結局、キーマンはねるなのか?

昨日、シングルデビューと改名が発表されたけやき坂46、もとい、日向坂46。

今朝の情報番組が軒並み取り上げていて、それも結構な時間を割いていたのが印象的でした。口さがない連中に言わせれば、ソニーが一番力を入れているグループだからテレビ局も忖度した、ということなのでしょうが、ファンとしては素直に嬉しいものです。

しかし、あまりの扱いの大きさにファンの方が戸惑っているような様子もうかがえます。果たして今回の改名は吉と出るか、凶と出るか。

改名したということは、事実上、欅坂46からけやき坂46が独立、分離したということですよね?

と言いますか、世間の多くの人が、そんな細かな事情を知るわけもなく、音声で「keyakizaka」と聞いた時に「欅坂」と「けやき坂」の二つを思い浮かべることができる人は極めて限られていることでしょう。

このダイアリーを読んでいる方の中にも「なんのことかサッパリ」という方も多いと思いますが、よろしければお付き合いください。

デビュー曲「サイレントマジョリディー」がいきなりの大ヒットで、一気にスターダムに昇った欅坂46、その歌詞や曲調、ダンスなどから反抗心や大人への反発というのがグループカラーのようにされてしまいましたが、果たして運営側はそれを狙っていたのでしょうか? あたしにはそうは思えません。

キーとなるとのは長濱ねるというメンバーの存在です。

彼女は最終審査まで残っていたのに、親の反対で連れ戻され、欅坂46結成時のメンバーには入っていません。しかし、どうしてもやりたいという熱意に親が折れ、スタッフの説得もあって、特例で最終審査を受けないまま加入したわけです。しかし、それでは既に決まったメンバーとの差がなくなってしまうからということで、ひとまず長濱ねる一人を「けやき坂46」としたという経緯があります。この時点では「けやき坂」は「欅坂」のアンダー、予備軍、研究生的な立場だったと思います。

そして、欅坂が動き出して間もないというのに、たった一人しかいない「けやき坂」長濱ねるのためにメンバーを追加募集して集まったのが「けやき坂」の一期生の面々です。普通に考えれば、次の曲くらいからは「欅坂」「けやき坂」のメンバーをシャッフルして、表題曲を歌うのが「欅坂」で、「けやき坂」はそのアンダーという位置づけになるのかなと、少なくともあたしは思っていました。乃木坂を見てきた者からすれば当然の予想だったと思います。「アンダー」と呼ぶのが可愛そうだから「けやき坂」という名称を付けた、という解釈でした。

しかし、その後も欅坂46のシングル曲は「欅坂46」のメンバーのみが歌唱し、せいぜいのところ長濱ねるが加わったくらいで、「けやき坂46」のメンバーはカップリング曲を歌うだけの存在でした。これでは何のために募集されたメンバーかわかりません。このころ、たぶん運営側は迷走していたのではないかと思います。

以下は、あたしの全くの推量、邪推と言ってもよいものです。

たぶん欅坂46の運営は、長濱ねるをどうしても入れたかったのだと思います。本人が親を説得したようなストーリーが伝えられていますが主導したのは間違いなく運営側だと思います。そうまでして入れたかった長濱ねるを中心としたグループを作ろうというのが運営側の当初の青写真だったのではないでしょうか? ところがデビュー曲で強烈な印書を残した平手友梨奈の存在、そしてその平手を気に入っている秋元康の意向で、欅坂46はよくも悪くも平手友梨奈を中心とした、大人への反抗を歌うグループとしてのレールが敷かれてしまったのだと思います。これは運営側の誤算だったと思います。

そこで、運営側はけやき坂46をアンダーや研究生ではなく、別なグループにする方向に舵を切ったのだと思います。ここで欅坂とけやき坂とで選抜制を導入したって、結局のところ表題曲は平手友梨奈路線にならざるを得ません。ソニー側はそれを嫌がったので、欅坂は当初のメンバー(+長濱ねる)で反抗路線を進ませ、けやき坂には運営側が本来やりたかった路線を歩ませようとしたのではないでしょうか?

だからといって、一気にグループ名を変えたり、独立したりというわけにもいかず、なんとなく宙ぶらりんな状態でグズグズしているうちに、けやき坂46は実力を付け、人気も備わってきて、昨日の発表となったのだと思います。

欅坂もけやき坂も仲良く、ファンも仲良く、というのが理想ですが、秋元康的にはむしろはっきりとカラーを分け、なんなら双方のファンも対立して煽り合うような方が両グループが活性化し、お互いの(ファンの?)競争から売り上げにも増えると計算しているのではないでしょうか?

つまるところ、最初の段階で長濱ねるがすっきりと欅坂46に入っていれば、平手友梨奈センター固定路線にはならなかったでしょうし、大人への反抗路線も既定路線にはならなかったと思います。なにより、あのタイミングでけやき坂46が募集されるということもなく、けやき坂46というグループ事態が存在していなかった可能性が大です。

たった一人のけやき坂から兼任となり、その後欅坂専任となった長濱ねるは今回の成りゆきを心の底ではどう思っているのでしょうね?

コメントを残す