とんかつ屋にて思ふ

なんだかんだと言っても関西ツアーの最後の晩です。週末にまた一泊で来阪予定ですが、明日は一度帰京します。最後の晩なので、ほんのちょっぴり贅沢し、梅田でとんかつをいただきました。別に大阪名物でもなんでもありません。単にあたしが食べたくなっただけのことです。

それはよいのですが、そのとんかつ屋で面白い二組を見てしまいました。まずは一組目。

とんかつ屋って、全部が全部ではないでしょうが、よくあるのが、ご飯・みそ汁・キャベツはおかわり無料、というサービスです。若い男性ですとこういうサービスは調法するものですし、あたしもご飯がもう少し欲しくなったりします。もともと、とんかつの量に比べてご飯が少なめに盛ってあるのかも知れませんが……。

さて、あたしの食べていた席から少し離れた席に女性の二人連れがいて、あたしより先にいたのですが、あたしの注文品が出てきたころ、ウェートレスさんにご飯のおかわりを注文していました。女性だからっておかわりをしてはいけない、なんてことはないですし、モリモリ食べる女性は健康的でよいと思います。

という具合にさほど気にしていなかったのです。二人しておかわりとは、遠慮のいらない仲なんだろうなあ、などと思っていました。そして、あたしも食べ始め、じきにそろそろおかわりをもらおうかなという頃合いに、その二人連れ、またご飯のおかわりを頼んでいたのです。

ここであたしは驚きました。それほど大きなご飯茶碗ではありませんが、それでも食卓で使うような女性用のご飯茶碗に比べれば大きな器です。それで二回もおかわり、つまり合計3杯食べるとは……。あたしの方が先に店を出てしまったので、彼女たちがさらにおかわりをしたのか不明です。が、なかなか見事な食べっぷりでした。

もう一組は、あたしの隣のテーブルに後から入ってきた若いカップルです。

カップルというだけで、その幸福な空気感、ハッピーオーラ(©けやき坂46)のせいで、こちらのテンションは下がってしまうものです。それなのに、そのカップル、席に着くなりリングサイズがどうのこうのと話し始めたのです。どうやら、夕食前に二人でジュエリーショップへ行って、結婚指輪か婚約指輪の品定めでもしてきたのでしょう。

うーん、忌々しい二人め、せっかくのとんかつも美味しさ半減、気分はブルーです。空いているからお好きな席へと言われたにせよ、よりによってあたしの隣のテーブルに座らなくたっていいじゃない!

本がある場所、ふたたび

先日も触れた話題をさらに……

今回取り上げるのは黒田龍之助さんの『ことばはフラフラ変わる』です。この本の場合はわかりやすいと思います。語学書の棚ではなく、人文書の言語学の棚に置かれていることがほとんどなのです。幸いにも初動もよく、先日重版となりましたが、本来は語学書の棚に並ぶものと、こちらは予想していたのです。

しかし、蓋を開けてみると上述のようにほぼすべての書店と言ってよいでしょう、言語学の棚に行ってしまっていました。結果オーライではありますが、複雑な気持ちもあります。書店の方の話を聞きますと、そもそも諸外国語の棚には実用語学のような本しか置いていないので、読み物的なもの、ここで言う「読み物」とは文学作品の対訳式学習書ではなく、語学エッセイ的なものを指しますが、そういった本は諸外国語の棚では置く場所がないということです。そうなると、必然的に人文の言語学へと回されてしまう、ということです。

確かにことばに関する本ですから言語学と言えば言語学ではあります、しかし、本書のような読み物は、言語学と行った堅苦しいものではありません。もっと柔らかく、「外国語を学ぶことって面白いよね」といったことを黒田さん流に伝えようとした一冊です。黒田さんご自身、こういった本を何冊か書かれていますし、黒田さん以外でもこのような趣旨の本はあります。つまり外国語に関するあれこれ、すなわち語学エッセイですから、言語学よりは諸外国語との棚こそふさわしいと思っていたのです。

その一方、とある人文担当者の方曰く、言語学の棚はどうしてもコムズカシイ本ばかりになってしまうから、こういった本を加えることによって棚がソフトになり、取っ付きやすくなるので、語学エッセイを言語学の棚に並べても悪くはない、とのこと。結果的に売れたわけですから、この人文担当の方の見立てが、それなりに支持されたということなのだと思います。

あと、あたしが実際に書店を回っていて感じたのは、そこまで一冊一冊の本を吟味して並べているというよりも、タイトルに「ことば」「言葉」と付けば人文の言語学、「外国語」とあれば語学書、機械的に判断してしまっているのではないか、ということです。その証拠と言うつもりはないですが、『新西班牙語事始め スペイン語と出会った日本人』は、ページを開いてみれば全くスペイン語の学習参考書ではありません。日本におけるスペイン語学習・研究史のような本です。内容からすると、これこそ人文の棚に置かれてしかるべきだと思うのですが、タイトルに「スペイン語」とあるからなのか、ほとんどの書店で外国語の棚、スペイン語のコーナーに並んでいます。

もちろん、あたしとしては、こういう語学、外国語に関わる本は人文よりも諸外国語の棚に置かれる方がふさわしいし、その棚の読者層ともあると思うのですが、さまざまな外国語の研究書を置くスペースが諸外国語の棚にあるのでしょうか? できれば作って欲しいものです。そして、この場合、「スペイン語」とはっきり言語名を謳っているから諸外国語の棚に置きやすいのでしょうね。『ことばはフラフラ変わる』のように、具体的にどの言語のことを書いているのか決められない本は、やはり行くあてのない本たち、ということになってしまうのかも知れません。

ということで、今回も乃木坂46の楽曲のタイトルが通奏低音のように流れております。

今日の配本(18/02/19)

この記事の閲覧にはパスワードが必要です。閲覧希望の方は「ナンシーへの伝言」からどうぞ。
ただしお会いしたことのない方、存じ上げない方は、お断わりいたしますのでご了承ください。