見比べてみると面白い!

本屋の店頭で似たような本が並んでいました。

 

紫紅社の『日本の女性風俗史』と光村推古書院の『日本服飾史(女性編)』です。

前者にはご覧のように内容紹介動画まで用意されていますが、これでおわかりになるかと思いますが、歴史上の様々な衣裳を着た女性の写真が、まさに色鮮やか、絢爛豪華に登場する一冊です。

それに対して後者ですが、内容としては前者と同じような本です。そしてウェブサイトには数ページ分の見本が載っています。その見本ページをご覧いただければわかるように、こちらの本では歴代の衣裳がイラストで紹介されています。

さあ、ここで両者を見比べてみるとなかなか面白いです。生身の人間が衣裳を着ている前者はリアルではあるものの、ちょっと印象が強すぎて、衣裳の記憶が残りません。後者の方があたしの好みではあったのですが、如何でしょう?

相乗効果を期待してもいいのでしょうか?

店頭でこんな本を見かけました。

 

原書房の『航空から見た戦後昭和史』です。「昭和戦後史」ならわかるのですが、「戦後昭和史」というタイトルにちょっと引っかかるものを感じつつ、でもこの本、『日本航空一期生』と一緒に並べたらよさそうだと思いませんか?

前者の版元ウェブサイトには

サンフランシスコ講和条約、東京五輪、ビートルズ来日、沖縄本土復帰、中国との国交正常化など激動の戦後史を、航空を通じて見た異色ノンフィクション。そこには20世紀を彩るVIPたちをはじめ、多彩な人々が織りなす熱いドラマがあった!!

という内容紹介があります。一方、後者の内容紹介は

敗戦から6年、日本の空を取り戻すべく、ナショナルフラッグを誕生させた人々の苦難と喜びを、客室乗務員をはじめ、数少ない生存者の証言を中心に生き生きと描く、渾身のドキュメント。

とあります。うん、これはやはり併売ですよね?

続いては、文庫なのですが、まもなく映画も公開される『美女と野獣』です。文庫とは併売しにくいかも知れませんが、『美女と野獣[オリジナル版]』も忘れて欲しくないものです。

 

前者の訳者あとがきには後者への言及もあり、ボーモン夫人版とヴィルヌーヴ夫人版が日本語訳で揃ったと書かれています。これは併売ではなく、併読すべきではないでしょうか?

イマドキ本屋事情@朝日新聞

今朝の朝日新聞にこんな記事が……

八戸の市営書店については、既に何回が紙面でも取り上げられたことがあったように記憶していますが、改めての記事のようです。

盛岡のさわや書店のことも載っています。

この記事の中に

本を読む人だけに訴えてもダメ

という言葉があります。さわや書店の田口さんの言葉です。昨今の流行だと、カフェなどを併設し、つまり「本」以外のもので訴求力を高めようとする傾向が強く感じられますが、文庫Xは本そのもので勝負したところがスゴいと個人的には思います。

ガイブン推し@京都

関西ツアーで訪れる書店の一つに、京都のブックファーストがあります。四条河原町北東角にあるビルに入っている店舗で、お稽古前の、普段の舞子さんが本を買いに訪れているのをしばしば見かける、そんなお店です。

このお店の文芸の棚、特に海外文学のコーナーはかなり独特で、担当の方の目線による「推し」がポップ付きで並んでいるので、毎回訪問するのが楽しみなお店の一つです。今回も、あたしの勤務先の刊行物を推していただいていたので、いくつかご紹介します。

 

まずは刊行間もないUブックスの『天使の恥部』です。復刊されたのを言祝いでくれています。

 

お次は、本の横に貼っていなかったのですが『ケイレブ・ウィリアムズ』です。こちらもUブックスです。

 

そして『人喰い鬼のお愉しみ』と『ムッシュ・マロセーヌ』のダニエル・ペナックも、特に新刊ではありませんが推していただいていました。

そんな同店も「はじめての海外文学」フェアを開催中でした。オビが見事ですね。

 

すべてを紹介するわけにはいきませんので、とりあえず最新刊も好調なボラーニョの『はるかな星』をご覧ください!

スイーツ@関西ツアー

今回も、関西ツーのお愉しみ、スイーツです。

まずは「フリュテリー果坊 阪急うめだ本店」のスイーツ。メロンを使ったものです。

続いては、関西に来ているのに「銀座コージーコーナー」のスイーツ。ただ、あえて言い訳をさせてもらうなら、あたしん家の近所、最寄り駅にもコージーコーナーがなくて、たまに食べたくなるんですよね。特に、このミルクレープが。

こちらは再び関西のお店、「ケントハウス」です。デラックスなガトーフレーズです。なかなか食べ応えがありました(汗)。

そして最後は、何度も食している「モンシェール」ですが、堂島ロールではなく、今が旬のイチゴ、あまおうを使ったスイーツ。

今回のツアーは6泊しましたが、食べなかった晩もあるので、こんなところでした!

何を学ぶのか?

この記事の閲覧にはパスワードが必要です。閲覧希望の方は「ナンシーへの伝言」からどうぞ。
ただしお会いしたことのない方、存じ上げない方は、お断わりいたしますのでご了承ください。