予行演習?

野党が不信任案を提出すると、それがどうして「もう審議する必要ない」と見做されて、審議打ち切り、採決ということになるのか、与党の言い分は全く理解できません。またしても読売新聞を読めというのでしょうか?

あっ、共謀罪のことです。

さて、関西に来ています。

夕方、大阪駅北口のヨドバシカメラの北東、阪急ホテルとの間に大きな交差点がありますが、そこの広場というか歩道のところで、市民団体とおぼしき面々が共謀罪反対の街頭演説をしていました。一人がスピーカーでこの法律の怖さを訴え、仲間が道行く人にパンフレットを配っていました。

ここまでは東京でもよく見る光景です。

あたしはちょうどヨドバシカメラ側から阪急ホテル側へ交差点を渡ったのですが、渡った側のところに警察官が二人ほど、演説している連中を遠目に無線で何やら報告しているのを見かめました。どう見たって、街頭演説をしている人たちを監視しているとわかります。大阪婦警の本部へ連絡していたのでしょうか?

うーん、怖い、怖い。

法律が成立したら、もっと大胆な行動を取る様になるのでしょうか? だって、捕まえてしまえば、後からいくらだって逮捕理由はでっち上げられますからね。

夏にお薦めの単行本

この記事の閲覧にはパスワードが必要です。閲覧希望の方は「ナンシーへの伝言」からどうぞ。
ただしお会いしたことのない方、存じ上げない方は、お断わりいたしますのでご了承ください。