応援、ありがとうございます!

紀伊國屋書店梅田本店の社会コーナー。

担当の方がお手製のポップを作って『日本の夜の公共圏』をアピールしてくれていました!


ジュンク堂書店天満橋店では、クセジュフェアが開催中。「こころとからだの処方箋」と「古代ギリシア・ローマのミニ知識」二つのフェアを同時開催中です。

どちらの書店も、とてもありがたいです。引き続きよろしくお願いします。

掲示の多言語表記が気になる

関西ツアーで泊まっていたホテルのトイレ。ペーパーホルダーに貼ってあった注意書き。

この英語、日本語のとおりなのですが、あまりにも日本語どおりな気がして、なんとなく気になってしまいました。もちろん英語ネイティブの方には通じると思うのですが、果たして自然な英語なのでしょうか? 誰か教えて欲しいものです。

書店回りの途次、とあるモールで入ったトイレ。シートクリーナの使いたかが四か国語で表記されていました。日本語の他には英語と中国語、韓国語というオーソドックスなものです。

そして、同じトイレのペーパーホルダーが上の写真。こちらは何故か、英語とフランス語で説明されています。うーん、なんでこちらにフランス語が表記されているのでしょう?

そもそも、街中のこの手の表記って、英中韓がほとんどで、中には中国語が簡繁二通りで表記されていることもあって、ずいぶんと偏っているなあと感じることが多いです。もちろん、それだけ台湾や香港からの訪日客が多いのでしょうし、訪日客の大多数が中国と韓国からの方なのでしょう。

あたしの勤務先的には、もう少しフランス語やドイツ語、スペイン語、ロシア語などの表記も増えて欲しいと思うこともありますが、そこまで訪日客が多くはないのでしょうか? あるいは欧米の人はみんな英語ができると思われているのでしょうか?

スイーツな夜はたったの二晩

今回の関西ツアーの4夜、スイーツをいただいたのは2晩だけでした。

が、こんなスイーツをいただきました。

まずは、モンシェールの堂島ロールを使ったパフェです。

二つ目は、フリュテリー果坊のイチジクプリンです。季節のフルーツを使ったプリンがいくつかありましたが、この季節ならではということで、イチジクをチョイス。

どちらも美味しくいただきました。これくらいの、ささやかな楽しみがないと、関西ツアーは味気ないものになってしまいますから!

他人の芝生は……

少し時間が経ちましたが、大阪で行なわれた商談会、「BOOK EXPO」です。

今回のブースは36番でした。おいちょかぶなら足して9、カブですからちょっと縁起がよいかもと思いました。ちなみに、東京の商談会もブースは27番でカブでした!

大阪だからといって東京と異なることをしたわけではありません。並べた商品や用意した資料は東京と同じものです。あらかじめ資料一式をファイルしておくと渡しやすいということを東京で学習しましたので、40組ほどファイルを作っていきました。結果は、知っている、顔なじみの書店員さんにも配りましたので、純粋な商談成立というわけでにはいきませんでしたが、余ったのは3組ほどでした。

通路に立って道行く人に無理矢理渡していたわけではありませんので、まあまあの成果だと思いましたが、肝心なのはこの後、注文が来るのか否かです。資料で入れたセットやフェアの一つでも関心を示してもらえれば、と思います。

上の写真は、周囲のブースです。立て看板があったり、カラフルな壁面の飾り付けなど、各社趣向を凝らしていて勉強になります。もちろん、商材の性格というのもありますから、同じような飾り付けがあたしの勤務先にも有効であるとは限りませんが……

さて、来年は?