図書館の民営化?

今朝の朝日新聞にこんな記事が載っていました。

公立図書館の二割が民営化されているということらしいです。記事では民営化がよいのか否か断定はしていませんし、直営だからこそのよさも指摘されています。記事中にもありますが、古本屋から書籍を購入することが悪いとは思いません。新刊本で手に入るのに古書業者から購入するのは問題だと思いますが、既に版元品切れで、古書でしか手に入らない書籍というのもあります。図書館として揃えるべき書籍は必ずしも新刊とは限りませんから、やむを得ないだろうと考えています。

喫茶コーナーを併設というのも、本に親しんでもらうという点ではありだと思いますが、儲けようという狙いが透けて見えてしまうとイヤですね。やはり本に対する愛情というか、そういったものがベースにあって欲しいです。

読者対象が違うのだろうけど、こういうのが買いやすくて、売れるのでしょうね

こんな本を見かけました。

PARCO出版の『偉大なる残念な人たち』です。この手の、歴史に名を残した人の影に隠れて惜しくもメジャーになれなかった人たちのエピソードを集めた本というのは時折見かけるものです。本書の場合はそれとはちょっと違うようで、取り上げられている人物は有名人ばかり、十二分に名を残している人たちです。そんな人たちにこんな一面があったんだ、というコミックです。本体価格1200円と、とてもお求めになりやすく、歴史は苦手という人でもこれなら手に取ってくれるだろうという一冊です。

しかし、歴史の裏話好きな人にはこういう本をお薦めしたいものです。

バンヴァードの阿房宮』です。なにせ副題は「世界を変えなかった十三人」です。それでも当時は一世を風靡し、世の中を、社会を、歴史を変えてしまうのではないかと評判になった連中の伝記集です。これが抜群に面白い読み物です。

ただ、400頁超で、本体価格3600円。よほどの歴史好き、本を読み慣れている人でないと手が出ないのも事実です。この本ももう少し分量を少なくて、せめて2000円台前半なら気軽に読んでもらえたのでしょうか? しかし、そうなると一人一人のエピソードが薄っぺらくなってしまうきらいがあります。だったら、取り上げる人物を数名減らせばよかったのでしょうか? 翻訳書の場合、一切削ってはいけないという場合もあるので、この本でそれが可能だったのか……

サービス向上になるのでしょうか?

小田急線の車内にもポスターが貼ってありましたが、来春の複々線工事終了に伴い、朝のラッシュに特急を増発するそうです。「モーニングウェイ号」と命名されたようですが、朝夕のラッシュ時にゆったり座れる特急の運行は小田急に限らず、他の鉄道でもやっています。ただ、これって本当にサービス向上になっているのか疑問です。

確かに体の不自由な方、お年寄りなどラッシュ時の満員電車はツラい、と感じる人は多いでしょう。いや、若者だってツラいことに変わりはないと思います。それでも、こういった有料の特急を走らせたからと行って、どれだけの人がそれを利用するのでしょう?

まだ夕方、一日の仕事を終え、疲れた体を横たえてゆったりと家路につく、というのは想像できます。しかし、あれだけダイヤが過密な朝のラッシュ時に、さらに特急(モーニングライナー?)を走らせることにどれだけの意味があるのか疑問です。そのために当然通常の電車どこかの駅で通過待ちをせざるを得なくなります。ひとたび遅れが生じたら、ダイヤを正常に戻すのもひと苦労です。

あくまで素人の意見ですが、朝のラッシュ時は、できるだけ種別を少なくした方が結果的に混雑緩和やダイヤが乱れたときの立て直しにも有効なのではないか、と思います。

次は文学?

この記事の閲覧にはパスワードが必要です。閲覧希望の方は「ナンシーへの伝言」からどうぞ。
ただしお会いしたことのない方、存じ上げない方は、お断わりいたしますのでご了承ください。



散文詩?

この記事の閲覧にはパスワードが必要です。閲覧希望の方は「ナンシーへの伝言」からどうぞ。
ただしお会いしたことのない方、存じ上げない方は、お断わりいたしますのでご了承ください。