雑誌にいろいろ載ってます

まずは雑誌の『すばる』です。下の画像はそのウェブサイトの一部です。

ざっと最新号の梗概が載っていますが、そこに見知った名前が載っているのにお気づきでしょうか? ウェブサイトをさらに下の方へスクロールしていくともっとわかりやすいと思います。

まずは『海峡を渡る幽霊 李昂短篇集』のリー・アンさんが吉本ばななさんと対談されています。さらには『ピンポン』のパク・ミンギュさんと訳者の齋藤真理子さんの対談も! これは、あたしの勤務先的には豪華なラインナップです。

そして『週刊文春』では穂村弘さんが『酸っぱいブドウ/はりねずみ』を取り上げてくださっています。

そういえば、少し前には訳者の柳谷あゆみさんと穂村さんのトークイベントもありましたね。

今日の配本(18/04/19)

この記事の閲覧にはパスワードが必要です。閲覧希望の方は「ナンシーへの伝言」からどうぞ。
ただしお会いしたことのない方、存じ上げない方は、お断わりいたしますのでご了承ください。



最新鋭、AI搭載のパソコン?

あたしが勤務先で使っているデスクトップPCのお話。

もちろんリースです。夏前にちょうど5年となり、リースの契約更新を迎えます。

先日、総務部から、このままリースを継続するか、それとも新しいPCに取り替えるかの問い合わせがありました。

さすがに5年も使っていると動きがモサモサして、週明けの朝などは起動してから30分はまともに使えない状態です。昼間でもしばしば動きがおかしくなることがあります。これでは仕事になりません。

そろそろ寿命だと判断し、総務には新しい機種に変えたい旨を伝えました。機種は、バカ高いモノでなければ自分で選べるので、なんだか自分のPCを買うようなワクワク感があります。

が、このところPCの動きが以前にも増しておかしくなりました。おかしくなった時期を考えてみますと、総務とPC変更のやりとりをした頃からにあたります。

PCを変えよう、動きの遅い古いPCとはおさらばだ、というあたしの気持ちを鋭敏にも察知したのか、あるいは総務とのやりとりのメールを自分なりに解析したからなのか、これはたぶんPCのボイコット、サボタージュなのではないかと思われます。

なんというPCでしょう? まるで生きているようです。いま流行りのAIが搭載されていたのでしょうか? こうなったら、「PCは買い換えないよ。まだまだお前と一緒に仕事をするよ」と囁いて起源を取り結ぶしかないようです。

売れすぎるにもホドがある!

フラ語入門、わかりやすいにもホドがある!』が11万部に達し、帯を新調しました。

 

月末から来月になると、店頭でもこの帯の『フラ語』を見かけることができると思います。

機能性も、デザイン性も

今朝の朝日新聞です。

先日のパラリンピックも話題になりましたが、このジャンルのサポート体制もそれなりに底上げしているんですね。

この記事と直接関係するわけではありませんが、弊社でも『カーボン・アスリート』という本を出しています。興味のある方は是非!

こんなに売れて……

この記事の閲覧にはパスワードが必要です。閲覧希望の方は「ナンシーへの伝言」からどうぞ。
ただしお会いしたことのない方、存じ上げない方は、お断わりいたしますのでご了承ください。



今日の配本(18/04/18)

この記事の閲覧にはパスワードが必要です。閲覧希望の方は「ナンシーへの伝言」からどうぞ。
ただしお会いしたことのない方、存じ上げない方は、お断わりいたしますのでご了承ください。



最後は枯らしてしまう?

わが家の玄関先です。

きれいに咲いていますが、モッコウバラという種類だそうです。

こんな風にわが家の庭先は、母が咲かせたり枯らしたり、買ってきたりもらったりした草花がいろいろあります。それほど造園に技量があるわけではなく、しょっちゅう枯らしてしまっているような母ですが、それでも懲りずに土いじりをしています。

はい、いま「土いじり」と書いたように、母は自分でも「ガーデニング」などという言葉は使いません。せいぜいのところ「庭いじり」で、もっぱら「土いじり」と言うことが多いです。もともとの百姓なので、そういう表現の方が性に合っているのでしょう。

で、昨日が母の誕生日だったと書きましたが、その母もあと何年元気でいられるのか? 寝込むようになったら、土いじりどころではないですね。当然、あたしがその母を介護しないとならないので、もちろん今だってやっていない土いじりを、あたしがやるとは思えません。そうなると、庭の草花は自然と枯れていくのでしょうか?

ふと、そんなことを考えてしまいました。

あるようで探してみるとなかなかない本

今朝の朝日新聞に載っていました。

日本詩仏訳のこころみ』の著者、イヴ=マリ・アリューさんの訃報です。

 

タイトルからわかるとおり、本書はフランス詩を和訳したのではなく、その逆です。日本の詩をフランス語に訳したものです。こういう本ってありそうで、実は意外とないもので、時々問い合わせがあります。(仏詩→和訳なら『フランス詩のひととき』があります!)

たぶん、問い合わせをしてくる読者の期待としては、本書のサブタイトルにある「朔太郎・中也・太郎・達治」以外の詩人の仏訳解説本は他にありませんか、というものでしょう。原著者が他にも著作があるのか知りませんが、確かに詩が好きであれば、もっと他のも、という気になるのも理解できます。

和スイーツ

今日は母の誕生日です。75回目だそうです。

 

で、書店営業のサイトは成城学園にいたので、成城なら美味しいわが家さんがあるだろうと駅のそばを歩いていて見かけたのが「あんや」というお店。なかなか雰囲気がよさそうだったので入ってみて、美味しそうな和菓子をチョイスしました。

手前が「かのこ餅」で、奥が「こめ粉サンド」です。お上品な味でした。

今朝の星占い、母の牡羊座のご託宣でラッキーアイテムが「和スイーツ」だったので、和菓子をおみやげに買って帰った次第。