肉の中では鶏が一番好きです!

この記事の閲覧にはパスワードが必要です。閲覧希望の方は「ナンシーへの伝言」からどうぞ。
ただしお会いしたことのない方、存じ上げない方は、お断わりいたしますのでご了承ください。



人文会ニュースも是非!

朝日新聞の別刷beに若松英輔さんが登場していました。

あたし自身は面識はありませんが、もちろんお名前は存じております。そして以前、『人文会ニュース』に原稿を書いていただいたことがあります。ちょうど刊行が始まった『井筒俊彦全集』(慶應義塾大学出版会)についての文章です。PDFファイルを公開していますので、よろしければご覧ください。

ロシア革命100年@朝日新聞

朝日新聞にデカデカとロシア革命100年の記事が載っていました、ご丁寧にもマルクス、レーニン、スターリン、ゴルバチョフの肖像まで入れて。少し前にも記事が載っていましたが、今回は少し視点が異なるようです。

で、あたしの勤務先は、ご覧のように関連書をいろいろ刊行しているんですよね。

まずは『マルクス(上)』『マルクス(下)』です。19世紀という時代にマルクスを位置づけた評伝です。

  

続いては『スターリン 赤い皇帝と廷臣たち(上)』『スターリン 赤い皇帝と廷臣たち(下)』『スターリン 青春と革命の時代』の、スターリン評伝全3冊。

 

そしてゴルバチョフの評伝や専著はないので『死神の報復(上)』『死神の報復(下)』を挙げておきます。

飛ばしましたレーニンですが、いよいよ間もなく『レーニン 権力と愛(上)』『レーニン 権力と愛(下)』という評伝が刊行になりますので、お楽しみに。

また、これら以外にも、なぜかロシアものの刊行が多いあたしの勤務先。他社のも含め、少しロシア革命ものの書目を作ってみたこともあります。

それ以外に最近も『スターリンの娘(上)』『スターリンの娘(下)』や『ローズヴェルトとスターリン(上) テヘラン・ヤルタ会談と戦後構想』『ローズヴェルトとスターリン(下) 信頼構築から戦後国際秩序の形成へ』といった、ロシアもの、ソ連ものを出しております。

 

いつの間に、こんなに出していたのでしょう? そして、どうしてこんなに上下本が多いのでしょうか?

まだまだ掘り出し物があるはず?

神保町ブックフェスティバルの2日目です。

三日間しかやらないので,2日目と呼ぶべきか、中日と呼ぶべきか迷うところですが、そんなことよりも、毎年必ず一日は雨に祟られるこのブックフェスティバルが、今年は三日間晴天に恵まれて無事終わりそうなのがなによりです。

上の写真は、今朝の駿河台下交差点側のブックフェスティバルの様子です。ちょうど10時のスタート直後だと思いますが、既にお客様がわんさといます。本以外にも中華料理店が出店していたり、いろいろ楽しめる三日間です。

ちなみに、神保町と言えば本の街なんですが、スキー・スケボー用品の街、そしてカレーの街です。このブックフェステイバルに合わせてカレーグランプリも開催されていまして、朝からカレーの匂いがあちらこちらから漂ってきます。

そういえば、上掲の写真を撮った駿河台下の交差点、歩道の地面が一部、やけに黄色くなっているところがありました。そこを通ったときにカレーの匂いが立ちこめていましたから、たぶん会場へ運ぶカレーの鍋をここでひっくり返してこぼしてしまったのではないかと思います。ご愁傷様。

さて、あたしの勤務先のブースです。

今年は、前々から倉庫の中を物色し、絶版本集めに余念が無かったので、例年以上に掘り出し物が出ているのではないかと思います。既に昨日、まとめ買いをされたお客様がいらっしゃったとのこと。

上の写真は、これまた今朝の様子ですが。今日も今日で、いろいろと商品を取り揃えております。このように朝一番から本探しにお客様が大勢お見えです。お探しの本はないかも知れませんが、それなりに面白い本、食指が動く本が並んでいると思います。天気もよいので、是非お出かけください。

ちなみに、あたしも一巡りしてみました(ブース当番は免除していただきました……汗)。

岩波文庫の『百科全書』が欲しかったのですが、岩波書店のブースでは見つけられませんでした。ふつーに古本屋を当たるしかないですかね?