やはりメールじゃなくて手紙だよね?

書店店頭にこんな本が並んでいました。

井上ひさしから、娘へ 57通の往復書簡』です。

内容は読まなくてもわかる、タイトルそのままですね。ところで井上ひさしさんの手紙と言えば、こんな本を忘れてもらっては困ります。

 

初日への手紙』『初日への手紙(2)』です。

前者の副題は「「東京裁判三部作」のできるまで」、後者の副題は「『紙屋町さくらホテル』『箱根強羅ホテル』のできるまで」で、井上さんと劇場関係者との間のやりとりから、作品が出来上がるまでを追ったものです。

それにしても、手紙だからこそこうして残るし、このようにまとめて出版するということもできるわけですが、これからの時代、こんなやりとりはメールになってしまうのでしょうから、「本にする」「出版する」なんて夢のまた夢なのでしょうか?

それでもメールであれば、パソコンの中の受信箱・送信箱からコピペして、それなりの組み方をすれば本に仕立てることはできるかも知れません。もちろん、所詮はメールですから、内容が読むに耐えるものであるかは保証の限りではありませんが。

ただ、メールならまだ出来そうだと思うのですが、今の時代、更に進んでLINEですよね? そんなの本になるのでしょうか? そもそもどの程度スマホに保存されているのでしょうか?

と考えていたら、かつて映画化もされた『電車男』って、こういうタイプの作品だったのではないかと思い出しました。

 

違いましたっけ? 確かに一つの時代を象徴する作品ではあったかもしれませんが、読み物としては井上さんとは比較にならないですね。

一緒に並べれば売れるというわけではありませんが

もうじき刊行される、作品社の『ほどける』という作品。同社ウェブサイトの内容紹介には

双子の姉を交通事故で喪った、十六歳の少女。自らの半身というべき存在をなくした彼女は、家族や友人らの助けを得て、悲しみのなかでアイデンティティを立て直し、新たな歩みを始める。全米が注目するハイチ系気鋭女性作家による、愛と抒情に満ちた物語。

とあります。全くもって牽強附会、我田引水かも知れませんが、この紹介文だけを読むと、あたしの勤務先の『私たちが姉妹だったころ』が思い出されます。

ちなみに、同書の内容紹介は如下

ローズマリーはカリフォルニア大学で学ぶ22歳。無口で他人とうまく付き合うことができない。かつては心理学者の父と主婦の母、兄と、双子にあたる姉ファーンのいる、おしゃべりな子だった。だが5歳の時に突然祖父母の家へ預けられ、帰ってみると姉の姿が消えていた。母親は部屋へ閉じこもり、父は酒に溺れる。大好きだった兄も問題児になり、高校生の時に失踪してしまう。ローズマリーがこの大学を選んだのは兄の手がかりを捜すためだった。

幼少のころに姉を失う、というディテールだけは同じです。たぶん、前者とはまるで異なるテイストの作品なんですけど……

今日の配本(17/04/12)

この記事の閲覧にはパスワードが必要です。閲覧希望の方は「ナンシーへの伝言」からどうぞ。
ただしお会いしたことのない方、存じ上げない方は、お断わりいたしますのでご了承ください。