泣きたい夜のイッキ読み

年月日』の売れ行きが順調です。重版が決定しました。

ということで、店頭で少しでも目立たせるためにポップが出来上がりました。

しかし、あれ? おかしい。なんか違う……

そうです。「必死」じゃないんです、「必至」です(汗)。

というわけで、作り直しました。

しかし、既に読んだ方であれば、「必死」というポップも、ある意味ではこの作品世界を表わしていると納得してくれるかもしれません。

それにしても、この『年月日』、泣けます。おじいさんと犬の物語。名作「フランダースの犬」のネロがおじいさんであれば、まるで『年月日』のようなもの。

「フランダースの犬」の最終回(あくまで子供のころに見た、日本のテレビアニメ版)、教会のシーン。ネロを追いかけてきたパトラッシュに、疲れ果てたネロがかける言葉は涙を誘います。負けず劣らず、万策尽きた先じいさんがメナシにかける

わしの来世がもし獣なら、わしはおまえに生まれ変わる。おまえの来世がもし人間なら、わしの子どもに生まれ変わるんだ。一生平安に暮らそうじゃないか。先じいがそこまで話すと盲犬の目が潤んだ。先じいは盲犬の目をふいてやり、また一杯のきれいな水を汲んで盲犬の前に置いた。飲むんだ。たっぷりとな。これからわしが水を汲みに行くときは、おまえがトウモロコシを守るんだ

という言葉も心にしみます。そしてエンディング、「フランダースの犬」も『年月日』も一人と一匹を待ち受ける運命は、あまりにも苛酷です。

いまだ解決せず?

今朝の朝日新聞の記事です。

まあ、アマゾンに関しては言いたいことは山ほどある、という方も多いと思いますが、今回の件はあまりにも不誠実、嘘つきや詐欺と言われても仕方ないでしょうね。

それにしても記事の中で

紙の本も電子書籍も、ネット書店からの『オススメ』がなければ読者に情報が届きにくく、存在していないのと同じ状況になる

という福井弁護士の言葉が気になります。本の好きな人は、自分からいろんなサイトを回って情報を集めていますが、確かにその他大勢の一般の人はそこまでしないですよね。そして本を調べるにはアマゾンのサイトで、なんていう人がほとんどでしょう、そうなると、アマゾンのサイト、それも上位に載っていないと「無いも同然」ということになってしまうのもわかります。グーグルの検索結果で1ページ目に出て来ないとダメだと言われるのと同じ構図ですね。

しかし、果たしてそんな画一的な情報入手方法だけでよいのでしょうか? ここまでパソコンやネットが普及した以上、小学生からの情報教育を根本的に考えないと、将来の大人が恐ろしいことになっていそうです。

増刷? 重版? とにかく決定

この記事の閲覧にはパスワードが必要です。閲覧希望の方は「ナンシーへの伝言」からどうぞ。
ただしお会いしたことのない方、存じ上げない方は、お断わりいたしますのでご了承ください。