クリント・イーストウッド?

昨日の「よんとも」はメモ帳を持参しなかったので、小橋さん、トヨザキ社長の軽妙なやりとり、ただ必死に聞くだけで何もメモを残せませんでした。返す返すもそれが残念です。

それはともかく、いくつか印象に残ったことと感想などを……

小橋さんが大好きな作家はエリザベス・ストラウトだそうで、昨日は短篇という縛りがあったので『何があってもおかしくない』を挙げていましたが、トークの中では姉妹篇と言ってよい『私の名前はルーシー・バートン』も是非読んでみてくださいと勧めていました。

またトレヴァーも挙げたのは『異国の出来事』でしたが、国書刊行会の《ウィリアム・トレヴァー・コレクション》はどれもお勧めとのこと。やはり好きな作家になると短篇長篇を問わず読みたくなるものなのですね。

そして欧米外にも優れた作家はたくさんいるという例としても挙がっていたのが『観光』のラッタウット・ラープチャルーンサップです。この中に主人公の「僕」が飼っている(父にプレゼントされた)ブタが出てくるのですが、そのブタの名前がクリント・イーストウッドです。そんなところでも人盛り上がりしたのですが、何の因果か、あたしの昨日のブラウスがブタ模様。イベント後にトヨザキ社長から開口一番「クリント・イーストウッドだ」と言われました。まさか、そんな話の展開になるとは思いも寄らず、不甲斐ない話ですが『観光』も未読なので単なる偶然でしかありません。狙ってチョイスしたのでしたらカッコよかったのでしょうが……

さて、既にTwitterなどでは小橋さんファンの方と見られる昨日の参加者の方の書き込みが賑わっていますが、いつもの「よんとも」に比べると会場の雰囲気がずいぶんと異なりました。いつもの「よんとも」はトヨザキ社長のファンやガイブン好きが集まるので、紹介された本も既に読んでいる人が多い印象でした。しかし、昨日は小橋さんのファンの方が多かったせいでしょうか、それほど海外文学に親しんでいない方が熱心に話を聞いている姿が印象的でした。

海外文学にこれまで触れてこなかった人に海外文学の面白さを広めたい、そういう「よんとも」の趣旨からすると昨日のイベントはまさに理想的な場になっていたのではないでしょうか。もちろん本好きな小橋さんのファンの方ですから、本に対する興味・関心はそれなりにあったようですので、あとはいかに海外文学へと導くか、その呼び水さえあればなだれ込むような方々ばっかりだったと思われます。

イベント後は、多くの方が紹介された本をレジに持って行っていましたし、複数冊購入されている方も多かったです。ガイブンの布教活動、大成功だったのではないでしょうか? あとは舞台でもドラマで映画でも構いませんから、小橋さんお気に入りの作品を是非小橋さんに演じていただきたいと期待しています。小橋さんが演じるのではなく、脚本や演出でも構いませんので、是非ともお願いします。

ガイブンが苦手な人でも短篇なら!

トヨザキ社長のライフワーク「読んでいいとも!ガイブンの輪」が本日午後、下北沢の本屋B&Bで行なわれました。今回のゲストは、女優・小橋めぐみさん、本当に海外文学がお好きなんだなあというのがよくわかる、あっという間の2時間でした。

今回は短篇特集でしたので、ひとまず小橋さん、トヨザキ社長お二人が挙げられた書目を以下にご紹介。

まずは小橋さんの推薦書籍を。内容紹介は各所の公式サイトから引用しました。

異国の出来事

ウィリアム・トレヴァー著/栩木伸明訳。国書刊行会。

南仏の高級別荘地、自由奔放な妻はおとなしい従順な夫を召し使いのようにあしらっている。しかし……夫婦の中に潜む深い闇を描く「ミセス・ヴァンシッタートの好色なまなざし」、一人の青年を愛した二人の少女が三十年後にシエナの大聖堂で再会する「娘ふたり」他、父と娘のきまずい旅、転地療養にきた少年とその母と愛人、新天地への家出、ホームステイ先での淡い恋、など様々な旅をめぐって静かな筆致で精密に綴られる、普通の人々の〈運命〉と〈秘密〉の物語。日本オリジナル編集による傑作選、全12篇収録。

小説のように

アリス・マンロー著/小竹由美子訳。新潮クレスト・ブックス。

子連れの若い女に夫を奪われた過去をもつ音楽教師。新しい伴侶とともに恵まれた暮らしを送る彼女の前に、自分の過去を窺わせる小説が現れる(表題作「小説のように」)。ほか、ロシア史上初の女性数学者をモデルにした意欲作「あまりに幸せ」など、人生の苦さ、切なさを鮮やかに描いて、長篇を凌ぐ読後感をもたらす珠玉の十篇。

何があってもおかしくない

エリザベス・ストラウト著/小川高義訳。早川書房。

生まれ育った田舎町を離れて、都会で作家として名をなしたルーシー・バートン。17年ぶりに帰郷することになった彼女と、その周囲の人々を描いた短篇9篇を収録。卓越した短篇集に与えられるストーリー賞を受賞した、ピュリッツァー賞作家ストラウトの最新作!

観光

ラッタウット・ラープチャルーンサップ著/古屋美登里訳。早川epi文庫。

美しい海辺のリゾートへ旅行に出かけた失明間近の母とその息子。遠方の大学への入学を控えた息子の心には、さまざまな思いが去来する――
なにげない心の交流が胸を打つ表題作をはじめ、11歳の少年がいかがわしい酒場で大人の世界を垣間見る「カフェ・ラブリーで」、闘鶏に負けつづける父を見つめる娘を描く「闘鶏師」など全7篇を収録。人生の切ない断片を温かいまなざしでつづる、タイ系アメリカ人作家による傑作短篇集。紀伊國屋書店で開催された〈ワールド文学カップ〉でMVPを獲得した話題作、ついに文庫化。

続いてはトヨザキ社長の推薦書籍。

わたしたちが火の中で失くしたもの

マリアーナ・エンリケス著/安藤哲行訳。河出書房新社。

秘密の廃屋をめぐる少年少女の物語「アデーラの家」のほか、人間の無意識を見事にえぐり出す悪夢のような12の短篇集。世界20カ国以上で翻訳されている「ホラーのプリンセス」本邦初訳。

西欧の東

ミロスラフ・ペンコフ著/藤井光訳。白水社エクス・リブリス。

過去と現在、故郷と異国の距離、土地と血の持つ意味……〈BBC国際短篇小説賞〉および〈O・ヘンリー賞〉受賞作を含む、ブルガリア出身の新鋭による鮮烈なデビュー短篇集。

誰でもない

ファン・ジョンウン著/斎藤真理子訳。晶文社韓国文学のオクリモノ。

デビュー以来、作品を発表するごとに注目を集め、「現在、最も期待される作家」として挙げられることが多いファン・ジョンウンが、2016年末に発表した最新の短編集。恋人をなくした老婦人や非正規労働で未来に希望を見出だせない若者など、“今”をかろうじて生きる人々の切なく、まがまがしいまでの日常を、圧倒的な筆致で描いた8つの物語。
韓国の若い作家を紹介するシリーズ〈韓国文学のオクリモノ〉第4回配本。

後れているとかいないとかの問題ではありませんが……

来週には『82年生まれ、キム・ジヨン』の著者チョ・ナムジュさんが来日し、新宿の紀伊國屋ホールで特別対談が行なわれます。そのタイミングで、あたしの勤務先からも『ヒョンナムオッパへ 韓国フェミニズム小説集』を刊行します。短篇集で、チョ・ナムジュさんも執筆者の一人です。

こんな感じで、韓国の女性作家の作品がちょとしたブームになっていて、先日の関西ツアーの時も、このようなフェミニズム系の作品を集めてフェでもやりたいね、という話を書店の方としておりました。韓国の女性作家という縛りでやるか、フェミニズムという括りにして広く作品を集めるか、そんな話題で盛り上がりました。

ただ、落ち着くところとしては、最近やはり刊行が盛んな台湾の作品なども加えたいとなり、またフェミニズムとかLGBTQを表に出すと拒否反応を示す読者もいるかも知れないから、ぼんやりと「いま読みたい、アジア作家フェア」といった看板のフェアがよいのではないかと、なんて話していました。実際のところは、韓国、台湾、日本の作品で、差別なども含めた女性問題、LGBTQなどを扱った作品を集めてみたら、ということになりました。

しかし、韓国や台湾はそういった作品も出て来ていますが、日本の作家の作品でこういったテーマで並べられそうなものってありますでしょうか? 書店の方と話ながら、ハタと困ってしまいました。パッと思いつくものがないのです。

もちろん、あたしは文芸作品をそれほど読んでいる方ではないので知らなくても当たり前なのですが、書店の方もサッと思いつくものがないなあと悩んでいる様子。もしかして、日本ではこういったテーマで作品を発表するのがまだまだ憚られる社会なのでしょうか? そんな気までしてしまいます。

考えてみますと、韓国と台湾は、評価はともあれ、ともに国のトップに女性を戴く(戴いた)わけで、この点だけを取り上げて比較するのもなんですが、日本はずいぶんと見劣りがします。

ちなみに、大陸中国は共産国家になってからは女性の社会進出が進み、男女共働きは当たり前、実際には差別はあるようですが、表面的には女性の幹部も目につきますし、同じアジアとはいえ、ちょっと異なるようですね。

大阪とは異なる?

本日は書店大商談会でした。

あいにくの雨模様でしたが、昨年同様、東京ドームシティの会場で行なわれました。例年、秋に行なわれていましたが、今年は年をまたいで2月の開催となりました。

そして、あたしの勤務先のブースは左の写真のような感じです。生誕百年で売り上げ絶好調な『ライ麦』『キャッチャー』とメインに、今月の「100分de名著」のテキストである『大衆の反逆』、そして読売文学賞を受賞した『評伝 鶴屋南北』という展示です。

昨秋の大阪の商談会、BOOK EXPOと比べて、来場者数は少し多いような気がしましたが、実際のところはどうなのでしょう? また自社ブースの成果と言えば、これは大阪と似たり寄ったりでした。専門書系の出版社は、この手のイベントには弱いですね。

そんなあたしの本日のいでたちは右の写真のような感じでした。はい、大阪会場でもないのにヒョウ柄です。ブラウスもネクタイもヒョウ柄で揃えてみましたが、これは別にセットで売っていた者ではなく、ブラウスはブラウス、ネクタイはネクタイで、それぞれ別なところで買ったものです。

別にヒョウに関する本を出すつもりもなければ、そんな予定もありません。単なる今日の気分で選んだまでです。こういういでたちが、果たして来場してくれた書店の方にどういう印象を与えるのか、ついぞ考えたことなどないのですが……

最初の写真の片隅に写っているのが見えると思いますが、ブースではタブレットで映像を流しておりました。なんのことはない、映画「ライ麦畑で出会ったら」と「ライ麦畑の反逆児」の予告編を繰り返し、エンドレスで流していただけです。「反逆児」の方は既に公開されていますが、地方によってはこれからというところもあるようです。なかなかよい映画なので、是非どうぞ。

さて、商談会の後、一度勤務先に戻ってから再び書店営業へ出ました。

立ち寄った一件、ブックファースト新宿店で右の写真のようなフェアをやっていました。

小野正嗣さんのラジオ「歓待する文学」をフィーチャーしたフェアです。小野さんと言えば、あたしの勤務先でもお世話になっている著訳者の一人で、うちの本も並べていただいております。

楽しそうなことやっているなぁ

関西ツアーから帰京しました。ちょっと寒かったですが、今回の楽しいツアーでした。そして、ツアー中に目についた店頭の様子をご紹介します。

まずはジュンク堂書店大阪本店の人文書コーナーです。「人文書売り場の絵本市」と題して、人文書コーナーなのに絵本が並んでいました。会期末も間近ということで、かなりアイテムが減っていましたが、当初ももっと並んでいたそうです。

こういう試みは、人文書の敷居を低くする、間口を広げる効果が期待できると思いますし、やはり見ていて愉しいです。
続いては、丸善&ジュンク堂書店梅田店、一階のエスカレータ脇のコーナーで開催中のフェアです。

「U35の文豪たち」とあります。

文豪たちが、その代表作を書いた時の年齢に注目したフェアです。こういう視点は、これまでありそうでなかったものではないでしょうか? 少なくともあたしは知りませんでした。

そんなフェアは、年齢で区切って本が展示されています。いくつかパネルの写真を撮らしていただきましたのでご紹介します。

まずは最年少ゾーン、22歳から24歳ブロックです。うーん、こういう作家たちがこの作品を発表したのはこんなに若い時だったのか、という新鮮な驚きがあります。もちろん、若くしてなくなっている作家も多いので、そうなると必然的に作品が発表されるのも、死後に遺稿が見つかったというのでもない限り、若い時になるわけですよね。

その次はのブロック、25歳・26歳のパネルと27歳のパネルです。

よく見ると、日本の作家だけでなく、海外の作家の名前も散見します。時々日本でも、芥川賞最年少受賞といったことが話題になりますが、ここに登場する作家たちが作品を発表した時、世間ではどんな風に取り上げられたのでしょう?

そして、もし20代で代表作を書いてしまったら、その後の人生はどんな風になってしまったのでしょうね?

ちなみに、フェア台では気づかなかったのですが、J.D.サリンジャーが『ライ麦畑でつかまえて』を発表したのは31歳の時ですから、このフェアに並んでいてもおかしくないのですが、並んでいたのか否か、思い出せません。

そんな丸善&ジュンク堂書店梅田店の一階、話題書コーナーに並んでいるのを見つけました。

『大衆の反逆』です。今月のNHK、「100分de名著」です。Uブックスとちくま学芸文庫の他に、邦訳は中公クラシックスからも出ていますが、それだけまだ並んでいませんでした。

新宿で#MeTooフェアをやっていました

紀伊國屋書店新宿本店、3階でこんなフェアをやっていました。

《私たちの#MeToo》フェアです。

河出書房新社のフェアのようで、テーマ関連書籍が並べられています。#MeTooというハッシュタグ、ハリウッドあたりから広がった動きでしたよね。いわゆるフェミニズムの文脈で捉えてよいのでしょうか? あたしのような旧世代の人間には少しわかりにくいところがあるのも事実で、だからこそ、こういうフェアが参考になるわけです。

フェアでは右のような冊子(パンフレット?)も置いてありました。選書リストになっています。

新宿紀伊國屋の3階ですから、このフェアは人文書コーナーの企画になります。人文の棚であればこそのフェアであり、選書だと思いますが、このところ小説の世界でも、韓国のフェミニズム小説がホットです。

代表格は筑摩書房の『82年生まれ、キム・ジヨン』で、いまや大ベストセラーになっています。目を転じてみると、このところの韓国小説はフェミニズムが一つのトレンドなのか、というくらい翻訳が続いていますが、日本の小説や欧米の小説でもフェミニズム、性暴力、女性差別を扱った作品はたくさんあります。

文芸書コーナーでも《#MeToo》フェアはできるでしょうし、既にそういうフェアをやっている、やったという書店も多いようです。気になるのは、どれだけ男性のお客さんがそのフェアに関心を持ち、本を手に取り、購入したかですけど……

夜明け前

昨日の天野健太郎さんを偲ぶ会、思い出したことがあったので、追記します。

まずは赤松さんが天野さんに話したという、日本における「重版した台湾文学」について。

売れない、売れないと言われる海外文学、中でもアジア文学はとりわけ売れないジャンルだと言われています。そんな中、少ないながらも台湾文学も邦訳が以前から出版されてきました。ただし、売れ行きはと言いますと……

数少ないと言いますか、赤松さん調べで、これまで日本で出版された台湾文学で重版されたものは以下の5点なんだそうです。『さよなら・再見』(黄春明著、田中宏・福田桂二訳、めこん、1979)、『夫殺し』(李昂著、藤井省三訳、JICC出版局、1993)、『台湾海峡一九四九』(龍應台著、天野健太郎訳、白水社、2012)、『歩道橋の魔術師』(呉明益著、天野健太郎訳、白水社、2015)、『あの頃、君を追いかけた』(九把刀著、阿井幸作・泉京鹿訳、講談社、2018)です。なんと、5分の2、4割が天野さんの翻訳です。

天野さんの翻訳だと売れる、という方程式がある程度は成り立つと思いますが、その理由として登壇された方が口々に語っていたのは、翻訳が素晴らしいということです。もちろん、台湾文学の優秀な目利きとして、そもそもよい作品を選んで紹介しているという前提もありますが、やはり日本の読者に受け入れられるには訳文が日本語として一定のレベルに達していないと難しいわけで、その点でも天野さんは優れた翻訳家であった、ということです。

また、確か齋藤真理子さんだったと思いますが、英米に限らず翻訳家というのは、日本の場合、ほとんどの人が大学の教員という肩書きを持ち、そういう人が研究活動の一方、翻訳を手がけている例が多く、翻訳だけでやっている人は非常に少ない、自分もそうだけど、天野さんも同じような立場で、同志だと思っていた、と話されました。確かに、上で「海外文学は売れない」と書いたわけですから、海外文学の翻訳家としてだけで食っていくのは至難だと思います。それでも翻訳を続けているのは、その作業が楽しいからであり、日本の人に少しでもその国を知ってもらいたい、こんなに面白い作品を読んでもらいたいという情熱があればこそです。

そういう現状もあってか、このところ韓国文学が日本で盛り上がりつつあります。ヒット作も出て来ています。天野さんは、韓国文学は売れるようになってけれど台湾文学はまだまだ、とおっしゃっていたようですが、それだからこそもっともっと翻訳して紹介した作品があったのではないでしょうか。それを思うと天野さんの早すぎる死は残念でありません。

そして、そんな韓国も含めたアジア文学を俯瞰してだと思いますが、島田荘司さんが、日本でこれから売れるようになる、普通に読まれるようになる直前、ちょうど夜明け前なのだ、と話されました。天野さんも夜が明けるのを見たかっただろうなあと思いますが、夜空の少し明るくなってきた、白みはじめてきたのは感じていたのではないでしょうか。夜明け前に、その夜明けを準備して志半ばにして斃れるなんて、まるで坂本龍馬ですね。

泉さん、齋藤さん、そして天野さんのお三方でアジア文学について縦横に語り合うトークイベントをやりたいと話されていたそうです。実現しなかったのが本当に残念です。

偲びました

昨日は、午後から虎ノ門の台湾文化センターで天野健太郎さんを偲ぶ会が行なわれましたので行って来ました。

写真のように会場は満席で、立ち見の方もチラホラ。急遽、空いているスペースに椅子を並べて座席を増やしていました。そもそも先週初めには、満員御礼と言うのでしょうか、受け付けは終了していました。これだけの人が集まるとは、正直驚きでした。

舞台の脇には左の写真のように天野さんの写真、それと天野さんの著訳書が並べられました。乃南アサさんからの素敵なお花も置かれていました。

並んでいる本を眺めていると、短期間に精力的に活動されたことがわかりますし、文学だけでなく、天野さんの興味、関心の広さがうかがわれました。

式次第としては、まず大妻女子大学の赤松先生による「台湾文学と天野健太郎」というテーマでの講演。

日本における台湾文学や台湾紹介の歴史と、その流れの中における天野さんの位置、役割を紹介してくれました。中国文学とか、東アジア文学といった言葉でひとまとめにされてしまいがちな台湾文学を、その中から一個の独立したものに高めた天野さんの功績がよくわかるお話でした。

そんな赤松先生がまとめた天野さんの立ち位置が左の写真です。スクリーンに映写されたものを撮ったのでやや不鮮明ですが、会場に集う誰もが納得の業績だと思います。

天野さんは台湾文学だけでなく、台湾そのものをトータルに日本に紹介した、日本人に知ってもらいたいと考えていたのですね。その点はあたしも少ないながら参加したイベントや打ち上げなどで天野さんと話した時に感じました。台湾に関する総合プロデューサー、やや胡散臭い印象を与えるのを承知で言えば、プロデューサーと言うよりもプロモーターという言葉の方がしっくりくるほど精力的に活動されていたと思います。

式次第に戻りますと、台湾文化センターでの天野さんのカルチャーミーティングという活動を振り返り、その後は一青妙さんによる朗読。遺作となった『自転車泥棒』の冒頭部分を読んでくれました。

あたしも同作品は読んでいますが、確かに冒頭部分、なんとなくいつもの天野さんとは違うと言いますか、非常に印象的なシーンだったと感じました。その部分を耳で聞かせていただきました。

 

 

その後は、天野さんに縁のある4人の方が語る天野さんの思い出。泉京鹿さん、川本三郎さん、齋藤真理子さん、島田荘司さんが登壇されました。短い時間で、皆さんとても話し足りない、まだまだ天野さんとの思い出、エピソードはあるんだけれど、という感じでしたし、これ以上話したら話だけでなく涙も止まらなくなりそうな雰囲気でした。

そんな偲ぶ会の会場で配布されたのが右の写真、「天野健太郎 遺稿集」という小冊子です。小冊子というにはかなりのボリュームで56ページもありました。

昨日の会の発起人の一人、野嶋剛さんがまとめられたもので、天野さんのウェブサイトで連載されていたエッセイや雑誌などに発表された文章、齋藤真理子さんとの対談、『歩道橋の魔術師』『自転車泥棒』の著者・呉明益さんによる「天野健太郎さんのこと」、そして野嶋さんの追悼文、という構成です。

偲ぶ会には上掲の登壇者の他にも、台湾文化センターでの天野さんのイベントに参加されていた方を中心に大勢の方が集まっていましたが、天野さんの故郷からご両親やご家族の方も参加され、目に涙を浮かべる方もいらっしゃる中、とても温かな会でした。

テーマがはっきりしていると食いつきもよい!

ただいま、ブックファースト・チェーンの何店舗かで、YA(ヤングアダルト)出版会とのコラボフェアが開催中です。

フェアの名称は、ズバリ、「青春の本棚」です。フェア棚にチラシが置いてあったのでいただいてきました。

子供のころはお母さんに読んでもらった、という読書体験をお持ちの方も多いでしょうが、中学高校になると部活や塾などが忙しく、読書をする時間が取れないという声をよく聞きます。それでも、少しでも本に親しんでもらいたい、ということでブックファーストとの共同フェアが決まったそうです。

チェーンでの取り組みなので、あっちの店、こっちの店で同フェアを見かけることになりますからより効果的で、出版社にとってもありがたいことです。

二つ折りのチラシの中面はフェアの書目リストになっていますが、裏面は左の通りです。「青春」という言葉、古びているようで、それでも店頭の看板やパネルにこの言葉を見つけると、ちょっと気になってしまいます。お陰様で、書店店頭での反応も上々のようです。


話題になってます!

写真は、年明けの紀伊國屋書店新宿本店、7階の語学書フロアです。

エレベーターを降りた、正面の棚で《話題になった学習参考書・語学書フェア2018》が開催中です。各社の学習参考書が並んでいますが、お気づきになりましたでしょうか?

そうです。中段のところに《ニューエクスプレスプラス》が並んでいます。点数が揃ってきましたので、こうして並べていただくと更に目立ちますし、手前味噌ですが、見た目もきれいですね。

このところは、ほぼ毎月二点ずつ刊行していますので、あっという間に30点、40点の大台に乗りそうです。ちなみに、明日配本予定なのは、「セルビア語・クロアチア語」と「ルーマニア語」です。

2月は「ビルマ語」「マレー語」という東南アジアの2言語を予定しています。

マイナー言語になればなるほど、他社ではほとんど刊行されてなくて、《ニューエクスプレスプラス》の独擅場になります。特にCD付というところもアドバンテージになっているようです。本格的に学ぶのではなくとも、文字を見て楽しむ、音を聞いて愉しむだけでもよいので、一冊チャレンジしてみてください。