国内ニュースに絡めて

祝日の昨日、午後の情報番組を見ていましたら、埼玉県の八潮市にパキスタンの人が非常に多く住んでいるという話題を取り上げていました。なんでも「ヤシオスタン」という呼び方までされるほどの集住ぶりだそうです。

で、ネットを検索してみましたら、少し前からその話題はあったようで、昨日の番組で今になってあえて取り上げた理由は不明ですが、少なくともあたしには初耳の情報だったので非常に面白く見ていました。

しかし、職業病と言いますか、こういうニュースを見ると、「パキスタンの人って何語を話すのだろう?」という疑問がすぐに湧いてきてしまいます。そして「うちの《ニューエクスプレス》にはあったかな?」と考えてしまうのです。

そのパキスタン、公用語はウルドゥー語のようです。ですからありますね、『ニューエクスプレス ウルドゥー語』が!

八潮あたりの書店では、本書が特に売れているということはあるのでしょうか?

国際ニュースに絡めて

ICPO総裁の中国人が中国国内で行方不明になっているという件。

どうやら国内で逮捕されているような気配ですが、先日の女優ファン・ビンビンといい、中国って、ある日突然人がいなくなって、数ヶ月後に実は逮捕されていましたなんてニュースが飛び込んでくる国です。

逮捕されているだけならまだしも、中にはかなりひどい拷問を加えられている場合もありますし、殺されて、どこかに埋められている場合だって過去にはたくさんの事例がありました。空気や水もそうですが、いろいろな分野で透明性を高めて欲しいなあと思います。

ところで、このニュースでも話題になったICPO、インターポールですが、日本人ですと『ルパン三世』の銭形警部の所属先として知られています。

が、それがどういった組織なのかと問われるとなかなか答えられない人も多いのではないでしょうか?

そんな方のためにうってつけの本が文庫クセジュにあります。『インターポール 国際刑事警察機構の歴史と活動』です。お手頃な新書サイズですから、興味を持たれた方は是非どうぞ。

今日の配本(18/10/09)

この記事の閲覧にはパスワードが必要です。閲覧希望の方は「ナンシーへの伝言」からどうぞ。
ただしお会いしたことのない方、存じ上げない方は、お断わりいたしますのでご了承ください。