ちょっとしたテキスト代わりになりそう?

中国奇想小説集 古今異界万華鏡』読了。

中国の志怪小説や伝奇小説を翻訳・翻案して紹介するアンソロジーはいくつかありましたが、本書もその中の一つです。

ただ、中国のその手の小説の流れ、幅広さを体系的に紹介しようとしているところに本書の特色があり、本書を読み通せば、編訳者の意図したところは十二分に伝わるのではないでしょうか?

特に作品の後に付された解説は、長すぎず短すぎず、たぶん作品だけを楽しく読めばよいようなアンソロジーであれば不要と言えるかもしれませんが、あたしからすればむしろここが真骨頂、中国文学専門ではない人がそれでもちょっとした知識は得たいなあと思った時に重宝すると思います。

また装丁もきれいなのですが、各作品の扉もデザインがきれいです。編訳者や担当編集者のこだわりでしょうが、視覚的にも愉しめました。


2019年1月6日 | カテゴリー : 罔殆庵博客 | 投稿者 : 染井吉野 ナンシー