文字と図像のコラボなんて如何?

出版傾向が似ているのか似ていないのか、にわかにはわかりませんが、営業部員同士はそれなりに親しい創元社。その創元社の出版物とこんなコラボは如何でしょうか? 二組、考えてみました。

 

まずは『100の傑作で読むギリシア神話の世界 名画と彫刻でたどる』と『ギリシア神話シンボル事典』というペア。

 

もう一つは『100の傑作で読む新約聖書ものがたり 名画と彫刻でたどる』と『キリスト教シンボル事典』のペアです。

いずれも前者が創元社、後者が文庫クセジュです。創元社のはタイトルにもあるとおり絵画で視覚的に見せるものです。一方の文庫クセジュは、シンボルというタイトルにもかかわらず、すべて文字で説明するというもの。なまじ図像を出してしまうとイメージが固定されてしまうからという考えに基づく二点です。

こういう組み合わせで、あえて並べてみるというのも面白いのではないでしょうか?

「国体」と言っても国民体育大会のことではありません

国体論 菊と星条旗』が売れているようです。

 

同書を核としたフェアが、新宿の紀伊国屋書店で行なわれていました。そこに置いてあったチラシ(小冊子?)が上の写真です。同書の著者、白井氏が同書執筆にあたって参照した書籍をリストアップしています。

そのチラシには上の写真のように、白井氏のあいさつと言いますか、フェアにあたって、本書を執筆するにあたって、という感じの文章が載っています。平成の三十年は失われた三十年なのでしょうか? いろいろ考えさせるテーマです。

このフェアに間に合わないわけですから白井氏の執筆にも間に合わなかったのですが、近々、あたしの勤務先から『丸山眞男と戦後日本の国体』という新刊が発売になります。

国体に関する議論、このところ大盛り上がりとまでは言えないかもしれませんが、諸々の書籍を読んでいると散見されるのが目に留まります。静かなブームが起きているのでしょうか? 本書の刊行が、そんな国体論に一石を投じることになるのでしょうか?

朝日新聞の夕刊も、意外と関係者が登場していたりするものです

昨日の朝日新聞夕刊です。

 

岸田賞受賞者であるタニノクロウさんの記事が載っていました。記事中にもある受賞作は『地獄谷温泉 無明ノ宿』です。

ご興味を持たれた方は是非!

似ていますか? 似ていないですか?

あたしの勤務先のウェブサイトに「英語原典で読む経済学史」という連載があります。アダム・スミスから始まって、デイヴィッド・リカード、ジョン・スチュアート・ミルと続き、先頃古典派経済学が終了したところです。

と思っていたら、講談社現代新書から『はじめての経済思想史 アダム・スミスから現代まで』という新刊が発売になりました。ウェブ連載の方はまだまだ続きますが、一足先にその簡易版が書籍化されたような感じを受けるのはあたしだけでしょうか?

が、ウェブ連載の担当者に聞いてみると、現代新書の著者・中村隆之氏は、ウェブ連載の筆者・根井雅弘氏の弟子にあたる方だそうです、それでなんとなく合点がいきました。「あとがき」にも根井さんの名前が出ています。

続きましてはこの二点。

 

河出書房新社の『野蛮なアリスさん』と講談社の『人間に向いてない』です。このカバー、似た雰囲気ではありませんか? 似ていると感じるのは、これもまたあたしだけなのでしょうか?

そして最後にこの二点。上下本なので上巻のみを挙げます。

 

草思社の『銃・病原菌・鉄(上)』と筑摩書房の『馬・車輪・言語(上)』です。この二つ、似ているどころの騒ぎではないような……

確かに、似たようなテーマを扱っている両書ではありますが、原著者が異なります。装丁家が同じなのでしょうか?

行きたい、行きたいと言っているばかりで結局まるで行けていないのが最近のあたしなのです!

こんな記事を見ました。毎日新聞です。

顔真卿の書が日本にやってくるみたいですね。来年の東京国立博物館です。

ああ、行きたいなあ!

東京に住んでいるんだから行きたかったら行けばいいじゃない、と言われそうですね。

それはその通りなのですが、案外、東京でやっているからいつでも行けると思っていると、あっという間に会期が終わってしまっていることってあるのです。あらかじめ前売り券でも買っておけば、「券を買ったんだから行かないと」という気になるのでしょうが、「チケットを買ったけど行けなかったら無駄になるし…」という思いもあって……

せっかくならば、混んでいる土日は避け、有休を取って平日に行きたいのですが、仕事の都合を斟酌すると、なかなか都合よく休みって取れないものなのです。別に休みが取りにくい会社ではありませんが、やらなければいけない仕事や出なければ行けない会議のスケジュールの問題です。

しかし、これは見に行きたいものです。

どこをどうすればよいのでしょうか?

今朝の朝日新聞に載っていた記事です。

少し前にも末端のトラック運送業者が成り立たないというような記事がありましたし、朝日新聞に限らず他のメディアでも時々取り上げられる話題です。

もともとは雑誌の配送に乗っかって書籍も運んでいたけれど、雑誌が売れなくなって、「一緒に書籍も」というモデルが成り立たなくなったということなのでしょう。業界的には「輸送料がいくらかかっているので出版社さん、いくら負担してください」という風にはならず、「本や雑誌の価格の何パーセントを輸送量としていただきたい」という話になります。

しかし、高い書籍を運ぼうが、安い文庫を運ぼうが、トラックの輸送量に変わりはないはずです。だったら、高い商品を運んだ方が取次としては旨みがあるのではないでしょうか?

紙面にあるような数字が業界内でも取り沙汰されていますが、果たして現在の出版不況、こういう対策が根本的な解決方法になるのでしょうか? 何かもっと将来を見通した抜本的なことをやらないとならないのではないか、そんな気がします。

とはいえ、だったら何をすればよいのかと問われても、あたしなどにはわかりませんし、そういうことはしかるべき立場に立っている人が考えるべきことだと思うので……

今日の配本(18/06/21)

この記事の閲覧にはパスワードが必要です。閲覧希望の方は「ナンシーへの伝言」からどうぞ。
ただしお会いしたことのない方、存じ上げない方は、お断わりいたしますのでご了承ください。



移民問題を考えるには

今朝の朝日新聞・国際面です。移民問題をどうするか、トランプ政権になって一際注目されるテーマです。

 

そんな移民問題を考える上で、誌面の趣旨とは少しズレるかも知れませんが、『不法移民はいつ〈不法〉でなくなるのか 滞在時間から滞在権へ』は必読、必備の一冊です。ウェブサイトの内容紹介は如下:

本書は、移民論の「古典」として内外で参照される1冊である。その主張は極めて明快で、5年以上滞在している不法移民には「滞在権」が付与されるべきだと説く。著者自身はもともと開放国境論を主張して、移民正義論を打ち立てた世界的権威。移民問題の深刻化を背景に本書の刊行に踏み切った。日本でも移民は焦点として浮上しつつある。本書は、日本の読者向けに移民にアプローチするための読書案内、アメリカ移民法史年表とともに、井上彰、谷口功一、横濱竜也各氏による座談会「危機の時代の移民論」も付した。

著者はトロント大学の政治学の教授で、本書は「オバマ政権からトランプ政権にかけて問題であり続ける移民論の参照軸となっている記念碑的論考」なのです。

さあ、走り出せ!

けやき坂46、通称「ひらがなけやき」の単独ファーストアルバム『走り出す瞬間』が発売になりました。もう、keyakizaka6とは完全に別のグループという感じですね。それがよいのか悪いのかは別として……

 

今回の発売形態は「Type-A」「Type-B」「通常盤」の三種類で、新曲なども含めてすべての楽曲を聴くには三つとも買わないとなりません。うまくできた商売です。

 

もちろん、あたしも三つすべて買いました。「Type-A」と「Type-B」に付属のDVDが楽しみです。

で、最初にもちょっと触れましたが、今後、欅坂46とけやき坂46ってどうなっていくのでしょうね? 現在行なわれている新規メンバー募集は、ポスターやサイトでは「乃木坂・欅坂・けやき坂」と表記されています。となると、今後はかなり明確に別グループという活動になっていくのかも知れません。

ひとまずは、単独のアルバムですが、単独のシングルが発売されるのか否か、そこがポイントではないでしょうか?

今月のおすすめ[2018年6月-2]

この記事の閲覧にはパスワードが必要です。閲覧希望の方は「ナンシーへの伝言」からどうぞ。
ただしお会いしたことのない方、存じ上げない方は、お断わりいたしますのでご了承ください。