群盲が「巨象」を撫でるために?

本日見本出しの新刊『沸騰インド 超大国をめざす巨象と日本』は現代インドを知るための一冊です。

現代インドに関する本と言えば少し前には『モディが変えるインド 台頭するアジア巨大国家の「静かな革命」』という一冊がありましたが、こちらは「モディ首相を通して現代インドの政治、経済、社会、外交を概観し、南アジアの国際関係を紐解く」一冊で、『沸騰インド』は「政界、経済界のみならず、庶民の生活にも深く分け入った元朝日新聞ニューデリー支局長のルポ」です。併せ読むことでインドを多角的、多面的に知ることができるはずです。

  

さらにインドについてという方にはこんな本は如何でしょうか? 『パール判事 東京裁判批判と絶対平和主義』『中村屋のボース インド独立運動と近代日本のアジア主義』『インド独立の志士「朝子」』、インドの歴史を知るための三冊です。

 

インドの神話を大胆にアレンジした『マナス』も、インドの別な一面を見せてくれます。『インド通』は70回以上の渡印歴を誇る著者のフィールドワークです。

 

ビルマ・ハイウェイ 中国とインドをつなぐ十字路』はインドと中郷に挟まれたミャンマーの地政学、『アジア再興 帝国主義に挑んだ志士たち』は、三人の主人公一人はタゴールです。

最後にインドの言葉を学びたい方には以下をお薦めします。

 

 

ニューエクスプレス ヒンディー語』『ニューエクスプレス ウルドゥー語』『ニューエクスプレス タミル語』『ニューエクスプレス ベンガル語』を出しております。ビジネスの世界では英語なのかも知れませんが、現地の言葉を少しでも話せると、お互いの距離がグッと縮まるはずです。

シリーズが久しぶりに出るんです

シリーズ「近現代ヨーロッパ200年史」の最新刊が刊行になります。

地獄の淵から ヨーロッパ史1914-1949』が2017年2月に刊行されて以来ですので、1年ちょっとのインターバルです。

『地獄の淵から』がタイトルどおり、第一次世界大戦から第二次世界大戦の時期を扱っているのに対し、今回の『力の追求(上) ヨーロッパ史1815-1914』『力の追求(下) ヨーロッパ史1815-1914』はその前の時代を扱っています。

残すは戦後を扱う第4巻『分断された大陸(仮)』を残すのみ。刊行は来年になると思われますので、いましばらくお待ちください。

これから読んでみます!

先日もご紹介しましたが、ちくま新書から『欧州ポピュリズム EU分断は避けられるか』が刊行になりました。

アメリカによるエルサレムへの大使館移転がアメリカの中間選挙や大統領選に向けての国内パフォーマンスであることを考えると、「ポピュリズム」はまだまだホットなタームなんですね。そんな中、ポピュリズムのメッカと言っては言いすぎかも知れませんが、ポピュリズムが各国を席巻しているヨーロッパに焦点を絞った最新刊が本書です。

で、「ポピュリズム」と言えば、あたしの勤務先も『ポピュリズム デモクラシーの友と敵』という本を少し前に出したばかりです。『欧州ポピュリズム』の参考文献にも本書の原書が上がっていました。

というわけで、あたしもこれから『欧州ポピュリズム』を読んでみようと思います。

求められているのは美学ではなく美術?

昨日の朝日新聞夕刊です。

ヘンリー五世の舞台です。小田島雄志訳での上演で、東京の新国立劇場です。シェイクスピアって人気なんですね。小田島訳に限らなければ、日本全国常にどこかしらで上演されている印象があります。

 

続きましては、今朝の朝日新聞。美術の教養がビジネスに必須なのでしょうか? いまひとつピンと来ませんが……(汗)

この記事のいわんとしているところとはちょっとズレるのかも知れませんが、文庫クセジュの『美学への手引き』などは読んでおいて損はない一冊ではないでしょうか?

朝日新聞から三つほど……

今朝の朝日新聞から。

 

一面の「折々のことば」は『友川カズキ独白録』からの引用です。

 

本の紹介ではありませんが、ニュルンベルクという文字が見えたので、新刊『ニュルンベルク合流』はいかがでしょうか? かなり厚い本ですが、非常に面白い読み物です。

 

最後は、多摩版にしか載っていない記事かも知れませんが、金原瑞人さんの講演会の記事です。ちなみに、金原さんは6月に下北沢のB&Bで、『マンゴー通り、ときどきさよなら』の解説・温又柔さん、訳者・くぼたのぞみさんとのトークイベントも予定されています。

いま、ロンドン?

今朝の朝日新聞の紙面です。

ロンドンの特集記事のようです。

いま、なんでロンドン?

という気もしますが、とりあえずロンドンやイギリス関係の書籍を集めてみました。いかがでしょう?

もし、ロンドン、英国フェアなどを考えている書店がありましたら、上掲の書籍もお忘れなく!

やんごとなき

今朝の朝日新聞のテレビ欄。

エリザベス女王関連の番組が放送されるようです。そうすると思い出されるのが『やんごとなき読者』という小説です。この「やんごとなき読者」というのは、もちろん女王その人です。

とにかく抱腹絶倒な小説ですが、本好きであれば是非読んでいただきたい作品です。

イギリスの人気劇作家・脚本家によるベストセラー小説。主人公は現女王エリザベス二世。それまで本にはほとんど興味がなかったのに、ある日飼い犬が縁で、すっかり読書の面白さにはまってしまう。カンニングする学生のように公務中に本を読みふけるわ、誰彼かまわず「最近どんな本を読んでいますか」と聞いてはお薦め本を押しつけるわで、側近も閣僚も大慌て。読書によって想像力が豊かになった女王は、初めて他人の気持ちを思いやるようになるものの、周囲には理解されず、逆に読書に対してさまざまな妨害工作をされてしまう。孤独の中で女王は、公人としてではなくひとりの人間としての、己が人生の意味について考えるようになっていたのだが、王宮中に、「陛下はアルツハイマーかもしれない」という噂が広まっていき……。本好きなら、読むことと書くことの本質を鋭く考察した台詞や思索の数々にうなずかされる部分も多い。実在の女王が主人公という大胆な設定で、ひとりの人間が読書によって成長し、ついには80歳にして新たな生き甲斐を発見していく姿を描いた、感動の一冊。

上掲は、ウェブページにある内容紹介ですが、海外小説なんていうことを気にせず、予備知識なしでもスイスイ読んでいけますので!

幅の広い出版活動?

まずはこの4点。今年の《書物復権》のラインナップです。

左から『古典ギリシア語入門』『音楽ノート』『芸術崇拝の思想』『ヨーロッパ中世象徴史』です。来週後半に出荷開始なので週末か再来週には書店店頭に並び始めると思います。どうぞお楽しみに!

そして上の写真は、あたしの勤務先の最近のフランス語の学習参考書です。同じフランス語とはいえ、ずいぶんとタイプが異なります。こうしてバラエティー豊かに出版することも読者のニーズをすくい取るためには必要なのです。

それにしても、フランス語でもこれだけの幅があり、フランス語意外にもさまざまな言語の参考書を出し、さらには上掲《書物復権》のように語学書以外のジャンルも多岐にわたっていて、なかなか自社の商品を把握するのも大変です(汗)。

プロのために、この一冊

中級フランス語 叙法の謎を解く』の見本出しです。店頭に並ぶのは、早いところで週末、ほとんどの書店では週明けになると思います。

というわけで、これまでの《中級フランス語》シリーズです。特に巻数を振っているわけではありませんが、奥の3冊が第一期的な感じで、第二期はあと一冊、『冠詞の謎を解く』が出る予定です。

このシリーズはどれも専門家、フランス語の先生方からの評価も高く、支持されているシリーズです。本書も間違いなく売れるでしょう。

「世界を変えた」人は確かに立派なのでしょうけど……

書店店頭でこんな本が並んでいるのを見かけました。

 

世界を変えた100人の女の子の物語』と『世界を変えた50人の女性科学者たち』です。タイトルもよく似ていて装丁まで似た感じ、同じ出版社から出たシリーズもののようにも見えますが、微妙に判型が異なりますし、そもそも出版社が異なります。

このような「世界を変えた」と名が付く書籍は偉人に注目したものが多いですが、本や建物、発明などモノにスポットをあてたものも数多く出版されていて、このジャンルの人気があることがうかがわれます。つまりは「失敗の本質」の逆で、成功した人の体験に学びたいということなのだと思います。

一般的なものは既に出尽くしたので「女性」にスポット当ててみたのがこの両書ということなのでしょうか。いみじくもそんな両書がほぼ同時刊行されているのは偶然なのか、必然なのか、そのあたりの事情はわかりません。前者は224ページで税込み2592円、後者は128ページで同じく1944円。前者はタイトルが「女の子」となっているように、大人だけでなく、多分に児童にも目を向けた本のようですね。

ところで、こういう「世界を変えた」人の話って、確かにためになるし、勉強になるし、自分も頑張ろうという気持ちにさせてくれる面はあると思うのですが、あたしのような天の邪鬼はどうしても説教臭さが気になって素直に受け取れないところがあります。たぶん、そういう人って多いのではないでしょうか?

そんな人たちに是非読んでもらいたいのが『バンヴァードの阿房宮 世界を変えなかった十三人』です。これも先の二書と同じように翻訳物ですが、たったの13人で446ページ、税込み価格はなんと3888円もします。こちらは、一人一人に紙幅をきちんと割いた読み物です。

この手の本は、翻訳にしろ、日本人の著作にしろ、一人数ページで簡単にその偉人が成し遂げたことが理解できるように作るのが王道だと思います。しかし本書はそうではなく、とにかく自分の信念だけを信じ、ただそれにひたすら忠実に、真面目に生きた13人の物語です。

本書が出た当時、朝日新聞の読書欄で三浦しをんさんが紹介してくださいました。

私が特に好きだったのは、前述した十九世紀のロミオ役者、ロバート・コーツと、台湾人だと自称して十八世紀のロンドンを騒がせたジョージ・サルマナザールだ。コーツ氏の珍妙な舞台衣装と熱演ぶり(および観客の戸惑いと怒号)の描写は、腹の皮をよじれさせずに読むのが困難だ。見たかったよ、こんなすごすぎる『ロミオとジュリエット』! サルマナザール氏に至っては、数奇な人生すぎてここでは説明しきれない。彼は日本人を自称したこともあるのだが、実際はアジア人では全然なかった。(2014年9月28日付朝日新聞)

この文章だけでも、本書を読んでみたくなったりしませんか? ちょっと高いしボリュームもあるので気軽に手が伸びる本ではないかも知れません。しかし、読み始めたら止まらない、とにかく面白い一冊です。そして三浦しをんさんは

本書に登場する人々は、ほとんどが失意と悲しみのうちに世を去り、死後の栄誉や称賛とも無縁だ。だが、著者の丹念な筆致は、大切な事実を浮き彫りにする。情熱を持って精一杯生きたひとのなかに、「敗れ去ったひと」など本当は一人もいないのだ、ということを。

と紹介文を結んでいます。あたしも読みましたが、読後に一抹の寂しさと共に何とも言えない爽快感、満足感も感じられるのが本書でした。