なんて絶妙な味のバランスがとれたランチなのでしょう!

本日のランチです。ローソンで買ったパンです。

一口ずつ囓ってありますが、毎日こんな感じです。

左は「ビーフカレーパン」、ピリ辛のカレーが入ったドーナッツです。右は「ちぎれるミルクフランス」、真ん中に甘~いクリームをサンドしたフランスパンです。

甘いのだけではちょっと、かといって辛いのだけでもちょっと、という悩みを解決すべく、非常に絶妙なバランスでチョイスされた二つのパンです。

コンビニのパンとはいえ、それなりにバランスを考えて買っている毎日です。

来年は戌年だけど犬よりも猫が優勢?

来年は戌年です。

世間的には猫の方が人気があるような感じですが、十二支に猫年なんてありませんから、やはり犬の方が格上なのではないか、あたしはそう思っています。

ただ、あたしの勤務先は、ウェブサイトで「猫猫週報」なんてページがあるように、ネコ派が多いようで、イヌ派のあたしは肩身が狭い思いをしております。

が、出版物を見てみると、やはり犬の方が断然多いようです。ご覧ください。

とりあえず、犬に関わる本はこれだけあります。

神は死んだ』です。死んだ神様の肉(遺体)を食べてしまった犬が出て来ます。

日照りの村に残ったおじいさんとの壮絶なサバイバルが心を打つ『年月日』も、おじいさんの相棒は目の見えない犬でした。

そして、犬の視点からワーグナーを描く『愛犬たちが見たリヒャルト・ワーグナー』、ケラさんの戯曲『犬は鎖につなぐべからず』、ノンフィクション『戦禍のアフガニスタンを犬と歩く』などもございます。

 

なかなかの充実ぶりの犬本ですが、翻って、猫本はどれくらいあるかと言いますと……

 

漱石の『猫』とニーチェ』『カモメに飛ぶことを教えた猫』といったところでしょうか?

今日の配本(17/12/21)

この記事の閲覧にはパスワードが必要です。閲覧希望の方は「ナンシーへの伝言」からどうぞ。
ただしお会いしたことのない方、存じ上げない方は、お断わりいたしますのでご了承ください。