電子書籍の可能性?

新書版』が刊行になった『台湾生まれ 日本語育ち』ですが、ただ単純に単行本を新書にしたのではなく、3篇の増補があるという代物です。

 

となりますと、いまさらあえて『単行本』を買おうという方は少ないかも知れません。在庫も少なくなっていますし……

ただ『単行本』の方は既に電子書籍版が刊行されていまして、そちらをお求めになるのもよいかも知れません。あたし自身はまだまだ電子書籍には慣れないのですが。

ところで、電子書籍では試し読みができるのですが、紙のものをそのまま閲覧できるというものです。ほとんどの電子書籍はこういう感じなのでしょう。

個人的にこれはもったいないなあと感じます。

何がもったいないのかと言いますと、本書の場合、著者の母親が話す台湾語と中国語、それに日本語がチャンポンになった「ママ語」というのが本文中にしばしば挿入されています。折角の電子書籍なのですから、ママ語の部分をクリックしたら、実際の音声が聞けるような工夫ってできないものでしょうか?

いや、技術的には十二分に可能ですよね?

吹き込みは著者でもいいですが、できることなら著者のお母さん、そのまま語を話しているご本人に吹き込んでいただきたいものです。手間暇はかかってしまいますが、そんなおまけがついた電子書籍であれば楽しいですし、ちょっと買ってみたいと思うのではないでしょうか?

更に厳しくなっている?

昨日の朝日新聞社説です。

地方の大学の厳しさと、それを何とか克服しようとする工夫について書かれています。

大学の経営環境の厳しさは、都会だろうと地方だろうと、子どもが減っている以上変わりはないでしょう。ただ、都会はそれでも今のところ多くの人が住んでいますし、若者は職を求めて都会へ出て来ますので、しばらくは安泰なのかも知れませんが、地方は本当に厳しいようです。

秋風が吹き、大学入試シーズンがいよいよ本格化するころになると、こういった大学関係の記事や特集が増えるものです。昨今は「大学が潰れる」といった煽情的な見出しのものも多くなってきましたが、さしずめ『消えゆく「限界大学」 私立大学定員割れの構造』などもその最たるものなのかも知れません。

が、本書は決して悲観的なことばかりを書いているのではなく、成功事例もふんだんに取り上げられていて、大学行政に携わる人には大いに参考になると思います。

それにしても、地方の疲弊、なんとかなりませんかね?

過疎の村、三ちゃん農業といった言葉は、既にあたしが小学生のころから耳にし目にしていました。その時代から自民党政府は何の手も打ってこなかったのか、と思います。所詮、選挙における地元とは言っても、安倍をはじめ、本当にそこで生まれ育った政治家ってどれくらいいるのでしょう? 自民党のように二世、三世議員が多くなると必然的に東京生まれ東京育ちの連中ばかりになってしまいます。時々帰省するくらいでは、地方の本当の姿って見えてこないのでしょう。

原発や基地、廃棄物の処理場などを押しつけ札束で頬を叩くだけで、本当に地方を振興させる方策なんて考えてこなかった自民党戦後政治の大きな失政だと思いますが……

この時季の個人差

東京は雨になっています。外はちょっと肌寒いと感じる人もいると思います。数日前にも、思わずブルッと震えるような日がありました。

この肌寒いというのがくせ者です。

寒い、寒いと言っても、気温は20度前後あります。真冬から考えたら十二分に温かい気温です。寒いと感じるのは夏を過ぎたこの季節の体感というものです。

なので、このくらいの気温を「肌寒い」と感じるか、「汗もかかずにちょうどよい」と感じるか、人によってかなり差があると思います。

あたしは、やはり更年期障害なのか、このくらいの気温は寒いとまでは感じません。

困るのは、電車やバスの中です。

外が若干肌寒いからなのかクーラーが入っていないのです。

この季節、窓も閉めきりでクーラーが入っていない車内は、お客さんが入ってくると実はかなり暑いものです。しかし、運転手や車掌は自分たちだけ別の部屋にいるわけで、バスの運転手だって自分の横の小窓は開けていたりして、つまりは乗客の暑さに無頓着なのです。

これでは車内はかなり暑くなります。

もちろん、真夏の頃のようなクーラーをガンガンに効かせる必要はないと思いますが、送風とかドライとか、弱めの冷房とか、何かしらやりようはあると思うのですけど、どうにかならないものでしょうか?

個人差とは言え、実際のところ20度前後というのは、決して寒いという気温ではないと思いますので。

色彩検定対策に!

この記事の閲覧にはパスワードが必要です。閲覧希望の方は「ナンシーへの伝言」からどうぞ。
ただしお会いしたことのない方、存じ上げない方は、お断わりいたしますのでご了承ください。



ジャケ買いだってするし、帯の惹句も見るし!

今朝の朝日新聞の声欄です。

こういう当初を見ると、業界人としては嬉しくなります。

出版社からすれば、本はネットで買ってもらっても、本屋で買ってもらっても、売れることに違いはないわけですからどちらでも構わないのですが、本と出会うという意味では断然本屋が優れていると思います。

もちろん、アマゾンなどの「この本を買った人はこんな本も買っています」といったサジェスチョンはそれなりに参考になりますが、新刊既刊を取り混ぜて工夫を凝らした展開をしているリアル書店の一目瞭然さには一歩及びません。

なにより、本が好きな人は物体としての本が好きなわけですから、表紙やカバーの色合い、手触りなどの質感、そういうものが一体となって本の魅力を作っているわけで、それを体感できるのは本屋ならではだと思います。

いや、いずれインターネットが発達すると、質感までネットで感じられるようになるのでしょうか?

それはともかく、ネット書店にも中味検索などがありますが、やはりリアル書店だと実際に本を手に取って数ページ読んでみる、帯やあとがき、解説などにザッと目を通してみるという利点があり、本を選ぶ時に大いに参考になります。

どんなに小さな本屋でも、入り口から入ってパッと目に入ってくる書籍の量(冊数)は、どんなに大きなディスプレイを使ってもネット書店が画面に表示できる冊数の追いつくところではありません。そこがリアル書店の楽しさ、面白さだと思うのですよね。

そう言えば、「ひらがな推し」でMCのオードリー・若林が、本屋に行って本の選ぶ時は10ページくらい読んで判断すると語っていました。そんなことができるのもリアル本屋のよさでしょう。

お互いに新刊なので併売できそうな気がするのですが、如何でしょう?

 

書店で見かけた『主治医だけが知る権力者』は国家元首8人が抱えていた病に迫ったノンフィクションだそうです。となりますと読んだ方の中には更に突っ込んだことを知りたくなる方もいらっしゃるはず。とりあえずヒトラーに関しては新刊『ヒトラーとドラッグ 第三帝国における薬物依存』がお薦めです。

  

もう一つ見かけた『チャーチルは語る』を読んだ方には、更に新刊『ガンディーとチャーチル(上)1857-1929』『ガンディーとチャーチル(下) 1929-1965』がお薦めです。

よろしければ是非どうぞ。

全力で展開中!

紀伊國屋書店横浜店です。

文芸コーナーエンド台で、新潮クレストブックスのフェア、そのお隣でひっそりと、否、意外と堂々とUブックスフェアも展開中です。例年、クレストと《エクス・リブリス》で展開していたけれど、今年は趣向を変えてUブックスにしてみました、とは担当の方の弁。

正直なところ、《エクス・リブリス》よりは単価も安くなり、なおかつでんすけさんの素晴らしい拡材のお陰で、クレストに負けず劣らず売れているそうです。

ありがたいことです。

そんな横浜店の語学書・学参コーナーの、こちらもエンド台では、新シリーズ《ニューエクスプレスプラス》が一堂に会しております。

展開場所の都合上、看板がちょっと離れた位置になってしまいましたが、これってもしかして《ニューエクスプレスプラス》がこれから増えていったら、エンド台の中心部は向けて徐々に浸食していく布石なのでしょうか?

となると、あと8点くらい刊行された暁には、看板の位置もしっくりくるようになるでしょう(笑)。

それはともかく、リニューアルした同シリーズ、お陰様で好評を持って迎えられています。ロシア語、フランス語は早々に重版となりました。来月上旬もエスペラント、ブラジルポルトガル、11月上旬にはペルシア、タイ、12月上旬にはラトヴィア、スワヒリが刊行予定ですので、乞うご期待!

『アン・アン』って意外と男性も購入している?

自宅の書架にある雑誌『アン・アン』です。

最新号の特集が乃木坂ちゃんなのでまたしても買ってしまいました(汗)。

そして改めて架蔵する『アン・アン』を並べてみたのが右の写真です。この他に、欅坂が特集された号も一冊ありました(汗)。

たぶん全国には、あたしのような乃木ヲタ、欅ヲタ、坂道オタがたくさんいて、こういう特集の号は買いに奔っているのではないでしょうか。

本屋やコンビだと買うのは恥ずかしいかも知れませんね。だからネット通販、ネット書店を使っている人が多いと思いますが。

で、乃木坂ちゃんたちの特集、みんなカワイイなあと思うのですが、アン・アンのスタイリストのせいなのか、いつもとずいぶん顔が違うなあと感じるメンバーがちらほら……

いや、女性って、髪型や化粧で、それこそ「整形したの?」と言いたくなるくらい変わりますから、スタイリストがイメチェン的なメイクを施したら、見慣れたメンバーがずいぶんと変わってしまうこともありえるでしょう。

特集記事の中で面白かったのはこちら。

三期生の与田ちゃんによる一言メンバー紹介です。

実のところ、かなりなかのよいメンバーのコメントは出てくるでしょうけど、それほど親しくないメンバーに対するコメントをひねり出すのは大変だったのではないかと思います。

与田ちゃん、よく頑張った!

今回の表紙に登場した三期生は与田ちゃんと美月の二人。これまでなら与田ちゃんと桃子だと思うのですが、こういうファッション誌だと美月になるのでしょうか? それとも運営側のプッシュがあったのでしょうか?

いずれにせよ、近々四期生も入ってくることですし、三期生の選抜争いも熾烈になってくることでしょう。とはいえ、全体的にほんわかとしていて、ギスギスした感じがないところが乃木坂ちゃんのよいところですが。

今日の配本(18/09/27)

この記事の閲覧にはパスワードが必要です。閲覧希望の方は「ナンシーへの伝言」からどうぞ。
ただしお会いしたことのない方、存じ上げない方は、お断わりいたしますのでご了承ください。



フェアが始まります!

新宿の紀伊國屋書店の階段踊り場で見かけました。

注目して欲しいの真ん中のポスターです。

人文会の創立50周年記念フェアが10月から始まります。

人文会とは何か、については公式サイトをご覧いただくとして、19社の書物が一堂に会します。

紀伊國屋書店ですから普段から棚に並んでいるかも知れませんが、やはり棚にあるだけでは見逃してしまいがちです。こういう機会に目に付きやすい場所に出していただくことで、「へえー、こんな本があったんだ」という発見があると思います。

始まりまでもう少しです。しばしお待ちを!

ちなみに、ポスターの上部に描かれているのは人文会のロゴです。