新刊がいっぱい!

本日が見本出しなので、来週後半には店頭に並び始めると思われますが、そんな新刊がたくさんあります。

まずは右の写真。3冊並べていますが、新刊は『ドーキー古文書』です。

著者フラン・オブライエンの作品は、同じUブックスで既に2冊刊行されていて『スウィム・トゥー・バーズにて』と『第三の警官』です。この機会に既刊2冊の在庫チェックをお願いします。そして是非、3冊一緒に並べてください。

続きまして、改訂版のご案内。

長らくご愛顧いただいてきました『ハンガリー語の入門』がこのたびリニューアル、[改訂版]として生まれ変わります。付属のCDは昨今の状況に鑑みてアプリのダウンロードに改めました。

写真の右側が新しい改訂版です。言わずもがなでしょうが、念のため(汗)。

次の写真は、またしても上下本。面陳で並べると顔になる、あたしの勤務先の刊行物ではありがちなカバーです。

今回の主役はマルコムXです。アメリカの黒人活動家です。キング牧師ほど有名ではないかも知れませんが、キング牧師の次に有名な活動家ではないかと思います。ずいぶん前に一度ブームになったことがあったような記憶があるのですが、あれはどういうきっかけだったのでしょうか?

最後は自社ではなく、ちくま新書の新刊『ヨーロッパ近代史』です。

タイトルどおり、ヨーロッパの近代、ルネサンスから第一次世界大戦までを扱っている一冊です。時代が少しだけ重なりますが、あたしの勤務先が刊行を始めた「シリーズ近現代ヨーロッパ200年史」の前の時代ですね。1949年以降を扱う最後の一冊が残っていますが、全部で5冊、これでヨーロッパの歴史を一気に駆け抜けることができそうです。如何でしょうか?

うちでは売れないので……

タイトルは、日々営業回りをしていてよく言われるセリフです。

書評が出たり、注文が伸びていたり、理由はさまざまですが、売れ行き好調な書籍を案内し、置いていなければお勧めし、一冊くらいになっていれば面陳・平積みをお願いする、それが営業活動の基本です。

しかし、「うちじゃあ売れないから」と言われることが多いです。

そういう風に言う書店員さんの気持ちを推測するならば、「こっちは忙しいのだから五月蠅い」とけんもほろろな場合もあれば、「売れているのはわかりますし知っていますけど、うちのお店の客層と合っていないんですよね」としっかり分析された上での丁重なお断わりに分類されると思います。

後者の場合であれば、「では、こちらは如何ですか?」と他の商品を勧めるのが営業マンでしょうが、必ずしも他に動きのよい商品があるとは限らないのが弱小出版社の悲しいところです。それでも時に別に商品を案内すると「ああ、これならうちでも売れそうだ」と反応してくださる書店の方も少なくありません。

さて、営業として考えないといけないのは、けんもほろろな場合です。

確かに、大手出版社のベストセラーのように、レジの前に山積みしておいたら、あっという間に売れてしまった、なんていう本をご案内できるわけではありません。むしろシブい本ばかりです。でも、そもそもジャンルが違うので、そういうベストセラー商品と同じような感覚で見られてしまうと、あたしの勤務先の本などはすべて「売れない本」に分類されてしまいます。

ただし、売れているからこそお勧めしているのわけなので、見せ方とか並べ方などを工夫するだけで売れる可能性は大いにあると思うのです。しかし現状、その「工夫」をするだけの時間も余力もないのが書店の現状なのでしょうか? 「ポップとかある?」と聞かれれば、すぐにはなくとも社に戻って作って送ることは可能です。本音を言えば、書店の方が読んで、自分の言葉で書いてくれたポップの方が読者の心に刺さると思うのですが、そんな時間が作れるわけないことは重々承知しています。

「どんな本と一緒に並べたら売れますか?」といったことも聞かれます。これもわかる範囲で、他の書店の事例や担当編集者の意見などを聞いて伝えるようにはしていますし、そういうことを意識するのはこちらも勉強になります。並べ方の工夫の一助になればと思います。

しかし、なんだかんだ言っても、こういう意見も営業に回っていればこそ聞けることであり、全国の多くの書店では「さあ、どうしましょう?」と思われているのでしょうね。こういう書店の方へ少しでも役立つ情報を届けるにはどうしたらよいのでしょう?

今年初の……

本日午後は人文会の1月例会でした。

それがどうしたと言われそうですが、実は、今年初めて、午後の書店営業回りに出かけなかった日となりました。

なんだかんだと言いまして、仕事始の初日7日から午後は毎日外回りに出ていたのですが、今年になって初めての外回りなし、というのはちょっぴり新鮮でした。

毎日出かけて偉いねえ、なんて声をかけてくれる人もいますが、昨秋から営業担当範囲が広くなったので、とにかく時間ができれば、ではなく、何とか時間をひねり出して回らないと、とても担当書店を回りきれないのです。これでもまだまだ回れていない書店が多数あります。

早いうちに、外回りのペースをつかまないと洒落になりません(汗)。

そんなことを感じる今日この頃です。

100語とは?

本日見本出しの文庫クセジュの新刊『100語ではじめる社会学』、人文ジャンルでも社会学というのが個人的には一番つかみにくいです。

書店に行けば「社会」というコーナーはありますが、この場合は「政治経済」や「ビジネス」「法律」「海外事情」といったジャンルであって、「社会学」ではありません。たぶん、こういう勘違いというか、つかみにくさを感じているのはあたしだけではないのではないでしょうか。

で、今回の「100語」です。

写真のように、表4に本書の内容紹介が載っていまして、更に、帯でも100語のリストが載っています。

少々見づらいのではないかと思いましたので、そこだけ拡大したものが2枚目の写真です。これでどんなものかイメージいただけましたでしょうか?

いや、もしかすると、最初からよくわかっていなかったのはあたしだけかも知れませんが……(汗)

本日も我田引水?

朝日新聞です。

シリアの影絵師の方が紹介されていました。

シリアと聞くとテロや内戦、「イスラム国」といったイメージしか湧かない人も多いと思いますし、日本でシリアに関する情報が出た時には、ほぼ100パーセントがそういった時事的なものになりがちです。

ですから、シリアに伝統的な影絵芝居があったなんて知っている日本人がどれほどいるのでしょう? かくいうあたしも知らなかったわけですが。

そこで、影絵芝居の話ではありませんが、ご紹介するのはシリアの作家の作品、『酸っぱいブドウ/はりねずみ』です。これが、とても内戦などが起こっている国の作品とは思えない、味わい深い作品です。シリアにもこんな一面があるんだと、少しでも感じていただければ幸いです。

たとえば京都案内として

我的日本 台湾作家が旅した日本』読了。

最近の台湾文学に興味をお持ちの方であれば、呉明益や甘耀明など見知った名前も登場しますし、邦訳こそ出ていないものの台湾の実力者の名前を発見できることと思います。しかし、日本において一般的な知名度となると……

が、本作の場合、そういう見方で読むものではないと思います。たまたま東日本大震災に遭遇してしまった作家もいますが、多くは日本に興味を持ち、日本にやって来たくてわざわざ来日した人たちの文章です。

必ずしも名所旧跡ばかりを見て回っているわけではありません。むしろ、日本人でもなかなか訪れないようなところを訪ねたり、気にも留めないようなところ発見しています。個人的には、最後に登場する「門外漢の見た京都」など、京都市内外を散策する時に、ここの部分だけでもコピーしてポケットに忍ばせておいてもよいくらいの内容だと思います。

そんな風に考えますと、本書の後半には意図的に京都や関西の旅に関する文章が集められ並べられています。関西の書店であれば、ここの部分をフィーチャーして売っていただくのがよいかも知れません。そこから他の章へと読み進んでみてください。台湾の作家たち、各者各様、訪ねた場所も時期もさまざまですので、興味を惹かれたタイトルからページを開いてみては如何でしょう?

存命であれば100歳!

本日は、J.D.サリンジャーの100回目の誕生日です。

1月1日が誕生日なんて、本当なのでしょうか?

と疑ってかかったら話が先に進みませんのでやめますが、お陰様で昨秋からの拡販、かなりの成果を挙げています。

そして年が明けた今月半ばからは、サリンジャーの評伝映画「ライ麦畑の反逆児」も公開になります。更に追い風が吹くことを期待しています。

UBをご贔屓いただいております(^_^)v

この記事の閲覧にはパスワードが必要です。閲覧希望の方は「ナンシーへの伝言」からどうぞ。
ただしお会いしたことのない方、存じ上げない方は、お断わりいたしますのでご了承ください。



頑張らないと?

営業回りの供です。

岩波新書『フランス現代史』と中公新書『オスマン帝国』です。どちらも興味深いので、両方ともカバンに入れて交互に読んでいます(汗)。

ところでどちらも巻末に参考文献が載っています。『オスマン帝国』の方には、あたしの勤務先の刊行物が数点掲載されていたのですが、『フランス現代史』の方には皆無でした。

うーん、あたしの勤務先は「フランス」を得意としている出版社なのですが、こんなんでよいのでしょうか? もっと頑張らなければなりませんね。

社会学に注目!

有斐閣の新刊『社会学はどこから来てどこへ行くのか』を店頭で見かけました。

実は文庫クセジュでも『100語ではじめる社会学』という新刊を1月に刊行予定です。

前者は日本の第一線の社会学者が著者に名を連ね、後者は「2010年に創刊された雑誌『社会学』の編集に携わる若手社会学者」が執筆しています。

単行本と新書(文庫クセジュは新書扱いの書店が多いです)なので、担当者に気づかれず、別々なところに並んでいるかも知れませんが、可能であれば併売、併読していただければと思います。

ちなみに、前者の内容紹介は

地道な社会調査の労苦と豊穣さ,学史・理論研究の凄み,そして研究者から見た現代社会の問題点とその理解経路について,侃々諤々の議論をそのまま一冊に収録した数年間におよぶ白熱の対話記録。社会学の到達点と展望を楽しみながら読み,考え,共有してほしい。

で、後者は

本書は、社会学の「概念」(第三章)の解説にとどまらず、これまであまり説明されることのなかった「基本的な考え方」(第一章)や「方法論」(第二章)、そして「社会的属性」(第四章)に章を割くことで、新しい切り口を示してくれる。不平等、社会的断絶、社会的絆などの問題に取り組むセルジュ・ポーガムが中心となって編まれた、現代のフランス社会学の全体像を見渡す手引き書。

です。