やはり、カント?

カントがやはりブームなのでしょうか?

先日、新刊が目立つと書いた後にも『カントと啓蒙のプロジェクト』『カント 美と倫理とのはざまで』といった本を見かけました。

 

いま、どうしてカントなのでしょうか?