……のすすめ

ジュンク堂書店池袋本店の人文書売り場で、こんなフェアが並んで始まっています。

まずは仏教書総目録刊行会のフェア《私たちは何を信仰してきたのか 宗教を見つめ直す》フェアです。

そしてもう一つは人文会の《人文会50周年記念フェア》です。

どちらも、ご覧のような無料の冊子を配布しています。

『……のすすめ』と似たようなタイトルですが、編集方針はずいぶんと異なります。ただ、どちらもそれぞれの会が丹精こめて編集・製作した力作です。

えっ、こんな立派な冊子、無料でもらってもいいんですか? というほどの出来映えです。

この週末、よろしければ、是非池袋へ足を運んでみてください。

とはいえ、どちらのフェアも池袋以外の書店でもやっている可能性があります。人文会のフェアは京都の丸善、新宿の紀伊國屋書店、博多の丸善でも開催中のはずです。

今日はおニューのブラウス!

今日のブラウスはおニューです。

しかし、どうも既視感があるのはあたしだけでしょうか?

お花と黒猫の柄です。可愛いのか、怖いのか、よくわかりませんが、若干の和柄テイストも感じます。

しかし、紙にプリントして主張しているとおり、あたしはイヌ派です。猫柄だって着たくて着ているわけですが(汗)、本当ならイヌ柄のブラウスやネクタイをもっと身につけたいと思っています。

もちろん、何枚かイヌ柄のブラウスやネクタイは持っていますし、このダイアリーでご紹介したこともありますが、それでもやはり世間にはイヌ柄が少なすぎます。ネコがこれだけあるのだから、イヌだってもっとあったってよいはずです。

昨今は秋田犬が話題になったりしていますから、秋田犬のブラウスとかが売り出されてもよさそうなものだと思いますけどね。

まあ、ネコ界にはキティちゃんという、世界に冠たるスターがいますけどイヌだと……。何でしょうね? スヌーピーくらいしか思いつきませんが……

というわけで右の写真です。

紙を留めているクリップをよくご覧ください。

お気づきですか?

キティちゃんです! こんなのもあるんですよ。

というよりも、こんな針金だけで作れる、そしてそれがキティちゃんだとわかるなんて、すごいですね。

全身、乃木坂カラーで!

本日のいでたちです。

朝の占いで、ラッキーカラーがでしたので、こういうファッションになりました。

と言えば、いみじくも乃木坂ちゃんのテーマカラー、シンボルカラーではないですか!

ちょっと気分のアゲアゲです(笑)。

ちなみに、写真には写っていませんが、靴下もをチョイスしております。

ハンカチと靴がでなかったのが、画竜点睛を欠くといったところでしょうか、ね?

驚異的な売り上げスピード!

この記事の閲覧にはパスワードが必要です。閲覧希望の方は「ナンシーへの伝言」からどうぞ。
ただしお会いしたことのない方、存じ上げない方は、お断わりいたしますのでご了承ください。



スナック連載、パート2?

朝日新聞の夕刊です。

「1」と書いてあるので、「スナックをたどってⅡ」という連載が本日からスタートしたようです。

その記事中に『日本の夜の公共圏 スナック研究序説』が、きちんと出版社名入りで紹介されていまして、スナック研究会代表である谷口功一さんも写真入りで登場しています。

スナックの地域社会における重要性は谷口さんが本書でも力説されているところですが、こうして朝日新聞で連載までされると、それなりに学問の研究対象になりつつあるという感じがします。

それにしても谷口さんのブラウス、いつもながらステキです!

薔薇を愛でる

わが家の近所のお宅の玄関先に咲いている薔薇です。

母曰く、秋薔薇というのだそうです。

いま「秋薔薇」と書いてしまいましたが、「秋バラ」の方がしっくりきますか? あるいは動植物名はすべてカタカナで「アキバラ」と書きますか?

「アキバラ」は、なんとなく「秋葉原」と読んでしまいそうですね(笑)。

それはおくとして、このバラ、一つの株と言いますか、一本の枝から二色の花が咲いています。右のはちょっと黄色っぽくて、左のはちょっとピンク色をしています。

写真だとわかりにくいですが、ちっちゃくて、とても可愛らしい花です。

毎朝毎夕、行き帰りにこの花を愛でるのが昨今のあたしの愉しみになっています。

今月のおすすめ[2018年10月-2]

この記事の閲覧にはパスワードが必要です。閲覧希望の方は「ナンシーへの伝言」からどうぞ。
ただしお会いしたことのない方、存じ上げない方は、お断わりいたしますのでご了承ください。



今日の配本(18/10/16)

この記事の閲覧にはパスワードが必要です。閲覧希望の方は「ナンシーへの伝言」からどうぞ。
ただしお会いしたことのない方、存じ上げない方は、お断わりいたしますのでご了承ください。



真実(現実)は小説より奇なり?

早朝の情報番組で三島にオープンした絵本の専門店をリポートしていました。

えほんやさん」というお店だそうです。絵本作家のえがしらみちこさんが店主だそうで、東京から三島に引っ越して、周囲に知り会いもなく、子育ての相談の出来るような人も場所もなかったというご自身の思いから、そんな場所を提供したいという気持ちで立ち上げだと紹介されていました。

で、思い出したのが碧野圭さんの『書店ガール』です。

この小説には何人もの書店員が登場しますが、その中の一人が東京の大手書店チェーンを辞め、地元の沼津に戻って、おばさんが長年経営していた小さな町の本屋を引き継ぐことになります。

ただ単に引き継ぐだけではなく、ちょっと変わったパンを作る職人と意気投合し、本屋&喫茶という業態のお店にリニューアルします。そのままではジリ貧なのは目に見ているので、なんとか工夫を凝らし。お客さんが集まってくれるようなお店にしようという意欲が垣間見られます。

そんな小説を読んだ後だったので、この絵本専門店がなんとなくダブって見えました。もしかすると、碧野さんがとっくに取材していて、こんな実際の取り組みを巧く小説に取り込んだのかも知れませんね。

という勝手な想像です。