誰?

乃木坂46の文学少女、齋藤飛鳥のブログ

こんばんは

みなさま 元気に暮らしていますか?

宮崎駿さんが制作中の新作の題名が
「君たちはどう生きるか」 だと知りました。

吉野幾三郎さんの小説
むかし 恋する文学でオススメさせて頂きましたね
なつかしい、

「吉野幾三郎」って誰? 山崎育三郎? それとも吉幾三? たぶん「吉野源三郎」の間違いですよね?

って、いい歳をして年下の子の揚げ足を取ってはいけませんね!

でも、あしゅはカワイイ!

もっともっと報われて欲しい!

乃木坂46のアンダー・アルバムが発売になりました。

ご覧のように、あたしももちろん買いました。「通常盤」「初回仕様限定盤」「初回生産限定盤」と3種類も買ってしまいました。ちなみに、上の画像のバック、PC画面は乃木坂46の公式サイトです(汗)。

乃木坂46は毎シングルごとに選抜メンバーが選ばれ、主題曲を歌い、テレビなどに出るのもこの選抜メンバーです。それ以外のメンバーは「アンダー」と呼ばれるのですが、歌番組などで選抜メンバーの都合が悪くて出られないときは代わりに出演することもあります。これって、本人にとっては見返すチャンスなのか、それともあくまで代役であって屈辱なのでしょうか? あたしには想像もできません。

で、このアンダー・メンバーですが、毎シングルにはアンダー・メンバーだけで歌う曲も収録されています。これがずいぶんとたまってきまして、このたび、このアンダー曲だけでのアルバムが発売になったというわけです。

考えてみますと、AKB48の場合、もちろん選抜メンバー以外はアンダーなのでしょうが、あれだけ人数がいると、アンダーだけで歌う曲という概念があるのでしょうか? 乃木坂46の場合、幸いにして30名から40名程度で推移してきたので、選抜とアンダーがちょうど半々くらいに人数になり、アンダーだけで歌う、ということも可能でしたが、AKB48だとアンダーだけで100名くらいいるのではないでしょうか? 毎日のように劇場公演には立てるけど、自分が歌った曲があるのかとなると「?」ですね。

AKB48と乃木坂46、どちらの方が恵まれているのでしょう? 少なくとも、こうしてアンダーだけのアルバムを出せるなんて、他のAKBグループでは考えられないのではないでしょうか? それに乃木坂の場合、アンダー楽曲の方が名曲が多い、というファンの声もありますし(汗)。

ただ、とにかくアンダー・メンバーももっと報われて欲しいと思いますし、アンダーだけで歌番組に出られたらよいと思います。現在の乃木坂46、あまりにも選抜の層が厚すぎて、選抜から外せるメンバーがいないのが嬉しい悩みでしょうね。

シェイクスピアをたどって

朝日新聞の夕刊です。「シェイクスピアをたどって」の連載第3回です。

あたしの勤務先は、シェイクスピアと言えば小田島雄志訳の『シェイクスピア全集』全37巻ですが、その他にもシェイクスピア関連書籍を出しております。

  

 

シェイクスピアの驚異の成功物語』『シェイクスピア伝』『シェイクスピア贋作事件』『シェイクスピアはわれらの同時代人』『シェイクスピアの生ける芸術』などです。

この記事に出てくる北村紗衣さんは、あたしの勤務先のウェブサイトでシェイクスピアに書いていただいたことがあります。こちらも是非どうぞ!

今日の配本(18/01/09)

この記事の閲覧にはパスワードが必要です。閲覧希望の方は「ナンシーへの伝言」からどうぞ。
ただしお会いしたことのない方、存じ上げない方は、お断わりいたしますのでご了承ください。