わが家のシャンシャン、再び!

勤務先のTwitterでも告知しているように上野の松坂屋で開催中のパンダ展。

読むパンダ』をどうしても早く読みたい、手に入れたいという方は、先行販売中の上野松坂屋へ! 書店店頭には来週末には並ぶと思いますので、松坂屋へ行けない方、しばしお待ちを。

あと、缶バッヂのプレゼントもやっています!

と、宣伝はそれくらいにして、前回に引き続きわが家のパンダちゃん。こんなのがありました。

点心熊猫のらくらく中国語手帳 上海旅行に連れていって!』という中国語の学参です。もう品切れ、古本屋をあたっていただくしかないのですが、この学参の宣伝をしたいというわけではありません(爆)。注目して欲しいのは、この学参のキャラクターです。

このキャラクター、バンダイが売っていたのですが、日本ではほとんど見かけませんでした。覚えている方いらっしゃいますか? 点心熊猫と言うそうです。実は、あたしは過去のブログでこの点心熊猫を取り上げているのです。2006年のことです。そこで書いているぬいぐるみがこちらです。上海で買ってきたもので、いまも、自宅のわが部屋に大事に持っています(汗)。そして上掲の学参が刊行されていたのも2006年のことでした。

いま考えてみても、バンダイが中国限定で発売していた商品なのかも知れません。限定とは言わずとも、日本で力を入れて売っていたということはないでしょう。今となっては残念至極です。

知られていないと言えば、否、こちらはもう少し知られているのでしょうか、ダンパって知っていますか? こちらは公式サイトがあります。

見ていただければわかりますが、パンダの黒と白の部分が逆のキャラクターです。だからパンダではなくダンパ、なんだそうです。このぬいぐるみも持っていたはずなんですが、どっかへ行ってしまったようで、見当たりません。

マイナー言語ほど人気?

この記事の閲覧にはパスワードが必要です。閲覧希望の方は「ナンシーへの伝言」からどうぞ。
ただしお会いしたことのない方、存じ上げない方は、お断わりいたしますのでご了承ください。



為朝は南へ

この記事の閲覧にはパスワードが必要です。閲覧希望の方は「ナンシーへの伝言」からどうぞ。
ただしお会いしたことのない方、存じ上げない方は、お断わりいたしますのでご了承ください。



教科書問題、でしょ?

今朝の朝日新聞にこんな記事が載っていました。

今後は、中国の教科書では文化大革命を扱わなくなるのでしょうか? 日本の教科書の南京大虐殺だとか従軍違反府についての記述には何だかんだと文句を付けながら、自国の歴史の都合の悪いところにはほっかむり、こういうことをしているから嫌中派が勢いづいてしまうのではないでしょうか?

しかし振り返ってみますと、93年に中国へ行ったとき、天安門広場に面した革命博物館で毛沢東生誕百年の展覧会をやっていました。毛沢東の生涯と中国の現代史、というような展示で、幼少の毛沢東の写真や若いころの苦労した人生、共産党に入って次第に頭角を現わしていく毛沢東、という風に順を追って展示されていました。そんな感じて見てくと、大躍進とか文革についてはどんな展示がなされているのか楽しみになってくるところです。

さあ、満を持して新中国建国以降の展示コーナーへ進みますと、共産国家建設に関する展示がちょこっとだけあり、その後は一気に鄧小平と改革開放の中国、経済発展で世界へ雄飛する中国、というような展示で終わっていました。

おい、毛沢東の三分の誤りは展示しないのか(?)と言いたくもなりましたが、国家規模の博物館で行なわれる大々的な生誕百年の展示ですから、少しの瑕疵も取り上げたくなかったのでしょうか? もちろん毛沢東の瑕疵ではなく共産党の瑕疵であるわけですが……

そんな朝日新聞の紙面をめくっていくと、地域面でしょうか、小さくこんな記事が載っていました。明治大学でやっている展覧会の紹介です。

あたしの勤務先もちょっと協力しています。お近くの方は是非!

そういえば、上述の訪中のときは、毎晩テレビで毛沢東の生涯を追ったドラマを放送していました。ちょうど大躍進や文革のころのシーンだったと思いますが、大飢饉の襲われ庶民の生活が破綻している国内を何とかしようと劉少奇らが奮闘し農村の現状に心を痛めているシーンがあり、同様に毛沢東もそれを知ってショックを受けるというシーンがありました。が、ドラマの論調としては、毛沢東も国内の状況はわかっていたが、江青らによって実権を奪われ為す術もなかったかのように描かれていました。

うーん、ちょっとね、そういう描き方はどうなのでしょう? まあ、毛沢東称揚ドラマですから仕方ないのかも知れませんが。