見つからない!

河出文庫から『シェイクスピア&カンパニー書店の優しき日々』が出たので、買おうかな、どうしようかなと思っていました。

でも、確かこの本、読んだことあったはず、とちょっとうろ覚え。なんでうろ覚えなのかというと、『シェイクスピア・アンド・カンパニイ書店』という似たタイトルの別の本があって、どちらかは間違いなく読んでことがあったのですが、それがどっちだったかが思い出せなかったからです。

まあ、文庫だからダブってしまってもいいかと思って、買おうとしたのですが、やはりどっちを読んでいたのかが気になって、ちょっと内容紹介などを読んでみたら、あたしが読んだのは前者、つまり今回文庫になったものだと思い出しました。

というわけで、文庫になった『シェイクスピア&カンパニー書店の優しき日々』を買うのはひとまずペンディングにしているわけです。でも気になるのが、かつて読んだという単行本のことです。図書館で借りたわけでも、誰かから借りたわけでもありません。自分で買って読んだはずなのです。となると、わが家の書架に文庫になる前の、いわゆる単行本があるはず。

ということで少し前から書架を探しているのですが、これが見つかりません。何度も書架を見回しましたが出て来ません。装丁は単行本も今回の文庫もほぼ同じデザイン、イラストですね。文庫が出たときに、この装丁に見覚えがありましたから。なのに、わが家の書架には見当たりません。

誰かに貸しているのか、とも思いましたが、こういうジャンルを読みたがりそうな人はあたしの周囲にはいないので、貸し出し中という可能性は低い、いや、ほぼゼロパーセントだと思っています。もちろん古本屋に売ったり、誰かにあげてしまうということもないので、絶対にわが家の書架にあるはずなのですが……

このところ機会があるたびに書架を眺めているのですが、やはり見つかりません。これが気になって気になって仕方ないのが今日この頃です。

体が持つのかしら?

コロナウイルス対策、在宅ワークとか、時短勤務とか、あたしの勤務先もいろいろやってきました。

でも、国や都の方針が徐々に解除に向かうに連れ、勤務先の対応・対策も少しずつ変化してきました。

一番自粛していた時は、出来る限り在宅勤務推奨ということで、あたしは週2日の出社、その出社する2日も午前中のみ(6時から12時)という勤務時間(5時間勤務だったので、公式には7時から12時ということになっています)、書店回りもなし、そんな生活がほぼ2か月続きました。

さて、来週からは、つまり明日からですが、勤務時間が一時間延びて6時間になります。そして在宅勤務も徐々に解消に向かうようで、各自週に1日か2日となります。あたしも在宅は週一日に減らす予定です。

また来週からは書店回りも徐々に再開する予定です。とはいえ、来られるとまだ困るという書店さんもいるでしょうから、このあたりはすぐには元に戻らないとは思いますが……