うちのはちょっと間に合わないので……

昨日のダイアリーで、ヴァレンタインにはチョコと一緒に『ヴァレンタインズ』を贈ろう、と書いたのですが、実はもっと男性に贈ってもらいたい本があります。

あたしの勤務先の新刊『ヒョンナムオッパへ 韓国フェミニズム小説集』です。[注記:パソコンやスマホなどの画面ではわかりづらいと思いますが、タイトルは「ヒョンナムオッパ」がカタカナ、「へ」がひらがなです]

 

それこそ心の底からお薦めしたいと思っていますし、こういう本こそ女性だけでなく男性にも読んでもらいたいと思っているのです。しかし、チョ・ナムジュさん来日のタイミングに合わせての刊行なので(19日に新宿の紀伊國屋ホールでトークイベントがあります)、バレンタインデーには惜しくも間に合いません。うーん、残念!

そこで次善の策として、いま売れに売れているチョ・ナムジュさんの『82年生まれ、キム・ジヨン』をお薦めいたします。購入者の多くが女性のようですが、女性が買って彼氏や夫に読ませるのがお薦めです。

チョコと一緒にキム・ジヨン、如何でしょうか?

『ヒョンナムオッパへ』はホワイトデーのお返しに、男性から女性に贈ってもよいと思います。

全訳ではないのですね? そりゃそうか!

ちくま学芸文庫から『資治通鑑』が出ます。いや、もう出ているのかしら?

で、『資治通鑑』の邦訳というのは、たぶん手軽なものでは、かつて平凡社の『中国古典文学大系』全60巻の第14巻に入っていたものくらいしかなかったと思いますが、函入りの全集の一冊ですから、さすがに手軽とは言えませんね。ですので、こうして文庫のような形で読めるようになるのは嬉しいことです。

が、オリジナルの『資治通鑑』はそれなりの大著です。ご覧のように中華書局版『資治通鑑』を架蔵していますが、全部で20冊になります。筑摩の学芸文庫と言えば、『三国志』をはじめ、これまでもしっかり全訳の中国古典を出していますので、今回も日本語版で10冊くらいになるのかなと思ったところ、なんと一冊こっきりです。その辺はちくま学芸文庫版も心得ていて、ウェブサイトの紹介には

全二九四巻にもおよぶ膨大な歴史書『資治通鑑』のなかから、侯景の乱、安禄山の乱など名シーンを精選。破滅と欲望の交錯するドラマを流麗な訳文で。

と書いてあります。ちょっと残念な気もしますが、コンパクトに一冊でエッセンスを読めるようにした方が今の時代には合っているのかも知れませんね。

ちなみに、左の写真のように、わが家には『通鑑紀事本末』や王夫之『讀通鑑論』なども架蔵しておりました。我ながら、学生時代によく集めたものだと思います。残念ながら『国譯資治通鑑』は架蔵していませんが、上述の『中国古典文学大系』は全60巻を所持しています。

なお『資治通鑑』は「しじつがん」と読むのは改めて断わらなくともよいでしょうか? 「しじ」の方はまだわかりますが、なんで「つうかん」ではなく「つがん」なんでしょうね? そう言えば、中国古典には『通典』という書籍もありますが、これも「つうてん」ではなく「つてん」と読みますね。

イノシシとどうつきあうか?

今朝の朝日新聞別刷beの記事です。

今年は亥年なのでイノシシに関する話題も多いですが、イノシシというと「畑を荒らした」「街中に現われた」といったニュースばかりで、あまりよいニュースを聞くことがないような気がします。干支に選ばれているくらいですから、日本人にとってもっと身近で親しむべき動物なんだと思いますが……

そんなイノシシとのつきあい方を考えるのにもってこいの一冊があります。『イノシシ母ちゃんにドキドキ』です。

本書の内容紹介をウェブサイトから引用しますと

日本初! 1年半にわたる野生のイノシシ一家との付き合いを、ユーモアたっぷりに活写します。舞台は、大分は高崎山の東麓にある著者の里山。2010年秋、竹山から著者を見下ろしている母イノシシに遭遇したのが発端。「五匹の仔猪も小さな尻尾をピンと立てて控えておったのじゃ。一、二時間黙って座ったままのワシに安心したのか、斜面をぞろぞろ降りて来て、ワシに向かって横並びに勢揃いしたんじゃわ。距離にして三メートル。ワシ、嬉しさでドキドキが高ぶるばかりでしたわぁ」 こうしてほぼ毎日の生態観察により、イノシシは「猪突猛進」の獰猛な動物ではなく、恐がり屋で、慈愛に満ちた生き物であることが判明。ウリ坊一匹ずつの個性や家族としての行動、他集団との関係、オスの行動、そしてサバイバル術を伝授する母イノシシの細やかな子育てぶり等を絶妙に語ります。とりわけ、母による群からの「追出し行動」の直前にみられる「仔猪全員による母親舐め」の儀式は感動的! 著者は、長年の精力的な自然環境保全活動により「大分に菊屋あり」といわれた名物爺さん。誤解にまみれたイノシシ観を一変させると同時に、農産物被害の考え方も併せて提言。図版多数収録!

といった具合です。いま読むべき一冊ではないでしょうか?