読み比べ?

岩波新書の『伊勢神宮と斎宮』を買ってみました。
少し前に中公新書の『斎宮 伊勢斎王たちの生きた古代史』を読んだので、ちょっとした読み比べです。

伊勢神宮にはまだ行ったことがありませんが、古典を読んでいるとしばしば登場する斎宮には以前から関心があったので、ただ専門書を読むほどの技量は持ち合わせていないので、新書でお茶を濁そうというわけです。それでも著者の異なる二冊を読み比べれば、多角的な知識を得られるのではないかと思っています。

坂道好き?

明日が発売日ではありますが、事前に予約しておくと前日に届くものですね。

何がって? 日向坂46のデビューシングルです。いや、日向坂に限らず、他のアーチストのCDも基本的には前日に届くことが多いです。

今回は、写真のように特典Blu-rayが付属するType-Aからtype-Cと通常盤という4種類が発売になっています。あたしは、セブンネットと楽天ブックス、ヨドバシカメラで購入しました。

なんで購入サイトを複数にしたかと言いますと、サイトによって予約特典が異なるからです。CDの中にはランダムでメンバーの写真が封入されていますが、それとは別にサイトごとに特典がありまして、全4種類を同じサイトで購入してしまうと、同じ特典が4つも手に入ってしまうということになるので、やはり異なる特典が欲しいと考えるのがファン心理です。

それにしても、乃木坂、欅坂、日向坂と、どうしてあたしが坂道シリーズのファンになったかと考えますと、中学生時代にはまった沢田聖子に行き着くような気がします。沢田聖子のデビューアルバムのタイトルが「坂道の少女」なのです。かれこれ40年近く昔のことです。

それ以来の沢田聖子好き、そして坂道好きになってしまったのではないかと思う今日この頃です。

今日の配本(19/03/26)

この記事の閲覧にはパスワードが必要です。閲覧希望の方は「ナンシーへの伝言」からどうぞ。
ただしお会いしたことのない方、存じ上げない方は、お断わりいたしますのでご了承ください。