残念

映画監督のミロス・フォアマンが亡くなったそうです。あたしは映画監督の名前とか脚本家の名前とか、そういう方面には疎いのですが、「アマデウス」という作品は知っていますし、確かテレビの地上波で放送されたときに見た記憶があります。

訃報を伝える紙面ではその「アマデウス」共に名前が挙がっている作品が「カッコーの巣の上で」です。

こちらはまだ未見ですが、Uブックス版の小説は読みました。しかし、残念ながらこのUブックス版、現在品切れなんですよね。

ちなみに、「松岡正剛の千夜千冊」では『ライ麦畑でつかまえて』『キャッチ=22』そしてこの『カッコーの巣の上で』の三つを取り上げて

1960年代のアメリカで若者たちのバイブルになりかかっていた文芸作品が3つある。精神病院を舞台にしたケン・キージーの『カッコーの巣の上で』、戦争状態という管理と論理の悪夢を描いたジョーゼフ・ヘラーの『キャッチ=22』、そして、J.D.サリンジャーの『ライ麦畑でつかまえて』。

と述べています。あたし自身はこの三作品の『カッコー』しか読んだことがないので当否の判断はできませんが、『カッコーの巣の上で』は間違いなく名作だと思いました。後世も読まれ続ける作品であると感じました。

  

この機会にUブックス版『カッコーの巣の上で』の重版は……難しいかしら?

コメントを残す