この幅の広さよ!

自宅に戻って、所持している天野健太郎さんの本を集めてみました。

左の写真のとおりです。

手前の3冊は、あたしの勤務先の刊行物。中段は他社から刊行されたフィクション。一番奥の2冊は絵本です。

同じ人が手がけたとは思えないほど幅の広さを感じます。

それでも、天野さんにはもっともっと台湾の作品を紹介していただきたかったと思います。(中段の左側の書籍は香港の作品ですが……)

イベントなどの機会に何度か話をしたこともありますが、「女性の作家はいませんか?」なんて聞いたこともあります。手前に並んでいる龍應台は作家とはちょっと違うのでひとまずおくとして、呉明益やそれより下の世代で、天野さんが気になる女性作家の作品を出して欲しい、なんて伝えたことがあります。

そういう話も、本当に夢物語になってしまいました。

訳者としてだけでなく、台湾に関する発信者、台湾の作品の紹介者としても有能な方だったのに本当に残念です。

追伸:本日午後には複数の書店から「追悼天野健太郎フェア」をやるのでということで、注文が入り始めました。

本当に泥まみれ?

黄泥街が、原作者の故郷である湖南省長沙市に実在すると書きました。そのダイアリーでは地図上でその場所を示したわけですが、どんなところなのか見てみたいと思います。

そこでグーグルは諦めて、中国の検索サイト「百度」を使ってみました。グーグルと同じような使い勝手ですが、恐らく中国のことに関する限りグーグルよりも検索結果が豊富だと思われます。

すると、右のような写真がヒットしました。

地元の夕刊紙・長沙晩報に掲載された、1980年5月に撮られた写真のようです。キャプションには「書市」が無くなっているとありまして、その他にもいろいろ検索していると、かつての黄泥街は本屋が集まっていた通りだったようです。

また中国に「長沙社区通」というウェブサイトがあります。そこに「施工致泥浆泄漏 长沙黄泥街真成了“黄泥街”」という記事を見つけました。

2012年10月13日の記事ですが、黄泥街で工事があったらしいのですが、水が出て通り全体が水浸しになり、黄泥街の名前のとおり、泥まみれになってしまったという記事です。

ちょっと笑えますね。

国会も紛糾中?

この記事の閲覧にはパスワードが必要です。閲覧希望の方は「ナンシーへの伝言」からどうぞ。
ただしお会いしたことのない方、存じ上げない方は、お断わりいたしますのでご了承ください。



早すぎます……

今朝の朝日新聞に天野健太郎さんの訃報が載っていました。

まだ『おなじ月をみて』『自転車泥棒』が刊行されたばかりだというのに……

残念です。

合掌。