まだありました!

承前。

中公新書の新刊『ヒトラーの時代 ドイツ国民はなぜ独裁者に熱狂したのか』は、何度も取り上げられているテーマですね。池内紀さんがそれをどう料理しているのか興味深いです。

中央公論新社のウェブサイトによる同書の内容紹介には

泡沫政党だったナチスの党首アドルフ・ヒトラーは、圧倒的人気を獲得し、権力の座へ駆け上がった。独裁制はなぜかくも急速に実現したのか。ドイツ国民がそれを支持した理由は何か。アウトバーン建設、フォルクスワーゲン(国民車)の生産、労働環境の改善、社会福祉の拡充といった巧みな施策、そしてゲッベルス主導のプロパガンダ、ゲシュタポによる弾圧――。さまざまな角度から、ヒトラーを独裁者に押し上げた「時代」を描く。

とあります。

こんな内容紹介を読んで思い出されるのが『独裁者は30日で生まれた ヒトラー政権誕生の真相』です。

本書も同じようなテーマを扱っている本で、そのキャッチには「なぜヒトラーは首相になれたのか? 米独歴史学界で大論争を巻き起こした碩学が辿りついた結論」とあります。

やはり海外でも論争の的なのですね。日本でも政治家が「ヒトラーは合法的に政権についた」といったことを言う人がいましたが、そのあたり本書を読めば正しいのか間違っているのか、わかると思います。

さて、ウェブサイトの内容紹介を見ますと、

 1933年1月30日、ワイマール共和国大統領パウル・フォン・ヒンデンブルクはアドルフ・ヒトラーを首相に任命した。後から振り返ると決定的なこの出来事は、果たして避けがたい必然だったのか? それとも避け得る過失だったのか? 本書はこの近代史最大の〈謎〉に挑んでいる。
著者ターナーは、大資本がヒトラーの権力掌握を準備したという当時支配的だったマルクス主義的見解に挑戦して、大論争を巻き起こした人物として知られる。本書では、そうした観点に立ち、ヒトラーの権力掌握を具体的な出来事に位置付けていく。
相次ぐ選挙での敗北、枯渇する党資金、突撃隊の叛乱など、このときヒトラーはまさにどん底にあった。側近のゲッベルスが暗い気持ちで「1932年は長い不運の連続だった」と日記に書き記したほどである。
それではなぜヒトラーは権力を掌握できたのか? 鍵となるのはごく少数の政治家の動静である。歴史を安易に「非人間的諸力」に還元するのではなく、一日一日を丹念に検証していった先に見えてくるものは何か? 古典として知られる名著の本邦初訳。

とあります。

さあ、二冊一緒にどうぞ!

これとこれ、あれとあれ

店頭に並んでいる本を見ていると、「あたしの勤務先のあれも一緒に並べられないかなあ」と思うことがしばしばあります。もちろん、その意見を書店員さんに伝えることもありますが、ほとんどは「並べる場所がないから……」と言われてしまいます。それに、その両書に関連性を感じているのがあたしだけ、という場合も多々あるので、あたしの感性がおかしいのか、他人と外れているのかと思われます。

 

とりあえず、そんな懸念もありますが、あたしの感性を信じて披瀝させていただきますと、まずは河出書房新社の『とてつもない失敗の世界史』に並べるのは『バンヴァードの阿房宮 世界を変えなかった十三人』です。うまくいかなかったことからこそ学ぶべきものがあるはずです。

 

続きましては、ちょっと古い本ですが新曜社、J・ダイヤモンド『人間はどこまでチンパンジーか? 人類進化の栄光と翳り』と『私たちが姉妹だったころ』です。

 

続いては岩波新書の『独ソ戦 絶滅戦争の惨禍』と『クルスクの戦い1943 独ソ「史上最大の戦車戦」の実相』です。新書と単行本では並べにくいのは承知ですが……

 

最後にもう一つ岩波新書から『モンテーニュ 人生を旅するための7章』と『寝るまえ5分のモンテーニュ 「エセー」入門』です。なお、あたしの勤務先からは『モンテーニュの言葉 人生を豊かにする365の名言』という新刊が8月に刊行予定です。こちらもぜひご一緒に!

ちょっとしたお遊び、あなたならどれを選びますか?

昨日の続きのようなダイアリーです。

昨日から公開された映画「天気の子」のワンシーン。『キャッチャー・イン・ザ・ライ』がカップうどんの蓋の重しとして使われているということを既に書きました。

最初の画像は、そのワンシーンですが、それを真似してみたのが2枚目の画像です。

ここで気づいたのですが、どん兵衛の蓋と器の模様というのは決められているものではないようで、映画のワンシーンのような向きで置いたときに、器側面の模様が同じようになっているどん兵衛はなかなか無いのです。

蓋の図柄と器の図柄の位置関係や向きが、映画のシーンと同じものを捜し出すのはなかなか至難の業かもしれません。

3枚目の写真は、おや、本がずいぶんと大きいですね。これではどん兵衛がまるっきり隠れてしまいます。映画のワンシーンのようにはいきません。

って、これは「単行本」でした(笑)。しかし、どん兵衛の蓋をしっかり閉める重しとしては新書判よりも単行本の方が優れているとわかりました。

そして4枚目。

こちらは長年親しまれてきた『ライ麦畑でつかまえて』です。「ライ麦」といったらこちら、という方も多いと思いますが、映画の中で使われたのはこれではなかったですね。新海誠監督的には村上春樹訳なのでしょうか。

最後に、おまけで『小説 天気の子』を載せてみました。

やはりどん兵衛の蓋の重しには、少なくとも新書サイズは必要だと改めて実感しました。

さあ、あなたならどれを選びますか?

気づいていただけましたでしょうか?

この写真にピンと来る方はどれくらいいるのでしょうか?

カップうどんのどん兵衛の上に、蓋が開かないように本を載せているという、何の変哲もない写真です。これが何だと言われたら、普段であれば返す言葉もないのですが、今回だけは違います。ちゃんと返せる言葉があります。

とりあえず、まずはヒントとして「weathering with you」とだけ言っておきます。これで何だかわかりましたでしょうか?

ではこちらの動画をご覧ください。

もうおわかりのように「天気の子」です。「この動画がどうしたの?」と思われる方も多いと思いますが、とにかくじっくりご覧ください。

おわかりになりましたでしょうか? この予告動画の3分12秒あたりにご注目です。

最初の写真と同じような構図が出てくるのです。その証拠と言うほどでもありませんが、予告編と実際に再現したものを同時に収めたのが二枚目の写真です。

再現度は如何でしょうか?

こんな雨の日に……

今年の梅雨は、少なくとも関東では、雨がよく降るなあという印象です。特にこの数日は肌寒いくらいの気温で、農作物の生育が心配になるほどです。

そんな雨の日にうってつけの一冊、『そんな日の雨傘に』はいかがでしょうか?

内容は「靴の試し履きの仕事で、街を歩いて観察する中年男の独り言。関係した女性たち、子ども時代の光景……居心地の悪さと恥ずかしさ、滑稽で哀切に満ちた人生を描く」といったもの。ダメ男好きにはたまらない一冊ですので、外出するのも面倒臭い雨の夜の読書にふさわしいと思います。装丁も、いかにもこの季節にぴったりではありませんか?

逆に、暑い夏が待ち遠しいという方にお薦めなのは『魔法の夜』です。

ミルハウザーの短篇で、アメリカのとある田舎町、夏の暑くて寝苦しい一晩の物語です。暑さで眠れなかったり、他の理由で起きている人々の夜の活動を克明に追った作品で、ほのぼのとしたファンタジーあふれる作品になっています。

こちらもまた装丁が秀逸です。プレゼントに如何でしょうか? また分量としても比較的薄い本ですので、夏休みの読書感想文にもピッタリです。

最後にご紹介するのはこちら。

寝苦しい夜なんて生ぬるい、暑さが行き着くところまで行ってしまった作品『年月日』です。

こちらの内容は「千年に一度の大日照りの年。一本のトウモロコシの苗を守るため、村に残った老人と盲目の犬は、わずかな食料をネズミと奪い合い、水を求めてオオカミに立ち向かう。命をつなぐため、老人が選んだ驚くべき最後の手段とは?」となっています。

犬好きには涙なしでは読めない感動作品です。

増補改訂版です

まもなく『イタリア語文法3段階式徹底ドリル[増補改訂版]』が配本になります。

タイトルにもあるように、今回刊行されるのは「増補改訂版」です。「改訂版」というのはしばしばありますが、「増補版」となるとグッと少なくなるものです。

写真の左がこれまでのもの、そして右が今回の増補改訂版です。デザインは踏襲し、色を少し変えました。今回の増補改訂版も是非ご愛顧ください。

ぜひ併売を!

右の画像は友川カズキさんの新刊、ちくま文庫の『一人盆踊り』です。

店頭で見かけました。新刊が出ていたなんて知りませんでした。しかし、これはチャンスです。

なぜなら、あたしの勤務先も『友川カズキ独白録 生きてるって言ってみろ』という本を出しているからです。それが下の画像です。

ただし、文庫と単行本ですと、書店でも同じ棚に並ぶことは少ないかもしれません。

『独白録』はエッセイですから文芸書の棚(タレント本)に置いてあることも多いですが、音楽の棚に置いてある書店も多いです。しかし、『盆踊り』の方を文芸や音楽の棚に置いている書店はほとんどないのではないでしょうか?

が、新宿の紀伊國屋書店の音楽書コーナーはさすがです。『一人盆踊り』が面陳になっていて、その隣に『友川カズキ独白録』がしっかり並んでいました。

友川カズキさんのファンの方が、「ちくま文庫から新刊が出た」と知れば文庫のコーナーを探すでしょうけど、ただ単に「新刊が出た」という情報しか持っていなかったら、タレント本コーナーか音楽書コーナーへ探しに行くでしょうね。そして文芸や音楽担当の方がどこまで文庫の新刊情報を頭に入れているのか……

すごい勢い

哲学者とオオカミ 愛・死・幸福についてのレッスン』の勢いが止まりません。

ラジオの影響というのは、新聞書評と比べてどうなのだろうか、いまひとつ掴みきれないのですが、今回の動きはすごいです。動きという表現では足りないくらいです。

本書はもともとロングセラーで、この10年地味ながらもしっかりと売れ続けていて、つい少し前に13刷が出来上がってきたところです。しかし、その13刷がまもなく完売しそうな勢いで、早晩14刷に入ります。

ここまで動くとは、正直、先週の時点では予想もしていなかったです。まだしばらくは続きそうな勢いです。

第二弾とか改訂版とか

過日ご案内した『フラ語問題集、なんか楽しいかも!』の改訂版に続いてというわけではありませんが、またまた改訂版です。

解説がくわしいスペイン語の作文』です。写真の左が旧版、右がこのたび刊行になった改訂版です。ずいぶんとイメージが一新されました。

店頭に並び始めていますので、見かけましたら、是非手に取ってみてください。

さて、こちら改訂版ではなく、第二弾です。

スタート!ドイツ語A1』に続いて、その続きにあたる『スタート! ドイツ語A2』が刊行になりました。

この手の語学参考書は、得てして第二弾が出ると第一弾の売り上げが伸びるという効果が見られます。本書においても『A1』の売り上げがここへ来てまた盛り上がっています。

既刊なので、既に棚から在庫が消えているようでしたら、揃えて並べてみてください。