Rockfield's Diary

サイト管理人のブログです。

染井吉野ナンシーの官能ダイアリー

もうすぐ防災の日

この記事の閲覧にはパスワードが必要です。閲覧希望の方は「ナンシーへの伝言」からどうぞ。
ただしお会いしたことのない方、存じ上げない方は、お断わりいたしますのでご了承ください。



都市で農業をすること

今朝の朝日新聞にこんな記事が載っていました。

都市農地、シェアで生かす 「自分の手で野菜を」ニーズ高く

日本でもようやく都市で農業をやることの重要性に対する認識が高まってきたのでしょうか?

あたしの勤務先が『シティ・ファーマー 世界の都市で始まる食料自給革命』を刊行したのは2014年ですから、日本はかなり遅れているのか、それともそこそこよい位置にいるのか、どうなのでしょう?

いずれにせよ、都市で農業ということであれば本書は必読文献の一冊だと思いますので、興味のある方は是非お手に取ってみてください。

朝日新聞の夕刊には岸田賞受賞作家さんの記事が載ることが多いです。

昨日の朝日新聞夕刊です。

ヨーロッパ企画の記事が載っていました。

ヨーロッパ企画と言えば、あたしの勤務先では第61回の岸田戯曲賞を受賞した『来てけつかるべき新世界』です。

戯曲ではありますが、最近の戯曲作品って、ふつうに小説として読んでも読めるような面白い作品が多いです。開いてみて「あっ、戯曲か」と思わずに、ちょっと読んでみてはいかがでしょうか?

ハードボイルドな?

 

上の写真左は新刊『風の演劇 評伝別役実』です。

別役さん、いつごろの写真でしょう? タバコを咥えてたたずむ、昨今はタバコへの規制が厳しく、テレビでのタバコのCMはほとんど放送できませんが、書籍に関してはそういった規制もなく、こんな風な装丁も可能です。

そして、カバーをめくると右側の写真、やはりタバコを咥えた別役さんです。なかなかカバーを外して表紙まで見る方は少ないと思いますが、本書の場合は是非こちらもご覧いただきたいものです。

ところで蜷川幸雄さんもそうでしたが、演劇人にはタバコが好きな方が特に多いのでしょうか? それともそういう時代だったのでしょうかね? 考えてみれば、高度成長期の頃はどこででもタバコを吸えましたし、大人の男性なら誰だって吸っていたような印象があります。

やはり時代なのでしょう。

そういえば、Uブックスの『電信柱のある宇宙』って、現在品切れなんでしたね。

今日の配本(18/08/16)

この記事の閲覧にはパスワードが必要です。閲覧希望の方は「ナンシーへの伝言」からどうぞ。
ただしお会いしたことのない方、存じ上げない方は、お断わりいたしますのでご了承ください。



コメントを残す