もう少し見たいくらいがちょうどよいのかしら?

休日に少しずつ見ていた「5th YEAR BIRTHDAY LIVE」ですが、ようやく見終わりました。

初日はななみんの卒業コンサートで涙、涙……。二日目、三日目は三期生が加わっての新生・乃木坂のスタートで、こちらは弾ける笑顔が印象的でした。

  

やはり「DAY1」は一種、異様な雰囲気がありましたね。もちろん笑顔で歌って踊るメンバーが躍動していましたけれど、要所要所で堪えきれずに泣いてしまうメンバーが……。特にまいやんの涙にはグッとくるものがありました。誰がセンターに立っても、その両隣にまいやんとななみんがいれば、安心の乃木坂ブランドが確立します。そんな乃木坂46、真のツートップの見納めでした。

DAY2」はアンダー楽曲からスタートするという初めてのライブ、それも「あの日 僕は咄嗟に嘘をついた」という人気の高い佳曲で始まったわけです。嫌が応にもボルテージは上がります。乃木坂に詳しくない人が聞けば、「えっ、これってシングルじゃないの?」と思えるほど佳い曲だと思いますし、この作品はMVも秀逸です。

そして三期生の登場。これまでは同じ乃木坂といっても独立した別働隊のような活動ばかりでしたので、今回初めて先輩と一緒の舞台に立つということでかなり緊張していたのが画面からも見て取れました。が、三期生は三期生だけで数曲を歌っただけで、一期生や二期生と一緒になって歌うことがなかったのが残念です。まあ、どの局のどのポジションにどの一期生を入れるかというのを考えだすと、今回のバースデーライブで混ぜてしまうのは時間的に難しかったのでしょう。

そして「DAY3」はダブルアンコールもあった最終日。ダブルアンコールで初めて一期生から三期生までが本当に同じステージでパフォーマンスしていました。この場面の白眉は泣きじゃくってどうしたらよいかわからなくなってしまった桃子をまいやんがやさしく抱いているシーンです。盟友ななみんが去った後、三期生に愛おしく接するまいやんは母親のように見えました。

が、三日目で一番見逃してはいけないのは、やはり蘭世が掌に書いたひめたんへのメッセージでしょう。歌い終わりに掌をカメラに向けた蘭世、カメラもズームして蘭世の掌に書いてある文字を捉えます。それが会場のモニターに大写しになった瞬間のどよめき、そして感動。ちょっと涙ものです。そう言えば、ひめたんは二日目にVTRで登場していましたね。ひめたん自身もななみんの卒業コンサートに参加できなかったことは悔しかったことでしょう。

さてライブ本編は以上で、ブルーレイやDVDは日別で単体売りもしています。しかし、多くの人は三日間揃いの4枚組を買っていることと思います。4枚組というのは、一日目から三日目まで各一枚とステージ裏を収めた特典ディスクから構成されています。

その特典。収録時間は50分ほどです。各日3時間近いライブのステージ裏としてはもうちょっとあってもよさそうなものですが、ほとんどは着替えてスタンバイして、走り回っているシーンばかりでしょうから、特典とするには難しいものだったのでしょう。

そんな中、初日の92年組の影ナレが収録されていたのは嬉しかったです。最初から特別感萬歳のライブだったわけです。そしてコンサートの最後の最後、ななみんとまいやんが最後にステージ上で交わしていた会話、本編では会場の喚声もあり何も聞こえないのですが、この特典ディスクではそこも音声が拾っていて、二人が何を語っていたのかが聞けます。これがやはりファンには涙腺崩壊のシーンですね。その前の飛鳥、生ちゃんとの抱擁も感動的でしたが。

特典ディスクのメインはそこにありかと思いきや、実は後半では三期生にスポットが当たっています。極度の緊張に震え、泣いている三期生に対し、。先輩たちはどれだけやさしいのだろう、とこういうところが乃木坂のよいところと、ファンがほっこりするシーンが萬歳です。しかし、その三期生もあれから一年以上が経ち、ずいぶん堂々としてきましたね。

で、見終わって思うことは、ななみんの卒業ライブが見られるという感動もあったのですが、これが発売になる前に、ひめたんと万理華が昨年いっぱいで卒業してしまいましたし、先日はろってぃが、そして近々生駒ちゃんが卒業という「その後」を知っているために複雑な気分です。

6周年のバースデーライブは、今年も2月には行なえず7月に神宮球場でと発表されています。そしてそのライブは乃木坂のセンター、生駒里奈の卒業後になるため彼女が参加しないこともはっきりしています。実際には1年半後ですが、バースデーライブとしては一年の間に景色がこうも変わってしまうとは。ここをうまく乗り切れれば、乃木坂46は失速せずにまだまだ坂道を上っていける気がします。

コメントを残す