本当のママであることを証明する

WOWOWで放送された「グッドナイト・マミー」を視聴。

森の中の豪華な別荘に暮らす双子の兄弟。学校はまだ始まっていないのでしょうか、毎日二人で遊んでいます。そこへ顔中包帯グルグル巻きの母親が帰ってきます。どうやら母親は何かの事故に遭って入院していたのでしょう。ようやく退院して息子たちの元へ帰ってきたというところのようです。

で、その母親の行動が怪しい。顔を包帯で覆っているので息子たちも本当に母親なのか確信が持てません。それを助長するかのような母親の言動。うーん、事故に遭ったとはいえ、この行動はちょっとヘンだなあと思います。そして、母親の息子たちに対する冷たい仕打ち、このあたりは「やはり入れ替わってる?」と思わせるような展開です。息子たちもアルバムから母と一緒に写っている、なんとなく似た感じの女性を発見し問い詰めたりもします。

やはり母親は双子で母親は事故で死んでしまい、もう一人がなりすましてやってきた? 目的は? これだけ大きな別荘を持っているのだから相当な金持ちの姉(妹?)に成り代わって生きようという魂胆? そんな風に見ている観客に思わせるのが前半でしょうか?

そして中盤以降は形勢逆転。息子たちが母親を縛り上げて監禁。母親だと証明してみせろと脅します。哀れな母親は口を瞬間接着剤で塞がれ、さらにそれを息子がはさみで開けてやるときに唇を切られて大出血。失禁までしてしまいます。一瞬の隙をついて脱走を試みるも息子たちが仕掛けたトラップに引っかかりまたしても気を失います。

気がつくと床に縛られています。そして息子たちはなおも母親と証明しろと脅し続け、カーテンに火を付けます。その火が家具を燃やし、身動きの取れない母親は生きたまま焼かれてしまいます。そしてラスト。火の手の上がる別荘に消防が駆けつけてきているところでエンディングです。

つまり、何? という疑問が残るかと思いますし、途中でほぼネタバレしている映画でもあります。つまり、双子の息子のうち一人は死者なのです。ルーカスとエリアスという双子ですが、たぶん母親が顔に大けがを負った事故の時でしょうね、ルーカスはその事故で死んでしまったようです。しかしエリアスはそれが信じられず、また自分のそばにはいつもルーカスがいるわけですから。

いつまでもルーカスが生きていると信じ込み、あたかもそこにいるかのように振る舞うエリアスを不憫に思った母親が、田舎にやってきて環境を変え、少しでもエリアスの心の傷を癒やせれば、と思ったのでしょうが、それが裏目に出てしまいました。しかし、大好きなお母さんに、こんなことまでしてしまうとは。最後は殺しちゃうわけですからね。

ホラーとしての怖さは、ないですね。母親の気持ちを思うと、結局、悲劇を乗り越えられない息子を助けられなかったわけですから、切ないです。

住む世界が違う!

この記事の閲覧にはパスワードが必要です。閲覧希望の方は「ナンシーへの伝言」からどうぞ。
ただしお会いしたことのない方、存じ上げない方は、お断わりいたしますのでご了承ください。



一番怖いのは人間ですよね

この記事の閲覧にはパスワードが必要です。閲覧希望の方は「ナンシーへの伝言」からどうぞ。
ただしお会いしたことのない方、存じ上げない方は、お断わりいたしますのでご了承ください。



名将たちの光と影

この記事の閲覧にはパスワードが必要です。閲覧希望の方は「ナンシーへの伝言」からどうぞ。
ただしお会いしたことのない方、存じ上げない方は、お断わりいたしますのでご了承ください。



久々のお休み!

東京は朝から雨です。

でも、今日は出かける用事もないので、自宅でのんびりします。そうだ、年末調整の書類を書かなければ!

考えてみますと、このところずーっと休みなしでした。もちろん仕事ではないものもありましたが、ほぼほぼ仕事がらみ。今月は5日(土)が休みだった後、6日(日)は東大駒場で閻連科さんの講演会。7日(月)から11日(金)までは関西ツアー。帰京した直後の12日、13日は新宿の紀伊國屋書店、渋谷のジュンク堂書店でそれぞれイベント。そして今週、14日(月)からの五日間が終わって今日を迎えたという次第。

それくらい別にどうってことないよ、という人も多いでしょう。それは承知しています。でも休みが取れないことを誇るのは、やはり労働者として間違っている、最低でも週休二日制は労働者の権利ですから、自分の方が休みなく働いていることを自慢しているのはおかしいことだと思います。

確かにこの時季は秋の学会シーズンで、毎週末にどこかしらで学会が行なわれていて、そこへ営業に行かなければならない方も大勢いらっしゃいます。もうこの時期だけは仕方ないと諦め、一段落したらまとめて代休を取るつもりなのでしょう。しかし、一段落しようにも、この時季が終わると目の前に年末。なんとなく気ぜわしくなって、休みも思うように取れなくなるものです。

まとめてではなく、ちょこっとずつ休みを取りたいところですが、意外と会議とか訪問の約束とかいろいろあっていつの間にか休みも取れなくなっている週もあります。「いったいこの休みはいつの分の代休なのか?」ということはしばしばです。

まあ、それはともかく、今日はのんびりします。明日はまた神保町で譚璐美さんのトークイベントがありますので。