ヴァレンタインには『ヴァレンタインズ』

あたしには縁がないですが、来週はヴァレンタインデーです。書店回りをしていると、あちらこちらで、この時季ならではのチョコが売られていて、とても美味しそうです。チョコは大好きなので、自分のために買いたくなります(汗)。

そんなヴァレンタインですが、チョコだけでなく、手編みのマフラーを贈ったり、ネクタイを一緒にプレゼントしたりという女性も多いと聞きます。

ならば、本を一緒に贈るなんてどうでしょう? ぴったりの本があります。それが『ヴァレンタインズ』です。短篇集なので読みやすいと思います。ただし、贈る時にはご注意ください。

アイスランド出身の実力派による、珠玉の第一短編集。一月から十二月まで、一年の各月の名前が冠された12編には、夫婦や恋人たちの愛と絆にひびが入る瞬間が鋭くとらえられている。

というのが本書の内容です。そうです、「ひびが入る瞬間」にフォーカスを当てた作品集なのです。「こんな本を贈ったから彼との間に溝が出来た」と言われても困りますので、この点はあらかじめご注意ください。

記事や広告から我田引水

昨日の朝日新聞夕刊です。夏目漱石と熊本に関する記事が載っていました。

記事の後半に載っている『草枕』のモデルとなった「那美」さんについては『『草枕』の那美と辛亥革命』という本を、あたしの勤務先で出しております。

しかしながら在庫がない状態でして、重版の可能性はあるのでしょうが、今すぐにということにはなっておりません。せっかくこういう記事が出たのに残念です。

ウェブサイトには

父は自由民権派の闘士、養子は漱石の弟子前田利鎌、妹の夫は宮崎滔天。孫文・黄興・宋教仁ら亡命革命家を支援し、男女同権の志を貫き生きた一女性の、波乱の生涯を描き切る力作評伝。

という内容紹介が載っています。まさしく、今回の朝日の記事にドンピシャリの本だったのです。たぶん在庫があれば、小さくとも紙面の片隅で紹介されていたのではないでしょうか? うーん、残念。

続きましては、今朝の紙面、岩波書店の広告欄にご注目。

岩波ブックレットの『うつ時々、躁』が紹介されています。

その紹介文の中に「双極性障害」という言葉が見えるのにお気づきでしょうか。少し前に文庫クセジュで『双極性障害』を出したところです。

岩波ブックレットも文庫クセジュもどちらも書店ではそのコーナーにまとめておいてあることが多いですが、心理学などのコーナーに置いてもらえると効果的だと思います。

今日の配本(19/02/08)

この記事の閲覧にはパスワードが必要です。閲覧希望の方は「ナンシーへの伝言」からどうぞ。
ただしお会いしたことのない方、存じ上げない方は、お断わりいたしますのでご了承ください。