Rockfield's Diary

サイト管理人のブログです。

染井吉野ナンシーの官能ダイアリー

シンクロニシティ

昨日の朝日新聞夕刊社会面です。

戦艦大和に関する記事が大きく載っていました。この記事を見たとき驚いてしまいました。

何故かと言えば、ちょうど昨日、新刊『吉田満 戦艦大和学徒兵の五十六年』の配本日だったからです。こんな偶然ってあるのでしょうか?

 

 

来週発売の乃木坂46の新曲ではありませんが、まさにシンクロ!

今年は生誕200年!

今年はカール・マルクスの生誕200年です。

もうマルクス主義の時代じゃないよ、と言われもしますし、マルクス経済学は大学でも専攻する人がいない、などと言われているようですが、昨今はまたマルクスに注目が戻ってきているような気がします。

ソ連や中国を初めとした共産主義国家は失敗に終わりましたが、果たしてそれがマルクス主義の失敗なのか否か、もう少し慎重に見極める必要があると思いますし、そもそもスターリン時代のソ連とか毛沢東時代の中国を見て、マルクスがどう言うのか、とても興味があります。

さて、そんなマルクスですが、岩波ホールで近々映画が公開になります。エンゲルスとの若き日を描く映画のようですね。去年が『資本論』第一巻の発行から150年、今年が『共産党宣言』が発行されて170年目という節目ですので、こういう映画が作られたのでしょう。

というわけで、こんなマルクスの評伝は如何でしょうか?

マルクス(上) ある十九世紀人の生涯』『マルクス(下) ある十九世紀人の生涯』です。

近年の邦訳では『世界精神マルクス 1818-1883』などもございます。

日本でも貧富の格差が開いていて「格差社会」などと言われています。ピケティをはじめ、その手の本が売れたり注目されている中で、改めてマルクスに帰ってみよう、という空気があるのかもしれません。

今日の配本(18/04/20)

この記事の閲覧にはパスワードが必要です。閲覧希望の方は「ナンシーへの伝言」からどうぞ。
ただしお会いしたことのない方、存じ上げない方は、お断わりいたしますのでご了承ください。



今月のおすすめ[18年4月-2]

この記事の閲覧にはパスワードが必要です。閲覧希望の方は「ナンシーへの伝言」からどうぞ。
ただしお会いしたことのない方、存じ上げない方は、お断わりいたしますのでご了承ください。



遙かなるブータン

朝日新聞にこんな記事が載っていました。

ブータンと聞くと、あたしの勤務先的には『幸福立国ブータン』です。数年前の若き国王夫妻の来日の時の大ブームの記憶も遠くなりましたが、日本人にとってブータンとは幸福の国のイメージではないでしょうか?

が、この数年、あたし的にはブータンというと幸福よりもこちらなんです。

乃木坂46の「遙かなるブータン」です。ちょうど東京では「ブータン展」が開催されていて、このMVの中にもメンバーが見学に行くシーンがありますね。

この曲、好きです。やはり、生ちゃんがメインボーカルを取ると、聞き応えがあります。それに、歌唱メンバーが素晴らしいです。

コメントを残す