存亡の秋

少し前の朝日新聞に「外国語検定に存続の危機」という記事が載りました。

外国語の検定試験というのは、その多くが春と秋の年に二回試験を実施しています。しかし、今年はコロナ禍で春季試験を実施できなかったところが多かったようです。英検の模様がニュースになっていましたが、試験会場や入り口が密になりすぎて、感染を恐れ受験せずに帰宅した人もいるとニュースでやっていましたが、恐らく英検の事務局には相当数の避難が寄せられたのではないでしょうか?

漢検や英検はかなり大規模な検定試験ですから、受験者数も多く、それなりに財政的な体力もあると思いますが、それ以外の外国語の検定試験は小さな運営団体のところが多いと思いますので、試験を実施できないことはそのまま収入減、存続の危機へと繋がります。文科省には支援をしてもらいたいところです。

そして、この秋の試験も実施できるのか否か、予断を許さない状況だと思います。ワクチンの準備や感染の広がりによっては、今秋はおろか来春の試験だってどうなるかわかりません。そうなると本当に潰れてしまう事務局もあるかもしれません。そうなると試験を受けようと感得ている受験生や学習者はどうなってしまうのでしょう。

さて、試験が実施できないと事務局もそうですが、検定対策本を刊行している出版社も大変です。なにせ、検定対策本というのは、決まった数が定期的に売れるコンテンツであるからです。この売り上げが、試験の中止で飛んでしまったら出版社も相当苦しくなります。

もちろん検定対策本は、受験生だけでなく、受けないけれど自分の力試しにやってみる、という目的で購入している人いるので、まるっきり売れなくなるわけではありませんが、それでも試験の中止が続くようだと、影響はボディーブローのように効いてくるでしょう。

ちなみに、タイトルの「秋」は「とき」と読みます。

ラジオの影響力

出社すると、注文書のファクスが何枚も届いています。書評などが出た翌週は特に増えます。衰えたと言われたりもしますが、書評の影響力はまだまだバカになりません。

ところで、四大紙ですと勤務先で講読しているので週が明けると「どこに何が出た」のかすぐにわかりますので、送信されてくるファクスやかかってくる電話注文で手応えを感じられます。しかし、書評に出たという情報もないのに注文がにわかに増えるときがあります。多くの場合、地方紙で紹介されたのが理由だったりします。東京では地方紙の書評情報はすぐに入手できないので、出所をつかむまで多少のタイムラグが生じます。昨今はSNS発のヒットもあるので、TwitterやFacebookのチェックも欠かせませんが、今日の場合はラジオでした。

朝のファクスで何枚かの注文書を見かけ、新刊でもないし書評が出たという情報もないのに不思議だなと思っていました。そうこうするうちに午前中に数本の脚注電話を受けました。これはきっと何かあると思ってネットを検索してみたところ、ラジオで武田鉄矢さんが紹介してくれていたのです。

同番組では、かつて『哲学者とオオカミ』も取り上げていただき、その時もものすごい動きとなりました。ラジオの影響力ってこんなにあるんだ、と改めて感じたものです。最近の若者はもっぱらSNSばかりでテレビを見ないと言われますが、ラジオに関しては営業の車の中や職場で一日中つけっぱなしというところもあるようです。この手のラジオのリスナーとあたしの勤務先の刊行物というのは比較的親和性が高いようで、これからも要チェックです。