岩波さん、何種類あるのでしょう?

最近買った岩波文庫『文選 詩篇(一)』です。

こんな栞が挟まっていました。《本の豆知識》とあります。岩波書店の本のサイズが並んでいます。文庫や新書って、文庫サイズ、新書サイズなんて言われますが、出版社によって微妙にサイズが異なるんですよね。

もう一つ、『世界イディッシュ短篇選』にも同じ栞が挟まっていました。岩波文庫はすべてこれなのでしょうか?

岩波新書の『マルクス 資本論の哲学』だと挟まっている栞が、同じく《本の豆知識》ではありますが、種類が違います。文庫はすべて本のサイズで、新書はすべて罫線の種類なのでしょうか? それとも今月はこれだったのでしょうか?

さてさて、この栞、全部でいったい何種類あるのでしょうか? そして本によって、あるいは刊行月によって種類が異なるのでしょうか? 全種類集めるにはどうしたらよいのでしょう、ね?

こういう事典はありそうで、なかった?

今月下旬に刊行予定の『落語登場人物事典』の内容見本が出来てきました。

落語家、噺家の事典ではなく、落語作品の登場人物の事典というところが最大の特徴であり、売りです。

ちょっとお高いですが、ファンなら買って損はないはずです。

独特の雰囲気がたまらない!

岩波文庫の『世界イディッシュ短篇選』、とてもいいですね。独特の雰囲気と言いますか、世界観と言いますか、空気感が感じられます。

 

それが彼らの苦難の歴史、いわゆるディアスポラと呼ばれるものなのか、門外漢のあたしには判断できませんが、どの短篇にも寄る辺なさがつきまとっている感じがします。

イディッシュと言えば、以前に河出書房新社の『不浄の血』を読んだことがあります。この著者であるアイザック・バシェヴィス・シンガーの作品は岩波文庫にも収録されていて、さすがに抜群に面白いです。

そして、いまあたしが悩んでいるのは、イディッシュ語とヘブライ語の違いというか、関係というか、位置付けです。

ジョージアか、グルジアか?

大相撲、栃ノ心が優勝しましたね。

 

彼がジョージア出身だということはずいぶんと報道されていました。奥さんが出産のためジョージアに帰国中であることなども……

そのジョージア、少し前まではグルジアと呼ばれていたのは多くの方がご存じだと思います。ロシア語発音のグルジアを嫌ってジョージアに改名したんですよね。

さて、栃ノ心の優勝の時、彼がかなり達者な日本語を話しているのに驚いた方も多いのではないでしょうか? もう10年以上も日本にいるそうですから、あれくらい出来て当たり前と思う方もいらっしゃるでしょうが、そう簡単なものでもありません。影で相当努力したのだと思います。

その後、あたしの母がテレビの報道を聞きかじったところによると、女将さんが栃ノ心の日本語を上達させようとかなり努力したのだとか。女将さんもみずから、グルジア語の本は当時手に入らなかったので、ロシア語を勉強したそうです。

嗚呼、いまだったら『ニューエクスプレス グルジア語』があるんですが、2011年の刊行です。きっと、栃ノ心の来日後のことですね。その当時にこの本が出ていれば、女将さんもグルジア語を勉強したのでしょう、きっと本書を使って!

ちなみに、グルジアというとスターリンを思い出します。

今日の配本(18/01/30)

この記事の閲覧にはパスワードが必要です。閲覧希望の方は「ナンシーへの伝言」からどうぞ。
ただしお会いしたことのない方、存じ上げない方は、お断わりいたしますのでご了承ください。



少し眠い?

昨晩は、8時前に寝床に入り、しばし読書。

8時半を回って、もうすぐ9時というころ、睡魔に襲われ本を閉じて就寝。

ぐっすり寝て、目が覚めたので枕元の目覚まし時計を見ると1時半。

さあ、そこからこんどは眠れなくなってしまいました。

ちょうど前日に、晶文社の『走れ、オヤジ殿』を読んでいて、その中に「彼女には眠れない理由がある」という篇があったりしたのを思い出してしまい、作品に引きずられるように、こちらも眠れなくなってしまったようです。

いや、もう十分に寝たからなのかも知れませんが……(汗)

ただ、気づくと30分や1時間たっているので、まるっきり眠れなかったわけではなく、うつらうつらはしていたのだと思います。

そして、最後の最後に寝入ってしまい、ハッと目が覚めると4時少し前、あたしの起床時間です。危うく寝過ごすところでした。

こういう寝方、起き方をしたときというのは、とても眠くなるものです。今のところ目は覚めていますが、午後からの外回り、移動の電車の中でシエスタになりそうです(笑)。

まだまだ残雪?

わが家の院子、今朝の雪の現状。本日、日曜日の午前中の景色です。

手前の雪はなくなっていますが、向かいの建物が邪魔をして陽がよくあたらないので、奥の方はいまだ膝くらいまでの雪が残ったままです。陽があたらない以上、このままでは雪が解けるのにも時間がかかりそうですし、そうなるとウッドデッキが腐ってしまうかも知れません。仕方なく、午前中にウッドデッキの上だけ雪かきをしました。この写真は雪かき前に撮りました。

上の写真は、1枚目の写真の右側を見たところです。こちらもご覧のように雪が深く積もったままです。都心の方では雪もほとんど消えかかっているというのに、やはり田舎は大変です(笑)。

それでも、上の写真、雪が降った翌朝のわが家の院子の雪の量と比べると、徐々に雪が減っているのがわかります。

語学好きの方々へ

この記事の閲覧にはパスワードが必要です。閲覧希望の方は「ナンシーへの伝言」からどうぞ。
ただしお会いしたことのない方、存じ上げない方は、お断わりいたしますのでご了承ください。



受賞記念

この記事の閲覧にはパスワードが必要です。閲覧希望の方は「ナンシーへの伝言」からどうぞ。
ただしお会いしたことのない方、存じ上げない方は、お断わりいたしますのでご了承ください。



今月のおすすめ[2018年1月-語学書篇]

この記事の閲覧にはパスワードが必要です。閲覧希望の方は「ナンシーへの伝言」からどうぞ。
ただしお会いしたことのない方、存じ上げない方は、お断わりいたしますのでご了承ください。