年に一度のことなので

わが家の庭の家庭菜園で収穫した野菜たちです。

この暑さのせいなのでしょうか、大きさがまちまちです。傷もいっぱい付いていますし、果たして食べられるような代物なのでしょうか? 浅漬け、あるいは糠漬けですかね? 茄子はお味噌汁も美味しいでしょう。

以前にも書きましたが、地元の農協で買ってきた苗なのですが、母曰く、今年の苗はどうもよくないそうです。母の育て方がいけないのかも知れませんが、取り立てて昨年と育て方、世話の仕方を変えたわけもありませんから、やはり苗の問題なのでしょう、ということにしておきます。

そして二枚目の写真はお馴染み、ケンタッキーのフライドチキンです。高畑充希のCM「今夜ケンタッキーにしない?」に影響されたわけではありません。今日はあたしの誕生日なので、庶民のささやかな贅沢です。

ケンタッキーのフライドチキンを食べるのは、たぶん一年ぶり、否、それ以上の時間が空いているのではないかと思います。高いからなかなか庶民には手が出ない、というのもありますが、歩いて行ける範囲にケンタッキーがないので、気軽に買いに行けないというのが最大の理由なのです。

いや、それが最大ではないです。チキンであれば、実はセブンイレブンの揚げ鶏が意外とあたしの口に合っていまして、フライドチキン的なものが食べたいときはそれを買うことが多いからです。唐揚げが好きだけど生姜が苦手なので、市販の唐揚げは口に合わないことが多いと、このダイアリーでも書いたことがありますが、揚げ鶏は口に合うチキンの最右翼です。

というわけで、専らふだんは揚げ鶏を買って食べているあたしが、せっかくの誕生日なので奮発してケンタッキーのフライドチキンを買いに行って来たというわけです。

シュークリームのこだわり?

今日も書店回りです。今日は横浜の方へ行ってきました。

そんな書店回りの途次、ランドマークタワーにウルトラマンがいました。怪獣を倒した後なのでしょうか、いまにも飛び立とうとしています。

でも、このまま飛び立ったらランドマークタワーを壊してしまいますよね。どうするのでしょうか? でもウルトラマンって怪獣を倒すときに、怪獣のせいかもしれませんが、ウルトラマンも地球の建物を壊しまくりますよね。そこから考えれば、たぶんウルトラマンはランドマークがどうなるかなんて気にもせず、このまま飛び立ってしまうのではないでしょうか?

そんな書店回りの帰路、自宅のすぐ近くまで帰ってきて、近所のセブンイレブンに入りました。すると、ちょうどスイーツのフェアをやっていまして、一度に二つ買うと30円引きになるというので、この二品を買ってみました。

ちなみに右側はシュークリームです。あたしはシュークリームは、どちらかというとシューはパリッとしていて、クリームは生クリームが好みです。ただ、うちの母は生クリームはあまり好きではなく、カスタードクリームが好みのようです。つまりはコージーコーナーのシュークリームがドンピシャなのだと思います。

あたしもコージーコーナーのシュークリームは大好きですが、それよりもスワン型のシュークリーム、できれば生クリームのが大好きです。

父の日だからビアードパパ?

近所のスーパー「いなげや」でこんなスイーツが売られていました。「ふんわりミルクバニラロール」です。

ビアードパパと言えばシュークリームのチェーン店ですが、これはロールケーキです。果たしてお味は?

それにしても、いなげやではこんなロールケーキはいつもは売っていません。数日前に新聞に入ってきた折り込み広告に載っていたので、たぶんこの時季だけの限定販売なのでしょう。父の日なのでビアードパパ、という安直な関連での販売でしょうかね。

で、お味の方ですが、ビアードパパのサイトに「程よい甘さのロールケーキ」とあるように、あまり甘い感じはしませんでした。いまはこのくらいが流行りなのでしょうか? あたしとしては、こういうものはしっかり甘くして欲しいと思うので、若干の物足りなさを感じました。

また一つ……

横浜の駅ビル、ルミネに入っている有隣堂が来月上旬に閉店になります。

あたしが担当になって、もう5年くらいになると思いますが、以前はもっと大きなお店だったと聞いています。それが改装で少し小さくなり、とうとう閉店です。

とはいえ、右の写真を見ていただければわかるように、閉店とは言っても一時的なものです。来月初めにいったん閉店し、秋にはルミネの地下二階に改めて出店するそうです。完全な閉店でないことにまずはひと安心です。

ただ有隣堂のウェブサイトを見ますと、現在の218.55坪ある店舗が、移転後は約87.96坪の大きさに縮んでしまうそうです。うーん、これではどれだけの本が置ける、否、置けなくなってしまうのでしょうか?

そんな同店では、現在、あたしの勤務先のフェアが開催中です。「愛書家の楽園」と題した、本に関する本のフェアです。本好きの方であればちょっと気になってしまうタイトルが並んでいますので、是非お立ち寄りくださいませ。

さて、横浜まで足を延ばしたので、たまには何かお土産でも買って帰るかと思いまして立ち寄ったのが高島屋の中にあった豊島屋です。ご存じ、鳩サブレーでお馴染み、鎌倉の有名店です。

実は鎌倉にも営業で時々行くのですが、混んでいるし、その後も営業が続くので、まさか鳩サブレーを持ったまま回るわけにもいかず(邪魔になるから?)、なかなか鎌倉で買う機会はなかったのです。ただし、母に言わせれば、鎌倉に行ったなら鳩サブレーくらい買ってこい、となるわけで、仕方なく横浜で買い求めたという次第です。

もちろん豊島屋は都内にも出店していますので、横浜でなければ買えないということはありませんが、やはり本場に近いところの方がお土産っぽくなるではないですか。

で、買ったのは「八仙花」という菓子です。サイトの説明では「白羊羹の上に、葉をイメージした緑の錦玉を流し、透明な錦玉とこなしで紫陽花を表現しました」とあります。季節のお菓子です。ビニールパッケージを開けていないので、食べるときにまた写真を撮りたいと思います。

もちろん、鳩サブレーも買いました。たまに食べたくなりますよね。

味の想像がつきません

近所のスーパーへ買い物に行ったら、ワゴンでヤマザキのランチパックが売られていました。オーソドックスな定番のフレーバーももちろん山積みになっていましたが、ちょっと変わったものも並んでいましたので、その中からご覧のようなフレーバーをチョイスしてみました。

母はしばしばランチパックを買ってきて食べていますが、いつもスーパーに置いてあるのは卵やピーナッツ、ツナなどオーソドックスなものばかりです。母くらいの年齢になると、食の好みも保守的になりますので、目新しいものに飛び付くということは余りません。ただ、今回はピーチジャムを食べてみたいと珍しく選んでいました。

やはり、たまに変わったものがあると、ちょっと食指が動いてしまいますね。もちろん、何に対してもというわけではありませんが。こういう風に時々新商品を試験的に期間限定、店舗限定で販売してレギュラーメニューに加えるか判断するのでしょう。

上記のランチパックは、それでもサンドイッチとしてはごくごく普通のフレーバー、取り立てて奇妙なものではありませんが、同じスーパーでこんなものを見つけてしまいました。左の写真です。

バターロールと言えば誰でも知っている食卓の顔の一つ。あたしだって何度も食べている、よく知った味です。しかし、そのバターロールが、なんとポテチになってしまっているのです。

果たしてポテトチップスなのか、それともバターロールなのか? いや、商品自体はポテトチップスなので、見た目はポテチでしょう。ただ、味はどんな感じに仕上がっているのでしょう? まだ開封していないのでわかりませんが、怖くもあり、愉しみでもあります。

スイーツが食べたい!と思ったので買ってみました

日向坂46がコンビニ大手のローソンとコラボ企画をやっているようです。何かあるかなあと見に行きたいところなのですが、わが家の近所のローソンはちょっと遠くて、歩いて15分くらいかかります。この時季ですとアイスなどを買っても家に着くまでに溶けてしまいそうです。

で、先日、駅前のローソンへ寄ってスイーツを買ってきました。それが写真です。「プレミアムロールケーキパフェ 苺果肉ソース入り」と言います。名前のとおりロールケーキの入ったもので、クリームたっぷりで美味しいのですが、惜しむらくは下までロールケーキばかりなのはちょっと飽きます。プリンでも入っていたらよかったのにと思いました。と言うよりも、そういうものだと思って買って食べてみたら、そうでなかったのでちょっとがっかりしたというのが本音です。

ちなみに母には抹茶を使ったスイーツを買ってあげました。

楽しいツアーでした

五日間の関西ツアーが終わりました。雨に降られることもなく、無事に帰京いたしました。

ジュンク堂書店大阪本店では、ご覧のようにチャトウィンのパネル展示が行なわれていました。6月に岩波ホールの最終作品としてチャトウィンが上映されるので、それに先駆けての展示です。

映画自体は大阪でも上映されるようなので、是非大きなスクリーンでご覧いただければ幸いです。

パネル展示だけでなく、あたしの勤務先の書籍も並べていただいております。ありがたいことです。

そして木曜日の晩は関西ツアーの最後の夜ということで、ちょっと贅沢を致しました。

梅田の阪急百貨店地下で買った、銀閣寺大西のすき焼き弁当をいただきました。レンジでチンをしたわけではないのに非常に美味しかったです。次のツアーでも賞味したいと思いました。

そしてデザートはモンシェールのスイーツです。奥のパフェは過去にもいただいたことがある定番商品です。そして手前は今回初めていただいた「幸せ包み」です。いままでも売られていたようですが、これまではロールケーキばかりに目が行っていて見落としていたようです。

お味はもちろんバッチグー。幸せ包みは木曜の晩に、パフェは金曜の朝にいただき、最終日のツアーの活力源としました。

似て非なるもの発見!

勤務先で発行されている語学書の新刊『徹底整理 フランス語動詞活用55』の装丁を初めて目にしたときに、「あれっ、どっかでみたことあるぞ?」と思いました。自社の本で似たような装丁があったのか、それとも書店の店頭で見た他社の本だったのか? ちょっとモヤモヤしていました。

が、正解がわかりました。養命酒ののど飴です。左の写真がそののど飴なんですが、なんとなく似ていませんか? 色遣い、フォントの印象、あたしには非常によく似ていると思えてしまうのです。

いや、確かに似てないと感じる方もいらっしゃるでしょう。それこそ「どこが似ているの? 全然似てないじゃん!」と思う方も大勢いると思います。

でも、あたしには似ていると感じられるのです。そして一度似ていると思ってしまうと、見れば見るほど、どんどん似ていると思えてきてしまうのです。

食べ物つながりでもう一つ。秋田の銘菓、金萬です。金満ではありません、金萬です。かつて乃木坂46の冠番組「乃木坂工事中」で、秋田県出身のメンバー、鈴木絢音が地元の甘いものをプレゼンしたときに紹介されたひと品です。

勤務先にも秋田出身の社員がいて、地元へ帰ったお土産として配ってくれました。乃木坂46の番組では、ちょっと温めて試食していましたので、あたしもわが家に持ち帰って、電子レンジでチンして食べてみました。

確かに美味しいですね。和菓子ですが、ちょっと洋菓子っぽい感じもします。大きさが小ぶりで、軽く食べるのにちょうどよい分量です。

お気に入りのスイーツ

ローソンで見つけたスイーツです。「ホボクリム ほぼほぼクリームのシュー(とろ〜りミルク)」という商品です。

美味しいのかなと思い、買って食べてみたのですが、これが予想以上の美味しさでした、あたし的には。いわゆるシュークリームなんでしょうけど、シューが非常にもっちりとしていて、独特の食感でした。そして中のクリームもあふれんばかりに詰まっていて、そして甘さがちょうどよいです。

これはヒットです。また買って食べます。

話は変わって、平凡社新書の『天皇と中国皇帝』という本を買いました。なんとなく似たようなタイトルの新書を以前に読んだことがあるなあと思って書架を探したら出て来たのが、文春新書の『中国共産党「天皇工作」秘録』でした。

内容はまったく異なる両書ですが、日本の天皇と中国を絡めた内容が、ちょっとにていると思ってしまった原因でしょう。そして、単行本ですがもっと単刀直入に『マオとミカド』なんていう本も架蔵していました。この「マオ」とは毛沢東のこと、「ミカド」とは日本の天皇ことです。似て非なる三冊ですね。いや、後二者は似たような内容でした。

イチゴとスイーツは相性バッチリです

少し前にこのダイアリーで紹介したと思いますが、わが家の玄関先のプランターで栽培しているイチゴが色づいていきました。一つ一つのイチゴは、パチンコ玉より少し大きい程度です。

果たして食べられるものでしょうか? もちろん食べても大丈夫、毒があるようなものではないでしょう。ただ、賞味できるほど美味しいものであるかは自信がありません。まあ、そろそろ収穫して食べてみることになるでしょう。

イチゴと言えば、スイーツで使われるフルーツの王様だと思います。あたし自身はスイーツは大好きですが、作ったりすることにそれほど興味があるわけではありません。

それなのに最近はこんな本を読んでいます。『親王殿下のパティシエール』です。今年小学六年生の姪っ子が将来パティシエになりたいと言っているので、お菓子関係の小説や小説があると買ってあげているのですが、この作品もそんな中で見つけたものです。

ただ清朝の北京が舞台ですので、歴史知識が必要になるのではないか、小学六年生にはちょっと難しいかなと思い、まずはあたしが読んでみようと思った次第、スイーツよりは清朝、中国史に対する興味から読み始めたというのが本当のところです。現在、5巻目まで刊行されていて、近々第6缶が刊行になる予定です。

『親王殿下のパティシエール』シリーズの感想はおくとして、やはりちょっと中国史の知識がないと理解しづらいところがあると思いましたので、姪っ子にはまだ難しいかなあと判断しました。ちなみに、写真で真ん中に置いてある『王のパティシェイ』は、このシリーズの参考文献として挙がっているものです。あたしの勤務先の刊行物ですが、現在品切れなのが残念なところです。