日韓の非対称が少しでも緩和されれば……

既にSNSでたくさんの写真と共に話題になっていますが、昨晩は神保町で韓国の作家パク・ミンギュさんのトークイベントでした。

いやー、実に面白いお話でした。パク・ミンギュさん、昨晩集まった方はパクさんのファン、作品のファンの方ばかりでしょうから、そもそもパクさんの写真などは事前に見たことがあったと思います。既にその写真からしてインパクトがありますが、いざご本人登場となると、やはりその風貌は抜群のインパクトです。

ただし、だからといって、風貌からイメージされるようなとんがった物腰でもなければ、エキセントリックな語り口でもなく、ご本人は至ってシャイ、訥々と語る姿、やや聞き取りにくいボソボソとした声が印象的でした。

集まりやすさを考慮しての19時スタートは理解できるとはいえ、トークが1時間では実にもったいないところでした。しかし会場からの質問にも丁寧に答えてくれて、実質1時間半ほどのトークタイムだったのでは? その後はサイン会。

来場者のほぼ全員が並ぶサイン会というのも滅多にないものですね。会場は100名弱の人数でしたから、サイン会も時間がかかりました。借りている会場の都合もあるので、急遽サインは一人一冊まで、為書きは省略というスタイルに。

にもかかわらず、パクさんは一人一人に丁寧に立ち上がってお辞儀をし、終わると握手をしてくださるサービスぶり。シャイだけど、一生懸命応えてくれようとしている姿に感動です。

昨晩のイベントは、当然パクさんの来日というスケジュールがありましたから、ずいぶん前から決まっていて、それに間に合わせるように晶文社から『三美スーパースターズ 最後のファンクラブ』という新刊も刊行されました。しかし、その前日、こんな偶然が重なるものかというタイミングで、テレビの人気番組「アメトーク!」でタレントの光浦靖子さんが『ピンポン』をお気に入りの本として番組内で熱く語ってくれていたのでした。もちろん『ピンポン』は注文殺到、重版中です。

 

そして遡ること2年前、3年前でしたでしょうか? 第一回日本翻訳大賞をやはりパクさんの『カステラ』が受賞していましたので、寄せては返す波のようにパク・ミンギュさんが注目される機会が訪れています。もちろん『亡き王女のためのパヴァーヌ』も根強い人気がある作品です。

 

聞くところによると、韓国で紹介される日本作家の作品の量を100とすると、日本で紹介される韓国の作品は10なんだそうです。反日だ嫌日だといろいろマスコミなどでは言われていますが、そんなに多くの日本文学を韓国の人が読んでいるというのは驚きです。その逆に日本人は……

海外文学を読むのはその国のこと、その国の人のことを知るよい方法だと言われますし、あたしもそう思いますが、隣同士の日韓にこれほどの非対称があるとは!

しかし、このところ気づいている人は気づいているようですが、書店店頭で韓国文学を見かけることが多くなってきました。一昔前は韓流ドラマのノベライズばかりだった棚やコーナーが、パク・ミンギュさんをはじめとした韓国の作家の方々の翻訳で埋まりつつある、そんな日が来るとは。それが韓国文学好きの方の感慨だそうです。

これまでずっと「海外文学は売れない、特にアジア文学は売れない」と言われてきましたし、確かにそれは事実でしたが、ここ数年に限って言えば、そうではない事実も積み上がってきています。アジア文学は売れるし、それ以上に面白いんだ、ということがもっともっと伝わればよいなあと思います。

ただ「アメトーク!」で光浦さんが紹介していたように、別に韓国文学だと意識する必要はないのかも知れません。そこにあるのは、ただ単に面白い小説、人に薦めたくなるような文学なのかも知れません。むしろ、アジア文学だとか、そういう風にこちらが肩肘張って刊行しているようではダメなのかも知れない、とも感じます。

テロと向き合う?

紀伊國屋書店新宿本店で始まったフェア「『日本のテロ』から読み解く現代社会」の小冊子。

テロという行為に、なぜ走ってしまったのか、その社会的な背景を探ろうというフェアのようです。

河出書房新社と紀伊國屋書店でセレクトした書目がいろいろ挙がっていますが、残念ながら文庫クセジュの『テロリズム』はありませんでした。フランスの事例はひとまず置いといて、今回のフェアでは日本社会に着目しているからでしょうか?

いや、書目を眺めると必ずしもそうではないようです。となると、やはり文庫クセジュの知名度が低すぎて、こういう本があることを知らなかった、知ってもらえなかったということなのでしょうか? 残念。

営業、販促、もっともっと頑張らないといけませんね!

他人の芝生は……

少し時間が経ちましたが、大阪で行なわれた商談会、「BOOK EXPO」です。

今回のブースは36番でした。おいちょかぶなら足して9、カブですからちょっと縁起がよいかもと思いました。ちなみに、東京の商談会もブースは27番でカブでした!

大阪だからといって東京と異なることをしたわけではありません。並べた商品や用意した資料は東京と同じものです。あらかじめ資料一式をファイルしておくと渡しやすいということを東京で学習しましたので、40組ほどファイルを作っていきました。結果は、知っている、顔なじみの書店員さんにも配りましたので、純粋な商談成立というわけでにはいきませんでしたが、余ったのは3組ほどでした。

通路に立って道行く人に無理矢理渡していたわけではありませんので、まあまあの成果だと思いましたが、肝心なのはこの後、注文が来るのか否かです。資料で入れたセットやフェアの一つでも関心を示してもらえれば、と思います。

上の写真は、周囲のブースです。立て看板があったり、カラフルな壁面の飾り付けなど、各社趣向を凝らしていて勉強になります。もちろん、商材の性格というのもありますから、同じような飾り付けがあたしの勤務先にも有効であるとは限りませんが……

さて、来年は?

まだまだ掘り出し物があるはず?

神保町ブックフェスティバルの2日目です。

三日間しかやらないので,2日目と呼ぶべきか、中日と呼ぶべきか迷うところですが、そんなことよりも、毎年必ず一日は雨に祟られるこのブックフェスティバルが、今年は三日間晴天に恵まれて無事終わりそうなのがなによりです。

上の写真は、今朝の駿河台下交差点側のブックフェスティバルの様子です。ちょうど10時のスタート直後だと思いますが、既にお客様がわんさといます。本以外にも中華料理店が出店していたり、いろいろ楽しめる三日間です。

ちなみに、神保町と言えば本の街なんですが、スキー・スケボー用品の街、そしてカレーの街です。このブックフェステイバルに合わせてカレーグランプリも開催されていまして、朝からカレーの匂いがあちらこちらから漂ってきます。

そういえば、上掲の写真を撮った駿河台下の交差点、歩道の地面が一部、やけに黄色くなっているところがありました。そこを通ったときにカレーの匂いが立ちこめていましたから、たぶん会場へ運ぶカレーの鍋をここでひっくり返してこぼしてしまったのではないかと思います。ご愁傷様。

さて、あたしの勤務先のブースです。

今年は、前々から倉庫の中を物色し、絶版本集めに余念が無かったので、例年以上に掘り出し物が出ているのではないかと思います。既に昨日、まとめ買いをされたお客様がいらっしゃったとのこと。

上の写真は、これまた今朝の様子ですが。今日も今日で、いろいろと商品を取り揃えております。このように朝一番から本探しにお客様が大勢お見えです。お探しの本はないかも知れませんが、それなりに面白い本、食指が動く本が並んでいると思います。天気もよいので、是非お出かけください。

ちなみに、あたしも一巡りしてみました(ブース当番は免除していただきました……汗)。

岩波文庫の『百科全書』が欲しかったのですが、岩波書店のブースでは見つけられませんでした。ふつーに古本屋を当たるしかないですかね?

営業の鑑だらけ?

本日は、毎年恒例となりつつある、書店大商談会。なんと第8回目。今回も東京ドームのプリズムホールが会場でした。

昨年と比べ、今年は場所がよかったのか、多くの書店の方においでいただきました。なかなかその場での注文とはいかなくとも、あたしの勤務先の本を置いてみたい、このくらいのボリュームなら試してみたいと興味を示してくださる書店の方が多く、今後の展開に期待したいところです。

始まる直前のブースの様子はこんな感じです。今回はInstagram用のナンシー・フレームが登場です。こういう、営業の本道とは関係のないところに情熱を傾けてしまうのが、あたしの勤務先の悪い、否、よい癖なんです(汗)。

テーブルの上には、BOXセットを二つと、売れ行き良好の書籍を少し並べてみました。あまりたくさん置いても効果的ではないという、この数年の経験則です。

さて、11月上旬には、こんどは大阪でもあります。インスタ・フレーム、持って行きましょうか?

ところで、タイトルが「営業の鑑」なのはどうしてかと言いますと、そりゃあたしだって、営業をやってきましたから、こういう会場にいれば、それなりに見知った方と挨拶を交すことはあります。が、会釈をする程度の方の場合、「はてさて、あの人はいったい誰だったっけ?」ということが少なくありません。

それに対して、周囲を見回すと、親しげに挨拶を交し、商談に花を咲かせている他社の営業の強者たちだらけです。「みんなすごいなあ、よくあれだけ人の名前と顔を覚えられるものだ」と感心してしまいます。

こういう会場では、毎回、そのことを思い知らされるのです。

北の大地のフェアなど

昨晩、無事に研修旅行から帰京しました。往路は羽田から飛行機、復路は新幹線なので東京駅着という行程。

まずは、今回訪問した書店でやっていたフェアなどをご紹介します。

最初の写真は、MARUZEN&ジュンク堂書店札幌店のフェア台では「ロシア革命100年」フェアです。いや~、これだけロシアものが並ぶと壮観です。他の地域と比べ、北海道はロシアが身近ですから、都内などとはまた違った反応があるのではないでしょうか?

そして上の写真でもおわかりのように、「ロシア革命100年」フェアでは、あたしの勤務先の刊行物がやたらと目立つような……(汗)

続きましては、三省堂書店札幌店の壁棚のフェア。北海道大学の先生に選書してもらったフェアです。こうしたフェアを定期的に行なっているそうです。「月イチ企画」と書いてありますから、毎月選書の先生が替わるのでしょうね。自分が習ったことのある先生だと興味も沸くのではないでしょうし、先生の専門とはまるで異なるジャンルの本が並んでいたりするとなんか面白いものです。

そんな三省堂書店の別の壁棚では毎月、人文会のお薦め本のフェアを継続中です。こちらもその名の通り毎月アイテムが替わるので、お客様を飽きさせないのではないでしょうか?

上の写真は、書店ではなく図書館でもなく、最近よく耳にする企画も増えたと思いますが、八戸ブックセンターの様子です。非常に興味深い施設でした。

上の写真も同じく八戸ブックセンター。カウンター前の、思いに海外文学を中心とした書籍が並んでいるコーナーですが、ここもありがたいことに、あたしの勤務先の刊行物がちょくちょく目につきます。

セレクトブックショップとしての棚の他に、著名人に依頼してお薦め本を選んでもらい、それを展示する「ひと棚」がありまして、そこに温又柔さんの「ひと棚」がありました。上の写真がそれです。

温又柔さんのプロフィールと選んだ本のリストです。こんな感じでいろいろな方の「ひと棚」があるのですが、それとは別に市民が自分のお薦めの本を選ぶ「わたしの本棚」という企画もやっています。

上の写真が「わたしの本棚」コーナの一部です。これは人気企画だそうで、かなり応募が来ているそうです。ポップを書いてもらうという企画は他でも見ますが、選書にまで参加してもらう、市民を巻き込むというのは八戸ブックセンターならではでしょう。

最後は、ジュンク堂書店仙台TR店の文芸コーナー。《エクス・リブリス》刊行50点突破記念フェアが開催中でした。

並んでますよ! 「書店員おすすめのテーマ」フェア

下の写真は、ジュンク堂書店プレスセンター店、入ってすぐの棚のフェアです。

「書店員が選ぶ おすすめ10のテーマ」フェアです。どんなテーマがあるかは是非足を運んでみてください!

その一角、「動物と文学」というテーマでは『豚の死なない日』が、「台湾」というテーマでは『歩道橋の魔術師』と『蔡英文自伝』を、それぞれ選んでいただきました。

ありがとうございます。

アピール力が足りない?

11月の上旬に、大阪で商談会があります。大阪駅前のグランフロントの中にあるホールが会場です。先日、冊子が出来上がってきました。

一応、今年も出展します。今年で三年目、いや二年目だったかしら? あたし一人、ポツネンと自社ブースでまどろんでいます(笑)。

東京でも今月下旬にあるのですが、こういう場で自社の商品をどうアピールすればよいのかが悩みの種です。ふだん訪問している大型展の方も来場されますが、過半は、いわゆる「街の書店」です。そういう書店に対して、値段も張るし、読者も限られている、わが勤務先の本をどう置いてもらうか。

周囲の、来場するなり書店員が殺到する他社のブースを尻目に、一日無聊を託つようなイベントです。ただ、毎年一つや二つ、うちの本を置いてみたい、試してみたいと言ってくださる書店の方が見えられます。そういう書店の方との邂逅は、立ちっぱなしの疲れを癒してくれるものです。

さて、今年はどんな風になりますか?

キーワードは「巻き込み力」?

昨日は午後から、日比谷図書館で〈書物復権の会〉のイベントでした。毎年夏前に共同で人文を中心とした専門書の復刊を行ない、秋の東京国際ブックフェアで新企画説明会などを行なってきましたが、今年はそのブックフェアが中止となったので、今回のように場所を借りてシンポジウムを行なったという次第。

ちなみに、会に参加しているのは次の10社です。

岩波書店、紀伊國屋書店、勁草書房、青土社、東京大学出版会、白水社、法政大学出版局、みすず書房、未來社、吉川弘文館

特に専用のウェブサイトはというのはなく、各社がそれぞれ自社のウェブサイト内に特設コーナーを作って宣伝している感じです。とりあえず、今回のシンポジウムのリンクは東京大学出版会のサイトを貼っておきました。

昨日のシンポジウムのテーマは「知と人をつなぐ架け橋 変化する図書館と<出版>」で、千代田区立千代田図書館の河合郁子さん、武庫川女子大学附属図書館の川崎安子さんの基調講演、その後、みすず書房の持ち谷さんを加えてのパネルディスカッションという流れでした。

テーマの通りと言ってはなんですが、両図書館とも時代のニーズを捉え、さまざまな取り組みをやっているのがとても印象的でした。取り組み自体は、目から鱗というほど斬新なものではありません。が、それを確実に前へ進め成果を上げていくということは、それほど簡単なことではないと思われます。それを粘り強く続けてこられたお二人、そして両図書館はすごいと感じました。

千代田図書館は、その立地条件や過去の資産を活かした企画を精力的に行なっているようです。話の中心にもなった内務省委託本は研究者ならずとも非常に興味深いコレクションです。これらの研究者を巻き込んで、研究会を立ち上げ、成果を公開し、という一見極めてオーソドックスな取り組みですが、ここまで仕上げてくるのは相当な努力とエネルギーを注がないとできるものではないでしょう。

もう一つの、古書販売目録は、いかにも千代田図書館だなというコレクションです。古書販売目録なんてどういう利用価値があるの、という意見もあるかもしれませんが、過去の販売目録にはその後行方がわからなくなった(誰が落札したのか不明など)貴重な古美術品が含まれていることがあります。今となっては、目録に載っている写真だけが唯一の公開されている画像というものも少なくありません。こちらもやはり多くの研究者を巻き込んで成果を上げてきたようです。

その他、地元千代田区の出版社と組んだ企画展示も来館者の興味を惹いているようで、現在は「書評紙が選ぶ、今すぐ読みたいベスト16」を開催中だそうです。

武庫川女子大学は、日本一の規模を誇る女子大だそうです、知りませんでした。その図書館では大学の方針で、最近電子図書館を立ち上げたところだそうです。女子大という特性を踏まえつつも、教職員のみならず卒業生や作家も巻き込んで、コーナーを作ったり、企画を立ち上げたりして来館者、そして貸し出し数をこの数年グングン上げているそうです。

大学生は本を読まない、と言われているようですが、アプローチ次第では関心を持ってくれるようです。放っておいても本を読む子はよしとして、そうでない学生にどう本を読ませるか? やはり単行本よりは文庫本のようなのが残念ですが、それでも読まないよりは遙かにマシです。学術書は、先生が授業の時にどれくらい熱心に勧めるかが貸出率に大きく影響するようです。これは教科書の購入についても言えますね。

と、こんな話を聞き、パネルディスカッションで更に掘り下げ、更に打ち上げでもざっくばらんに話し込んだのですが、最終的に思うことはどれだけ周囲の人を巻き込めるか、ということなのではないか、そんな気がしました。

学びたいという意欲

昨夕は駒場の東京大学で金曜講座でした。正式には「高校生のための金曜特別講座」と言うように、午後5時半からですから、なかなかサラリーマンには参加が難しいイベントです。しかし、高校生は、自主的なのか学校の先生の指示なのか、あの雨の中、大勢が受講に来ていました。

さらに全国の高校、何校くらいでしょうか、生中継で結んで視聴、受講している学校も多数あったようでした。この時間ですから、中継先の学校は放課後に生徒が残って見ていたのでしょうか? とにかく、その金曜講座の2017年冬学期が昨日からスタートしたわけです。

そんな高校生向けの講座に、何しの目的で行ったのかと言いますと、別に女子高校生を物色しに行ったのではありませんよ(汗)。実は、この数年間の金曜講座の中からセレクトした講義を書籍にまとめ、それを少し前に刊行していたからです。

上の写真がその展示販売風景です。受付のすぐ隣でやらせていただきました。カバーの色鮮やかな『知のフィールドガイド 科学の最前線を歩く』と『知のフィールドガイド 分断された時代を生きる』の二冊です。

 

講座受講生への特別割引販売でしたが、やはり高校生にはちょっとお高いですかね? いきなり2000円前後の本を買うというのは、今どきの高校生の生活習慣にはありえないことなのでしょうか? むしろ引率ないしは自主的に参加されているとおぼしき大人の方が本書を買っていってくださいました。無料の社会人大学という感じで受講されている年配の方も多数いらっしゃいましたので、あの雨の中、熱心だなあと感心してしまいます。

ちなみに、一番左の『イタリア広場』は、昨日の講師、村松さんの訳書です。

金曜講座はこの後も年内数回行なわれます。毎回、展示販売を行なう予定です。昨夕も「今日はちょっと雨なので、次回買います」という方もいらっしゃいました。