映画「スターリンの葬送狂騒曲」を愉しむために?

スターリンの葬送狂想曲」とは、なかなかに刺激的なタイトルです。ロシアでは上映禁止になった映画だそうです。いよいよ日本公開です。

この映画を愉しみ、更に理解を深めるために、こんな本はいかがでしょうか?

  

まずはスターリンの評伝『スターリン 青春と革命の時代』『スターリン 赤い皇帝と廷臣たち(上)』『スターリン 赤い皇帝と廷臣たち(下)』の三冊です。

  

そして、公式サイトのトップ画像に出てくる面々のうち『スターリンの将軍 ジューコフ』『スターリンの娘(上) 「クレムリンの皇女」スヴェトラーナの生涯』『スターリンの娘(下)「クレムリンの皇女」スヴェトラーナの生涯』の二人の評伝も出しております。

読み応えのある本ですが、面白さは抜群です。映画を見る前、あるいは見た後に是非どうぞ!

今月のおすすめ[2018年7月-2]

この記事の閲覧にはパスワードが必要です。閲覧希望の方は「ナンシーへの伝言」からどうぞ。
ただしお会いしたことのない方、存じ上げない方は、お断わりいたしますのでご了承ください。



今日の配本(18/07/20)

この記事の閲覧にはパスワードが必要です。閲覧希望の方は「ナンシーへの伝言」からどうぞ。
ただしお会いしたことのない方、存じ上げない方は、お断わりいたしますのでご了承ください。



ペンギンは涼しげなのでしょうか?

書店を回っていると、店内の目立つところで『ペンギン・ハイウェイ』の文庫本が積まれているのが目に入ってきます。森見さんの作品なんですね。

  

どんな作品なのかと言いますと、ネットの紹介記事などでは

ぼくはまだ小学校の四年生だが、もう大人に負けないほどいろいろなことを知っている。毎日きちんとノートを取るし、たくさん本を読むからだ。ある日、ぼくが住む郊外の街に、突然ペンギンたちが現れた。このおかしな事件に歯科医院のお姉さんの不思議な力が関わっていることを知ったぼくは、その謎を研究することにした―。少年が目にする世界は、毎日無限に広がっていく。第31回日本SF大賞受賞作。

と書いてありました。面白そうなストーリーです。そして、どうやら映画化されたようです。この夏、8月に公開だそうです。それで店頭でも原作本を猛烈にプッシュしているということのようです。

でしたら、同じペンギンつながりで、『ペンギンの島』も一緒に並べていただけないものでしょうか? こちらは

聖者の手違いから人間に変身したペンギンの国の年代記を通して、フランスの歴史を戯画的に語り直したノーベル賞作家の埋もれた名作。

というストーリーです。いかがでしょう? こちらも負けず劣らず面白い作品だと思いませんか?

ちなみに、本作はペンギンに洗礼を施してしまったため、ペンギンを人間にしてしまうという話なわけですが、『神は死んだ』という作品には「「神の肉」を食べたために、知性が高度に発達した犬へのインタビュー」が出て来ます。こちらも荒唐無稽さは負けず劣らず、そしてとても面白い作品です。

あたしがものすごーく知りたいのは……

女優の真野恵里菜とサッカー選手の柴崎岳が結婚したと数日前に報じられていました。別にあたしは二人のことを好きでも嫌いでもないので、取り立ててショックを受けるとか、両手を挙げて祝福するといった感情は湧いてきませんが、報道を見ていて気になったことがありました。

メディアによって細かな表現は異なるものの、ほぼ必ず取り上げられているのが次のような二人のなれそめです。

関係者によると、2人は16年秋に知人の紹介で知り合い、昨年初旬までに交際に発展した。

これって、別にこの二人でなくともよく聞く話です。「知人」にどの程度の狙いがあったのかは知りませんが、つまりは飲み会とか食事会で初対面でした、ということですよね。

これだけなら、あたしだって社会人になって以来、多くの飲み会などに参加してきていますから、その席で初対面の人と知り合ったことは何回もあります。あたしが知りたいのはその先です。

いったいどうやったら「交際に発展した」という展開に持って行けるのでしょう。そこがさっぱりわかりません。

まあ、わかっていたら、この歳まで結婚もできないでいることにはならなかったでしょうけど……(涙)

いや、先走ってはいけませんね。ひとまず結婚はおくとして、交際にまで持って行くにはどうしたらよいのでしょう? この二人は具体的にどういう行動というか手順を踏んだのでしょうか。

そこが気になるし、知りたいのです。

書評も出るので重版です

この記事の閲覧にはパスワードが必要です。閲覧希望の方は「ナンシーへの伝言」からどうぞ。
ただしお会いしたことのない方、存じ上げない方は、お断わりいたしますのでご了承ください。



日本語人って?

今朝の朝日新聞です。

温又柔さんの『台湾生まれ 日本語育ち』のことが載っています。

が、残念ながら、この本は現在品切れなんです。

そのうち、Uブックスになるんじゃないかしらと期待している読者の方も多いのでしょうね……

よだせまる!

セブンイレブンの乃木坂46キャンペーンです。

全部で13種類ということですが、真っ先になくなりそうなこの二人の缶バッジをゲットできました。

明日以降も書店回りの途次、セブンイレブンを見かけたら入ってみます。

あっ、知らない方、興味のない方のために補足しておきますと、上の写真、左側が西野七瀬(なーちゃん)で、右側が与田祐希(よだっちょ)です。

なーちゃんは乃木坂46の一期生、よだっちょは三期生です。

個人的には、どうして13種類の中に若様がいないのか、それがちょっぴり不満です。

これはあまりにもこじつけ、かしら?

今朝の朝日新聞に載っていた広告です。

集英社新書で『テンプル騎士団』という本が出ているようですね。実は文庫クセジュにも『テンプル騎士団』という、まるっきり同じタイトルの本があります。

まあ、「テンプル騎士団」は歴史上それなりに有名なタームですから、同じタイトルの本が出たからといって驚くにはあたりません。むしろ、読み比べ、テンプル騎士団について多角的な視座を持つことの方が大事なのかも知れません。

ということで、一枚目の写真は同じタイトルの本ということでしたが、次の写真に載せている二冊のつながり、おわかりになりますでしょうか?

実は、左側の『世界史序説』の巻頭に左側の『101/2章で書かれた世界の歴史』が引かれているのです。

ただし、後者は既に品切れの商品ですので、こんな本だったのですとお見せするだけになってしまいますが、ご寛恕ください。

古書店などでは時々見かけることがあるかも知れませんので、興味を持たれた方はそういう機会を狙ってください。

で、『世界史序説』をいま読んでいるのですが、なかなか面白いです、こういう視点の本、読んでいて楽しいです。

最初の5曲が初日の映像?

乃木坂46の「真夏の全国ツアー2017 FINAL! IN TOKYO DOME」を堪能しました。

昨年の11月に行なわれた2日間。まりっかとひめたんの、事実上の卒業コンサートでもあったライブでした。ただ、世間的には初日に、照明だったかしら、何か吊るされていた機材が落下するという事故があったので話題になりましたが。

 

そんな事故があったので、もし円盤化されるとしても初日ではなく二日目だろうと言われていました。なにしろ二日目のダブルアンコールの「きっかけ」の感動的な情景、「これを収録せずしてどうする?」という感じでしたから。

が、初日の女子高生460名によるダンスもそれなりに圧巻で話題になっていました。さて、どういう風に出来上がってきたのか……

結論から言いますと、見たところ、5曲目くらいまでは初日の映像だったと思います。Wアンコールを除けばセットリストは二日間同じだったようなので、どちらを使ってもよかったと思うのですが、やはり女子高生によるオープニングを選択したわけですね。

そこから5曲を一気に歌ったので、そこまでは初日の映像だったと思います、若月佑美がいましたから。その後はすべて二日目の映像のようでした、若月佑美がいなかったので。これは外仕事のために仕方ないとはいえ、まりっかとひめたんの最後の姿ですから、一緒に送り出して欲しかったなと思いますし、「他の星から」をオリジナルメンバーで歌える最後の機会だったわけですから、やはり若月にも二日間参加して欲しかったなあと思ったのはあたしだけではないでしょう。まあ、本人が一番悔しいと思っているんだと思いますが。

ところで、このライブの主役と言ってもよいひめたんが、体調が悪かったのでしょうか、自身のセンター曲以外ではほぼ参加していませんでしたね。最後の姿を目に焼き付けたかったファンには残念だったかも知れません。個人的にも、ひめたんにはもう一花咲かせて欲しかったと思います。

全体的には、何度も触れているWアンコールの「きっかけ」をおくとすれば、アンダーのコーナーが非常に感動的でした。選抜のパートでは、ある意味、乃木坂46入門的に表題曲、ヒット曲のオンパレードでしたから、アンダーのパートに乃木坂らしさがより表われていた気がします。