したくないわけではないんです! もちろん結婚の話。

ガッキー主演のドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」が人気ですね。あたしも毎週視ています。

星野源演じる、恋愛経験ゼロ、プロの独身35歳がなんとも言えずシンパシーを感じます。あの悶々とした感じ、よーくわかります。しかし、彼などまだマシ。あたしなど、その後さらに10数年もプロの独身をやっているわけですから……

いや、なんの自慢にもなりませんが(汗)。

で、そんなことを思っていたら今朝の読売新聞ですね、こんな記事がありました。

あたしに言わせれば、別に「結婚したくない」わけではなく、「できない」だけであって、自分なりの努力をしたのかと問われると、笑って誤魔化すしかありませんが、それでも「したくない」なんて一度も思ったことはありません。

一方、こちらは朝日新聞。あたしの場合、小さいころからほぼほぼ友だちと呼べるような存在はいなかったので、交友が多いなんてことはなく、少ないどころか皆無に近いです。となると、結婚願望が小さいということになってしまいますね。そんなことはないと思うのですが、現実に結婚できていないわけですから、実は願望がないのかもしれません。

冷静に考えてみますと、友だちがいないというのはつまり他人を信用できないということであって、他人を信用できない人間に結婚相手なんて見つかるわけがないというもの。恋人だって出来たことがありませんから、これは間違いのない事実!

いやいや、こんなことを高らかに宣言したって始まりません。自分が惨めになるだけです。

話は戻って「逃げ恥」、星野源が「この先、みくりさんに好きな人ができて結婚したら、この生活は続けられないし、御厨さんはこの家を出て行くことになる。それでも僕は一人、ずーっと一人なんだ」と心の中でつぶやくシーンがありました(セリフはうろ覚えです)。あたしも、同居している、そろそろ高齢の母が亡くなったら、ずーっと一人ぼっちで、情けない老人になって、誰にも看取られずに死んでいくんだろうなあと、最近しみじみ思います。

今月のおすすめ本[16年11月]

この記事の閲覧にはパスワードが必要です。閲覧希望の方は「ナンシーへの伝言」からどうぞ。
ただしお会いしたことのない方、存じ上げない方は、お断わりいたしますのでご了承ください。