こんな人物だったとは……

この記事の閲覧にはパスワードが必要です。閲覧希望の方は「ナンシーへの伝言」からどうぞ。
ただしお会いしたことのない方、存じ上げない方は、お断わりいたしますのでご了承ください。



そういう時代の流れ?

今朝の朝日新聞に、日本女子大学がトランスジェンダーの女性の入学を認めるか否か検討を始めるという記事が載っていました。

いわゆるLGBTの問題ですよね。あたし自身は理解があるわけでもないですし、知識が決定的に不足しているので、たまたま現在『LGBTを読みとく』なんて本を読んでいるところなのですが、日本女子大学の姿勢、これは時代の流れでしょうね。

個人の嗜好としての同性愛、これはまあ理解できるというかわかるのですが、トランスジェンダーって、たとえば体は男なのに心は女性ってことですよね? これ、医学的というか科学的に証明できるのでしょうか? つまり、心は女性って本人だけの思い込みでではなく、しっかり客観的に裏付けられたものなのかどうか、ということです。

いや、いまだにこういう疑義を挟むほど、あたしの知識ってこんなものなのですが、でも世間の人も似たようなものではないでしょうか? なぜにこういう疑問が起きるかと言えば、何かしら客観的な証明がないと、それこそ女好きの変態が自分は心は女性なんだと偽って女子大や女子高に入ってくる可能性が否定できないと思うからです。こういう不心得者を許してはいけませんから、なおのことトランスジェンダーの認定がどうなっているのか知りたいところです。

で、この日本女子大学の取り組み、多くの学校関係者が注視していることでしょうね。御茶の水女子大学とか国公立の学校が後に続くのか、聖心女子大学や白百合のような「お嬢様学校」と呼ばれる学校はどうするのでしょう? もちろん高校だって女子高、男子高がありますから同じような問題に直面する(している)はずです。学校によって判断が分かれるかも知れませんね。

仮に日本女子大学が入学を許可したとして、その許可された女子学生(体は男性のままかしら?)がどういう格好で通学してくるのか……。必ずしも、見た目が女性とは限りませんよね? トランスジェンダーの女性で異性装が趣味の人だったら男性のような格好をすることになりますよね? なおかつ体は男性なのだから放っておいたら髭も生えるだろうし……

単純に制度上許可したとしても、実際にはいろいろな問題が起こりそうです。が、問題を起こしたくないから前へ進まないというのもいけないことだと思いますし、ある意味、世の中にはいろいろな人がいるものだと慣れるしかないのでしょうか?