消えゆく……伸びゆく……

朝日新聞に、代々木上原の幸福書房のことが載っていました。街の本屋が消えゆくのは今に始まったことではなく、幸福書房だけの話ではありません。

それにしても、本屋が消えるというのは、都会だろうと田舎だろうと、多くは出版不況にその原因が求められるわけですが、東京の場合、それにプラスして家賃の上昇というのも見逃すことはできません。

「儲かっているというほどではないけれど、なんとかやっていけてます」という本屋が、次の契約更新で家賃の値上げを言われ、そんな家賃ではとてもやっていけないから廃業、という事例、この十数年、東京では増えています。いま東京は空前の建設ラッシュで、都心部でも再開発があっちこっちで行なわれています。「○○ヒルズ」なんて名前の商業施設がこれからも増えるようですが、そういう商業施設に書店が入ることがほとんどなくなりました(涙)。

10年くらい前までは、「こんどできるビルに入るのは紀伊國屋かな? それともくまざわ書店かな? あるいはジュンク堂?」といった会話が出版社の間で交わされたものです。しかし、このところ「こんどできるビルに書店は入るの?」というのが決まり文句のようになってしまいました。哀しい現実ですね。

というわけで、どんどん消えていく書店とは裏腹に、ますます伸びそうなのが著作権。ディズニーを守るため、と言われることが多いですが、実際のところ、子や孫が潤うほどの著作権収入が発生する作家なんてほんの一握りだそうです。ディズニーなどはもう人類共通の遺産でよいのではないかと思いますが、ダメなんですかね?

近刊情報の謎

左はアマゾン、右は楽天ブックス、それぞれで3月に刊行予定の岩波新書『ライシテから読む現代フランス』を検索した結果です。

 

表紙画像はまだ掲載されていませんが、ひとまずヒットはします。

ところが、出版元である岩波書店のサイトで検索してみると以下のようになります。

そうなんです。ヒットしないのです。

ネット書店で刊行がアナウンスされているのに、肝心の出版社には何の情報もアップされていないとは……。それとも岩波新書は別のページで検索しないとダメなのでしょうか? それはそれで面倒だし、不親切な気もしますよね。

ただ、こういうことって岩波書店に限らずしばしば起こります。ネット書店が早すぎるのか、出版社の動きが遅すぎるのか……

スマホでコミックを読むのは読書でしょうか?

朝日新聞から記事が二つ。

まずは大学生の読書時間。

前にも、こんなニュースが流れましたね。二極化というのは読書に限らず、現在の日本ではあらゆる分野で見られる現象のような気がします。大学生がこれなら、高校生や中学生も推して知るべし、なんでしょう。

こういう大学生、大人になったら本を読むようになってくれるのでしょうか?

もう一つは電子書籍のニュース。コミックでは電子が紙を超えたそうです。と言うよりも、電子書籍って、日本では8割か9割がコミックなんですよね?

電車の中でスマホを見ている人を観察しますと、ゲームやSNSを除くと、新聞を読んでいる人が時々いるくらいで、あとはほぼ全員がコミックを読んでいますね。紙媒体のコミックは一部の売れる作品はよいでしょうが、それ以外は悲惨な状況ではないでしょうか?

スマホでコミックを読んでいる時間は、上掲の大学生の調査にある「読書」には含まれないんですよね?

サイン本、ゲット!

新刊『海峡を渡る幽霊 李昂短篇集』は台湾の作品ですが、かつて著者のリー・アンさんが来日したときに小川洋子さんと対談し、その模様は『小川洋子対話集』に収録されています。

 

黙っていても、中国小説ファンの方には『海峡を渡る幽霊』が刊行されたというニュースは届くと思いますので、ここはひとつ、小川洋子さんファンにも手を伸ばしていただきたいところです。

そんなリー・アンさん、先日来日されました。台湾文化センターで講演会も開かれました。

残念ながら、あたしは出張のために、講演会は聞きに行けなかったのですが、勤務先の同僚に託して、サインをいただきました。

「サイン本、いいなあ~」と思われた方、上掲のように紀伊國屋書店新宿本店に少しだけサイン本が入荷しています。急げ!

やはり人気のジャンルですね

この記事の閲覧にはパスワードが必要です。閲覧希望の方は「ナンシーへの伝言」からどうぞ。
ただしお会いしたことのない方、存じ上げない方は、お断わりいたしますのでご了承ください。



残念ながら映画原作ではないのよね

マット・デイモン主演で「ダウンサイズ」という映画が公開になります。

人類を救うために小さくなる、ということらしいですが、「それがどうして人類を救うことになるのか?」という気もしますが、まあ、いいでしょ。

で、この映画のことを知ったとき、思い出したのが、『ミニチュアの妻』です。こちらも人間が小さくなってしまうお話です。

簡単にストーリーを紹介しますと、夫は様々なものをミニチュア化する仕事をしています。小さくすればいろいろと扱いやすくなる、ということらしいです。が、何の間違いか、自分の妻が小さくなってしまいました。もちろん、彼は小さくしたものを元に戻す方法も知っています。しかし、それには何種類かあるミニチュア化の方法がわからなければなりません。自分の妻はいったいどの方法で小さくなってしまったのか!

仕方なく、夫は妻が小さくなった方法がわかるまでは、せめて快適にミニチュア生活を送れるよう、部屋からベッド、家具などの調度品を妻の大きさに合わせたサイズにミニチュア化します。ちょうどシルバニア・ファミリーの家や家具をイメージしていただければよいでしょう。

妻のため快適な生活が送れるように用意をした夫に対し妻が採った行動は……、というお話です。いや~、心温まるファンタジーな夫婦愛の物語を予想しながら読んでみてください。きっと後半の展開に驚くはずです。

ちなみに、この『ミニチュアの妻』は、上述のタイトル作を含む、奇想天外な短篇集です。面白さ抜群です。未読の方は是非!

春から夏にかけていつでもどうぞ!

この記事の閲覧にはパスワードが必要です。閲覧希望の方は「ナンシーへの伝言」からどうぞ。
ただしお会いしたことのない方、存じ上げない方は、お断わりいたしますのでご了承ください。



いつの間にか描かれていた!

先日のサンボアのパーティー。

大阪の会場では、似顔絵コーナーがあったと書きましたが、実はその寺田みのるさんがいつの間にかあたしの似顔絵を描いてくださっていたのです。それがこちら。

いかがでしょうか? あたしだとわかりますか?

似顔絵ですから、画家さんの正面に座って描いてもらうものでしょうが、あたしの場合は、隣で書籍販売の作業をしているあたしをいつの間にか描いてくださっていたので、まさしく即興芸です。

いや~、ありがたいことです。しばらく職場に飾っておきます。

この漢字、読めませんかね?

別に細かなことを根掘り葉掘りいちいち突っつきたいとは思いませんが……

上掲は、欅坂46上村莉菜のブログです。

個人的には、欅坂46の中では好きなメンバーの一人です。「千葉の妖精」と呼ばれることもあるくらい可愛らしい子です。ただ、見かけとは異なり、グループの中ではお姉さんメンバーでして、既に二十歳は超えています。最近ではメンバーからおばさん扱いされていたりもします。

そんな二十歳を超えたアイドルのブログの文面をご覧ください。姉妹グループ、乃木坂46の楽曲が気に入っていると語っているのですが、タイトルの「自惚れ」が読めなかったようで……

うーん、確かに常用漢字の使い方、読み方からは外れるかも知れませんが、自惚れくらい、書けなくても読めるのではないか、と思うのです。いまどきの若い子の漢字力って、平均するとこんなものでしょうか?

やはり持っていました!

講談社学術文庫の『顔氏家訓』の「あとがき」で、本書のテキストとしたのが中華書局・新編諸子集成の『顔氏家訓』だと書いてあったので、わが家の書架を見てみると……

やはり、ちゃんと所持しておりました。

この新編諸子集成のシリーズも何冊持っていることやら、その後どれだけ刊行されているのか知りませんが、初期のころに出たものはすべて持っていると思います。

だからなんだと言われても困りますが……(汗)

2018年2月26日 | カテゴリー : 罔殆庵博客 | 投稿者 : 染井吉野 ナンシー