さすが、カルヴィーノ

この記事の閲覧にはパスワードが必要です。閲覧希望の方は「ナンシーへの伝言」からどうぞ。
ただしお会いしたことのない方、存じ上げない方は、お断わりいたしますのでご了承ください。



今日のネクタイ~壹佰叄拾貳本目~何かいいことあるかな?

朝のテレビはどの局も実は占いコーナーが人気なのでは? あたしも佳いご託宣の時は信じます!

で、今朝のラッキーカラーはピンクでしたので、こんなコーディネートです。

このブラウスは過去に登場していたと思いますが……。

ラッキーカラーがピンクなので、今日はネクタイまでピンクにしちゃいました!

いや~、ピンクと言っても微妙に色合いが異なるものですね。ブラウスとネクタイ、それぞれは同じピンクですけど、こうして並べるとかなり違う色味です。

さて、そのネクタイは、よーく見るとわかると思うのですが、四つ葉のクローバーです。あたしのかに座は第一位ではなかったのですが、せっかくなら少しでも運気をよくしたいと思いまして、四つ葉のクローバーなら効果あるのではと思いまして選びました。

これとあれ、あれとこれ

岩波新書から『『レ・ミゼラブル』の世界』というタイトルの新刊が出ました。

 

この春にはまた舞台上演があるようですので、タイミングとしてはバッチグーですね。

で、新書は新書の棚に並ぶのでしょうけど、せっかくですから『対訳 フランス語で読む「レ・ミゼラブル」』と一緒に並べていただけると相乗効果なんか生まれるのではないかなあ、と思っています。

そしてもう一つ、これも岩波新書の新刊ですが、『中国のフロンティア』があります。

 

これは、もちろん『中国第二の大陸アフリカ』とのセット販売でしょう! 前者はすべてがアフリカの話題ではありませんが、アフリカを扱っている比重は高いです。取り上げている国が、両書で多少異なること、日本人の視点と外国人の視点、アプローチ方法の違いなど、比べて読むと面白いと思います。

本当に実現したらどうなるか?

この記事の閲覧にはパスワードが必要です。閲覧希望の方は「ナンシーへの伝言」からどうぞ。
ただしお会いしたことのない方、存じ上げない方は、お断わりいたしますのでご了承ください。



ちょっと注目です

この記事の閲覧にはパスワードが必要です。閲覧希望の方は「ナンシーへの伝言」からどうぞ。
ただしお会いしたことのない方、存じ上げない方は、お断わりいたしますのでご了承ください。



あたしには正解はわかりませんが……

好評のうちに終了した「東京タラレバ娘」の最終回がネットで話題になっているとか……

うーん、結局はありがちな結末、というか、予想通りの結末、という感じでしたね。彼女たちなどよりは更に年季の入った、筋金入りの夢見るあたしとしては、何が正解なのか判定はできませんが、とりあえず前回から続いた、倫子がキーくんを介抱して自宅に連れ帰った件。

倫子の本心が早坂さんではなくキーくんに傾いていたわけですから致し方ない行動とはいえ、もし早坂さんのことが本当に好きで、キーくんのことは何とも思っていなかった場合、どうするのが正解だったのでしょうか?

放っておく?

それではあまりにも冷たい女すぎますね。見ず知らずの人ならともかく、一応は顔見知りの中ですから、知らんぷりして通りすぎるわけにはいかないでしょう。

あの場合、あたしだったら早坂さんに連絡して相談します。早坂さんだってキーくんとは知り合いです。「行く途中で具合の悪そうなキーくんに会っちゃったんだけどヘルプ!」という具合に連絡すれば、早坂さんは駆けつけてくれたでしょう。早坂さんの家がどこかはわかりませんが、あの場所から近いのは倫子の家かキーくんの家(←ドラマでは一回も登場していない?)、あるいは居酒屋「のんべえ」だと思いますので、そこまで連れて行くのがよかったのではないかと思います。こうしておけば、たとえ倫子の家にキーくんを連れて行ったとしても早坂さんは何とも思わないでしょうし、「弱っている友人を放っておけない、優しい倫子さん」という具合に株も上昇していたのではなかったか、と思います。

これが正解なのかわかりません。

そもそも、こんなあたしが言うことに、爪の先ほどの説得力なんてあるわけもないし……

 

で、毎週楽しく見ていたタラレバも終わってしまいました。夏には「Blu-ray BOX」「DVD BOX」が発売になるようです。このBOXには、実は「タラレバ娘」よりも面白いと評判になっていた「ダラダラ娘」は特典として収録されていないのでしょうか?

どちらが早い?

本日は休暇を取り、わが家に先週から来ていた妹家族を送ってきました。

妹たちの家は沼津市です。小平にあるわが家からですと、これまでは東名川崎まで行って、東名高速をひたすら西へ、というのがお決まりのコース、カーナビのナビゲーションでした。

しかしこのルート、空いているときはよいのですが(←どの道も空いているときは走りやすいものですが……)、それでもわが家から川崎ICまではかなりの距離です。いえ、地図で見る限り、用賀や町田よりも川崎が最も至近であることは一目瞭然ですが、多摩川を越えて専修大学と明治大学の間にある山道のような道路を抜け、それこそ渋滞にはまったら一時間以上は軽くかかりそうな距離でした。

それが圏央道が出来てから、カーナビは中央道から高尾山の下の抜ける圏央道、そして海老名から東名高速というルートをナビゲートすることが多くなりました。料金的には少し高くなりますが、最近になって少し安くなったのでしたっけ? とにかく、断然楽ですし、早いです。空いていれば、ほぼ2時間くらいで着きます。

本日も送っていく往路、送り届けての復路、どちらも同じコースでした。

が、ここで一つ、最近になって新しいコースが登場しました。

これまで中央道に乗るには、わが家からですと国立府中ICから乗るようにナビゲートされることが多かったのですが、今回は新しく出来た府中ICから乗るように指示されました。これまで都心・高井戸方面から来ると、調布があって、国立府中があって、八王子というICだったはず、いつの間に府中に出入り口が出来たのでしょう? と調べてみると、完成してもう2年くらいたつのですね。知りませんでした。

場所は府中競馬場のすぐ近くになりますが、ETC専用で、若干車輌の大きさにも制限があるらしく、それほど大きな出入り口ではありません。でも、わが家からは比較的近いので便利な気がします。ただし、この出入り口は八王子・甲府方面への入り口と八王子・甲府方面からの出口しかなく、都心から来た車は出られません。まあ、周囲にそれだけのスペースがなかったのでしょう。

で、わが家からですと、国立府中まで行って乗ってもよし、この府中から乗ってもよし、というわけですが、甲州街道を走ることになる国立府中IC利用は渋滞に巻き込まれそうな気がします。できるだけ府中ICを使う用意したいところです。本日は往復とも府中ICを使いました。

が、カーナビによるわが家への到着時刻ですが、八王子ICを過ぎ、もうじき国立府中というころで見たら「13:46」と表示されていました。ナビは国立府中で下りるルートに誘導しようとしています。しかし、ここで下りても甲州街道へ出る交差点が意外と混雑するし、甲州街道も混んでいるからも知れない、と思って、今日はカーナビを無視して府中ICへと向かいました。すると、再計算したカーナビによる到着時刻は「13:51」となりました。

うーん、国立府中で下りた方が5分早いのか……

まあ、誤差のうちですかね? が、府中ICを下りて新小金井街道を北上するわけですが、この新小金井街道がちょっと混んでいて、実際にわが家に到着したのは「13:58」となってしまいました。国立府中ICで下りていたらどうなっていたのでしょうか?

今日の配本(17/03/27)

この記事の閲覧にはパスワードが必要です。閲覧希望の方は「ナンシーへの伝言」からどうぞ。
ただしお会いしたことのない方、存じ上げない方は、お断わりいたしますのでご了承ください。



バベル? バビル?

今朝の朝日新聞です。

バベルの塔の話題です。

「なんでこんな記事が?」と思いきや、まもなく東京都美術館で「バベルの塔」展が始まるわけで、朝日新聞社は主催者なんですね。まあ、どこの新聞社、テレビ局でもありがちなことですが……

ちなみに、この展覧会のチケット、既に入手済みです。前売りを買いました。日取りは未定ですが、見に行くつもりです。楽しみです。バベルの塔のネクタイ、ミュージアムショップで売っていないでしょうか?

ちなみに「誰と見に行くの?」とは聞かないでください。友達のいない、寂しい身の上ですから(爆)。

しかし、今日のこの記事、小さく「バビル二世」が載っているのが微笑ましいというか懐かしいというか。子供のころ見ていましたよ、テレビアニメの「バビル二世」を。

で、タイトルに戻って、「バベル」が正しいのでしょうか? それとも「バビル」が正しいのでしょうか? アニメの刷り込みで「バビル」という言い方に親しみがあるんですよね、あたしくらいの世代だと。

小規模飲食店よりも

このところ時々話題になるニュース。オリンピックを控え、東京の禁煙政策が進んでいないという報道。いわゆる受動喫煙対策というものですが……

ニュース報道を見ていると、小規模飲食店の規模はどのくらいまでか、とか、バーやスナックはタバコを吸うところだ、といった話題が多い気がします。しかし、受動喫煙ということなら、まずは路上に設置されている喫煙スペースの撤去を、まずは進めてほしいものです。

小規模な飲食店、まあ喫茶店は線引きが難しいところですが、いわゆる飲み屋は、タバコ嫌いなあたしだって「タバコを吸うのがデフォルト」という認識を持っています。ですから、タバコが嫌いな人は行かなければいいし、こういう報道がある以上、今後は全面禁煙のバーやスナックも増えてくるのではないかと思いますので、そこへ行けばよいのではないかと思います。

それよりも上に書いたように、街中にランダムに設置されている喫煙スペース、あれの方がはるかに紫煙をまき散らしていて問題ではないかと思います。街中に喫茶スペースを設置する場合は必ず煙が外へ漏れないような囲いも設置する、といったことをしてもらわないと受動喫煙対策にはならないでしょう。コンビニなどの店先も同じですね。

受動喫煙対策は、「喫煙が許可されている場所以外では吸ってはいけない」というの常識になるような取り組みをやって欲しいなあ、というのが希望です。現在の日本は、「喫煙と書いていなければ吸ってよい」というのが常識と言いますか、なんとなくのルールとして定着している気がしますので。まあ、このルール(マナー?)すら守れない、否、意識的に無視している(?)喫煙者が都心部などでは散見されるので困ります。