定番商品が抜けていませんか?

コロナウイルスの自粛で休業していた書店も、6月になり再開したところが多いです。およそ二か月の休業が明け、休業前に売れたもの、再開後に一気に売れてしまったものの補充が追いついていないお店も多いのではないでしょうか?

というわけで、棚の定番商品と思われる商品を最小限選び、注文書に仕立ててみました。ジャンルは文芸、芸術、そして語学です。再開して約一か月、忙しさに紛れてこういった商品の補充が追いついていない可能性は大いにあるでしょう。

特に出版社の営業が訪問していないので、営業が棚をチェックすることもほぼできていませんから、せめてこの一覧で棚をチェックしていただければ幸いです。

思いのほか、ビザンツ出版社でした

中公新書から『ビザンツ帝国 千年の興亡と皇帝たち』が刊行されました。ものすごくそのものズバリなタイトル、とっくに同じタイトルの本が出ていたのではないかと思ってしまうほどストレートです。しかし、どうやら中公新書ではお初のようです。

著者は中谷功治氏。あたしの勤務先でも『ビザンツ 驚くべき中世帝国』(残念ながら現在品切れ)の訳者に名を連ねています。つまり、あたしの勤務先でもビザンツ帝国に関する書籍を刊行しているということです。

いえ、「刊行している」なんて他人事のような書き方は正確ではありません。むしろ日本の出版社の中ではビザンツ帝国に関する書籍の刊行が多い方に入るのではないでしょうか? その証拠に本書巻末の参考文献に、あたしの勤務先の刊行物が多数掲載されています。主に文庫クセジュですが、在庫のあるものでタイトルを挙げてみますと以下のようなものがあります。

コンスタンティヌス その生涯と治世

ベルトラン・ランソン 著/大清水 裕 訳

キリスト教を認め、自ら信徒となった初のローマ皇帝。キリスト教信仰が前面に出る傾向があるが、新都創建につながる多くの建設事業を手掛けるなど皇帝としての施策の評価も記述。

ディオクレティアヌスと四帝統治

ベルナール・レミィ 著/大清水 裕 訳

紀元後3世紀、危機的状況にあったローマ帝国を立て直し、さらに数百年間存続させることを可能にした改革事業と、四帝統治体制の成立から結末までを、近年の研究に基づいて解説。

古代末期 ローマ世界の変容

ベルトラン・ランソン 著/大清水 裕、瀧本 みわ 訳

3~6世紀の地中海世界(末期ローマ帝国)を衰退期とみなすのではなく、新たな社会が生まれた時代としてとらえている。古代から中世への変遷を行政、宗教、芸術面など多角的に叙述。

ヨーロッパとゲルマン部族国家

マガリ・クメール、ブリューノ・デュメジル 著/大月 康弘、小澤 雄太郎 訳

ローマと蛮族の接触によって、西欧社会はどう変容したのか。最新の研究成果を盛り込み、ゲルマン人諸部族の動勢に的確な展望を与える。

皇帝ユスティニアヌス

ピエール・マラヴァル 著/大月 康弘 訳

かつての地中海世界を取り戻そうとした、6世紀のビザンツ皇帝――ユスティニアヌスは、西欧法体系の礎『ローマ法大全』を完成させた。その多彩な事績を示す、信頼のおける歴史書。

なお、参考文献で挙がっている『歴史学の慰め アンナ・コムネナの生涯と作品』はまもなく刊行予定ですので、しばしお待ちください。

歴史学の慰め アンナ・コムネナの生涯と作品

井上 浩一 著

歴史が男の学問とされていた時代に、ビザンツ帝国中興の祖である父アレクシオス一世の治世を記した、皇女の生涯をたどり作品を分析する。

また参考文献には挙がっていませんが、やはり文庫クセジュの最新刊『ローマ帝国の衰退』もビザンツ帝国に関連する記述に溢れています。

ローマ帝国の衰退

ジョエル・シュミット 著/西村 昌洋 訳

文明は「歴史の苦難や破局を乗り越えて存続するもの」という見地から、いまもヨーロッパに刻印を残し続ける「ローマ」を描き出す。

ちょくちょく紹介されています

経済活動を再開したら新規感染者がみるみる増えてしまっている東京。果たして、この後どうなるのでしょうか?

とはいえ、ものが売れないとこちらも給料がもらえません。書店が通常どおり営業を始めているのは嬉しいことではあります。あとはお客様もそうですが、書店で働く方たちがコロナに感染しないことを、かかっても重症化せずに済むよう祈るしかありません。

さて、多くの書店も春先から二か月程度休んでいたところが多かったと思います。それでも毎週の新聞書評は休むことなく発表され続けていました。あたしの勤務先の書籍も少しばかり紹介されています。営業していないと、何が入荷しているのか(入荷していないのか)、何が売れているのか、書店の方も感覚的につかみにくいと思います。

というわけで、この間の書評掲載本を集めて注文書に仕立ててみました。既に棚に並んでいるなら構いませんが、「入荷がなかった」とか、「入ったけど売れてしまっている」といったものがありましたら、是非とも補充をよろしくお願いします。

見て見て詐欺?

新聞によってテレビ欄の内容が異なるのか、それともテレビ局提供の情報を使っている以上どの新聞でも同じなのか、そのあたりの事情は知りませんが、とりあえず画像は朝日新聞です。

TBSを中心に切り出していますが、ここに書いてある情報に、あたしはまんまと騙されました。

午後4時から「クイズ!THE違和感」と書いてあります。これが再放送枠であることはわかっていますが、そこに日向坂46のみーぱんこと佐々木美玲の名前があるではないですか! 日向坂46であたしの推しメンはみーぱんなので、これは気になる記事です。

しかし、みーぱんがこの番組に出るのは今週の本放送のはず。これまでこの番組に出演したことはないはずですから、先出しダイジェストで出るのか、それとも番宣的な出演があるのか、ファンとしてはちょっと期待してしまうではないですか!

で、夕方、見てしまったわけなんですよ。その結果はと言いますと……

この番組自体は予想どおり、少し前の放送のダイジェスト再放送でした。もちろん、そこに佐々木美玲の姿はありません。ただし、CMなどの合間に今週の本放送の宣伝映像が流れます。そこにはバッチリ映っていました。予告映像は番組中頻繁に流れていましたので、同じ映像とはいえ、みーぱんをこの一時間の内に何度目にしたことでしょう。

やられました。このテレビ欄の文字に騙されたおひさまが全国でどれくらいいたことでしょう。確かによく見れば「明日月曜よる2HSP」とあって、虚心坦懐に読めば、ここの部分は本放送の予告であることは自明です。とはいえ、やはりこの書き方はどうなのでしょう? 腑に落ちないと感じたのはあたしだけでしょうか?

もちろん番組自体は楽しく見てしまいましたけど……(汗)

かつて瑠璃廠で水煙管を買いました!

今日、6月28日はアヘン戦争勃発の日、ということになっていますが、この手の歴史的な出来事は始まりも終わりも明確な日付を特定しづらいものですよね。戦争が起こるにしたって、それに至る複雑な経緯があるわけですし。

アヘン戦争と聞くと、確かに当時の清朝の腐敗ぶりもひどかったですが、それに付け入る英国がアヘンを売り込むなんて最低です。ふつうの産品の貿易を迫るというのであれば理解できますが、その害悪が明らかな薬物を、なおかつ禁制品を売りつけるなんて……

まあ、そのあたりのことは陳舜臣『実録アヘン戦争』を読んでいただくとして、これを小説仕立てにしたのが『阿片戦争』ですので、ご興味がある方はどうぞ。

そして、アヘンと言って思い出されるのは、学生時代に友人と北京へ一週間ほど行った折、その友人が瑠璃廠でアヘン吸引用の水煙管を買ったことです。もちろんお土産屋で売っていたものですから、当時のものではなくレプリカでしょうし、実際にアヘンを吸うためではありません。部屋に飾っておこうという単なる遊び心です。たぶん、今でも売っているでしょうね、土産品として。

そう言えば、アヘンと言ってもう一つ思い出されるのは、やはり学生時代の恩師の話です。

恩師は戦時中は中国大陸にいたのですが、アヘンを吸ったことがあるそうです。たぶん軍隊にいたときに仲間内で面白半分にやってみたのでしょう。でもそれを聞かされたあたしたち学生は「先生、中毒にならなかったのですか?」と聞かずにはいられませんでした。

すると、恩師曰く、「中毒になるほど金がなかった」とのこと。そうか、やはりアヘンを手に入れるにはそれなりのお金が必要だったのですね。貧乏な一兵卒では中毒になりたくてもアヘンを買えなかったというわけですか……

さて、瑠璃廠が今どうなっているのか知りません。なにせもう大陸には10年以上行っていないので(汗)。ただ、その十数年前に行ったころの北京のタクシーの話です。もしかしたら、このエピソードはどこかで書いたかもしれません。既に聞いた(読んだ)ことがあるという人にはご寛恕を。

で、そのエピソードですが、その日は盧溝橋へ行っていました。抗日博物館などを見て、流しのタクシーを拾って北京市街へ戻るところでした。「瑠璃廠」は中国語で発音すると「ルーリーチャン」という感じの発音になります。しかし、あたしの発音が悪かったのか、タクシーの運ちゃんは「ルーリーチャンならもう通りすぎたぞ」と言うのです。何度かやりとりをしても埒が明かず、ウンちゃんは路肩にクルマを止めてしまいました。

あたしはその時点で理解していたのですが、運ちゃんが言っている通りすぎた「ルーリーチャン(liulichang)」とは、北京市街と盧溝橋の途中にある「六里橋」のことです。こちらの発音は「リウリチアオ(liuliqiao)」です。違うといえばまるっきり違うのですが、似ているといえば非常によく似た発音です。路肩に止めた運ちゃんに持っていた北京市街の地図を示して自分たちが行きたいのはここだと「瑠璃廠」を指さして伝えたところ、運ちゃんは笑いながら明るく「明白了」と言って車を発進させました。

ちなみに、あたしがなぜ理解できていたかと言えば、盧溝橋への往路は公共バスで行ったのですが、車窓から外を眺めていて「六里橋」という地名が目に入り、なんとなく覚えてしまっていたからです。初めての土地へ行くと、目に入った地名とか建物、施設などを覚えていて、あとから地図でどの道を通ったのかをたどることをよくしていたので、たぶんその延長で地名が頭に入っていたのだと思います。

天声人語、です

今朝の朝日新聞一面「天声人語」にジンメルの社会学が引かれています。

 

同書の邦訳は、恐らくあたしの勤務先から出ている『社会学(上)』『社会学(下)』の上下本だけだと思います。

ちょっと大部ではありますが、ご興味を持たれた方、是非どうぞ。

共通するのは欧羅巴?

宅配便が届くと、荷物の隙間を埋めるのにエアキャップとか、大きなフランクフルトのようなエアキャップ(?)が入ってくることがあります。放っておくとたまってしまいますし、処分に困ります。

なので、あたしの場合、勤務先へ持って行くことにしています。勤務先は荷物をいろいろと発送するので、そういった詰め物はいくらあっても大丈夫です。むしろウェルカムです。

しかし、重さがほとんどなく、それでいてかさばるエアキャップは少ない量であれば袋に入れたり、カバンの隙間に押し込んだりして持って行くこともできますが、大量になってくると普段の通勤時に持って行くのはちょっと大変です。

そこで、あたしは時折、休日に自家用車でそれを運んだりしています。今朝もそうでした。

朝目が覚めたら行って来ようと昨晩心に決めていたのですが、目が覚めたのが2時。外はまだ真っ暗です。歯を磨いて顔を洗って出発です。道は空いていますので片道ほぼ一時間、今回はエアキャップを置いてくるだけなので、勤務先には5分も滞在せずにとんぼ返り。4時過ぎに自宅へ到着、ようやく朝食です。

そんな土曜日の始まりですが、昨日、頼んで置いた本が届きました。中公新書3点です。通勤電車のお供です。

3点とは、『エリザベス女王』『ビザンツ帝国』『カール・シュミット』です。なんか、脈絡があるような、ないような……

あえて言えば、ヨーロッパものかな、というくらいでしょうか?

2020年7月の広告予定

1日 パトリックと本を読む/上海フリータクシー/知のFG 異なる声に耳を澄ませる、生命の根源を見つめる(北海道、中日、西日本、信濃毎日、神戸)

19日 ナポレオン戦争/ホーム・ラン/歴史学の慰め/土星の環[新装版](河北)

20日 ナポレオン戦争/ホーム・ラン/歴史学の慰め/土星の環[新装版](京都)

※都合により掲載日、掲載書目が変更になる場合がございますので、ご了承ください。

書籍も刊行になります

朝日新聞の夕刊です。

舞台の情報が載っているのですが、無料配信ということで、ちょっと気になる方も多いのではないでしょうか?

この舞台、書籍版も刊行になります。既にウェブサイトには情報が載っていますが、『未練の幽霊と怪物 挫波/敦賀』です。7月の刊行ですので、あと一か月ほどお待ちください。

舞台の配信に関する情報はチェルフィッチュのウェブサイトをご覧ください。

来月、スタートです

来月17日から東京ステーションギャラリー《開校100年 きたれ、バウハウス》展が始まります。

9月6日までの長丁場、約一ヶ月半という会期、そして会場が東京駅という好立地、それなりの人が参観するのではないでしょうか? 都内各所にポスターが貼られることでしょうから、自粛期間が明け何か展覧会でも見に行きたいなあと思っていた人にとっては格好のイベントの一つでしょう。

そして、既にこれに呼応するかのように、『バウハウスってなあに?』の注文が伸びています。ここ最近の出荷冊数は驚異的な伸びです。

とはいえ、やはりまだ展覧会に気づいていない書店もあるでしょうし、発注しなきゃと思いつつも忘れていた書店員の方もいるでしょう。なので、こちらからちょっとご案内です。

バウハウス関連の書籍、多いとは言えなくとも、そこそこ出版されています。ただ専門的で高額なものが多いので、子供にも理解でき、お値段も手頃な本書は、まず最初の一冊としてもっともふさわしいと思います。