はじめての海外文学よりも、何冊目かの海外文学を選んだあたし、そして何度目の青空か?

今日は表参道ではじめての海外文学のイベントがあったそうですが、あたしはパス。

昨日もイベントだったので、土日二日続けてはツラいなあと思ったのが不参加の理由の一つですが、それよりも読みかけの海外文学を読んでしまおうと思ったのが最大の理由です。

読んでいたのは『三美スーパースターズ 最後のファンクラブ』で、あと3分の1か4分の1くらい残っていたのを、本日一気に読了しました。

最後は爽やかな青空で終わるこの作品。青空って、見上げる人の気持ち次第でいろいろな表情を見せてくれるものです。そもそも青空を見上げるような余裕のない生き方をしている人のための作品だったような気もします。

だからなんですが、乃木坂46の「何度目の青空か?」が思い出される後半、そして読後感でした。騙されたと思って、このMVを見ながら本作を読んでみてください。あるいは本作を読んだ方、この乃木坂46のMVをご覧になってみてください。ただし、公式チャンネルでは、MVは既にショートバージョンしか公開されていないので、あたしが感じたものを同じように感じていただけるか、非常に心許ないですが……

閑話休題。

この『三美スーパースターズ 最後のファンクラブ』は韓国の作品です。このところ、あたしも韓国の作品を何作か読んでいるのですが、書店店頭を見てもちょっとした韓国文学ブームだと思います。いわゆる韓流ドラマや韓流映画の流れと重なるのか、それとは異なる動きなのか、そこまではわかりません。ただとにかく翻訳作品がつづていることは確かです。

そして韓国以外にも、香港や台湾、そして大陸中国の作品も陸続と出版されていて、ここへ来て、なにやら東アジア文学のムーブメントでも起きているような錯覚を覚えます。実際にブームが起きているのでしょうか? もちろん個人的には大歓迎です。

そして、あたしは次に『チェロと私と牧羊犬と』を読むつもりです。これは中国の作品です。

軽やかに生きられたら……

この記事の閲覧にはパスワードが必要です。閲覧希望の方は「ナンシーへの伝言」からどうぞ。
ただしお会いしたことのない方、存じ上げない方は、お断わりいたしますのでご了承ください。



あたし、実はブックカバーを付けるという習慣がないのですが……

サキに、いや間違えた、先にご紹介したサキの特製ブックカバー、あたしもいただいたので付けてみました。

 

ビフォー、アフターのような写真ですが、既刊も含めた4冊にかけてみました。

実はあたし、このダイアリーで書いたことがあったかもしれませんが、ブックカバーでしません。本屋で本を買ったときに、「カバーをお付けしますか?」と書店員さんに聞かれても「結構です」と答えますし、「袋も要りません。そのままで構いません」と言うこともしばしばです。

ただ、そのままだと店内では万引きしたと誤解されかねないので、書店員さんはレシートを本に挟んでくれます。そして「店内ではレシートを挟んだままにしておいてください」と、まるで採血した後に「しばらく脱脂綿の上から軽く押さえていてください」と看護婦さんに言われるような感じです。

別に、書店のブックカバーを付けてもらわないのはお気に入りのマイブックカバーがあるから、というわけではありません。そもそもブックカバーをするという習慣がないのです。ですから、カバンに入れて通勤途中や営業回りの途次に読む文庫本や新書は、かなりボロボロになることもあります。まあ、文庫や新書はボロボロになる前に読み終わることが多いですが……

単行本は、営業回りの邪魔になるので自宅で読むことが多いですが、時には持ち歩いて読むこともあります。これも持ち歩くくらいなので比較的薄めの本ですから、やはり数日で読み終わりますので、そこまでボロボロにはならずに済んでいます。

人によっては、それくらいの汚れや痛みもイヤだという人もいるようですが、持って歩いて読む以上、そこは気にしません。本当に大切な本は自宅で丁寧に扱います。写真集やイラスト集のような美術系のものを持って歩き、常に電車の中で眺めているなんて、まずあたしはしませんから!

カバーをする人の中には、汚さないためではなく、どんな本を読んでいるか知られたくないから、という人も多いようですね。もしかすると、こっちの方が理由としては多いのでしょうか? あたしの場合、それが理解できません。

これは出版社の営業だからかも知れませんが、自分が気に入って読んでいる本、面白いと思って読んでいる本は、できるならより多くの人にも読んでもらいたいものです。そのためには、この本が面白いですよと伝えなければなりません。ブログなどでそういう感想を書くのも一つの方法ですが、それでは伝播にも限界があります。

なので、あたしは電車の中などで、できるだけタイトルなどがわかるようにカバーを掛けずに本を読むようにしているのです。子供が教科書などを座席に座った膝というか太腿の上に広げて読んでいることがありますが、あれでは表紙が見えませんからいけません。たとえ座っていても、本はできるだけ高く掲げるように持って、できるだけ多くの人に表紙が見えるように読みたいものです。

腕が疲れて下がってきたときには、この季節ならではの咳をする振りをして、本で口元を押さえるようにして、「エヘン」と咳払いをすれば顔の位置まで本を持ってきますから効果的です。