展覧会が新刊に合わせたのか、新刊が展覧会に合わせたのか?

朝日新聞の夕刊に、こんな展覧会の広告が載っていました。

東京の富士美術館で行なわれている「ロシア絵画の至宝展」です。

富士美術館は八王子駅からバスに乗って創価大学へ向かう途中にあります。駅からは多少距離がありますが、時々興味深い展開をやっているところです。

若干ズレるのですが、先日の文庫クセジュ『社会主義リアリズム』と重なるところもあるような展覧会です。少なくとも、まるっきり無縁とは言えないのではないでしょうか?

「今さら?」と思ってしまいました!

朝日新聞の夕刊、社会面です。

いま、灯台ブームなんですか?

記事にも出ている不動まゆうさんの光文社新書『灯台はそそる』が出たのって、もうかなり前ではないでしょうか? もちろん、読みましたけど。

その時に既に灯台ブームと言われていたと思うので、朝日新聞の記事は「どうして、今ごろになって?」という気がしてしまいます。

そうそう、灯台と言えば『灯台守の話』もお忘れなく!

確実に重版へ!

この記事の閲覧にはパスワードが必要です。閲覧希望の方は「ナンシーへの伝言」からどうぞ。
ただしお会いしたことのない方、存じ上げない方は、お断わりいたしますのでご了承ください。