ガラッと変わって?

イタリア語参考書のロングセラー『イタリア語のABC』が改訂されます。

これまでは写真の左側でしたが、こんどは右側になります。

一番最初の版が出たのが前世紀のことですから、本当に息の長い、ロングセラーであり、ベストセラー商品です。

こういう本なのです!

こんな本が出ます。

評伝 鶴屋南北』という本です。

この時代、こんな豪勢な本を出すとは、わが勤務先ながらスゴいことだと思います。

気になるお値段は、本体価格25,000円です。

よーく見てください。丸の数を数え間違ってはいけませんよ。消費税だけでも2000円になってしまうのですね。

なので、大切に扱うため、左の写真のように輸送用ケースに入っています。

と言われても、この写真ではわかりにくいでしょうか?

では、上の写真をご覧ください。これならわかっていただけるでしょうか? 一番左が輸送用ケースで。真ん中が中箱に入った本体、一番右が外箱になります。

中箱から出したらこんな感じです。さらに函に入っています。

全2巻で、函の右側と左側から本体が収納されるようになっています。

というわけで、恐らく書店の店頭で見かける機会は少ないと思いますので、どんな本かご覧いただいた次第です。

今日の配本(18/08/07)

この記事の閲覧にはパスワードが必要です。閲覧希望の方は「ナンシーへの伝言」からどうぞ。
ただしお会いしたことのない方、存じ上げない方は、お断わりいたしますのでご了承ください。