ちょっとずつ顔を出しています

書店へ行くと、その書店独自のフェアだったり、他の出版社のフェアだったり、いろいろと趣向を凝らしてやっているのを見るのは楽しいものです。あたしの勤務先とはまるっきり関係のないフェアもありますが、ふと見ると、あたしの勤務先の本も何気なく並んでいたりすることがあるので、「あら?」と驚かされたりしてしまいます。

今回は、最近見かけたものからいくつか……

まずは紀伊國屋書店新宿本店でやっていた河出書房新社の『ダーク・ドゥルーズ』を中心とした関連書フェアの小冊子。その選書リストに『演劇とその分身』が掲載されていました。

 

続いては、未來社の『キンダートランスポートの少女』が原作の映画「ニコラス・ウィントンと669人の子どもたち」をベースとした「戦争と子どもたち」フェアの小冊子です。

この冊子には『ムシェ 小さな英雄の物語』と『死の都の風景』が載っていました。

  

戦争と子どもと聞くと、ベタですが、あたしは『火垂るの墓』を思い出してしまいますし、ヨーロッパ限定であれば『サラの鍵』などが思い出されます。

 

次の写真は中央公論新社が他社とコラボしているフェアの冊子で、これはあたしの勤務先は関係ありません。左は創業130周年どうしということで、河出書房新社との文庫フェアです。右は読書の秋だからでしょう、筑摩書房との新書フェアです。かつてはこの手のフェアって一社単独でやっていたものですが、いまではこのような大手出版社も他社とのコラボを積極的にやっているんですね。多分に書店側からの希望、要望もあるのでしょうが。

最後に写真はありませんが、ブックファースト新宿店「スタッフ22人が選ぶ2016年の172冊」フェアに『翻訳のダイナミズム』『アメリカの資本主義』『イーヴリン・ウォー傑作短篇集』の3冊を選んでいただきました。

  

数多ある出版社の、数多ある刊行物の中から172冊を選んだときに、3冊がエントリーしているというのは、なかなかの高確率ではないでしょうか? このフェアは11月28日から12月31日までです。

これは誤解を招く表現では? と密かに思ってしまうあたしでした

神保町交差点にほど近い、専門書の充実した本屋さん、信山社。

その信山社が破産したというニュース、昨日の朝の朝日新聞で知りました。お休みしているとは聞いていましたが、周辺からも今回の件については何の情報も、噂話も入ってこなかったので、あたしにとってはまさしく青天の霹靂、驚き以外の何ものでもありません。

で、各種ニュースでも伝えられていますが、多くの人が見ていそうなYahoo!のキャプチャーが上の画像です。

岩波の書籍扱い 信山社が破産

このように書いてあります。どうでしょう? 一般の方はそれほどこのニュースに興味を示さないのかも知れませんが、ここだけを見ると、まるで「岩波書店の本を取り扱っていたから倒産した」みたいな印象を与えませんでしょうか?

いや、信山社と言えば岩波の本、岩波の本と言えば信山社、というのはあたしなどからすると常識に近いものがありますから、そういう多少なりとも知っている人なら「岩波書店の本を多数取り扱っていることで知られた信山社が破産した」と解釈できるでしょうが、上に書いたような誤解を多くの人に与えてしまいそうな表現ですね。

こういう売れ方! 追い風あり!

新刊『ヒトラーの絞首人ハイドリヒ』の調子がよいです。いかにも悪人という面構え、一体誰が買っているんだろう、という気がします。ただ、ヒトラーの周辺人物としてそれなりに名前は知られているのに、彼の伝記というのは残念ながら日本では刊行されていません。数多あるヒトラー本、ナチス本、第三帝国本の中でちょこっと触れられているのがせいぜいでした。

 

ところが思わぬところで、ハイドリヒに関わる本が出ていることを教えてもらいました。『HHhH』です。

で、上の写真は紀伊國屋書店新宿本店の2階、海外ノンフィクションの棚です。『ハイドリヒ』と『HHhH』がしっかり並んでいます。この『HHhH』を読むと、ハイドリヒについて知りたくなってしまうそうです。うーん、知りませんでした。

さて、下の写真も同じく新宿の紀伊國屋書店。実は上の写真のお隣なんです。

新刊『わたしはこうして執事になった』の横に並んでいるのは、『おだまり、ローズ』です。著者はどちらもロジーナ・ハリソン。前著が仕えた奥様とのバトルが中心だったのに対し、今回のは彼女が見聞きした執事たちの物語です。

 

そうそう、NHKで「ダウントン・アビー」のシーズン5の放送がまもなくですね! 本書も二冊揃えて、また売れそうです。

大鷹が飛ぶ?

この記事の閲覧にはパスワードが必要です。閲覧希望の方は「ナンシーへの伝言」からどうぞ。
ただしお会いしたことのない方、存じ上げない方は、お断わりいたしますのでご了承ください。



年をまたいでガイブンがいっぱい!

一般の書店では海外文学の棚はそれほど広くありません。

なので、海外文学の新刊が続くと、十分に長い期間置いてもらうことができません。せっかく平積みや面陳してもらっていたのに、次の作品が刊行されると前の作品は棚から追い出されてしまいます。そして追い出された後になって新聞に書評が載る、というのがありがちなパターンです。

平積みや面陳している時期なら3冊から5冊くらいは置いてあったのに、追い出されて棚差しになったら1冊在庫していればいいところ。書評が出たときに悔しい思いをしている書店員の方も多いでしょう。

というわけで、あまり刊行スパンが短くなるのはよいことではないのですが、年末年始も海外文学の新刊が続きます。まずは『美女と野獣[オリジナル版]』です。これはあまりにも有名な作品なので解説の必要もないでしょう。

そして年末には『神秘列車』の甘耀明の長篇『鬼殺し(上)』『鬼殺し(下)』が刊行になります。長篇なので正月休みに読むにはもってこいでしょうか?

年が明けて、Uブックスでは、マヌエル・プイグの『天使の恥部』が復活します。もとは国書刊行会から刊行されていたのでしたっけ? ハンディーな新書サイズなので、国書刊行会版を買いそびれた方は是非!

その後には、ボラーニョ・コレクションの『ムッシュー・パン』の刊行が2月に控えています。これでボラーニョ・コレクションも残すところあと一冊となります。

「△△山の思い出」が現実に?

岸本佐知子さんのエッセイ集『ねにもつタイプ』に「△△山の思い出」という一篇があります。

今までに入った風呂で、いちばん思い出ぶかいのは、やはり何といっても△△山の「ロープウェイ風呂」だ。/脱衣場で服を脱いで乗り込むと、箱型の乗物の中が、そのまま風呂になっている。全部で四、五人乗りで、座席が向かい合わせになっており、内部の造りは普通のロープウェイとほぼ同じなのだけれど、ただ窓の下すれすれぐらいまでお湯が張ってあるところが違っていた。(同書P.31)

そんなにお湯が入っていたら。重量が重くてとてもロープでつり上げるなんてできないだろう、という現実的な突っ込みは置くとして、それでもこんなロープウェイが実際にあると信じてしまった人が少なからずいるのだとか……

が、最近知った以下の動画。

別府市のもの、あくまで公式の動画だそうですが、ここに映り込んでいるもの、もしかして岸本さんが思い出ぶかいと書いたものではないでしょうか?

いや、よく見ればロープウェイは映っていません。やはり重さがネックなのでしょうか? が、1:10あたりから映っているのはロープウェイではなくケーブルカー。もしこれがレールの上を走るのではなくロープに吊るされていたら、まさしく△△山のロープウェイ風呂ではないでしょうか?

と思いつつさらに先を視聴すると、エンディングも近い2:04あたりからのシーンでは、風呂場が吊るされているような画面が現われます。「とうとうロープウェイ風呂か!」と興奮した刹那、それは観覧車風呂であることが判明します。説明書きには

本動画は、“遊べる温泉都市”構想のコンセプトそのままに、温泉と遊園地を融合させた湯量豊富なアミューズメント施設「湯~園地」を描いたものであり、本ムービにおけるYoutubeでの視聴回数が100万回を達成した場合には、実際に別府市内での「湯~園地」計画を実行するという、世界初の視聴回数連動型公約ムービーとなります。

とありますが、これ既に100万回達成しちゃったようなのです。ということは、この動画のママのアトラクションは技術的に難しいのかも知れませんが、ロープウェイ風呂ならぬ、ケーブルカー風呂、あるいは観覧車風呂が実現するのかも知れません。

いや、それにしてもジェットコースター風呂とかメリーゴーラウンド風呂とか、果たして岸本さんはどれがお好みでしょうか?

そうそう、『気になる部分』もお忘れなきよう……

12月のWOWOWとあたしの勤務先

WOWOWの12月のラインナップに気になるタイトルが……

まずは映画「フランス組曲」です。イレーヌ・ネミロフスキー原作の邦訳『フランス組曲』はあたしの勤務先から出ています。12月7日が初放送で、12日と年明け1月20日にも放送されるようです。

続いては、阿部サダヲ、岡田将生、寺島しのぶが出演した舞台「ゴーゴーボーイズ ゴーゴーヘブン」です。こちらはご存じ、松尾スズキさんの戯曲で、書籍版『ゴーゴーボーイズ ゴーゴーヘブン』はもちろん、あたしの勤務先の刊行物です。こちらは12月24日の放送です。

 

ちなみに、WOWOWでは他にも舞台の放映があります。劇団☆新感線の作品がいくつか放送されるようですが、その中で12月29日放送予定の『薔薇とサムライ』もあたしの勤務先から発売しています。

鳥だけど鳥じゃない?

今朝の朝日新聞で『オはオオタカのオ』が紹介されました。

 

先週の日本経済新聞に続いての紹介となります。

 

上の画像は、左が朝日の記事で、右が先週の日経の記事。

どちらも詩人の方が評してくださっていること、その表現を褒めてくださっていることは偶然ではないと思います。お二人とも「人間ではないとはどういうことか」の部分を引用されているのも、やはり偶然ではないでしょう。

さて、このことからわかること、それは本書が書店で置かれる場所です。

たぶん、このタイトルですから、多くの書店では「鳥類」の棚に置かれているのではないでしょうか? それはそれで正解です。ただ、一般に書店の「動物」の棚は図鑑的なもの、写真集的なもの、そして飼育の仕方や生態を扱ったものが中心で、こういった読み物、特に翻訳物は置かれていないことが多く、置いてあっても少し違和感を感じるものです。

もちろん、このような読み物をしっかり揃えている本屋さんもたくさんありますが、棚の数に限りがある以上、何を棚から外すかと考えたとき、この手の書籍が真っ先に抜かれる運命にあるとも言えます。

しかし、先週と今週、二週にわたって掲載された書評を読んでいただければおわかりのように、本書は上質のノンフィクション、人の生き方を考えさせる本であります。ですから「文芸」コーナーなどに設けられている「ノンフィクション」の棚の方がしっくりくるものだとわかります。

入荷してからまったく売れていないんだよね、という書店の方、ちょっと置く場所を変えてみては如何でしょうか? ちなみに本書の原書はベストセラーだそうです。洋書を扱っている書店の方は、是非、原書と一緒に並べてみてください。装丁というか装画は同じです。

ちなみに、こんなの作ってみました!

文学と政治、政治と文学

昨晩は立川のオリオン書房ノルテ店でトークイベント「政治と文学の狭間で揺れた作家たち」を聞きに行ってきました。演者は山形浩生さんに『ラテンアメリカ文学入門』の著者・寺尾隆吉さん。イベントは山形さんが話題を振り、それに寺尾さんが答えるという感じで進みました。

以下は、手元のメモから。

もともとラテン文学が好きだった山形さんが、辛口なこともしっかり書いている寺尾さんの著作に興味を持たれたことから対談が決まったようです。その寺尾さん、大学で中南米文学を専攻し、初めてラテン文学と出会ったそうです。時期的に日本の出版社からも海外文学の全集やラテン文学のシリーズなどが刊行される時期に重なっていて、作品をいろいろ読んだそうです。卒論をメキシコの革命文学をテーマに書き、ラテン文学に対しては「こんなリアリズムの形があることに衝撃を受けた」そうです。また大統領選でリョサが敗れたこともあり、ラテンアメリカの現実をもっと知りたいと思うようになったそうです。

そんな流れで、リョサやコルタサルなど、山形さんが興味の赴くままに名前を挙げつつ、二人でそれらについて脱線しながら語るという進行。全体としては、キューバ革命などがあり、政治的な時流と文学がうまく重なったのが当時のラテンアメリカであり、ラテン世界に世界の注目が集まっているところへ、マルケスなどの作家が次々と現われたのがブームになった要因であろう、とのこと。当時は社会主義に対する希望や期待に溢れていた時期で、読者も左寄りのものを好み、作家も左寄りの立場を名乗ることが都合がよかった時代で、出版社も左寄りの作家であれば本を出版してやる、という風潮があったそうです。

山形さんは、同書がボルヘスをラテンアメリカ文学の流れに位置づけていることを評価。寺尾さんもサバトのボルヘス論は一読すべきとお勧め。また会場からブラジル文学について質問が出ましたが、寺尾さん曰く、マルケスやリョサに匹敵する作家が出て来なかったこと、やはりポルトガル語という言葉の壁があって、どうしてもラテン文学の中では注目を浴びてこなかったそうです。今後はスペイン語の片手間ではなく、ポルトガル語専門の翻訳家が日本でも育ち、ブラジルの文学が紹介されることを期待したいところです。

最後のまとめ的な話では、現在のラテン文学について。かつてと異なり、現在はラテンの作家たちも欧米化してきていて、欧米に移住している人が多い。中南米に住んでいても金持ちの特権階級的な立場になっている人が多いそうです。また最初から作家を目指す人が多くなってきているのも特徴の一つで、創作教室なども盛んに開かれているようですが、そういうところ出身の作家はいまだ第一線には立っていないのが現状。

またそういった文学作品の受け手である読者も変わってきていて、それなりに生活も豊かになり、軽いものを求めるようになってきているそうです。そうなると、これからはマルケスのようなものは受けないのでしょうか?

山形さんがおっしゃっていましたが、その時代にやりやすい方法というのは必ずしも文学とは限らないのではないか、かつての中南米では、何かを表現するのに文学がもっともふさわしい手段であったわけですが、現在そしてこれからも文学なのか……

とにかく、もっともっとラテン文学が読みたくなる一夜でした。

オオカミの復権

鹿などが増えすぎているというニュースが新聞やテレビでもしばしば伝えられます。だからオオカミを復活させよう、という意見もありますが、そう簡単な問題ではないようです。

科学的な問題はいろいろあるのでしょうが、それとは別にオオカミに対する恐怖というのもあるかと思います。もし襲われたらどうしよう、人はともかく家畜が襲われた場合の保証はどうなるのか、といった問題です。

家畜についてはひとまずおくとして、人を襲うというのは、やはり童話赤ずきんちゃんの影響が大きいようです。しかし、これはたぶんに欧米社会のオオカミに対する偏見によるものだということは『オオカミ 迫害から復権へ』にも書かれています。本来、日本では「大いなる神」で「オオカミ」と呼ばれていたくらい畏敬の対象であったはずなのに、いつのまにか恐怖の対象に変わってしまったようです。

 

ところが、やはりそういったオオカミ観は修正すべきだということでしょうか、先日テレビを見ていたら『3びきのかわいいオオカミ』という絵本が紹介されていました。ヨーロッパの作品で、日本でもずいぶん前に翻訳版が出ていたそうです。知りませんでした。

この作品ではオオカミはやさしいです。むしろかわいそうな存在です。ウェブサイトで試し読みもできますが、豚があまりにも凶暴なのにドン引きです(笑)。