政治に翻弄される作家たち

この記事の閲覧にはパスワードが必要です。閲覧希望の方は「ナンシーへの伝言」からどうぞ。
ただしお会いしたことのない方、存じ上げない方は、お断わりいたしますのでご了承ください。



学生も教員も職員も同罪?

この記事の閲覧にはパスワードが必要です。閲覧希望の方は「ナンシーへの伝言」からどうぞ。
ただしお会いしたことのない方、存じ上げない方は、お断わりいたしますのでご了承ください。



秋から冬のフェアなど

この記事の閲覧にはパスワードが必要です。閲覧希望の方は「ナンシーへの伝言」からどうぞ。
ただしお会いしたことのない方、存じ上げない方は、お断わりいたしますのでご了承ください。



傷つく人のことを思いやるのは大切なことだけれど

欅坂46の衣裳がナチスの制服に似ているという問題。

確かに似ているといえば似ています。

ただ、そもそもこのグループは軍服的な衣裳をこれまでも着用していたわけで、専属のデザイナーまでいて大衆アピールを綿密に計算していたナチスの制服に似たものが出来上がってしまうのは、ある意味、必然と言えば必然だったのかもしれません。

欅坂の衣裳スタッフの中にナチの制服とわかっててデザインした人がいたのか、それとも適当にネットで制服をググっていて、「これ、いいんじゃない?」と見つけたのがナチスの制服だったのか、そのあたりの真相はわかりません。でも、欅坂のスタッフのほとんど、そしてこの衣裳を着用したメンバーがナチスを礼賛していたなんてことは微塵もないことだけは確かだと思います。そもそも、彼女たちメンバーはあればナチスの衣裳に似ているということを認識していなかっただけでなく、そもそもナチスなんて知らなかったのではないでしょうか? まあ、ナチスを知らないという非常識さ加減はひとまずおくとして……

それにしても彼女たちがこの衣裳を着て出演したイベントのテレビ放送(スカパー!で放送予定だった)が中止になったり、ユダヤ人団体から抗議が来たり、挙げ句の果てには下のように、公式サイトに謝罪文が掲載される騒ぎとなりました。

いや、順番から言えば、ユダヤ人団体からの抗議があったから、これだけの騒ぎになってしまったのでしたっけ?

あたし、このニュースを最初に聞いたとき、いつものように炎上させたいだけのアンチが騒いでいるのかと思いました。しかし、しばらくするとユダヤ人団体からも抗議が来ているというニュースも出てきて、海外からの抗議、国際的な非難の高まり、そういったものを受け、ただの炎上騒ぎではなくなってしまったようですね。(いまだに時系列的な経緯を把握できておりませんが……汗)

しかし、まあ、日本でようやく人気が出てきたとはいえ、それでも知名度などまだまだというアイドルグループの衣裳に、海外の団体が目を光らせているというのはちょっと不可解な感じがしますし異様です。「ナチス 制服」といったキーワードで常にネットを監視しているのでしょうか? むしろこれは騒ぎを起こしたい人がユダヤ人団体に垂れ込んだというのが真相ではないか、そんな風にも思ってしまいます。

ただ、そういう誰が犯人か、誰が告げ口したんだという問題とは別に、やはりそれによって不快な思いをする人がいるということに気を配らなければならない時代なんだなあ、とも思います。インターネットが発達していない十数年前(数十年前?)であれば、まだまだ知名度の低い日本のアイドルがどんな衣裳を着ていようと、海外の人がそれを知る手段などほとんどなかったはずですし、知ったとしてもこういった騒ぎを起こせるような手段が存在していなかったと思います。

しかし、今はこういう時代です。細心の注意を払わないとならないんですよね。

オオカミ復活か?

昨日の朝日新聞夕刊にこんな記事が載っていました。

「天敵不在で? シカ繁殖」です。

この手のニュースは時々テレビや新聞で見かけます。異常繁殖しているのはシカ以外にもいるようで、食物連鎖のトップに君臨していたオオカミが絶滅してしまったため生態系のバランスが崩れ、いろいろな被害、弊害が出ているとのこと。その説の当否やオオカミが復活すれば解決するのか、あたしのような素人には判断できませんが、だからこそ本を読んで知識を増やす必要があるのではないでしょうか?

ということで、あたしの勤務先ではそのための書籍を何冊か刊行しております。

 

 

オオカミを放つ』『オオカミが日本を救う!』『ウルフ・ウォーズ』『オオカミ 迫害から復権へ』などです。とりあえず、考えるきっかけにいかがでしょうか?

屋台と聞くと縁日の焼きそばとか、りんご飴とか、そういったものを思い出してしまいますが……

「山・鉾・屋台行事」などが無形文化遺産に登録されるというニュース。テレビや新聞でも大きく取り上げられていましたね。

日本だと「和食」とか「歌舞伎」などが登録されているようです。

 

上はそれを伝える朝日新聞の記事。ちなみに、ここでインタビューに答えている植木行宣さんは、あたしの勤務先から出ていた『山・鉾・屋台の祭り―風流の開花』の著者です。同書は既に品切れで再販の予定もありませんので、『山・鉾・屋台行事 祭りを飾る民俗造形』をどうぞ。