面白くないわけがない!

朝日新聞の夕刊に載っていたこんな記事。

ポール・オースターに関するトークイベントの記事ですね。海外文学、特にアメリカ文学についてこのお二人が語ったら面白い話が聞けるに決まっています。あたしの勤務先もオースターの翻訳、いくつか出しているんですよね。

 

品切れになっているのもありますが、現在入手可能なのは『鍵のかかった部屋』と『最後の物たちの国で』の2点です。

ところで、この記事の下に小さくこんな記事も載っていたのにお気づきですか?

先日の日本翻訳大賞のことが載っています。

 

受賞作は、上掲の藤井光さん訳『すべての見えない光』と、あたしの勤務先の『ポーランドのボクサー』の2点でした。

今日の配本(17/05/17)

この記事の閲覧にはパスワードが必要です。閲覧希望の方は「ナンシーへの伝言」からどうぞ。
ただしお会いしたことのない方、存じ上げない方は、お断わりいたしますのでご了承ください。



一周どころか、二周か三周回ってジジ・リョン?

台湾の絵本作家・幾米の『星空』を読んだと書きました。

これ以外にも既に何冊か日本で翻訳作品が出ていたのですね。

 

地下鉄』や『君のいる場所』といった作品が見つかりました。どちらもやはり絵本とはいえ大人向きのようです。こんど読んでみようと思います。他にも翻訳作品はないかなと捜していたところ(絵本なんだから原書で読めって?)、映画になった作品があることを知りました。

それが「ターンレフト・ターンライト」という、金城武と梁詠琪(ジジ・リョン)が共演した作品です。あたしは映画は見ていませんが、ジジ・リョンの歌う主題歌のMVは見たことがあります。映画のシーンを取り込んだ、なかなか切ない楽曲でした。

で、あたし、このジジ・リョンって大好きなんですよ。

初めて知ったのは、もう10年以上前になると思います。会社の旅行で台湾へ始めて行ったとき、台北駅の近くのCDショップで、せっかくだからおみやげに中華アイドルのCDでも買って行こうと思い、目に留まったのがジジ・リョンの「短髪」というアルバムでした。

そして改めて並べてみると上の写真のようにジジ・リョンのCD、ずいぶんと持っているものだなあと思います。ネットが発達したお陰で海外のCDも買いやすくなりました。基本的には「短髪」という歌にあるとおり、ショートヘアの「ザ・美人」だと思いますが、「短髪」のアルバムジャケット(写真の下段真ん中)を見たときにはバリバリのアイドルをイメージして買ったのです。確かにこの頃はアイドルであり新進の女優という立ち位置だったと思いますが、その歌声はいわゆる日本のアイドルとは違ってぐっと大人っぽいものでした。

上にリンクを貼った「愛的代償」はいろんな歌手が歌っている曲ですが、ジジ・リョンも歌っていて、やはりヒットしただけあって佳曲ですね。MVもステキです。このMV、家族で中国へ行ったとき上海の新天地の喫茶店店内のモニターで流れていて、ついつい周りの目も気にせず、モニターの前を陣取り魅入ってしまいったことがありました(汗)。

また映画「再見 ツァイツェン また逢う日まで」にも主演しているのですが、この試写を銀座へ見に行ったとき、独りで行ったので人目も憚らず泣きじゃくってしまいました。それくらいベタではありますが、泣ける映画でした。主題歌「関于愛」もしっとりしたバラードで、この曲を聴くと映画を思い出して涙がこぼれます。この曲のMVも映画のシーンを使っていて、見ればやはり泣いてしまいます。