朝の朝日新聞の記事です。

リチャード三世に関する記事です。彼の体型についてはイギリス史の本を読んでいたときに聞いた覚えがありますが、遺骨からいろいろなことがわかったようですね。やはり別な王朝が記録した場合、毀誉褒貶は慎重に扱わないとなりませんね。

で、その記事の横にはUブックスの『リチャード三世』を置いてみました。

ところで、オビが巻いてあるのに気づかれました?

はい、劇場版「嘆きの王冠」のオビです。ただいま大阪の梅田で公開中で、6月には東京の渋谷でも公開予定です。もちろんその中には「リチャード三世」もありまして、主役のリチャード三世はカンバーバッチが演じています。

テーマカラーはレインボー

紀伊國屋書店新宿本店でやっている「LGBTを知る100冊」フェアです。

 

知らなかったのですが、5月にいろいろと催しがあったのですね。テーマカラーが虹色なのは赤は女性、青は男性をイメージさせるので、どちらでもない、いろんな色があってもよい、という含意があるのだとか。

LGBT、あたしはよく知りません。特にこれといって興味があるわけでもなければ、そういう趣味や性向でもありません。あたし自身は至ってノーマルな人間だと思っているので、正直に言ってしまえばLGBTについてはよく理解できないところもあれば、詳しく知ろうという興味があるわけでもありません。

ただ、社会でそれなりに話題になっているわけですから、もう少し正確に自分の考えを述べるならば、まだ共感できるところまでは行ってないけれど必要最低限の知識は備えておきたい、といったところです。そういうわけで少し前にちくま新書の『LGBTを読みとく』を読んでみたりしたのですが、やはりまだまだ半可通です。

さて、同フェア、お店の方に伺うと、昨年はものすごく話題になったそうですが、今年はそれに比べるとやや落ち着いている、とのことです。それってフェアが盛り上がっていないということかも知れませんが、逆に考えると、それだけ「LGBT」がフツーのことになったということではないでしょうか?

LGBTって何、なんか気持ち悪い、ヘンタイ、といった見方がつい少し前までは多くの日本人の主流だったのではないかと思います。だからこそ、LGBTといったものを標榜したフェアが好奇の目で見られ話題にもなったのと思うのです。落ち着いてきたということは、それだけLGBTが市民権を得た、いや少なくともLGBTという言葉が市民権を得つつある、ということなのではないでしょうか? あたしはそう思います。

このフェアは3階の人文書売り場でやっています。部外者が無責任なことを言うようですが、もし来年もやるのであれば、1階の表のワゴンでやってもよいのではないかな、そんな気もします。

ちなみに、このフェアにはあたしの勤務先からは海外小説『オレンジだけが果物じゃない』が並んでいます。著者のジャネット・ウィンターソン自身がレズビアンだから選ばれたのでしょう。

懐かしいなあと感じるほど昔のことではないと思うのですが、何年前のことでしょう?

PCのフォルダのなかを整理していたらこんな写真が出てきました。

Uブックスフェアの模様です。チラッと写っているのでおわかりのように、東京の立川にあるオリオン書房ノルテ店で開催していただいたフェアの模様です。ノルテ店もその後改装と棚移動などがあったりして、たぶんこのフェアをやっていただいた場所は全く変わってしまっているのではないかと思われます。

あたしとしては、下の方にちょこっとだけ見えているイタリア国旗をあしらったフェアがどんなものだったのかが気になります。お店独自のフェアではないかと思いますので、まるっきり思い出せませんが……(汗)

同じく出てきた写真も同じUブックスフェアです。こちらは啓文堂書店の吉祥寺店です。ただし、これは現在の前の前の吉祥寺店ですね。長らく幽霊ビルと呼ばれていた井の頭線吉祥寺駅直結のビルがユザワヤになり、その地下に500坪くらいだったでしょうか、かなり広い書店として啓文堂書店がオープンしました。

正直なところ、吉祥寺を利用していた人は「あんな幽霊ビル、何が入ってもすぐにダメになるさ」という思いを抱いていた人が多かったと思います。が、予想に反してユザワヤはかなり繁盛していましたし、地下の啓文堂書店は駅直結の地の利を生かし、瞬く間に東京西郊のトップ書店はおろか、全国でもトップクラスの書店に成長しました。当時はパルコブックセンターと品揃えを競って、なかなか吉祥寺の書店事情は華やかでした。

その後、吉祥寺駅の耐震工事と、それに伴うビルの建て替えがあり、啓文堂書店は南口にある丸井の中に、ユザワヤともども縮小再オープンしました。さらに駅ビルがリニューアルされ、再び駅ビルの、こんどは地下ではなく上層階に戻ってきて現在に至る、というわけです。同じ吉祥寺の中で何回引っ越しをしているので、啓文堂吉祥寺店と言っても、どの時代を指すかでお店の印象ががらりと変わると思います。

  

で、この写真のフェア、いつごろだったのでしょう? 啓文堂書店のフェア写真に『1Q84』のポスターが写っていますので、そこから考えますと、2009年秋頃の写真でしょうか? となると、もう8年前ですね。『1Q84』もいまや既に文庫本になっているのですから、時の経つのは早いものです。

どうしても東京ばかりになりがちですが……

告知が始まりましたが、5月7日の午後、紀伊國屋書店グランフロント大阪店でイベントが行なわれます。

先日、岸田賞を受賞した上田誠さんのトーク&サイン会です。ヨーロッパ企画の俳優さんたちも飛び入りで参加されるそうです。実は、先日、下北沢のヴィレッジヴァンガードでサイン会を行ないましたが大盛況でした。熱心な上田さん、そしてヨーロッパ企画のファンの方が列を作ってくれました。

が、そもそもヨーロッパ企画は関西がホームですよね? 「東京ではサイン会をやったのに、大阪ではやらないの?」というファンの方の声が上がるのももっともです。ということで、過去にDVDの発売イベントなどでお世話になっていたグランフロント大阪店での開催が決まったという次第。

それにしても、こういったイベント。大手出版社の有名作家のサイン会、お渡し会といったものは時々聞きますが、それ以外のイベントは東京以外ではなかなか開かれませんね。まあ、理由ははっきりしています。ほとんどの出版社が東京にあるので、なにかと大変なのです。

それでも少し前ですが、ジュンク堂書店大阪本店で松本健二さんといしいしんじさんのトークイベントを行ないました。これは演者のお二人が関西在住の方という地の利があっての実現でした。

この手の、海外文学の訳者によるイベント、東京ではしばしば行なわれますが、東京以外では本当に稀です。でも、海外文学ファンは東京だけにいるのではありません。日本全国にいるはずです。ですから、個人的には東京以外でも機会があればやりたいなあとは思っていますし、出張先で話をすると書店員さんも「東京はいいですね」と言われることが多いです。

先日の日本翻訳大賞授賞式だって、受賞者が松本健二さんと藤井光さんという関西在住のお二人ですから、京都か大阪でやってもよかったのではと思っている「ガイブン・ファン」も多かったのではないでしょうか?

というわけでもないでしょうが、いま名前を挙げた関西在住のお三方によるイベントが京都の誠光社であるようですね。行ってみたいところですが、あたしの関西ツアーはちょうどその少し前なんです。日程をずらそうかしら?

作品よりも著者本人の方が……

昨晩は下北沢のB&Bで、《エクス・リブリス・クラシックス》の新刊『キャサリン・マンスフィールド傑作短篇集 不機嫌な女たち』イベントでした。同書の訳者・芹澤恵さんと対談相手に山崎まどかさんをお迎えして、あっという間の二時間でした。

 

ところで、マンスフィールドはニュージーランド出身の作家で、同シリーズでは『潟湖(ラグーン)』のジャネット・フレイムもニュージーランド出身で、いみじくも同シリーズにニュージーランドの女性作家が似た里が収録されるという結果になりました。

が、作品世界は好対照です。『不機嫌な女たち』は誰もがきっと共感したり、「うん、うん」と思わず頷いてしますようなエピソード、オチが秀逸で、昨晩のトークでも、登場人物の気持ちを直接表現するのではなく、情景描写によって示すような書き方をしていて、非常に洗練された作品群である、との発言がありました。当時は相当玄人ウケしたようです。昨晩のメモを見返してみますと、梯子の外し方がうまい、といった発言もありました。

さて、本書ですが、編集を担当した鹿児島有里さんによりますと、芹澤さんの翻訳作業は比較的スムーズに進んだそうですが、どの作品を収録するかの選択に時間がかかったとのことです。

と言うように、本書は日本版独自の短篇集となっています。2015年にマンスフィールドの未発表原稿が数編見つかり、せっかくだからその中からも選ぼうということになったそうです。今回の翻訳のコンセプトが「女たち」に決まっていたので、大人向けに書かれていた一編「ささやかな過去」を収録したそうです(それ以外の作品は子ども向けだったそうです)。ただし、収録された本作は、マンスフィールドには珍しく、自伝的要素の強い作品で、これまで発表された作品の中にはなかったものだそうです。

ところで芹澤さん、山崎さんという女性お二人が、女性作家の、女性をテーマにした短篇集について語る、ということだからでしょうか? 会場のB&Bは予約で満席(40名弱)、なおかつ、その中に男性は3名しかいない、という極めて女性比率の高いイベントになりました。ただし、高校生や大学生のような若い層は見当たらず(もし会場にいらっしゃっていたらゴメンナサイ)、20代後半から30代と言ったところが中心だったでしょうか? やはり、『不機嫌な女たち』の世界を理解するには、多少の人生経験が必要なのかも知れません。だからこそ、背伸びしたい女子高生なんかにも読んでもらいたいし、たぶん、きっと、楽しめること間違いなしだと思います。

さて、今回のダイアリーのタイトルですが、いろいろな女性の機微を描いているマンスフィールドなんですが、実は本人の34年という短い人生の方がよほどドラマチックです。伝記は出ているようですが、ドラマとか映画にはなっていないようです。トークの中でも「BBCあたりが絶対映像化すべき」という話題も出ていました。ちなみに、マンスフィールドの記念館が日本にあります。

 

 

初めての方もぜひ!

勤務先のTwitterがリツイート(でいいんですよね?)しているので知りましたが、ジュンク堂書店滋賀草津店の《エクス・リブリス》フェア。

とはいえ、大がかりなものではなく、その中から短篇小説だけを選んだ、海外文学入門的なフェアです。この春のみにフェア企画として、書店に呼びかけているものです。

やはり短篇集は手に取りやすいだけでなく、読みやすいと思いますので、この機会にぜひどうぞ。

この短篇集フェアについては、このダイアリーでも以前ちょこっと触れましたが、毎日一作品。夏までに読破してみてください!

 

なお、企画した時点では未完だった『不機嫌な女たち』もお薦めです。

で、同店のTwitterに載っている写真の左上、『神は死んだ』の左側にチラッと写っているのは、このフェアのために用意した小冊子です。フェア・アイテムの紹介が載っています。って、本当は、あたしの個人的な感想なんです(汗)。

キーワードはユダヤ? 歴史?

先日の日本翻訳大賞授賞式。

選考委員の柴田元幸さんが、最終選考に残った作品群についてコメントされたのですが、曰く、祖父母の時代を自分の言葉で語り直したような作品が多かった、と。そして、通奏低音のようにユダヤ人というのがあったとも。

もちろん全部の作品がそうなのではありませんが、過半の作品に上に書いたような傾向が見られたのは事実だったと思います。また曰く、二世だと親の時代の歴史は生々しすぎるけれど、三世にもなると客観的に捉えることができるようになる。

海外の文学の潮流として、こういった作品がこの数年多くなっているのでしょう。そして、それらをわれわれ出版社も翻訳者の方と一緒になって鋭意刊行しているという流れなのだと思います。

で、自慢するわけではありませんが、あたしもこれまでに授賞した自社の三作品に対してですけど、歴史を語ったものが選ばれている、というような趣旨のことを少し前に書いていたので、その感覚が当たらずと雖も遠からずだったのは嬉しかったです。